家庭ネット|豊富な勉強ノウハウでやる気が出るオンライン教育

education26

注目のオンライン家庭教師、各社様々な個性を売り出している。

ここでは、福岡を地盤とする「家庭ネット」を新たな選択肢となるかを分析する。

実際の塾や家庭教師に対し、親の負担や通学の手間が無いオンライン学習は今後の中心的存在になるのは間違い無い。学習情報としてきちんと把握しておこう。

注目のオンライン家庭教師、大手の一角を崩す勢力になるのか?

家庭ネットメインイメージ
家庭ネット
Click to Contents!!
Sponsored Links

オンライン家庭教師「家庭ネット」とは

家庭ネットの運営母体

福岡県で家庭教師を展開している日本学術講師会が運営

日本学術講師会 福岡家庭教師web
家庭ネットサブイメージ

家庭教師30年の実績とノウハウを活かしたサービスを実現。お子様一人ひとりにあった学習方法を見つけ、学力UPや受験勉強のサポートをいたします。

「家庭ネット」の特徴

家庭ネットの特徴を深掘りしましょう。

授業内容が「インタラクティブ」に進められるか?

評価=★★★★★

VQSシステム採用により、ネット上でマン・ツー・マン指導

家庭ネットのイメージ

家庭ネットの指導システムで採用されている「VQS」は、お互いの映像と音声をリアルタイムで受け取れるので、先生にその場で質問ができ返答も即座に行われます。
生徒の表情も確認できるので、実際のマン・ツー・マン指導と変わらない感覚で指導が受けられます。

リアルタイムノート共有機能「ホワイトボード」

VQSシステムの「ホワイトボード機能」で、指導で使用するプリント・テキストデータを画面上に読み込み共有、そこに先生のアドバイスがリアルタイムで書き込まれるので、間違いや重要なポイントもすぐにわかります。
指導で使用した書き込みデータは保存もできるので、指導後も確認することができます。

インタラクティブ性能は各社それぞれに個性がある。

「家庭ネット」についても独自のスキームを構築しており、学習のインタラクティブ性は高い。

「無料体験」で実際に使いやすさを体験して欲しい。

家庭ネットの教師の質は問題ないか?

評価=★★★★☆

登録数

不明

プロ家庭教師はいるのか

九州地区(主に九州大学)の学生が主体だが、リアル家庭教師を経験している「プロ」家庭教師も多数在籍しているので安心。

先生の継続または変更は可能か

  • 生徒と講師の信頼関係を重視 ⇒ 原則として同じ講師が指導
  • 指導終了後に担当講師より教務スタッフへ、指導内容レポートを提出

⇒ その内容をしっかりチェックし、今後のアドバイスを教務スタッフが実施

担当講師の独自判断での指導にならない

  • レベルに合わせた指導と徹底した講師管理で万全のフォロー
  • ひとりひとりのペース・相性にあった先生が担当講師として指導を続ける

継続性を重視してはいるが、相性はきちんと判断してくれる。

⇒サポート教務へ相談し変更は可能

家庭ネットは個別の教科書に対応しているか

評価=★★★★☆

学習の進め方は、基本的に家庭にある教材(塾や予備校のテキスト、学校の問題集など)を活用する。

学習状況や課題に合わせカリキュラムを立て、指導に適切な教材を選定しており、必要がある場合はサポート教務から別途提案・紹介することも可能。

家庭ネットの料金体系は適切か

家庭ネットの料金体系は1コマの時間に注意が必要

評価=★★★★☆

家庭ネットの料金体系はリーズナブルに見えるが、1コマが25分であることに注意する。

また、「システム管理費」が毎月発生することを加味する必要がある。

入会金は消費税込みで「22,000円」が別途必要となるが、頻繁に半額キャンペーンを実施しているので、無料体験を実施する際は料金確認を行って欲しい。

システム管理費

2,200円/月(税込)

1コマ=25分、消費税込

コース1コマの指導料金
小学生コース(4/5/6年生)1,100円
中学受験コース1,650円
中学生コース1,210円
高校生コース(1年・2年)1,320円
高校生コース(3年)1,870円
浪人生コース(20歳まで)1,870円

家庭ネットで必要な機器

  • インターネット環境
  • パソコン
  • パソコンに繋げるWebカメラ
  • ヘッドフォン

Webカメラとヘッドフォンについては、自身で用意する必要がある。

全ての機器を準備後、公式サイトより「動作確認・チェックウイザードページ」を開き動作チェックを行う。

ズバリ、「家庭ネット」はお奨めなのか?

評価=★★★★☆

四つ星でお奨めです。

基本的にオンライン家庭教師は新しいジャンルなので、良し悪しに各社大差ないの実情。

以下におすすめ理由を示すが、基本的な内容は他社とほとんど変わらない。

おすすめする理由
  1. 「無料体験」が行えるので、相性が悪ければ入会する必要がない
  2. 入会金(20,000円)が半額になるキャンペーンが行われている場合がある
  3. 家庭教師で培った実績がある
  4. 学力向上に必要な施策(特徴)が揃っている

学習塾、オンライン学習教材(スタディサプリやすららネットなど)を試したがダメだった場合や、他の学習方法の強化を行いたい場合は最強の選択でしょう。

残念な点
  1. 1コマの時間が25分なので、好みがわかれる
  2. Webカメラ、ヘッドフォンの無料レンタルが無い(自身で購入)

<どんな効果が望めるか>

もちろん、「行く価値のある大学」を目指すことを最終目標に、県内トップクラスの高校進学、各学年での成績向上は間違いなく可能。

指導回数と成績は、必ずしも比例しないとうのはご存知でしょうか?
重要なのは、実のある指導をどうやって自分の学力に変えていくのか、その「プロセス(過程)」です。
実際に1週間の勉強サイクルを作っていくうえで、お子様が自分で取り組む時間を考えると、1番効率のよい指導回数は「週1~2回程度」です。
家庭教師派遣で34年の実績がある家庭ネットの運営母体「日本学術講師会」の蓄積データから導き出したそれが「答え」です。

「無料体験」を行って判断できるのはとても大きい。

ダメなら別のオンライン家庭教師を試せば良いのです(数社同時に比較するのも面白い)

\ 詳細はこちらから /

education26

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる