ヒノキ花粉症で喘息発作?花粉のピークはいつまで

家庭の医学

みなさん、花粉症の対策はお済ですか?

 

わたしは毎年花粉症に悩まされる人間の一人です。スギ、ヒノキ、ブタクサなど、ほとんどの花粉に反応してしまいます。特に「ヒノキ」のアレルギーに酷く反応するため、毎年ゴールデンウィーク前は、春から初夏の訪れにウキウキすることなく憂鬱な日々を過ごします。

 

酷い時は喘息のような発作が起こり、夜も眠れないことがしばしば。毎年、同じことの繰り返しで「うんざり」。

 

ヒノキ花粉をはじめその他の花粉もピークを意識しながら、2月~3月にかけてここに書いた対策を行うようにしています。

 

花粉の飛散時期を把握しよう

われらが敵、花粉の飛散時期について知識が無ければ対策が行えません。飛散量や時期は毎年少しづつ変化しますが、基本的な時期はほぼ同じなので、自分にとって最も影響力の強い花粉の種類について飛散時期をある程度把握し、早めに対策準備を開始しましょう。

スギの花粉は3月がピーク、ヒノキは4月にピークが訪れる

黄色で記した「スギ花粉」の飛散時期は、最も早い九州地方が2月の下旬から始まり、3月上旬には日本全国に広まることが分かります。

 

特に注目しなくてはならないのが「関東地方」です。関東地方は3月上旬から飛散が始まり、ほぼ1ケ月間スギ花粉の被害を受けるのです。

 

更に、スギ花粉の飛散が終了したと同時にヒノキ花粉の飛散が始まり、関東地方についてはなんと1.5ケ月間も花粉による影響があるため、花粉症の影響を受けやすい人は早めの対策が必要です。

スギ花粉の症状とは?

「くしゃみ」「鼻みず」については基本的要素として捉えて下さい。ほぼ全ての患者がこの2つの症状があります。合わせて「目がかゆい」「涙が出る」という症状が出る場合もあります。

問題は「鼻づまり」です。

 

「鼻づまり」は複合症状を起こすことが多く、「臭いや味が分からなくなる」場合や「口が乾いたり咳が出て止まらない」などの症状が出ます。これら複合症状の影響で、夜「熟睡できない」という悪循環にも繋がりかねません。また、くしゃみや鼻みずと違い自覚症状としてつかみ難いので、注意点として頭に入れておく必要があります。

 

普通の花粉症状だけでも仕事に支障があったのに、寝不足も重なれば効率が落ちるのも仕方ありません。

 

ヒノキ花粉の症状とは?

ヒノキ花粉の症状は、基本的にはスギ花粉と同じですが、一つ大きく違う症状が現れます。

それは「咽喉頭症状」

 

咽喉頭症状とは、主に「のどの違和感」と「咳」が出る症状です。

 

スギ花粉の場合、鼻みず、くしゃみが主な症状ですが、4月以降、もしこの症状に合わせ「のどの違和感」や「咳が止まらない」などの症状が出れば、ヒノキ花粉にも反応する体質かもしれないということを疑って下さい。

 

事実、わたしも4月以降に咳が止まらなかったり、酷い場合は喘息のような症状に陥ります。長い場合はゴールデンウィーク中もこの症状に悩まされ、楽しいはずの連休も暗い日々になっていました。

先ずはご自分の症状を冷静に分析し、何に影響されるのかを熟知した上で対策へ望んで下さい。

 

実際に喘息と診断される人もいます。

 

あと、特殊な症状かもしれませんが、花粉によって「顔がかゆく」なり「顔が赤らむ」こともあります。

 

 

花粉症の対策について

春の花粉症について、アレルゲンからどの様な症状が出るのか?についてはご理解頂けたと思います。では、実際の花粉症対策はどうやれば良いのかを説明します。

 

 

対策方法の選択肢を理解する

選択肢は大きく分けて2つだけです。

 

  1. 自分で行える対策
  2. 病院で行ってもらう対策

 

まずは「自分で行える対策」をしっかり準備しましょう。

 

自分で行える対策から始める

自分自身が注意して行える「セルフケア」と「防御策」についてまとめました。全て行えば良いのですが、先ずは出来ることから始めましょう。

重要なのは、実際に花粉が飛散する前から開始することで、花粉のピークを楽に過ごせるのです。

 

マスクをする マスクをするだけで鼻の症状が軽くなります。また、ヒノキ花粉を防御することで咳が出ることを抑えます。
メガネをかける 花粉によって涙が出たり、目がかゆくなる人には有効です。出来れば専用のメガネを使用して対策をしましょう。
衣類や布団を外に干さない 花粉症の時期はなるべく衣類は室内で乾かし、布団乾燥機などを活用し花粉を家の中へ入れない取組みが大事です。
家に入る前に花粉を落とす 必ず玄関に入る前にやることが重要。花粉を家の中に入れないよう、家の中に入る前に、衣類についた花粉を落としてください。髪の毛にも付着しているので、ブラシをかけるれば完璧です。玄関に空気清浄機を設置するという手もあります。
花粉の飛散状況を把握する お医者様でアレルギー検査を受け自分の苦手な花粉を知っておくことが前提ですが、インターネットなどで花粉情報をチェックすることが大事です。頻繁にチェックし、飛散する前に対策を取ることが最も効果的です。
窓を開けないようにする 空気の入れ替えはなるべく空気清浄機に任せ、外の空気は入れないように心がけることが必要です。
掃除を頻繁に行う どれだけ注意しても、とても小さな花粉は家の中に入り込んでいます。こまめに掃除を行うことで、花粉を除去するようにしましょう。
花粉が付き難い衣類を着る ナイロンなど表面がツルツルの素材であれば花粉は落ちやすくなります。逆にウールやコットン素材はこの時期は避けましょう。また、花粉は静電気で付着しやすくなるため、静電気防止スプレーを使用することで対策の厚みが増します。
うがい、手洗いを習慣化する 身体の中に花粉を入れないことを目的に行います。もちろん、日ごろの風邪予防にも効果的なので、一年中習慣として身に着けることをおすすめします。

 

お医者様にお願いする対策も必要に応じて実施する

自助努力では限界があります。最近では、アレルギーの対策医療も発達しているので、能動的に花粉症対策を行うことを検討することも重要です。

 

先ずは最も簡単な、「抗アレルギー薬を事前に飲み始める」ことから開始し、それでも辛い場合は、他の対策を行うことを検討すれば良いでしょう。

 

症状が出る前に抗アレルギー薬を飲む 症状が出てから抗アレルギー剤を飲むより、症状が出る前に服用しておくことで、薬の効果が最大限に発揮されます。症状を軽くするためにも、花粉情報をチェックし、事前に服薬を開始しましょう。
鼻粘膜レーザーを行う 鼻の粘膜をレーザーで焼いて、鼻の症状を軽くする方法があります。保険適用を受けることも出来るため、近年この対策を行う人が増えています。一時的に症状が悪化した感じになる場合もあるので、行きつけのお医者様とよく相談してから実施するかを判断して下さい。
アレルゲン免疫療法を行う アレルゲンを少ない量から徐々に増やし免疫を作るという療法。今までは、注射を数日に1回受ける方法が主に行われいましたが、最近では、毎日舌下に薬液や薬剤を置くだけの手軽な「舌下免疫療法」もあります。頻繁に通院しなくても良いというメリットもあるので、検討する場合はお医者様に相談をして下さい。

 

インフルエンザとの違いを理解しておこう

 

昨今のインフルエンザは春先まで注意が必要です。特に2月から3月にかけては、花粉の飛散量にもよりますが、花粉症と思っていた症状が実はインフルエンザであったということを良く聞きます。

 

毎年悩まされる花粉症、自分の身は自分で守るため多くの情報を得て、事前の対策を行うことは非常に大事なことです。しかし、季節に偏った花粉症の知識によって、インフルエンザを見逃す可能性があることも理解しておいて損はないでしょう。

 

最も恐ろしいのは、花粉症と勘違いし、公共の場でインフルエンザウィルスをまき散らしてしまうことです。

 

そうなる前にで、双方の違いをしっかり理解しておきましょう。

インフルエンザの症状と花粉症の症状

花粉症とインフルエンザの症状はよく似ています。正確には風邪の症状と似ているのでしょう。以下にそれぞれの違いをまとめましたので、もしご自身に疑いがある場合はチェックして下さい。

 

最近では、インフルエンザを発症したあと花粉症になると、重篤な症状に繋がる可能性があるとのことです。花粉シーズン到来前に、しっかりとインフルエンザの予防を実施しましょう。

 

花粉症 インフルエンザ
全身の痛み(筋肉痛・関節痛) なし 急激に進行し、症状がひどい
出ても微熱 高熱が多い(38℃以上)
鼻水 透明なさらさらした鼻水がとめどなく出る 後期からひどくなる
くしゃみ なんども(7~8回)時には数十回続けて出る 出ることがある
鼻づまり 症状がひどく、長く続く 症状が出る
のどの症状 痛み・はれはまれだが時にイガイガ感がある 痛み・はれがある、症状がひどい
せき 出ることがある 症状がひどく、数日間続く

 

症状の違いを理解しておく

大きな違いは次の2つの症状です。

 

  • 全身の痛み(筋肉痛・関節痛)

 

全身の痛み(筋肉痛・関節痛)がある場合は「インフルエンザ」を疑いましょう。

また、花粉症では高熱が出ることはほとんど無いので、高熱が出たら同じく「インフルエンザ」を疑いましょう。

 

逆に体中がダルくても、全身の痛み(筋肉痛・関節痛)の症状が無く、高熱も出ないのであれば「花粉症」かもしれません。

 

一番厄介なのは、これらが複合して起きる「風邪」の症状です。風邪であるかどうか、わたしが先ず確認するのは「食欲」です。インフルエンザの場合は急激に食欲が落ちる傾向があります。

 

まとめ

  • 全身の痛み、高熱が出た場合は「インフルエンザ」を疑う
  • 全身の痛み、高熱も出ないなら「花粉症」の可能性が高い
  • 全身の痛みもしくは高熱があり、食欲があれば「風邪」の可能性もある

 

疑わしい時は必ず検査を受けること

勝手な判断は危険です。特にインフルエンザに感染している場合は、他の人にうつしてしまう可能性が非常に高くなります。

 

もし、一つでも疑わしい点があれば、お医者様でインフルエンザの検査を必ず行いましょう。

皆さんの花粉症が軽くなれば良いですね。