初心者に最低限必要な登山装備!|価格がピンキリな登山道具のマストアイテムからあると便利な道具まで徹底解説

山への興味が沸いてきたら、とりあえずどこかの山へ登っちゃいましょう♪

でも、ちょっと待って下さい。登山装備は万全ですか?

山のレベルを指標化したグレーディング表で一番優しい「1A」でも「登山装備が必要」って書いてありましたよね。

では、山を登るのに必要な準備(装備)とは一体どんな内容なのでしょうか?

夏山登山(春~秋)の初期投資費用の代表例と共に、登山に必要な装備について詳しく解説しますので、抜かりなく準備して下さい!

安全登山の前提は、登山に適した装備を整えることから始まります。

Click to Contents!!

初心者が揃える登山装備(マストアイテム)

Let's_start_climbing024

ここで紹介するアイテムはマストアイテムを中心に重要なものを選んでいます。

最低限、これだけの装備が無ければ安全登山は始められません。

装備入門上級
登山靴15,000円50,000円
靴下(メリノウール)2,000円4,000円
リュック15,000円50,000円
上着:ベースレイヤー(下着)2,000円15,000円
上着:ミドルレイヤー(行動着)10,000円50,000円
上着:アウターレイヤー(暴風、雨具)2,000円100,000円
パンツ:ベースレイヤー(タイツ)2,000円15,000円
パンツ:ミドルレイヤー(行動着)2,000円30,000円
パンツ:アウターレイヤー(暴風、雨具)2,000円50,000円
グローブ500円20,000円
熊よけの鈴1,000円3,000円
虫よけ500円1,000円
救急装備2,000円3,000円

価格の幅が大きくって驚きでしょう!?

登山用具は命に係るものなので、機能が優先されその結果値段が高くなります。

また、普段着とは違い競争が少なく、海外ブランドの力も強いため高値安定の傾向が強いですね。

日本ブランドのモンベルなどは大分価格を頑張ってはいますが、それでも登山用品の価格は安いとは言えません。

初心者は左側の最低レベルを基準に選択して行きましょう。

但し、今回の設定は無積雪期ですが、それでも春や秋は結構寒くなるので防寒対策についてはケチらないようにして下さい。

登山靴

IMG_6399

これはもう、絶対に必要なアイテム(笑)。

初心者の内は登る山に合わせて安いもので十分でしょうが、ステップアップすれば必ず良いものが欲しくなります。

とは言え、良い物の価値は初心者では分かりませんので、十分な登山経験を得てから不満を払拭できる登山靴へ買い替えても遅くはありません。

夏山登山に適した靴は大きく分けると3つあります。

種類使用目的
ハイキングシューズ整地された低山用
トレッキングシューズ中間
マウンテニングシューズテント装備など重い荷物でも縦走可能

基本的にはその人が目指す方向に左右されますが、最初から中間の「トレッキングシューズ」を無理してでも買った方が良いでしょう。

運動不足解消のために登山を始めただけの私は、特に何も考えずに「カッコいいし安い」という理由だけで、機能も知らずにハイキングシューズを買ってしまいました。

その後登山にどっぷりハマり、数ヶ月後には八ヶ岳や南アルプスの縦走まで行い、ハイキングシューズでは直ぐに限界を感じてしまったのです。

高性能な登山靴と比較してアウトソール(靴裏)が柔らかく、岩場では足が痛くなり歩きづらい。

また、アウトソール形状が滑り易いというのが主な内容でした。

登山を少しでも長く続けようとする方は、アウトソールが固く安定したトレッキングシューズを購入することを強くをおススメします。

登山靴の最低ライン

登山靴の中間ライン

登山靴の最高ライン

靴下(ソックス)

登山では登山靴の次に「くつした」が重要なアイテム。

靴下は登山靴の中で重要なクッションの役割を果たし、脚への負担を減少させ指の保護を行います。

重要な役割があるからこそ、厚みや速乾性を備えた「メリノウール」を使用した「専用品」必ず揃えましょう。

登山靴を買う前に、靴下を購入し、それを履いてサイズを確かめる順序が本当はおススメです。

これは私も使用していますが、クッション性、速乾性共に最高レベルのソックスです。

リュック(ザック)

Let's_start_climbing026

リュック(ザック)を選ぶ際、最初に迷うのは大きさでしょう。

ハイキング目的なら20L程度で十分ですが、将来的に山小屋1泊などが視野に入るなら「30L」以上を選ぶべきです。

また、機能ですが、最近の製品は背中を涼しく保つためにメッシュ仕上げになっており、その中でも極端な製品はリュック本体との間が開いています。

即ち、身体に接するのは網の部分だけで、通気性がよくとても涼しい。

但し、デメリットもあり、リュックの重量が身体から離れ外側となるため、岩場などを登る際には後ろへ引っ張られる感覚となり少し怖いかもしれません。

なお、通常のリュックにはリュック用の雨除けカバーが付いていますが、付属していない場合は別途購入する必要があります。

購入する前に必ず雨除けカバーの有無を確認しましょう。

おススメの30Lライン

ミレーはリュックの製造から始まった会社で、とても高い評価を受けています。

グレゴリーはリュックのロールスロイスと言われているとか(そんなに高価じゃありませんがね)。

服装

登山はハードな有酸素運動です。登山口は初夏でも気温一桁で寒い日もありますが、登り始めると直ぐに汗をかき始めるほどハードで苦しいのです。

ベースレイヤーの例

もし、汗だくの状態で綿の下着が全ての汗を吸ってしまったらどうなるのでしょうか?

汗は体中に纏わりつき、雨の日のように、常に濡れた状態で行動することになるでしょう。

下着に溜まった汗は冷え、少しでも動くことを止めたら一気に体温を奪って行き、最悪の場合は低体温症で命を落とす危険があるのです。

そのような危険な状態を避けるため、汗を効率的に外へ逃がし蒸発させる必要があります。

登山における服装の基本はレイアリングという重ね着。

暑ければ脱ぎ、寒ければ着るの繰り返しで対応を調整することが登山の基本!

そして汗を最初に吸収する下着と同様に汗を外側へ排出し、常にドライな状態を維持することが登山用の衣類に求められる最低限の機能と言っても過言ではないでしょう。

最初はユニクロのドライインナーを試しても良いでしょうが、どうしても汗が残るのなら、登山専用の下着を選択すべきです。

上半身用の下着でおススメなのが、アンダーアーマーの長袖。

夏用は常に汗を外へ出し、長袖をTシャツの下へ切れば日焼け対策にもなります。

ミドル(ミッド)レイヤーの例

ミドルレイヤーについては春・秋の行動着として必須のアイテムで、軽量のフリース素材のものやハイテク素材など色々な製品が発売されています。

夏場に日本アルプスの登山を1泊以上の行程で行う場合は、防寒対策としてマストアイテムになるでしょう。

通常の日帰り行程であっても、2,000m以上で休憩する際や、想定外の天候変化に備えてリュックに忍ばせる方が安心!

ちなみに、日本アルプスの山小屋は夏でも夜は冷えるので、薄手のダウンを常に着用していることが多かったです。

アウターレイヤーの例

夏山登山の場合、アウターレイヤーは雨具と兼用する人が多いでしょう。

多くはハードシェルと言われる雨も風も通さない素材を使用したもので、透湿性のあるゴアテックスなどを使用した製品が最適。

とても寒い日は、ミドル(ミッド)レイヤーの上にアウターレイヤーを着て寒さをしのぎますが、高山の場合は、更に間に薄手のダウンを着る必要があります。

アウターレイヤーは風や雨を防ぎますが、保温性は期待出来ないのがその理由です。

機能性タイツの例

タイツは疲労を軽減したり、ケガの防止が期待出来る

夏場などは半ズボンのみで登山を行う人もいますが、コンプレッションの利いたタイツを履く方が、ケガも防げるし疲労が少なくなります。

最初は安いユニクロの機能性タイツでも良いでしょう。

私も最初はユニクロを使用していましたが、「CW-X」へ乗り換えたら機能の違いが大きく驚きました。

登山に慣れてから購入を検討しても遅くはありません。

登山用パンツの例

タイツの上に着用する登山用のパンツは、ストレッチ性の高い製品を選ばないととても危険です。

また、登山用の衣類として常にドライな状態に保つ機能も上着同様に必須。

理想的には登山用品のメーカー製をおすすめしますが、慣れるまではワークマンのパンツで様子を見ましょう。

私は途中から登山ブランドへ変更しましたが、今でも低山を登る時や、簡単なハイキングではワークマンのパンツを愛用しています。

ただ、登山ブランドのパンツは明らかにストレッチ性や重量が勝っているので、出来れば最初からしっかりした製品を選ぶことをおススメします。

登山パンツのアウターレイヤーの例体力度

パンツのアウターレイヤーは雨具でOKです。

これも登山用品を使用したいところですが、性能が落ちることを理解し、先ずはワークマンの雨具で代用すれば良いでしょう。

その他の登山用マストアイテム

Let's_start_climbing027

グローブ

実はこれ、重要なアイテムなんです。

春や秋は寒さから手を守ってくれますし、岩場やクサリ場などで重宝します。

極端な話、最悪でも手のひらにブツブツがある軍手かワークマンの手袋を用意しましょう。

本格的に登山をする人は革製が良いと言いますが、高価なので先ずは様子見でもOK。

でも、ブラックダイヤモンドのビレーグローブは結構安価なのでおススメです。

熊よけの鈴

有名どころの山を登る場合は多くの登山客がいるので安心ですが、少し慣れてきて、寂しい山を単独で登る際は少し不安になる場面もあります。

備えあれば憂いなし、一つは持っていたいアイテムです。

虫よけ、救急箱

自然の中へ入るということは、その自然に生きる虫などとも対峙しなくてはなりません。

例えば、夏のシーズンなら蚊も出ますし、雨上がりなどは「ヤマビル」という厄介者も。

これらを一気に避けられる市販の虫よけがあるので、とりあえず持ち歩きましょう!

また、虫よけ対策を行っても、蜂に刺されたり、他の虫の攻撃を受ける可能性も否めません。更に転んでケガをすることもあります。

そんな「万一」に備えることも重要です。

登山用品、必要なら揃えたいアイテム

Let's_start_climbing028

絶対必要なアイテムではないけど、何度か山を登っている内に必要と感じるアイテムを紹介します。

ストック(ポール)

登山を何度か経験して行くと、自分の弱点が見えてきます。

ストック(ポール)は、膝痛の対策や登坂を楽にしたり安定させることが出来るツール。

しかし間違った使用方法では、せっかくの効果も引出せません。

購入したら使用前に必ずYouTubeなどで使用方法を確認しましょう。

 

ヘルメット

北アルプスがある長野県などでは、装着を推奨しているアイテムです。

登山初心者の頃はそんな山へ行くことは想像もしていないでしょうが、技術や体力が上がると人間欲が出ます。

事前に知っておいても邪魔にならないアイテムであることを認識しましょう。

ヘルメットを推奨する理由は「滑落時」の致命傷を避けることです。

もちろん、万一の落石対策もありますが、落石の発生事象は少なく、むしろ滑落時に命が助かるケースが多いのです。

難しい山に対するアイテムだけと考えず、少しでも不安のある所では自己防衛のために着用した方が良いでしょう。

 

軽アイゼン

冬季の雪道を歩くだけがアイゼンの役割ではありません。

春になり、登山の季節になると下界ではまったく雪は無くても、登山道には多くの雪が残っている場合があるので、真夏以外にも登山を行うためには以外と必要なアイテムとなります。

また、真夏のアルプス登山でも、一年中残る「雪渓」を横切る場合もあるので、自身の趣向に沿って準備を行いましょう。

 

ヘッドライト

基本的に昼間しか活動しない場合は必要無いと思われがちですが、万一ケガなどをして、登山計画よりも遅れて下山しなくてはならない場合だってあるかもしれません。

山には明かりが一切無いため、照らすものが無ければ真っ暗です。

また、秋の登山は夕暮れも早く、万一のトラブルが発生する確率も高くなります。

一方、登山レベルが上がり、山小屋へ宿泊するなどの場合、夜トイレへ行く時に必要となる山小屋もあったりするんですよね。

最初の内は全く必要は無いでしょうが、レベルが上がれば必ず必要となるアイテムと言っても過言ではありません。

ライトがあれば日の出前の行動も可能で、富士登山では御来光用のマストアイテムとなっています。

 

初心者の登山道具まとめ

登山を開始するには意外とお金がかかることが理解出来たでしょうか?

とは言え、ジムやウォーキングを始める程度でも、新調すればウェアやスニーカーで2~3万円程度の費用はかかるでしょう。

登山装備は若干高めですが、それだけ素晴らしい世界が待っています。

また、登山で使用される製品はアウトドア用品としては最高レベルなので、万が一の自然災害の時でも役に立つでしょう。

自分にあったギアを選び、安全で楽しい登山を行って下さい!

「登山のススメ」記事一覧
  1. Step01
  2. Step02
  3. Step03
  4. Step04
  5. Step05
  6. Step06
  7. Step07
  8. Step08
  9. Step09
  10. Step10
  11. Step11
  12. Step12

Let’s start climbing!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる