うちの猫は16歳 療養食歴16年

ペットのこと

今日はうちの猫についてお話します。

うちの猫は16歳

猫の16歳は人間で言えば「80歳」。

人間の80歳は、超高齢時代の昨今では当たり前です。

でも、猫の80歳(16歳)は超高齢らしいです。

 

一日中寝ています。

丸まって、猫鍋の猫みたいに寝ています。

居ないな?と思ったら、冬はこたつの中で、夏は家の中で最も涼しい納戸の中で。

 

大きな伸びをして、いきなり起きます。

起きて、周りを見渡して、そして何故かその後しばらく一点を見て止まる。

思い出したかのようにまた動き出す。

 

そんな毎日です。

 

ごはんを食べたのにまたごはんを探す

いやしいのかな?と最初は思いました。

猫はごはんをいっぺんに食べれません。

毎日何回を食べに来ます。

 

食事の合間は台所で物色です。

何度サランラップを破られたことか。

大事な作り置きは電子レンジが倉庫です。

 

変なものを食べると、病気が再発するよ。

 

猫が来た!

うちの猫は16年前に来ました。

突然来たのではないです。

子どもたちはまだ小学生低学年と幼稚園。

 

ある時ペットショップへ行きました。

うちの猫がいました。

売れ残っていました。

 

ポケットにあるお金で買えますか?

店長に相談します。

OKです。

 

うちの猫は外国の品種です。

今、ペットの〇〇〇、おっぱぴー!で買えば20万円?

信じられない値段。

 

当時、わたしのポケットの中は一桁違ってました。

きれいにシャンプーをして下さいました。

帰りの車では不安そうでした。

 

家に着いて、すぐにリビングで自由にしてあげました。

直ぐに本棚の下へもぐってしましました。

その日の夜は、みんな猫のことを忘れました…。

 

なついてきた!

次の日の朝、まだ彼は本棚の下です。

きっと、真夜中に散策したのでしょう、疲れていました。

家族がリビングに集うと、暫くして本棚の下から出てきました。

 

鳴きません。

わたしのうちの猫はあまり鳴かない品種です。

でも、近づいてきました。

 

子どもたちはうれしそうに抱きかかえました。

さて、今日はトイレのしつけをしないと。

ホームセンターでトイレを買って、ペットショップでもらったおしこのついた紙を置きました。

 

血が出てる!

トイレを設置して数か月後。

すっかり彼は家族の一員です。

おとなしいので、やんちゃないたずらはしないけど、ソファではよく爪をといでいました。

 

ある朝トイレを見ると赤い液体がかかっていました。

家族全員かわいくて、とっても良いごはんをあげていました。

それなのに何がいけなかったのでしょう?

 

直ぐに病院へ行きました。

そして、直ぐに病状が分かりました。

尿路結石でした。

 

猫には比較的多い病気らしく、先生の見立ても早かったです。

処方はこの病気に適した、尿の成分を整えるごはんをあげることでした。

療養食を買って帰りました。

 

翌日から暫く様子をみたけど、再発はありません。

でも、このまま一生このごはんを食べなくてはなりません。

しかも病院で買うと、とても高いごはんです。

 

ネットで買える療養食

もう、15年前ですが、ネットで療養食が買えました。

でも、暫くすると安いサイトは減りました。

今では、2~3社が最も安いですが、当時より割高です。

 

そんなことより、うちの猫は15年以上同じごはんを食べ続けていることがすごいです。

つまみ食いしたくなる気持ち、分かってやるしかないかな?

 

甘えん坊

年齢があがるにつれて寂しがります。

夫婦とも仕事で昼間いません。

帰るとストーカー状態。

 

仕事で疲れていても、毎日30分以上は抱っこ。

大変ですが、癒されます。

お互い癒しっこ。

 

脱走癖

若い頃は脱走をよくしました。

でも、暫くすると玄関の前にいる。

無事で帰ってよかったね。

 

ある時、いつものように脱走。

いつものように帰ってきましたが、様子がおかしい。

背中から血がにじんでいます。

 

良く見ると、とても深い傷で骨が見えそうです。

近所の猫と喧嘩をしたようです。

病院に連れて行き、暫く様子を見ました。

 

傷は化膿して、とてもひどい状態です。

どんどん衰弱していきます。

このときは「もうだめだ」と覚悟しました。

 

今、16歳。

毎日ストーカーが日課。

元気になってよかったね。

 

寿命は近いけど、もう少し頑張ろう。

 

ごはんはいつものヒルズの療養食だけどね。

暫くすればお正月。

子どもたちも帰ってくるから。