コスパ最高!新しいHisense 50E6800 4Kチューナー内蔵TVを50A6800と比較

Hisense 50E6800_IC 生活お得情報

家電メーカーの4Kチューナー内蔵テレビで、50型以上となれば20万円前後の価格帯となります。

 

これら日本の家電メーカーに殴り込みをかけ、半額以上の価格で勝負しながら確かな評価を得ているHisense 50A6800(ハイセンス)が早くもリニューアル!

 

新製品にも係わらず、相変わらずその価格は7万円を切るという驚きの価格。

 

大手家電量販店も本気で売りに出てきたため、今後の4Kテレビは高級志向との二極化は必至である。

 

早速、新製品であるHisense 50E6800と50A6800の違いを比較します。

 

Hisenseという会社について(復習)

Hisense_50E6800_02

 

Hisense(ハイセンス)は窮地の東芝に資本参加した中華系企業で、REGZAの一流技術を流用し、惜しげもない低価格で4Kテレビを生産する巨大企業です。

 

50A6800の販売当初は、中身はREGZAの技術を満載しており「ジェネリックレグザ」という不本意な呼び方も。

 

しかし、実際に購入した人たちからの評価が高く、価格.comでも常に上位の満足度を誇るリーズナブルな機種という位置づけとなっています。

 

詳細は以下の記事を参照して下さい。

 

50A6800 vs. 50E6800

Hisense_50E6800_01

 

前置きは除いて、早速旧機種と新機種の違いを比較分析を行いましょう。

 

実売価格については、既に新旧大差は無いためスペックの相違する部分と、その良し悪しを確認します。

 

項目/型番 50E6800  50A6800
消費電力 130W 140W
液晶機能 画面寸法 109.58×61.64cm 109.5×61.6cm
バックライト 直下型バックライト 直下型LED
Hi-Sound Pro 対応
Clear Sound 対応
Dolby Audio 対応
本体寸法 スタンド含む 111.2×69.3×23.5  111.6×69.8×24.4
(幅×高さ×奥行) スタンド含まない 111.2×64.2×7.0  111.6×65.3×6.7
本体質量 スタンド含む 11.7 kg  16.6 kg
スタンド含まない 11.0 kg  13.1 kg
パネル技術 RGB/VA
対応HDR技術 HDR10 & HLG
エンジン NEOエンジン NEOエンジン
ハイコントラスト 対応
広色域 対応
低遅延ゲームモード 対応
省電力対応 対応
HDMI入力端子 4 3

 

変化点

Hisense_50E6800_04

省エネ機能が付いた

スペック的にも分かる通り、電力消費量が元々低かったものが更に進化しています。

 

数値的には微々たるものだが、本家のREGZAが電力面では評価低い分良い結果だと言えるでしょう。

 

画面寸法と本体寸法に注目

画面寸法は同じ50型なのでほぼ変わらないのは当たり前ですが、本体寸法は小さくなっています。

 

これはより「画面周りのふち」が狭くなったことを表しており、写真のようにまるで全てが液晶画面のようなデザインへ進化しているのです。

 

Hisense_002

重量が大幅に減

この点は設置などが行い易いというメリットがある反面、安っぽさを演出する要因にもなります。

 

必ず現物を確認し、自身で判断することをおススメします。

 

バックライト

本家REGZA Z720X でも問題となったバックライト方式ですが、コストのかかる「直下型」は継続しています。

 

しかし名称に「LED」の文字を無くした意味は分かりませんが、REGZA同様に改善を果たしていることは間違い無いでしょう。

 

特に大きな改善は、バックライトと液晶パネルの間に挟んだ特殊フィルムによって、遮光を制御。

 

高輝度で見やすく、より豊かなコントラストと色彩表現が体感できる仕様となりました。

 

Hisense_50E6800_03

HDMI端子

3個所から4個所に増加。AV機器を沢山繋げる人には重要です。

比較出来なかった点

残念ながら50A6800では仕様書に明記の無い点が多く存在します。

 

逆に50E6800で詳細を明記するということは同等かそれ以上のスペックアップがあった点だと考えられます。

 

心臓部

4Kテレビで最も重要なのは当然パネルですが、映像を制御する「エンジン」が悪ければ性能を引出すことは出来ません。

 

このエンジンについては、新製品である50E6800では特に進化しておらず、ソフト面などで映像の向上を図っています。

 

結局何が進化したのか?

Let's_start_climbing049

 

今回のスペックを比較して読み解ける内容は次の通りです。

 

  1. 液晶周辺の「ふち」が細くなった
  2. 重量が大幅に軽量化
  3. バックライトに新技術を導入

 

読み解いた内容は果たしてプラスなのでしょうか?またはマイナスとなるのでしょうか?

 

  1. スタイリッシュな外観に=プラス点
  2. 質感の低下懸念はあり=静観
  3. コントラストと色彩表現アップ=プラス点

 

結論

「大きな進化」とは行かないものの、実売価格に変動が無い低価格のまま。

 

それでも、多少なりのスペックアップを行っているのは非常に好感が持てます。

 

日本メーカーに有り勝ちな、良く分からない名称の新技術を仕様に書き込み、毎回値段を上げて行くよりも親切ではないでしょうか?

 

引続き「買い」の製品であることは間違い無さそうです。

 

忘れてはいけないこと

重要

録画準備

近年の薄型テレビで最も消費者が喜んだのは「録画」が手軽になったことだと思います。

 

以前は別に数万円から十数万円もするレコーダーを購入しなくてはなりませんでした。

 

しかし、最近のテレビはPC同様の外付けハードディスクが主流となり、出費は1万円前後で簡単録画が可能です。

 

特にREGZAの録画技術には定評があり、Hisenseも同じソフトを流用しています。

 

リーズナブルなテレビを購入したなら、手抜き無しにリーズナブルなハードディスクを手に入れましょう。

 

 

Amazonプライムビデオを観れるようにする

一方で、VODというインターネットを介した有料動画の視聴も技術革新のひとつです。

 

REGZA技術を導入し評判の良いHisenseテレビですが、一つだけ残念なことが・・・

 

数あるVODでも、特に会員数が多い「Amazonプライムビデオ」が標準でバンドルされていません。

 

今後のアップデートも不明なので、同時に「Amazon Fire TV Stick 4K」の購入も検討しましょう。

 

ポイントの取り逃がしを無くす

安いテレビを購入して満足せず、他にもポイントが取れないか万全のお買い物をすべきです。

 

テレビに付随して周辺機器も購入するため、ポイントの取り逃しは致命的です。

 

現金至上主義も悪くありませんが、クレジットカードを上手に利用して更なる節約を行うことをおススメします。

 

まとめ

Hisense_50E6800_05

 

4Kテレビの発売から、肝心の4Kチューナーを内蔵するテレビの発売まで時間がかかりました。

 

その中でも、REGZAとHisenseだけはいち早く4Kチューナーを内蔵させ実績があります。

 

これらメーカーの製品も既に2世代目に突入!

 

引続き「買い」は継続なので、セカンド利用も含め導入をおススメします。

 

忘れてないよね?Hisenseは「3年保証」!

書いてる本人が忘れてました(笑)。

 

Hisenseは50A6800も50E6800も3年保証が付きます!

 

コストから考えたら5年保証以上の価値?

 

 

テレビに関するまとめ記事

 

登山がスタイルを良くする最も簡単な近道って知ってましたか?~しかも好きな物は何でも食べられちょうよ!

ウォーキングやジムで痩せられない人や食べることを犠牲にしたくない人必見!

子供の将来をきちんと考えてますか?

お伊勢参り1日で御朱印を10授かりました!順序と時間を細かく解説してます
諏訪大社4社巡りなら日帰りOK!週末の小旅行などいかが?順序と時間を細かく解説してます