家庭の医学

身近な病気について

家庭の医学

白血病になった有名人のその後|完治した人とお亡くなりになった人

池江璃花子選手の白血病報道を発端に、白血病と闘った過去の有名人を振り返ってみました。先日も堀ちえみさんが口腔がん(舌がん)であるということを自身のブログで公表しましたが、白血病をはじめ、がんという病気は昨今では「治る」病気として扱われています。惜しくもお亡くなりになった人たちの時代とは違い医学は進歩しています。
家庭の医学

堀ちえみが口腔がん(舌がん)|ステージ4でも奇跡よ起きろ!

2019年2月19日(火)タレントで往年のアイドルだった堀ちえみさんが口腔がん(舌癌)であることを自身のブログで公表しました。病状を表すステージは既に4。5年生存率10%と言われる状況で舌の殆どを失ってしまう手術を受ける彼女の奇跡を信じています!頑張れ!堀ちえみ。
家庭の医学

白血病とは?|種類や症状と治療法は?

白血病について、誰でも分かりやすい内容で説明しています。白血病の種類は?治療方法は?不治の病と言われ、昔の恋愛ドラマでは悲劇の主人公が必ず罹患する病。しかし、現在の医療では決して不治の病などではありません。現在の白血病について少しでも基本的な知識を持ちましょう。
家庭の医学

池江選手の白血病|10代20代若年層が治る確率は?骨髄バンクの重要性

水泳の池江璃花子選手が白血病に罹患したニュースは大きな衝撃でした。国民全てが期待し、可愛がっていたまだ10代の女の子です。白血病は治る病気です。CMで見せた可愛らしい姿のまま、また、元気な泳ぎでみんなを元気にしてくれることを信じています。
家庭の医学

麻疹(はしか) の発生が多い都道府県別や年代と性別|感染経路は?

麻疹(はしか)は都心に代表される、人口密度の高い都道府県で拡大する可能性が高くなります。その原因は感染力の強さで、インフルエンザであれば1名の患者から1~2名へ感染させるのに対し、麻疹は12名以上へ感染させます。更に、ある一定の年齢の層は免疫が少なく、感染しやすいと共に、拡大の要因となっているので適切な対応を行いましょう。
家庭の医学

麻疹(はしか) 大流行の兆し|発生推移から予測するパンデミック

麻疹(はしか)が大流行したのは2013年のことです。その時と現在の様子が非常に似ており、2019年は麻疹(はしか)によるパンデミックが起きても不思議ではない状況です。先日も麻疹患者が新幹線に乗車していたというニュースも流れ、感染拡大を防ぐ施策が重要となっています。果たして大流行が起きるのか?データを比較します。
家庭の医学

麻疹の女性が新幹線で移動したのはいつ?うつった?潜伏期間は?症状は?

麻疹(はしか)に感染した40代の女性が、新幹線で新大阪と東京を往復していたことが報道されました。同じ車両に乗り合わせ人への感染が心配されますが、自分が万一感性した時を考え、麻疹(はしか)に感染(うつった)場合の潜伏期間と具体的な症状をまとめます。
家庭の医学

花粉症のアレルゲン|ヨモギ・カナムグラの時期|よく知らない植物の実態

花粉症で悩んでいる皆さん、調子が悪いのは春だけですか?ヨモギ、カナムグラとか訳の分からない植物が原因を作っているかもしれません。1年中、何らかの花粉が飛び交っているから、アレルゲンを特定することが重要です。先ずはどんな花粉が1年を通して飛び交っているかを把握しておくことが予防のために必要です。
家庭の医学

喉がかゆい!|シラカバの花粉症?口腔アレルギーOASの恐怖

喉がかゆい。イガイガする。もしかしたら、シラカバなど花粉(花粉症)と同じアレルゲンで起こる「口腔アレルギー(OAS)」の主な症状かもしれません。特定の食物を摂取すると引き起こされますが、食物アレルギー同様に、アナフィラキシーショックのような重篤な症状となる可能性もあるため、しっかりと知識をつけましょう。
家庭の医学

ヒノキ花粉症で喘息発作?花粉のピークはいつまで

毎年やって来る花粉症の季節。特にヒノキの花粉で喘息発作が発症する可能性があります。花粉の開始からピークまでを知って事前に花粉症対策を行いましょう。花粉症の症状とピーク対策を知れば、花粉飛散真っただ中でも楽に仕事がこなせます。また、インフルエンザとの違いも理解すれば安心です。