身延山久遠寺|登山しないと授かれない御朱印(御首題)を解説

身延山久遠寺と言えば、日蓮宗の総本山として名高い名刹です。

1281年(弘安4年)日蓮上人により創建された「南無妙法蓮華経(法華経の教えに帰依をする)」という法華経の題目をとなえる宗派。

神社とは違い仏教はそのルーツが明確な場合が多く、その教えも神話とは異なり、実在の人物による伝承なので比較的分かり易い(細かくなるととても難しいのですが…)。

古くから、神社では御神体が山そのものであったり、仏教では修行の場であったりと、山はとても神聖な場所であった。

身延山久遠寺も名前の通り、身延山という標高1,153mの山全体がお寺となっています。

古くはこの山を3時間前後登り、頂上の「奥の院親思閣」へ参ったのでしょうが、現在では観光地化され、麓からロープウェイで7分ほどで到着します。

即ち、お金さえ払えば、最も過酷な場所にある「奥の院親思閣」の御朱印(御首題)は簡単に授かれる時代なのです。

しかし、身延山久遠寺では参道沿いに坊庵が点在し、その一部でも御朱印(御首題)授かれることを皆さん知っていたでしょうか?

今回は、自分自身で実際に登山を行い、表参道、裏参道で御朱印(御首題)を授かれる場所をご紹介致します。

なお、御朱印という言葉は神社では一般的ですが、仏教では宗派によって色々と違いがあるようです。

今回紹介する身延山久遠寺は「日蓮宗」で、御朱印にあたるものを「御首題」または「お題目」と称します。

御朱印として頂く場合は、メインの文字が「妙法」のみとなる。

御首題として授かる場合は「南無妙法蓮華経」と法華経の7文字が記載されるようなので、細かくはお願いする時に確認することをおすすめします。

Click to Contents!!

身延山久遠寺の場所

IMG_4576

身延山久遠寺の所在地は「山梨県南巨摩郡身延町身延3567」です。

自家用車でアクセスする場合、一般的には「奥の院思親閣」を訪れることになるので、ロープウェイ有料駐車場を利用することが多いようです。

公共交通機関は、身延線「身延駅」からのアクセス。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる