勉強 やる気|高校生 勉強のやり方ランキング

education35 具体的な学習方法

進学校へお子さんを入れて安心していませんか?

 

そのままでは大学進学はおろか、中途半端に進学校へ行かせたことによって他の選択肢が阻害されているかもしれません。進学校へ行ったのなら、必ず大学へ行かせる強い意思が必要です。どんな大学でも良いわけではありません。

 

まだ「勉強のやる気」が出ないって?

それなら、行く価値のある大学へ進学させる最終兵器をご紹介します。

 

【高校生】教育についてまとめておきましょう。

 

なお、高校生活における学習の目標は「高校の学習について行くこと」です。

 

【高校生】の定義と学習方法の相性

勉強に適した学齢の定義と、勉強方法との相性(個性)については何度か書いているので、詳しく知りたい方は以下の記事を確認して下さい。

 

 

簡単に説明すると、ここで言う「高校生」は、文字通り高校1~3年生を指します。

また、「相性」とは子どもの個性に合わせた、勉強のやる気を引出す学習方法。

双方の適合をもって、学習方法を模索して下さい。

 

【高校生】の効果的学習方法の組合せ

高校での勉強は、大学入試を前提とした進学校へ進学した場合は、中学校での基礎学習を確実に取得していないと歯が立たない。最低でも80%は理解していないと、大学入試への受験勉強は失敗に終わります。それだけ中学校での基礎学習は重要であることを再認識して欲しいのです。

 

職業高校から高卒勝ち組の就職を狙う場合は

一方で、職業高校へ進学した者は、トップクラスの成績を残さないと高卒成功組にはなれない

職業高校と普通高では勉強の内容が大きく違う

学習の内容は、数学など、普通高校と同様の学習内容については、工業系であれば学科にもよりますが、普通高校と比較して簡単な内容となります。商業系であれば、学習全般が普通高校よりも更に簡単な内容となります。

 

但し、職業高校へ進学した場合は専門科目があり、これは中学校では教えてもらえない内容となるので、初見の学習内容について高校に入ってからしっかり学ぶという心構えが必要。

周りの実力も大幅に低くなるからこそトップを狙う

入学者のほとんどは学力が低いものの、一部、普通高校へ行ってもそれなりの結果を残せるような生徒も就職を狙って入学してきている場合もあり、簡単にはトップは取れません。ただ、ほとんどの人は勉強のやる気がありません。

 

少なくともトップ5に入れるよう、学習を継続する必要があることを認識することが大事。絶対に周りに流されない。そして、成績を落とすようなことをしてはいけない。もしそうなれば、高卒の成功者どころか、人生の失敗者になることもあり得ます。

 

「中学校」と比較して学習方法に予備校が加わるだけ

それでは、具体的な学習方法を説明します。

 

ここでも基本的な内容は「中学校」と変わらない。唯一、高校2年生から「予備校」という選択肢が加えられますが、今まで慣れ親しんだ学習方法でも予備校で行うべき学習が俯瞰されるので安心して学習に望んで下さい。勉強のやる気が出ないという言い訳はほどほどに。

 

結局「基礎」が大切

スタディサプリについては、最初から大学進学を目的としたカリキュラムがあり安心。また、その他学習教材では、中学、高校の基礎学習を網羅されているので、過去に戻り学習する方法で十分間に合うという仕組みです。

どうしても分からなければオンライン家庭教師を活用するのも手

予備校という学習システムは重要ではあるが絶対ではありません。受験テクニックなど、実際の学力とは関係のないことを学ぶには予備校が最適ですが、学習という面ではほとんどが「復習」になるので、オンライン学習教材の売りである「後戻り」さえあれば事足りる訳です。

 

但し、勉強のやる気が出ない人は、早めにマインドを変えることをおススメします。

 

予備校だけが選択肢ではない。対面学習はオンライン家庭教師でも可能

Let's_start_climbing007

 

もし、オンライン学習教材で行き詰っても、オンライン家庭教師という最終手段があります。予備校へ行く金額でも、オンライン家庭教師ならばお釣りが来るほど安価な費用設定もあることは、これまで何度も解説した通りです。

 

高校での学習目標をもう一度おさらいしましょう。

 

「高校の学習について行くこと」です。

行く価値のある大学を目指すなら高2の夏までの学習について行くことが重要

がむしゃらに高校2年生の夏まで、高校の学習レベルについていくことが重要。また、分からないことがあれば、この時期までにある程度クリアーにすれば後が楽になります。高校2年の夏以降は既に大学受験勉強が始まっていると、覚悟すべき時期なのです。

夢のような合格体験記を自分に当て嵌めない

よく、大学合格の体験記事で、高校時代は遊んでいた、部活に熱中していた、本格的に受験勉強を開始したのは高校3年生の夏から。でも早稲田大学へ受かりました!というのがありますが、そういう「レア(珍しい)」ケースを自分に当てはめてはいけません

 

きっとその方は、3年間勉強のやる気が継続していれば、東大へ受かるほどの頭だったのでしょう。自分自身を卑下する必要はありませんが、普通の人は、ある程度真摯に受験へ挑むべきです。

高2の夏が過ぎたら本格的な受験対策を開始

高校2年生の夏まで授業へついて行けたら儲けものです。特別な科目を除いては高校2年生までで多くの受験範囲は終了するので、ここからは目標校へ向けた受験対策を行えます。

 

オンライン教材で基礎学習ばかり行ってきたから不安になるかもしれませんが、センター試験であれば、基礎的な要素が最も重要となるので、無駄どころか役に立つことしか見当たりません。

センター試験廃止後も「基礎力」は必ず必要

センター試験廃止後は、応用的な内容へ変化する模様ですが、何れにせよ「基礎学力」が無ければ応用問題へは対応出来ません。自分を信じて学習を続けていくことが一番重要なのです。

 

そして、この基礎力を正確にアウトプットするトレーニングが、受験勉強を行う意味合いなのです。もちろん、抜け漏れを明確にし、穴の無い状態にすることはそれ以前の話です。

 

アウトプット学習と言えば、幼児期におススメの学習方法で紹介した「ユダヤ式学習方法」のハブルーターが思い浮かびます。幼児期からこの様なトレーニングを行っていれば、大学受験では大きな武器になることは間違い無いでしょう。

 

 

でも、やっぱり重要なのは「勉強のやる気」ですから。

早くギアチェンジして下さいね。

 

高校生の学習ランキング

学習システム・コスト・無料体験の行い易さ、全てにおいてバランスの取れたオンライン家庭教師。
遅れを取り戻すだけではなく、中学の学習内容を抜けなく、漏れなく対策するために、他の学習方法と合わせて実施することが望ましい。

◎ 学習システム
◎ コスト
◎ 無料体験

コスト、実績共に他の追従を許さない「すらら」。
相性を是非試して欲しい。

◎ 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

昨今、最も勢いのある「スタディサプリ」。超割安コストが魅力。
自主的に出来る子どもは一度試すべきである。

〇 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

「すらら」と双璧をなす「デキタス」。塾で有名な城南予備校が監修。

〇 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

オンライン家庭教師は無料体験可能。
紹介の3社を全て経験し比較すれば相性が分かる。

〇 学習システム
〇 コスト
◎ 無料体験