私的転職論

private-career

私的転職論

電話に出ない若者|電話が嫌い 苦手| 転職者も同じで教育不足が原因

電話に出ない若者が話題になっていますが、実際は電話に出ない年配者も多くいます。特に転職者であれば会社の事情も分からず、新卒並みに電話に恐怖を感じているのです。その理由は企業の教育不足ですが、そんな会社は電話をかければモラルが分かるので転職先からは避けましょう。一方、携帯電話も出ない若者。結局は自分勝手なんです。
私的転職論

転職の成功事例を見ても分からない?|転職理由から問う成功と感じる理由

転職を思い立って、成功事例をさがして転職サイトへ辿りつく。しかし、内容は転職先の紹介が出来たことや、面接で上手く行ったことだけで、転職者が抱く、転職理由を満足したかどうかの記載は探せない。実際に転職が成功したかどうかは、発端である転職理由を満足したか否かであることを考え、一般的な転職理由から成功の感じ方を導きます。
私的転職論

地方への転職|苦戦・年収減・仕事少ない・業種選べない|覚悟が必要

最近は働き方も変わり、地方への転職を考える人も多くなってきた。しかし、好景気と政府は宣うが、地方の景気は未だ夜道を彷徨っている状況である。地方で転職を行うなら、年収(給料)の減少、就職先の選択肢が少ないなどを覚悟が必要になる。特に仕事がなく給料が大幅に低下することを想定し、動き出す必要があることを分かって欲しい。
私的転職論

転職に若者が有利な理由|それはイノベーションを創造出来る人材だけの特権

転職ってやっぱり若者が有利です。仕事のやり方について、過去からの変遷を見て行くと、各変革時には必ず若者が率先してイノベーションを覚えて行きました。それは現在も変わりません。企業が永続的発展を行うためには、新たな業務が増えて行かないとなりません。新たな業務は古いひとたちから新しい人たちへのゲームチェンなのです。
私的転職論

日本人の三割しか知らない?|傷病手当を使えばインフルで休んでもお金がもらえる

傷病手当というシステムがあるのをご存知ですか?国民健康保険加入者以外の場合、各保険組合(協会)から休職中の補償を受け取ることが出来るのです。細かいルールはありますが、先ずはどのような仕組みであるかを知って下さい。
私的転職論

転職先はコンプライアンス違反を黙認?転職失敗の現実

転職失敗の要因は沢山あります。多くは会社との相性が合わなかったことに起因するでしょうが、もしあなたが犯罪の片棒を担ぐことになったらどうしますか?採用された恩義もあるでしょうが、社会通念上、片棒を担ぐことは絶対に許されないのです。もし、そんな状況を知ってしまっても「ものを言えない」会社なら、直ぐに辞めることをお奨めします。
私的転職論

転職|失敗|従業員のモラルを観察してみましょう

転職によって会社のレベルを下げるということは、今まで培った常識が通用しない世界へ入るという覚悟が必要だ。零細企業の大半は中途採用者の巣窟で、全てではないがモラルハザードが起きている。また、それを経営者は黙認し、更生できない原因を部門長の責任へ転嫁している。社長のモラルに疑問を感じたら、さっさとその会社を去る覚悟も持とう。
私的転職論

転職|失敗|パワハラ社員を黙認する会社へ入社した場合の心得

転職したらパワハラの洗礼に。期待を胸に転職したのに、その会社にはパワハラ社員が居たらどうします?しかも会社がパワハラを黙認!?パワハラ会社はきっと長くは続きません。自分自身の精神が崩壊する前にそんな会社からは逃げましょう。精神的問題が発症したら労災申請一択です。
私的転職論

転職|失敗|会議が長い会社は通常業務時間を大きく削ります

転職して初めて気づく会社の個性。良い個性なら感動するが、悪い個性は転職失敗の序章である。転職者は中途採用。会社も即戦力を期待するが、会社の期待に応えるためには今を改善することが必要。そのための時間、頑張って残業で補填しようにも足りなかったらどうします。寝袋持って会社に寝泊まりする時代じゃないことを経営者は気づいていない。
私的転職論

転職|失敗|心が崩壊してからでは遅いので逃げても恥にはならないよ

転職失敗談もいよいよ佳境。転職先へ始めての出勤までこぎつけましたが、数々の違和感が…。迎えてくれた部門長は精神疾患で過去長期休暇の経験者。会社の就業規則から現場のルールまでありとあらゆるものが中途半端な状態。一念発起しルールを作ろうとするとその先に待ち構えているものは…