喉がかゆい!|シラカバの花粉症?口腔アレルギーOASの恐怖

家庭の医学

果物を食べて「喉がかゆくなる」「喉がイガイガする」という違和感を感じたことがありませんか?

実はこれ、花粉症と密接な関係があるのです。

 

花粉症の症状と言えば、通常は「くしゃみ」「鼻みず」が有名ですが、人によっては「肌がかゆくなる」「微熱が出る」など、実は幅広く症状が出ます。

 

その中でも「口腔アレルギー症候群(OAS)」は、特定の食べ物を摂取すると起こる実に憂鬱な症状です。

 

口の中に発生する違和感だけでも十分嫌な感じなのに、重篤化するとアナフィラキシーショックという、死に直結するような症状を発症することもあるため、特定の食物を口にすると、「喉がかゆい!」「イガイガする!」という人は、原因を把握して対処することが急務なのです。

 

口腔アレルギーと食べ物の相関関係

口腔アレルギー症候群:別名OAS(oral allergy syndrome)

 

花粉の原因 食べ物
スギ・ヒノキ トマト
シラカバ(シラカンバ) リンゴ・もも・さくらんぼ
イネ科 トマト・スイカ・メロン・オレンジ
ブタクサ・ヨモギ メロン・スイカ・セロリ

 

春のスギ・ヒノキの花粉症や、夏と秋に多いイネ科の植物とブタクサ・ヨモギについては、身近な存在であり、自身が反応する花粉の原因として特定している人も多いでしょう。

 

しかし、シラカバ(シラカンバ)については、自生地が北海道や東北が中心で、また、その他地域についても高原地帯などへ行かないと接触する機会の少ないアレルゲンです。そのため、自分自身がシラカバ(シラカンバ)に対するアレルギー反応を持っているかどうか、把握している人は少ないと思います。

 

リンゴ・もも・さくらんぼについては、シラカバ(シラカンバ)との相関があります。その理由は「似た構造のたんぱく質を持っている」からです。普段シラカバと接していなくとも、対象の食物を摂取すると口腔アレルギーを発症する場合、シラカバ(シラカンバ)のアレルギーも有している可能性があるのです。

 

 

 

口腔アレルギーの症状

発症まで 対象の食物と接触してから15分以内
場所 唇、口の中、喉などの粘膜部
症状(接触部) ・かゆみ、しびれ

・腫れ

・水ぶくれ

症状(接触部以外) ・喘息のようなぜーぜーした呼吸

・呼吸器症状

・じんましん、鼻みず、下痢、腹痛

最悪の場合 アナフィラキシーショックによる意識消失

 

こんな症状出たことありませんか?

もし、心当たりがあるなら、早急にその食物を特定しましょう。

 

わたしの場合、子供の頃から「もも」と「さくらんぼ」を食べると喉や耳の奥がかゆくなりました。子供の頃には、それがアレルギーであったなんて夢にも思っていませんでした。食べたいけどかゆくなるのは嫌で、自然と食べるのを避けていたため、重篤な症状へは至らなかったのは幸運だったのでしょう。

 

現在ではこれらアレルギー原因が明確となっているので、自分自身で発見し、予防を行うよう注意することが肝要です。

 

口腔アレルギーの治し方(発症の避け方)

  1. 原因となる食物を特定する
  2. 原因となる食物を摂取しないように注意する
  3. 原因食物でも加熱すればOKの場合があるので調理方法を工夫する
  4. 薬を摂取する(例:抗ヒスタミン薬)

 

アナフィラキシーショックが起こることも想定し、常に日常生活に気を配ることが重要です。また、万が一重篤な症状が現れた時は、早急に医療機関を受診しましょう。

 

一人暮らしの場合、アナフィラキシーショックが起きてからでは遅いので、必ず自身のアレルギー物質を事前に把握し、摂取しないよう日頃から気を付けることが必要です。

 

ラテックス・フルーツ症候群

ラテックス・フルーツ症候群って知ってますか?

 

ゴム手袋をすると「手がかゆく」なったりしたら、ラテックス・フルーツ症候群を疑いましょう。

口腔アレルギー(OAS)と合併症状を誘発すると言われています。

 

食物アレルギーと口腔アレルギーの違い

 

少し難しい専門用語が出ますが我慢して下さい。

簡単に言えば、発症を誘発する場所と症状が違いのです。

 

  • 食物アレルギー=消化管で吸収されて全身症状で現れる
  • 口腔アレルギー=口内粘膜で吸収されて口内粘膜の症状で現れる

 

難しく書くと…

 

食物アレルギー 食べた物が一部未消化のまま吸収されます。

そのタンパク質(※1 抗原・アレルゲン)に対する抗体が形成された結果(※2 感作)、再度同じ抗原を吸収することで全身にアレルギー症状が生じます。

口腔アレルギー 対象となるタンパク質(Ⅰ)は、通常、ほぼ完全に消化分解されてから吸収されるものです。しかし、それと類似したタンパク質(Ⅱ)を含んだ花粉が粘膜を通して吸収され体内で抗体が形成されると、タンパク質(Ⅰ)も異物として認識してしまい、口腔内で直接接触した部位にアレルギー反応を生じさせます。

Wikipediaより抜粋

※1

アレルゲン(ドイツ語: Allergen)とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。 一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。

※2

感作(かんさ、Sensitization)とは、繰り返される刺激によって、それに対しての反応が徐々に増大していく非連合学習プロセスである[8]。感作はしばしば、反復刺激であるというだけではなく、刺激のグループ全体に対しての応答強化として特徴付けられる。たとえば痛みを伴う刺激が繰り返されると、騒音に対してより敏感に受け取るようになるようなことである。

 

まとめ

口腔アレルギー(OAS)は、口内の違和感程度で見逃してしまいがちです。

 

一方で食物アレルギーは、アナフィラキシーショックを起こし死亡など、重篤化することや、この症状を利用したサスペンスドラマや映画で「怖い病気」として有名でしょう。

 

しかし、口腔アレルギー(OAS)でもアナフィラキシーショックを発症するリスクがあります。

 

もはや国民病となった花粉症ですが、「喉がかゆい!」「イガイガする!」という経験をお持ちの方は、合併する重要な症状として口腔アレルギー(OAS)とうい病気があることを理解し、自分自身はもちろんのこと、子供やお年寄りの居る家庭では、周囲の家族にも気を配って観察することが重要です。

 

参考になれば幸いです。