長生きさせる方法|愛猫の寿命は?仔猫のうちに準備すること

ペットのこと

先日、16年間付き合った飼い猫が天国へ召されました。

 

17歳の誕生日目前のことで、家族みんなが悲しんでいます。獣医さんによると、「猫の種類から言って寿命を超えているので仕方がない」と言われましたが落胆は癒えません。何度も何度も死線をさまようケガに直面してきましたが、その都度元気になって和ましてくれました。

 

最後の日、わたしが仕事へ行く前そっと手を握ると、弱弱しく「サヨナラ、サヨナラ」と言っているように手を上下するように動かしてきた。これが最後のお別れです。思えば、ここ1年くらいとてもしつこく甘えてきました。

 

今は別のネコを飼う気力はありませんが、彼の寿命を元に、ペットについて改めて色々と考えて行きたいと思います。また、皆さんが飼われているペットの寿命を、わたしのうちと同様に最大限引出す方法について模索します。

猫(ネコ)の寿命を知りたい

全ての猫を対象とした平均寿命

一般社団法人 ペットフード協会」の発表資料によると、2018年(H30)猫の平均寿命は「15.32歳」だそうです。これは、純血種や混血種、更には家から出さない猫や外へ自由に行ける猫全てを含めた平均です。調査方法は、ネットのアンケートサイトを主に利用している模様。

調査年度 猫の平均寿命
H30(2018年) 15.32歳
H29(2017年) 15.33歳
H28(2016年) 15.04歳
H27(2015年) 15.75歳

ここ4年間の資料を掲示しましたが、猫の平均年齢は大きく変わっていないことが分かります。おおよそ15年以上は生きるわけです。即ち、猫をペットとして飼う場合、15年間責任を持って育てる覚悟が必要であることを認識して下さい。

 

わたしの家では、ペットの猫を迎えた時に子どもは小学生と幼稚園。先日亡くなった段階で、社会人と大学生にまで成長しています。それだけ長く家族とに歴史を刻む相棒なので、平均年齢とは言わず、それよりも長生きしたいという気持ちは皆さんも一緒だと思います。

 

わたしは、いずれ飼い猫のしっぽが3本になって、妖怪のようにずっと生き続けると願っていました。笑い話に聞こえるかもしれませんが、愛猫に対する気持ちはそんなものなんです。

飼い方による猫の寿命差

さて、同じ猫でも飼い方によって寿命が違うのか気になるところです。以下の表は上述のデータに飼い方を含めた内容です。ご覧の通り「家の中で飼う」場合と「外へ自由に出る飼い方」では平均寿命に大きな差が出ていることは興味深い事実です。

 

調査年度 平均 家だけ 外にでる
H30(2018年) 15.32歳 15.97歳 13.63歳
H29(2017年) 15.33歳 16.25歳 13.83歳
H28(2016年) 15.04歳 15.81歳 13.26歳
H27(2015年) 15.75歳 16.40歳 14.22歳

 

寿命の差が3歳前後。これだけ大きな差が出る理由は、一度猫を飼った人であれば大体想像が付くと思います。猫にとって、家の中に閉じこもりっぱなし、ということがストレスになることは容易に想像できますが、実は外へ出ることの方が大きなストレスを招く原因が多いのです。

 

わたし猫もそうでした。玄関のドアを開ければ、隙を見て外へ出ようとする。あらゆる家の窓を開けられないかを年がら年中探し回っている。夏は網戸の隙間が出来るよう猫パンチの嵐。何しろ外に出ることを一日中考えて行動しているわけです。

 

外へ出ないよう注意はしていましたが、全てを防御できるわけではなく、何度も脱走しては帰ってきました。帰って来ざるを得なかったんだと思います。外へ出れば最初はのびのび楽しいでうが、多くの危険が待ち構え、そしてストレスを溜めて帰ってくるとしばらく死んだように寝ます。

 

ある時、いつものように脱走した後に帰ってきました。いつものように帰るなり死んだように寝付いていましたが、身体の一部をしきりに気にします。歩き方も変です。身体の気にする個所を無理やり覗いて見ると、なんと骨が見えそうなほどの深い傷を肩におっているではありませんか!?急ぎ病院へ連れて行きましたが、この先もしかしたら最悪に事態もあるという診断。

 

恐らく彼は、外へ脱走した際に野良ネコと喧嘩になり深手を負ったのだと思います。しばらく家で様子を見ましたが、そのうち傷が膿んで変な臭いがするようになりました。

 

「もうダメだな…」

 

と半ば諦めムードが漂いましたが、数週間経つと何もなかったように「ケロ」っとして、また元気に脱走を企て始めました。彼を火葬する際にお寺の奥様から聞いた話ですが、猫が深手を負った時には無理に縫ったりせず、自然治癒を目指すことが良いということで、その通りになっていたことが幸いしたようです。

 

家の中にいる猫の寿命が長くなる理由が少し理解できたでしょうか?

猫(ねこ)の年齢と人間の年齢を比較すると

 

よくあるデータですが、念のために載せておきます。この表を見ると、わたしの猫の場合は人間の年齢換算で「80歳~84歳」まで生きたようです。しかし、外で相当な危険も味わっているので、実際はもっと老けていたかもしれません。

 

猫の年齢 人間の年齢
2週間 生後6か月
1か月 1歳
2か月 3歳
3か月 5歳
4か月 6歳~8歳
5か月
6か月 9歳
7か月 10歳~12歳
8か月
9か月 13歳
1歳 17歳
1歳6か月 20歳
2歳 23歳
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳
15歳 76歳
16歳 80歳
17歳 84歳
18歳 88歳
19歳 92歳
20歳 96歳

この表にある換算年齢は、健やかな生活を送った場合であると考えましょう。

 

猫(ネコ)の種類別平均年齢

 

猫の種類は豊富です。まさかこんなにあるなんて思っていませんでした。

 

種類 英名 平均寿命
アビシニアン Abyssinian 9〜15歳
アメリカンボブテイル American Bobtail 13〜15歳
アメリカンカール American Curl 15歳
アメリカンショートヘア American Shorthair 15〜20歳
アメリカンワイヤーヘア American Wirehair 7〜12歳
オーストラリアンミスト Australian Mist 14〜19歳
バリニーズ Balinese 18〜22歳
ベンガル Bengal 12〜16歳
バーマン Birman 12〜16歳
ブルーシャトー Blue Chartreux 12〜15歳
ボンベイ Bombay 15〜20歳
ブリティッシュショートヘア British Shorthair 12歳
バーミーズ Burmese 16〜18歳
バーミラ Burmilla 10〜15歳
カリフォルニアスパングルド California Spangled 9〜16歳
セイロンキャット Ceylon 〜15歳
シャンティリー Chantilly-Tiffany 14〜16歳
カラーポイント・ショートヘア Colorpoint Shorthair 12〜16歳
コーニッシュレックス Cornish Rex 11〜15歳
キムリック Cymric 8〜14歳
デボンレックス Devon Rex 9〜15歳
ドメスティック Domestic 12〜14歳
エジプシャンマウ Egyptian Mau 13〜16歳
ヨーロピアンショートヘア European Shorthair 15〜22歳
エキゾチックショートヘア Exotic Shorthair 12〜14歳
ジャーマンレックス German Rex 9〜14歳
ハバナブラウン Havana Brown 12〜15歳
ヒマラヤン Himalayan ~15歳+
ジャパニーズボブテイル Japanese Bobtail 15〜18歳
ジャバニーズ Javanese 10〜15歳
コラット Korat ~15歳+
ラパーマ LaPerm 10〜15歳
メインクーン Maine Coon 12〜15歳
マンクス Manx 8〜14歳
マンチカン Munchkin 12〜14歳
ネベロング Nebelung 15〜18歳
ノルウェイジャンフォレスト Norwegian Forest 14〜16歳
オシキャット Ocicat 10〜15歳
オリエンタル Oriental 10〜15歳
ペルシャ Persian ~15歳+
ピクシーボブ Pixiebob ~12歳
ラグドール Ragdoll 12〜17歳
ロシアンブルー Russian Blue 15〜20歳
スコティッシュフォールド Scottish Fold ~15歳
セルカークレックス Selkirk Rex 10〜15歳
シャム(サイアミーズ) Siamese 15〜20歳
サイベリアン Siberian 11〜15歳
シンガプーラ Singapura 9〜15歳
スノーシュー Snowshoe 12〜15歳
ソコケ Sokoke 9〜15歳
ソマリ Somali 10〜12歳
スフィンクス Sphynx 13〜15歳
トンキニーズ Tonkinese 10〜16歳
ターキッシュアンゴラ Turkish Angora 12〜18歳
ターキッシュバン Turkish Van 12〜17歳

引用:THE AVERAGE LIFESPAN OF A CAT BREED BY BREED CHART

猫の種類は平均年齢に大きく影響する

上の表を見て分かりますが、種類によって平均年齢が大きく違います

 

また、一般的に「純血種」と「混血種」では純血種の方が平均寿命が短いと言われています。その理由は種類による先天的な遺伝障害や純血種故の近親交配など影響しています。特に、日本のブリーダーの場合、狭い家で多頭飼いしている傾向にあるので注意が必要です。

 

恐らく、純血種に関するリスクは多く皆さんが知っている事実ですが、上の表では想像以上に平均寿命が長く違和感を感じます。上の表は海外サイトからの引用なので日本での実績ではありません。海外の場合、血統について厳格に管理される傾向にあり、日本国内で生まれた猫と比較して、先天的に健康なのです。

 

海外の情報を日本の情報へ置きかえて考えると

単純に平均寿命の「低い方」を参考にすれば良いと思います。わたしが飼っていた猫はロシアンブルーでしたが、上表での平均寿命は「15歳~20歳」となっています。実際に生きたのは17歳弱で、獣医も別の同血統と比較して長生きだと言っています。

 

本当は20歳まで生きて欲しかったものですが…。

飼い猫(ねこ)と野良猫(ねこ)の寿命

データは海外サイトからの引用です。これを見ると「2歳」までは飼い猫でも野良猫でも、人間の年齢に換算した数値は変わりません。

 

猫の年齢 人間の年齢 のら猫
2週間 生後6か月 生後6か月
1か月 1歳 1歳
2か月 3歳 3歳
3か月 5歳 5歳
4か月 6歳~8歳 6歳~8歳
5か月
6か月 9歳 9歳
7か月 10歳~12歳 10歳~12歳
8か月
9か月 13歳 13歳
1歳 17歳 17歳
1歳6か月 20歳 20歳
2歳 23歳 23歳
3歳 28歳 32歳
4歳 32歳 40歳
5歳 36歳 48歳
6歳 40歳 56歳
7歳 44歳 64歳
8歳 48歳 72歳
9歳 52歳 80歳
10歳 56歳 88歳
11歳 60歳 96歳
12歳 64歳 104歳
13歳 68歳 112歳
14歳 72歳 72歳
15歳 76歳 120歳

 

野良猫(のらねこ)の寿命は短い

人間換算の年齢を基準にして、飼い猫と野良猫の「老い」を計ると、3歳から大きく違いが出始めます。飼い猫が15歳の時、人間換算の年齢は76歳ですが、野良猫の場合はなんと8歳~9歳の時に同様の年齢換算(72歳~80歳)に達してしまうのです。

 

これは、常に身を守らなくてはならない環境で、極度の緊張を常に感じていることと、実際に攻撃に会い負傷したていることに起因していることは容易に想像できます。

 

猫を大事に育てるということ

愛情をかけて育てるといことはどういうことでしょう?

単純に考えれば「野良猫のような生活を送らせない」ことになりますが、あまたりにもそこに固執してしまうと「家から出られないストレス」を溜めてしまいます。

 

自由に外と行き来させることで、病気をもらったり、足が汚いまま家に入るなど、衛生面を気にしている方も多いでしょう。人間の勝手も合わせ、外へ出したくないのが本音です。それでも猫にストレスを与えないためには、家の中で運動が行える環境を整えて下さい。

大事なことは、「家の中で飼うことで健康を保つ施策」と愛情です。

平均寿命から考える猫(ネコ)の寿命を延ばす方法

猫を大事に育てても早死にする

猫を大事に育てれば、飼い猫の平均寿命を全うできるのしょうか?

答えはノーです。

 

猫の多くは固有の病気を持つ個体が多いのです。この固有の病気を早く発見し、病気と仲良く暮らせるよう配慮することが絶対に必要です。わたしの猫は家に来た時から尿管に病気を持っていました。ある時、猫のトイレが血で真っ赤になっていて、あわてて病院へ連れていって発覚。

 

それ以降、彼のご飯は療養食で、それ以外のものは16年間極力与えませんでした。この時気づいてあげられ、その後徹底的に対処したことで平均寿命以上生きられたのです。

 

猫の寿命を延ばす3つの心得

ずばり、猫の調子を見逃さないことです。

 

わたしの場合、愛猫が死の淵にいるとき、もっとこうすれば良かったと今更ながら思うことが沢山あります。仕事の忙しさにかまけ、病院へ行くのが遅れたことは致命傷だったと後悔しています。既に年老いていて、行動が遅い、動きがぎこちないなど、これらの変化は当たり前と考え変調を見逃していたのです。

 

猫を飼っている人、これから飼う人も共通ですが、少しの変化も見逃さないで下さい。これがある意味「愛情」であって、猫の寿命を延ばす方法です。唯一、わたしが良かったと思っているのは、子猫の内に尿管の異常を発見できたことです。

 

  • 子猫の内に病気を発見する
  • 常に変調がないかを意識しながら愛情を注ぐ
  • 年老いたら少しの変調を見逃さない、直ぐに病院へ行く

 

猫の寿命を延ばすために必要なことはこの3つです。

先ず大事なのは「子猫の内に病気を発見」することです。これだけで猫を長生きさせる注意点が明確になります。

 

病気は子猫の内に早期発見、年老いたら「ボケ」防止対策を

 

わたしの場合は尿管の以上をトイレで発見でしました。このように物理的に観察できるものであれば分かりやすいのですが、病院で検査を行わないと分からない疾患も多く存在しますので、出来るだけ早い時期に病院で検査をしましょう。

 

また、年老いてくると「ボケ」てきます。喋れない猫からなんでそんなことが分かるの?と疑問もあるでしょうが、毎日見ている相棒だからこそ、行動から分かるのです。結局は「ボケ」のせいにして体調の変化を見逃し、病院へ連れていくことが遅くなったことが大きな後悔なのですが…

 

今では、人間同様のボケ防止サプリメントも発売されているので、もう少し早く知って、食べさせておけば良かったと後悔が収まりません。

 

>公式サイト
DHA×EPAで愛猫の認知症をサポート【毎日一緒】