人生の選択肢を増やす!行く価値のある良い大学に行くメリット

子供の私的教育論

学歴を気にするのは、子供の将来に係る選択肢を増やすことという親心です。

 

しかし、どうでもいい大学へ進学するのは、高卒よりも選択肢を返って少なくしてしまうことをどれだけの親がご存知なのでしょうか?人生の選択肢を増やす、行く価値のある良い大学はごく一部です。

 

そこで今回は、人生の選択肢を増やせる「行く価値のある大学良い大学」の定義とメリットについて書きます。そこを目指し、どうやって進んで行くか参考にして下さい。計算はおおざっぱですが、ひとつの目標として大事なお子さんの将来を考える将来設計の指標として捉えて頂ければ幸いです。

 

人生の選択肢を増やす、行く価値のある良い大学へ行くメリットは大きいのです!

 

大学進学率は高止まり?

2005年以降は50%を越えるに至っている。2010年に56.8%のピークを印した後、低下傾向にあったが、2014年以降には再び上昇。

 

分かりやすく計算してみましょう。

 

  • 進学率60%と仮定
  • その年の進学希望者数(18歳人口+浪人など)も120万人と仮定

 

すると毎年の大学進学人数は約72万人となります。

 

1970年前半はは30%程度だったので、倍近い確率で大学へ進学している計算。そこで問題となるのは、大学乱立による誰でも行ける大学の存在で、これらの大学が本当に必要なのか?ということです。

 

誰でも進学できるわけでは無い「行く価値のある良い大学へ行くメリット」がとても大きそうだということがなんとなく分かると思います。

だからこそ、人生の選択肢が増えるのです!

大学進学率が1970年前半と比較して倍になった理由

大学進学率の推移

過年度卒業生を含めた進学率(文科省 平成29年12月22日 報道発表資料より)

 

このグラフにはないが、1970年代前半の大学への進学率は約30%でした。

一方で2017年にはグラフの通り、4年生大学で52.6%、短大を含めると57.3%と倍増していることが分ります。

 

価値の無い大学の増加により、人生の選択肢を増やせる、行く価値のある良い大学へ行くメリットが益々大きくなったことが伺い知れる結果でしょう。

 

大学進学率が増加した本当の理由

「大学全入時代」「大学のユニバーサル化」が広く認識されている要因ですが、正直、名前さえ書けば入れるような大学が、近年になりわんさか増えてしまったというのが実際の顛末です。

 

実際にあったお話ですが、

 

高卒ではまともな就職が望めない学力なため、とりあえず大学へ行こう!

 

という変な構図が出来上がっていることをご存知でしょうか?

 

話はここで終わらず、これら「おかしな大学」を出た学生は就職もなく、再び専門学校へ入学して手に職を付けるという顛末に至ります。

 

行かせる親の責任も重大ですが、こういう親が居ることで価値の無い大学が生き残れるのも確かです。このような大学へ行っても「人生の選択肢を増やす」ことは出来ません。逆に高卒よりも選択肢を狭めてしまっていることに、早く気づくべきでしょう。

 

今後、少子化に伴い多くの「不要な大学」はビジネスが成立たなくなり、何れ淘汰されるでしょう。

 

しかし、一方で数年前より政府がおかしな施策を行っています。

都心部の大学について、入学定員を大幅に超えたらペナルティを課すという内容ですが、目的は地方の大学へ学生が流入しやすくする、即ち、都市部集中を避ける施策だと述べています。

 

これにより、都市部の私立大学の難易度が大幅に上昇したことをご存知でしょうか?

例年なら定員100名に合格者500名と、入学辞退者を予め想定した人数で合格者を出していましたが、この施策が行われてから一気に合格者は半減しました。

 

私立大学がこのような方針で合格者の水増しを行っていたことは有名な話ですが、目論見が外れ、想定以上の入学希望者が出ても断ることは出来ません。定員の設定は、その大学の設備面や教員数から算定されるはずで、定員をオーバーした場合は十分な教育が行えない可能性もあります。

 

ここまで考えれば政府の方針は間違っていないように思えますが、この施策を施してから、MARCHレベルでも早慶並みに難化してしまったことも事実です。難化の原因は、今まで入学出来ていたレベルの学生でも合格者水増し減によって落とされてしまうからに他なりません。

 

これにより、今まで以上に「不要な大学」への希望者は増加し、上位私立大学の入学者減に伴い定員を潤して行くという、まさに延命措置となってしまいました。

 

これら「不要な大学」を卒業しても、決して就職が有利になるわけではない理由をこちらの記事で書いています。

 

不要な大学を延命させるという「デメリット」が目立ちますが、実はその裏で、行く価値のある良い大学へ行くメリットが更に大きくなっているのが分かりますか?

 

都市部の有名私大が難化したことで、地方の国公立大学への流出者も増えるため、行く価値のある良い大学も同時に難化し、益々価値が高まるというメリットも発生するのです。「難易度が上がる」という更なるデメリットもあるので、子供の教育は早めに計画しましょう。

東大は誰でも行けるわけではない

頑張れば誰だって東大へ行けるさ。

 

いや、行けません。

 

これは、受験を経験した人間であれば、ほとんどの人が異口同音にそう答えるでしょう。

 

どんな一流大学であっても、ある得点以上を出せれば合格します。

東大も当然同じ原理ですが、「ある得点」というのが、例えばセンター試験であれば90%以上の得点率が必要となります。地方の旧帝大であっても80%前後がほとんどです。

 

東大の入学試験を受ける権利を得るためには、センター試験で10%しかミスが出来ないのです。

人間ミスが付きもの。

普段は100%理解していても、緊張が伴う初めて本番で90%以上の確率で正解を導くことが出来るということは、ほとんど超人の成せる技と言って過言ではありません。

 

そして、その訓練(センター試験)の他に、個別試験が待ち構えています…

 

8浪とか9浪とかできれば可能性もあるかもしれませんが、ほとんどの受験生は有限ですからね。

常識的な期間内で、同程度の学力を得るのはとても難しいということです

 

だからこそ、東大へ行くことは価値があり、人生の選択肢を最大限増やせるのです。

行く価値のある良い大学に行くメリットの最大値と言われる所為ですね。

 

大学って行くべきなのか?

「行く価値のある良い大学」への進学メリットは大きいので、学力を養う努力を行い、絶対に行くべきです

 

そして、人生の選択肢を増やすのです。

 

でも、行く価値のある良い大学がどこなのか分かりませんよね?

それでは、どうやって大学を選定するかを次の項目でご説明します。

 

行く価値のある良い大学の選定方法を知り人生の選択肢を増やす!

 

ざっくりで構わないでしょう。

大学進学が近づき、受験校を考え始めてから内容を精査しても遅くはありません。

将来設計の段階で、子どもがどの位置にいるべきかの指標をきちんと捉えていれば良いのです。

 

有名大学だけが「行く価値のある良い大学」じゃない

東大や京大、早稲田、慶応だけが一流大学とか言う人もいます。

確かに一流ですが、行く価値のある良い大学がこれだけでは少なすぎます。

企業の採用は大半が高卒になってしまう。

 

無論、大学はより難易度を高く、本当に国や企業を背負う一握りの天才が行くものとする、昔の考えであれば納得できるでしょう。

しかし、現実的では無いので、現実に合わせた考え方をご説明します

 

<2017年度の日本の大学数>
合計764 ← 今後増加してもアホ大学だけなので最新情報は不要
  • 国立大82
  • 公立大87
  • 私立大588
  • 文部科学省所管外の大学校で学士の学位がとれるものが7

私立大が約8割。

 

不要だと考えられる大学のほとんど全てが私立大学の中にふくまれます。

ざっくりですが、偏差値50以下が不要大学と想定するなら「私立大学は294校」しか残りません。

国公立は名前を書いただけでは絶対に入れないので、全て残して「169校」。

 

463校+αについてだけ大学へ入るための学力を必要とする大学となるのです。

 

行く価値のある良い大学へ行くメリットが享受出来る理由は、試験または推薦内容が「きちんとふるいにかけられている」結果なのです。クオリティの高い料理を作る際にも、小麦粉でさえきちんと「ふるい」にかけて「異物」を除外しますよね?

 

偏差値の意味

大学選びに偏差値は今や必然です。

でも、この偏差値って何?っていう人がおられるなら、申し訳ありませんが検索して調べて下さい。

ここでは、偏差値の意味を理解しているという前提で書いていきます。

 

偏差値について、簡単なさわりだけ。

 

偏差値の求め方

(得点 − 平均点) ÷ 標準偏差 × 10 + 50

 

標準偏差が重要です。試験は個別教科や目標大学で組合せや受験者が変わってきます。即ち「母数」が違うのです。各母数が存在する試験内容に関し、母数内の受験者間に存在する「バラつき」の幅が標準偏差と考えて下さい。

もし、同じ母数内の全ての受験者が同じ得点なら、標準偏差は0となり、偏差値は50になります。

母数の違う模試の偏差値を比較しても意味がありません(例えば河合模試と進研模試)。母数の水準(学力)で偏差値は大きく変わるということをきちんと理解しましょう。

偏差値が示す割合
偏差値  割合
50(50) 50%
55(45) 30.85%
60(40) 15.87%
65(35) 6.68%
70(30) 2.28%
75(25) 0.62%
80(20) 0.13%

私立ABC大学の偏差値が「50」であれば、私立大学を目指す「母集団」の内、真ん中に入れば50%~60%以上の確率で合格できることを示しています。

 

この母集団が重要です。

 

例えば、早稲田と慶應2校だけを目指す母集団で偏差値を構築した場合、この2校を目指す優秀な生徒のみで構成される母集団となるので、同じ偏差値50で合格と表記されても、上述の私立大学全般を目指す母集団の偏差値50とは異なるのです。

 

通常、私立大学全般を目指す母集団であれば、早稲田や慶應の偏差値は75~80の間になります。

 

だからこそ、早稲田や慶應は行く価値のある良い大学として、将来の選択肢を増やせるメリットを受けられるのです。

 

国公立大学と私立大学は同じ尺度で測れない

偏差値は、国公立志願者と私立大学志願者でも母集団は異なります

予備校によっては、生徒の学力傾向でひとくくりにする場合もありますが、違いとして、試験内容に大きな差があることを理解しましょう。

 

一般的に、国公立大学はセンター試験があり、元から学力に自信のない人間は私立を目指します。早稲田や慶應などの難関大学は、試験の科目数は他の私立同様に少ないが、内容が基礎から逸脱するものが多く、特殊な勉強が必要となるため難しいのです。

 

私立もピンキリで、どこでもよいから大学に入りたい人は「キリ」に収まるわけですね。

 

一方、国立大学については、試験内容は基礎的な要素が多いものの、センター試験があるため広い知識が求められます。その結果、勉強を行う範囲も広がるため優秀な人間しか受験できないのです。

 

ほとんどの国公立大学は、行く価値のある良い大学のメリットは十分受けられます。

文系と理系は志願者の学力レベルの幅が大きく違う

国立、私立の違いの他、文系、理系でも志願者の質は異なります。

 

文系科目は試験対策に時間がかからないものが多く、逆に理系科目(特に数学)は積み重ねが必要なため、元々学力が高い生徒が多い傾向となります。

 

即ち、誰でも入れる大学へ行く生徒は、数学が試験科目にある大学を受験することが出来ないのです。仮に数学が必要な理系大学であっても、この手の学生が行ける大学は、点数なんかどうでも良いのです。

 

そのため、底辺の学生がいない理系は偏差値が小さく出る傾向となります。

一方の文系は、誰でも入れる大学しか入れない生徒が母集団に含まれるため、一部の優秀な生徒の偏差値が異常な高さになるというのが、文系が偏差値が高くなるカラクリです。

 

但し、文系でも上位層は、決して数学が出来ないわけではなく、純粋に文系学部を目指す生徒であることを忘れてはいけません。その結果、これらの上位層は国公立大学も併願し、より高いレベルの行く価値のある良い大学を選定します。既に将来の選択肢が増えているということになります。

 

「行く価値のある良い大学」選定方法のまとめ
  • 先ずは国公立なら全て、私立なら偏差値50以上の大学をふるいにかける
  • 国公立と私立は偏差値の考え方が違うことを理解する
  • 理系と文系の偏差値が違うことを理解する

 

大学へ行って良かった(高卒より有利だった)と思う目標と評価指標を作る

では、行く価値のある良い大学へ行くための具体的な目標をどう設定するか?

 

ビジネスで言う「KGI(Key Goal Indicator)」で、先ずゴールを設定しましょう。

夢や希望を目標にする手もあるが、できれば現実的に考えて下さい。

例えば、人生の選択肢を増やす目的なので、「商社へ就職して海外で活躍する」としてみるのも手です。

 

ひとそれぞれの価値観でキーワードは変えて下さい。

 

大学受験を目指す学力があれば、職業高校へ行って高卒で大手企業へ入社することも出来た

これを超えることが目標の根底となります。高卒では絶対に行けないような会社へ就職するか、高卒でも行ける会社で幹部採用されるなど、具体的な設定は必ずあります。

 

そして、その目標を達成するために、進捗状況の「評価指標」が必要になります。

これもビジネスでいう「KPI(Key Performance Indicator)」ですね。

 

定量的でないと意味が無いので、具体的な数字から「中学校の成績」「目指す高校」などを決めるプロセスへ繋げて行けば分かりやすいでしょう。

 

逆算すれば、幼少期からの準備がいかに大切か分かるはずです。

目標達成 ← どの大学 ← どの高校 ← 中学時代の成績 ← 小学校で行うこと

もう一度分かりやすく計算してみよう

前述のおさらいです。

 

進学率60%と仮定しその年の進学希望者数(18歳人口+浪人など)も120万人と仮定しよう。毎年の大学進学人数は約72万人となる。

この72万人の内、価値のある大学へ進学できるのはどの程度なのだろうか?

 

価値のある大学とは?という定義が必要となるが、ここは明確な判断基準がないので、以下の内容で捉えることとします。

 

①各地方トップクラスの工業高校は昨今の好景気で就職が良い

⇒ 同等の就職先へ幹部候補生として行ける大学

②国公立大学

⇒ ◎個別学力試験の偏差値(河合塾)が文系で50以上、理系で45以上

⇒ ◎個別学力試験が無い場合はセンター5教科5科目以上を課した試験条件で70%以上の得点率が必要

③私立大学

⇒ 定員に満たない学科が存在する(いわゆるボーダーフリー)学校は除外

⇒ ◎文系は偏差値55以上、理系は偏差値50以上

全ての条件データを調べるのには時間がかかるので、◎印部分を満たせば就職可能と仮定。

 

10万人

国公立はセンター受験者約58万人(2018年度)の内、実際に志願したのは46万人で合格定員は10万人

7万人

偏差値条件を超える、またはセンター得点率70%以上(5教科5科目以上)は7割程度で7万人

9万人

私立文系の入学定員を30万人の受験者として偏差値55に収まる30.86%で約9万人。

10万人

私立理系は20万人の受験者として偏差値50に収まる50%で10万人

 

合計26万人

(年齢人口120万人に対し21.7%、進学者72万人に対し36.1%)

 

「行く価値のある良い大学」へ行くには上位21.7%以上の成績が必要

人によっては、国公立は旧帝大一橋東工、私立は早慶のみと言う人もいると思いますが、確かにそれはそれで日本のトップ校として正解ではありますが、その他の大学は行く意味がないということにはなりません

 

ここで言いたいのは、高卒よりも有利になりそうな、進学する意味のある大学のこと。

具体的な大学名などは羅列しないが、結論としては、同年代(含む浪人)の内、上位21.7%が入学可能な大学が「行く価値のある良い大学」であると考える。

 

そして、これらの大学へいくことで「将来の選択肢を増やす」ことになるのです!

 

進学すべき大学に入るには、KPI=上位21.7%以上の成績を維持することです。

 

良い大学へ進学し将来の選択肢を増やすためには高校は慎重に選ぶ

では、上位21.7%とは高校レベルではどう捉えるのか?

都心は別として、地方の高校は進学を目指す者はほとんどが「普通科」のある高校へ行く。

普通科のある高校の定員は各県全体の半分程度。

 

その内、上述の21.7%レベルに達する大学へ進学できる学校は多数存在するだろうが、学年で行ける割合は学校のレベルで大きく変わるはずで、地方であれば、トップ校でも全体の80%程度

下位校であれば、0~3%程度と大きく違います。

 

そうなると、将来大学進学をさせたいお子さんを持つ家庭では、先ず21.7%レベルの大学を把握し、その大学群への進学実績が多い高校を目指して欲しいのです。

 

恐らく、地方公立高校なら上位2~3校、同私立高校なら数校がターゲットになるでしょう。

あくまでも「普通科(含む、理数科などの特別クラス)」の上位校として考えて下さい。

この内容を熟知すれば、80%以上進学の可能性が高いトップ校を視野に、中学時の成績に応じ目標を変えて行くことの重要性が理解できるはずです。

 

ここまで考えれば、県下トップ3の高校へ行くために中学時代に必要な学力を得る必要性に言及できます。

 

ものすごくおおざっぱな書き方をしましたが、ターゲットを絞ることは必要です。

 

<中学時代は>

進学すべき大学に入るには、KPI=県下トップ3校の定員以内の成績を中学校で維持する

 

<小学校時代は>

進学すべき大学に入るには、KPI=中学校の勉強を90%以上把握出来るための訓練を行う

 

まとめ

  • 行く価値のある大学は、全体の21.6%、上位26万人しか入れない
  • 21.6%に入るためには、地方であれば上位3番手以上の高校へ進学する
  • 上位3番手以上の高校へ入るために必要な、中学校での学力レベルを把握する
  • 中学校の基礎を取りこぼさないように、小学生のうちに将来設計を行う

 

この指標を実現するために、わたしの書いた教育方針を実践することをお奨めします。

普通に生活し、放任していてもこの水準となる確率は数パーセントでしょう。子供の資質が高ければ親の質が悪くても狙える範囲かもしれません。

 

逆に考えれば、きちんと親が導けば、確率はフィフティフィフティとなります。何故50%かと言うと、得らばれるのはたった21.6%だからです。

 

この意味が分かりますよね?

 

日本最高IQ188の若者(2019年3月11日のテレビ放送で面白い内容がありました)

16歳当時に「Q188」という、アインシュタインにも匹敵する日本最高のIQを持った生徒のその後についての内容です。

 

現在24歳、習ったことがない「ピアノ(音楽)」「美術」の芸術分野はプロ並みです。また、子供の頃は「時間」の意味だけが理解出来なかったそうですが、ある日プラネタリウムを見て、アインシュタインの相対性理論を知ったことで「時間」という概念を理解したそうです。

 

当然、こんなに頭が良い生徒なので、24歳の現在は素晴らしい学歴で、重要なお仕事をしているものと想像しながら番組を見ていました。

しかし、現実は「無職」。正確には大学受験のため勉強を行っている最中でした。

 

実はこの天才、高校卒業時、大学進学を親に願い出たが、親は「IQ」や「学歴」に無関心であったため大学進学を反対したそうです。

 

親が無知なことで、日本のみならず世界的な才能を24歳になるまで放置してしまったのです!

子供才能に過度な期待は禁物ですが、子供の将来は親が真剣に考えることが重要なことを改めて認識しました。

 

ちなみに高校卒業後にこの方がどのような進路を歩んだか?

  • プログラミングの4年生専門学校へ進学~1年で全てを理解し退学
  • IT企業へ就職する~学歴が高卒のため「テレフォンオペレーター」の部署へ~退職
  • アメリカへ渡る~英語直ぐ覚える~学歴が高卒なため就職できず~帰国
  • 現在~大学受験の準備中

大学はどこを狙ってと思います?当然「東大」でしょうね。

いえ、地方国立大学だそうです。

 

脳科学の先生曰く、日本の受験制度は記憶力があれば十分なので、頭が悪くても合格するそうです。IQが高くても「受験学力」は簡単には上がらないそうです。

凡人の方が、行く価値のある良い大学のメリットを享受できそうですね(笑)