将来購入するだろう有機ELテレビ|技術について必要最低限を理解しておこう

生活お得情報

今後のテレビ画面は、有機ELが主流となる可能性が非常に高いと言えます。しかし、現状では生産の不安定さや新技術という売りから、店頭に並ぶ各社製品は全てフラッグシップ価格でとても高価です。

 

また、一部では画面の焼き付き問題や、画面の寿命などの問題も指摘されており、一部のマニアやお金に余裕のある人以外は手を出しずらいというのが実情です。

 

とは言え、今後の主流となる可能性は否めず、技術開発により、現在指摘されている問題も何れクリアーになると考えられるので、今後の選択肢として相手を知っておいても損は無いはずである。

 

とりあえず「有機EL」とういう技術を知った気になろう

詳しく知るためにはそれなりの知識が必要なので、とりあえず何がポイントなのかを知っておけば、今後の選択肢に役立つはず。という乗りで、とりあえず「知った気に」なりましょう(笑)

技術的なことはサラッと流し読みで

以下にの通り、技術的な内容は普通の人にはチンプンカンプンである(笑)。

 

【英】:organic EL

有機ELとは、本来は有機物に電圧をかけると発光する物理現象のことを指すが、転じてこの発光を利用したディスプレイのこと。ELはElectro-Luminescence(電界発光)の略で、日本語でもそのままエレクトロルミネッセンスということが多い。日本でディスプレイとして呼んでいる有機ELは、正確には半導体の代りに有機物を使用した発光ダイオード(LED)の集合体であり、海外ではOLED(有機LED)という略称が普通である。
すでに携帯機器などの小型ディスプレイでは実用化されており、現在の一般的な製造方法は、有機物の発光体をガラス基板に蒸着(厚さ0.1μm以下)するものである。液晶ディスプレイ(LCD)との最大の違いは自発光という点で、高コントラスト、広視野角で、低消費電力で高輝度が得られ、応答時間も約1/1,000である。バックライトが不要なためLCDより薄くでき、次世代の薄型ディスプレイの本命といわれている。

製造業技術用語集より

 

とりあえずポイントになる用語だけ理解しよう

どうやって発光するのか? ・有機物に電圧をかけると発光する物理現象を利用している
日本で言う有機ELのシステムとは? ・有機物を使用した発光ダイオード(LED)の集合体
現在の一般的な製造方法 ・有機物の発光体をガラス基板に蒸着(厚さ0.1μm以下)する
現在の液晶(VA方式、IPS方式)との違い ・自発光(バックライトが要らない)
大きな特徴 ・高コントラスト、広視野角、低消費電力高輝度、応答時間も約1/1,000と高速

・バックライトが不要なためLCDより薄くできる

 

なんか要点をまとめただけみたいになっちゃいましたが、実はこのまとめが重要なのです。

現在、有機ELテレビの購入を行わない理由が、実はメリットとして入っているのです。

 

現在流通している製品と比較して矛盾している点を把握しておく

技術的な有機ELの特徴と、現在流通している製品の評判やカタログ値とではどうも違いがありそうなので、その点をきちんと把握し、改善状況を注視しながら、今後の購入タイミングに備えよう

 

技術特徴と実際の違いについて

高コントラストで広視野角であることは、現在の製品でも認められる。

 

しかし、低消費電力については、通常の液晶パネルに劣っていることはカタログ値で分かる。更に高輝度については、明るいリビングで見難くなるというデメリットが指摘されており、現状は理論上の水準には至っていない可能性がある。

 

現実と違う点は技術的な見地なのか不明

低消費電力、高輝度の2点については、現在のカタログ値や使用者のインプレッションから事実と違うじゃないか?と思う疑問点。

 

技術的解釈が現状製品の限界値であるならば、今後の技術開発を期待するしかない
一方で、現在の量産体制では技術的な理論値に追いついていないのであれば、量産体制の安定、即ち歩留まりの改善を待つことになる

 

この2つのポイントを覚えておけば、5年後なのか10年後なのか分からないが、次の買い替えを行う際にきちんとチェックし検討が行えるはずだ。

 

しかし、別記事でも書いたが、画面の焼き付けなどの大きな問題要素も残るので、技術的な問題を含め、弱点も合わせて理解し、満足の行く購入機会を狙って行きましょう。

 

 

決定のポイントはシンプルな方が分かりやすいですしね。

良い買い物をしましょう!

 

テレビを買うなら必ず「クレジットカード」を使いポイントの取り逃しを無くそう!