買い物レビュー

生活お得情報

Peak Design ピークデザインのストラップはキャプチャーと同時購入がおススメ!

デジタル一眼カメラのストラップって、付属品だと長さ変更やカメラから外すのが大変!しかもカメラが固定できない。そんな不満があればピークデザイン(Peak Design)のスライド(ストラップ)がおススメ。長さ変更は一瞬で斜めかけOK。更に独自技術でカメラからの取り外しも簡単!実際に使用したレビューを是非ご覧下さい!
生活お得情報

Peak Design ピークデザインのキャプチャーって実際どうなの?

高画質の美しい写真を撮りたい人達の多くはデジタル一眼カメラを使用しています。しかし、レンズが大きいため持ち運びには皆さん苦慮していますよね。そんな悩みを解決してくれるのがピークデザイン(Peak Design)のキャプチャーです。実際にハードな登山で使用して分かった、製品の良し悪しを正確にレビューしたのでご覧下さい!
生活お得情報

コスパ最高!新しいHisense 50E6800 4Kチューナー内蔵TVを50A6800と比較

大好評のジェネリックレグザと言われるHisenseの4Kチューナー内蔵テレビ「50A6800」。価格.comでも上位の人気を誇るコスパに優れるこの機種、早くも新製品の登場です!新製品の50E6800について、何が一体変わったのか?引続き「買い」なのかを比較検証します。50型の4Kチューナー内蔵テレビで7万円を切る機種は健在か?
生活お得情報

Amazon Fire TV Stick 4K を購入した理由と選び方を解説

「Amazon Fire TV Stick 4K」を買購入!REGZA Z720Xはいつまで経ってもAmazonプライムビデオをアップデートしないため、プライム会員なのに画面の小さいPCで視聴するのに限界を感じたのです。でも実際に使用すると使い勝手の良さと画質にビックリ!ビデオも沢山視聴すれば直ぐに元も取れそうです!
生活お得情報

東芝REGZA Z730XとZ720Xのスペックを比較してみた~おススメは?

全部入りREGZA Z720Xの発売からたった10ヶ月で後継機のZ730Xが投入されました!Z720Xを購入した者としては複雑な気持ちですが、冷静に両機種の違いとおススメな点を分析しましたので参考に下さい。また、タイムシフトシステム内蔵で悩むのが「ハードディスク」の選択ですが、その点についても言及していますよ。
生活お得情報

一眼検討中の人必見!ミラーレス一眼は必ず選択肢に入れるべきだ!

写真撮影はスマホを使っていたけど、もっとハイスペックな写真を撮りたい!という方へ。先日わたしもフルサイズミラーレス一眼を購入したので、効率的な選択方法を記事にしました。購入を検討している方は是非参考にして下さい。また、カメラの保証は各家電販売店のものでは心細いですよね?安心補償の裏技も解説しています。
生活お得情報

一眼検討中の人必見!イメージセンサーはAPS-Cを選択して良いのか?

写真撮影はスマホを使っていたけど、もっとハイスペックな写真を撮りたい!という方へ。前回の記事では画素数とイメージセンサーの関係を中心に、iphoneやフィルムカメラを超える製品選びを定量的に解説しました。しかし、選択肢であったAPS-Cのイメージセンサーでは問題が発覚!フルスペック一択となった結果何を選択したかを解説します。
生活お得情報

一眼検討中の人必見!一眼デジカメのイメージセンサーと画素数の選択方法

写真撮影はスマホを使っていたけど、もっとハイスペックな写真を撮りたい!という人が最近増えてきました。わたしもブログを始めて写真の質に疑問を感じた一人です。そしてハイスペック一眼カメラ購入を決めたのです。でも、機種選びはどうすればいいの?ご安心下さい!この記事では、デジカメの選択方法を順を追って説明しています。
生活お得情報

REGZA Z720X 不具合まとめ|残された課題を克服すればコスパ最強!

4Kチューナー内蔵テレビとして、一足早く発売されたREGZA Z720X。その後、数々の不具合が掲示板や口コミで発信されているが、内容が入り乱れ非常の分かり難いのです。そこで、最新の不具合状況について一端まとめてみました。オセロ状のまだら模様発生という大きな課題が解決されれば、間違いなくコスパは最高でしょう。
生活お得情報

4Kチューナー内蔵なのにHisense 50A6800が安すぎる!Z720Xと比較

4Kチューナー内蔵テレビが欲しいけど、値段が高くて手が出ない!寝室や書斎で使用するテレビでもそれなりの機能が欲しい!そんな人に朗報です。国内メーカーに拘りすぎて、国外メーカーに目が行かない人はここでHisense(ハイセンス)を評価してみましょう。ジェネリックレグザという揶揄もありますが、その通りのコスパが理解出来ます!