勉強 やる気|高校受験に勝つ 勉強のやり方ランキング

education34 具体的な学習方法

子どもの将来は中学校での学習結果にかかっていると言っても過言ではありません。

 

中学校の勉強が分からないのに大学行けますか?

 

ここでは、中学時代の学習を最大限延ばす方法についてランキング形式でまとめました。

 

もし、お子さんが勉強嫌いでしたら、ここで紹介する学習方法が最後のチャンスになる可能性があります。

 

【中学校】教育についてまとめておきましょう。

 

なお、中学校における学習の目標は「中学校の学習内容を完璧に理解する」こと

 

【中学校】の定義と学習方法の相性

勉強に適した学齢の定義と、勉強方法との相性(個性)については何度か書いているので、詳しく知りたい方は以下の記事を確認して欲しい。

 

 

簡単に説明すると、ここで言う「中学校」は、文字通り中学校1~3年生を指す。

また、「相性」とは子どもの個性に合わせた学習方法。

双方の適合をもって、学習方法を模索して欲しい。

 

【中学校】の効果的学習方法の組合せ

中学校の勉強は、全年齢の中で最も重要だと考える。

しかし、中学校での選択すべき学習方法は下図の通り「小学校高学年」と選択肢は変わらない。

逆を正せば、小学校高学年の学習は中学校の序章なのである。

 

小学校高学年時に色々な相性を試し、自分に合った学習方法へたどり着いているのであれば、それを信じ継続すれば良い。

 

未だに模索中であれば、少なくとも中学1年の内に明確なビジョンを定め、中学の学習内容を抜け漏れなく徹底的に頭へ叩き込むのだ。

 

「行く価値のある大学」を目指すのなら、地方の中学校であるなら、この時期に学年上位20%以内に入ることを目標に取組む必要がある。

 

紹介の学習メソッドであれば、小学校の遅れを取り戻し、学年上位へ入ることも夢ではない。

そのあためには、貪欲に「お試し」を行い、早々に「個性に合う」学習メソッドを見つけるのだ。

 

「小学校高学年」と比較して学習方法は変化なし

変化の必要が無いのだ。何故かと言えば、既に学習メソッドが確立されているのだから、その方法を信じて行えば良いだけになる。それだけで成績を落とすことは先ずあり得ない。しかし、それでも上手く行かないのであれば、最終的には「オンライン家庭教師」に頼らざるを得ない。

 

幼児期に「公文式」や「リアル学習塾」へ通っているレベルであれば、学習習慣や頭の回転および集団学習には慣れ親しんでいるはずなので、そのまま学習塾を中心とした学習を継続することが最も望ましい。この方法は王道と考えて差し支えない。

 

一方で、学習塾などの環境に馴染めないが、勉強の意義を理解し集中できる層は「スタディサプリ」や「進研ゼミ」でバリバリ勉強をこなしていると思う。「スタディサプリ」については、能動的に自分自身が講座を見つけ勉強を行う必要があるので、スタディサプリを中心に独学を行っている子どもは相当強い。

 

「進研ゼミ」についても、決められた日時で、きちんと課題を行っているのなら同様だ。進研ゼミに関しては、スタディサプリほどではないが自己管理が求められので、それなりの子どもが実施し、親が進捗を確認するというサイクルをきちんと続ける必要がある。

 

飽きっぽい子どもたちは「すらら」「デキタス」を利用していると思う。小学校時代はアニメーションやキャラクターに引きつられて勉学に勤しんだが、この時期になるときちんと学習の意味を理解し、教材の個性を理解した効率的な方法で学習していることが必要。

もし、この段階で、このレベルの教材に飽きているのであれば、ここまで培った学習結果を信じ、職業高校でのトップレベル合格を目指すことも視野に入れよう。

オンライン家庭教師を学習の補助で使用する選択肢

共通して言えることは、学習結果に満足しないのであれば「オンライン家庭教師」を積極的に利用して底上げを図ることが出来る。一昔前なら家庭教師は敷居が高く、お金持ちのお嬢ちゃんやお坊ちゃんが親の指示で行うというブルジョア級の学習方法であったが、インターネットの発達に伴い、パソコン環境があれば今では手軽に行える。

 

オンライン家庭教師のメリットは、別のオンライン教材では質問出来ない、もしくは質問に時間がかかっていたことが、パソコンの画面を通じオンラインで行えること。このメリットを活かせば、学校の定期試験時の対策や、分からないことをしっかり復習するためだけに利用するという一歩進んだ活用方法も考えられる。

 

何かの学習方法一本で全てが終われば良いが、それが出来ない場合は各学習方法を組合わせて行うことで最大のメリットを享受出来ると容易に想像できるが、対面で直に質問し、その場で疑問が解決出来る方法は「オンライン家庭教師」以外は見当たらない。

 

何れにせよ、中学時代の学習は大学受験の基礎となるため、徹底的に理解させなくてはならないことには変わりない。無論、高校での学習は更に厳しくなるが、大学受験前に理解していない部分を中学まで遡る手間を考えると時間がもったいない。

 

また、大学進学を意識するのであれば、県下普通高校のトップを狙うべきだし、そのためには中学校時代の成績は相当な位置が必要となる。

 

中学校の学習ランキング

学習システム・コスト・無料体験の行い易さ、全てにおいてバランスの取れたオンライン家庭教師。
遅れを取り戻すだけではなく、中学の学習内容を抜けなく、漏れなく対策するために、他の学習方法と合わせて実施することが望ましい。

◎ 学習システム
◎ コスト
◎ 無料体験

コストはお高めだが、講師の質と独自システムが売りのオンライン家庭教師。
ネッティーと比較して、相性の良い方を選ぼう。

◎ 学習システム
△ コスト
◎ 無料体験

コスト、実績共に他の追従を許さない「すらら」。
相性を是非試して欲しい。

◎ 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

昨今、最も勢いのある「スタディサプリ」。超割安コストが魅力。
自主的に出来る子どもは一度試すべきである。

〇 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

「すらら」と双璧をなす「デキタス」。塾で有名な城南予備校が監修。

〇 学習システム
◎ コスト
〇 無料体験

オンライン家庭教師は無料体験可能。
紹介の3社を全て経験し比較すれば相性が分かる。

〇 学習システム
〇 コスト
◎ 無料体験