弾性スタッコ壁|塗替えリフォームは水性セラミシリコンがおすすめ

リフォーム体験
リフォーム体験

リフォーム壁の塗替え前は艶消しで重厚感があったお家が、リフォーム後テカテカの輝く壁に変わって安っぽくなった!?

 

そんなご近所のお家を見たことありませんか?

 

元々艶のある壁が経年劣化でくすんできたところ、壁の塗替えリフォームで見違えることは良く見かけます。

 

しかし、艶が無い壁から艶のある壁へ変わると、壁の意匠も変化しなんだか変!?

 

ハウスメーカーは自社独自の壁を売りにしており、自分のお家がどんな種類であるかを事前にリサーチし、壁の塗替えに適した塗料を知っておりて損はありません

 

特にスタッコと呼ばれる外壁は、コテによる手作業で独特の風合いを醸し出しています

 

同じようなモルタル系の意匠性が高い壁は、どこのハウスメーカーで建築したか、分かる人には分かるという大事な自己満足要素なのです。

 

そんな壁の風合いにほれ込んで、決して安くはない費用をかけて建築した「お家の個性」を無知なリフォーム業者の言いなりで壊してしまっては元も子もありませんよね。

 

弾性スタッコ素材の壁だからこそ「こだわり」を持って欲しい

恐らくスタッコなどの検索でここへ辿り着いた人は、個性的な家を売りとするハウスメーカーで、決して安いとは言えないお値段でお家を建てられた方々だと思います。

 

そしてセンスをとても大切にしている人たちでしょう。

 

こだわりの家なのだから自分の家を知って業者を選ぼう

センスの無い、ただ工事費用が欲しいだけの業者が沢山います。

 

インターネットで弾性スタッコ系の検索を行っても、レビュー情報は業者関係者ばかりで、施主の経験談はほぼ皆無だったのではないでしょうか?

 

結果、よく分からないまま業者の薦める塗料で壁の塗替えリフォームへ突入してしまっているのです。

 

近隣の同じハウスメーカーのお家を事前にリサーチすると参考になる

わたしのご近所には同じハウスメーカーの立派なお家があり、先日、壁と屋根の塗替えリフォームを行っていました。

 

壁の色は「真っ白」。

 

リフォーム完成後に再び訪れると、リフォーム前と比較して壁に若干の艶が!

 

幸いなことに、大きな切妻屋根と全体のイメージが元のハウスメーカーそのものだったので、多少の艶程度では普通の人なら大きな違いは分からないでしょう。

 

しかし、そのハウスメーカー知る人間にとっては明らかに残念な感じに見えました。

 

弾性スタッコ壁の塗替えリフォームで後悔しないため…

わたしは自分の家にこだわりがあります。

 

特に壁の意匠性は気に入っており、この風合いが崩れることを絶対に避けたいと考えています。

 

きっとここへ来られた方は、同じ考えで色々調べているのでしょう。

 

出来るだけ今のイメージを残したい。

 

そんな気持ちをメインテーマに、壁の塗替え用塗料を選定した経緯を綴りますので、同じ気持ちを持つ方々の参考となれば幸いです。

 

弾性スタッコ壁の塗替えリーフォーム用塗料の種類

壁の塗替えリフォームの検討段階で、以下の記事で色々と調べた結果を書いています。詳細について興味のある方は覗いてみて下さい。

 

ここでは重要事項だけピックアップします。

 

 

 

壁の塗替えリフォーム用塗料は6つに分かれる

  1. アクリル系
  2. ウレタン系
  3. シリコン系
  4. フッ素系
  5. 光触媒系
  6. 無機系

 

1.アクリル系の壁の塗替え塗料

  • 耐久5~8年
  • コスト1,500円/㎡

 

コストは安いが、耐久性が悪い。塗替えが頻繁となり長い目で見れば割高

2.ウレタン系の壁の塗替え塗料

  • 耐久8~10年
  • コスト2,000円/㎡
コストと耐久性のバランスが若干劣る。塗替えが頻繁となり長い目で見れば割高

3.シリコン系の壁の塗替え塗料

  • 耐久10~15年
  • コスト2,700円/㎡

コストと耐久性のバランスがよく、選択方法によっては最もコスパがよくなる

4.フッ素系の壁の塗替え塗料

  • 耐久15~20年
  • コスト4,300円/㎡

最も耐久性に優れるが、ほとんどが光沢のある塗料。コストは高いが今後の主流候補

5.光触媒系の壁の塗替え塗料

  • 耐久15~20年
  • コスト4,600円/㎡
実際に20年経過した家は無く耐久性は未だ不明(メーカー想定値のみ)。コスト高い

6.無機系の壁の塗替え塗料

  • 耐久20~25年
  • コスト5,000円/㎡
耐久性に関し実証結果は無くメーカー推定値のみ。コストが高いので人柱になる覚悟で

 

今回選択した弾性スタッコ用塗料の種類

選択肢は「シリコン系」一本です

 

本当はフッ素系を使用したかったのですが、塗料の調査を行う段階で「艶消し」の選択肢がほぼ無いことが分かり断念しました。

 

塗料選択は次回のリフォームタイミングも考慮する

初めての塗替えリフォームの場合、足場コストを鑑み、屋根と壁を同時に行う場合がほとんどです。

 

しかし、同じ塗料素材を使用した場合、実際には屋根と壁ではその耐久性が大きく異なり、2回目の塗替えリフォームのタイミングが変化します。

シリコン系耐久性

  • 屋根の使用=約10年
  • 壁に使用=約15年

 

 

次回、屋根の塗替えリフォームを10年後に行い、その5年後に再び足場代を支払って壁の塗替えリフォームを行うのはリーズナブルとは言えませんよね?

 

施工面積の大きい壁の塗替えリフォームには、信頼性とコスパの良いシリコン系を選択することはほぼマストと言って良いでしょう。

 

屋根の塗替えリフォームで解説していますが、シリコン系の塗料を壁に使用する際の耐久性を基準に、屋根用の塗料材を選択することが重要です。

 

  • 壁にシリコン系=耐久15年
  • 屋根にフッ素系=耐久15年

 

 

屋根の塗替えリフォーム用塗料にどれだけお金をかけられるかが勝負となりますが、ちぐはぐなタイミングでそれぞれのリフォームを行うよりは安く済むでしょう。

 

次回(15~20年後)の塗替えタイミングを考え、信念をもってシリコン系塗料を選ぶのです!

 

実績とコスパで壁の塗替えリフォーム用塗料はシリコン系を選ぶ

シリコン系を採用するメリットとして、長年培った実績があるため、スタッコ壁に適した塗料も研究されていることです。

 

逆に言えば、選択すべき塗料がここにしかなかったとも言える。

 

しかし、デメリットも考えなくてはいけません。

 

わたしの希望は15年以上の耐久性を有した塗料です。

 

しかし、シリコン系塗料の場合は、各メーカーの製品カタログ値は最大で15年。大半はそれ以下。

 

塗料の耐久性は自宅の立地条件も考慮しましょう

わたしの家の場合、立地環境が幸いしてか?20年経過後も弾性スタッコ壁はチョーキングやひび割れも無く、壁の塗替えリフォーム前は比較的綺麗な状態でした。

 

新築時の弾性スタッコはシリコン系。

 

即ち、最大の15年とカタログに書いてあっても、それ以上もつという僅かな期待も抱かせます。

 

最終的に「シリコン系」を決めた理由はその期待と20年後の技術進化でした。

 

弾性スタッコ壁の塗替えはシリコン系の「何?」を選択

今回の壁の塗替えリフォームでは、シリコン系塗料を弾性スタッコへ使用する方針で決まりました。

 

次はシリコン系の中でどの製品を選択するか?

 

シリコン系と一括りにしても、歴史が長いだけに豊富な種類を各社売り出しています。

 

無機系塗料とは違うものでしょうが、特に気になるのは同じ方向性を持つ「セラミック配合塗料」です。

 

メーカーについては色々と悩みましたが「エスケー化研」を第一候補に。

 

新築時にも使用した弾性スタッコのメーカーであり、唯一、弾性スタッコに合う塗替え用塗料を販売していたことがその理由です。

 

業者の薦める塗料を含め、「エスケー化研」の製品を中心に選定作業を開始しました。

 

最後まで悩んだ壁の塗替えリフォームに最適な2つの商品

最終的には、やはり塗料メーカーを「エスケー化研」で選択。

 

その大きな理由はアートフレッシュという商品の存在でした。

 

ネットには弾性スタッコに関する欲しい情報が無い

弾性スタッコの意匠壁について、最適な塗料をネットで調査した経験をお持ちでしょうか?

 

外壁リフォーム関係は業者間の競争が激しい模様で、どんなキーワードを使っても業者のページばかり。

 

一般ブログの実体験を配信しているサイトには中々たどり着けないのが実態。

 

同じようなことばかり書いた業者サイトばかりで辟易します。

 

それでも、丁寧に検索を重ねた結果、業者配信情報のみですがアートフレッシュという塗料を知ることになりました。

 

ハウスメーカー推薦の水生セラミシリコン

一方、業者からは水性セラミシリコンという塗料を紹介されました。

 

価格的にはアートフレッシュと同じ価格で施工できるので、どちらを選択してもOKです。

 

業者がこの塗料を薦めてきたのには理由がありました。

 

この業者、わたしの家を施工したハウスメーカーの指定リフォーム業者になっているという!

 

過去に弾性スタッコへの施工経験が豊富にあるとのこと。

 

それだけの経験があるのなら、てっきりアートフレッシュを奨めてくると思いましたが、次の理由で水性セラミシリコンを薦めてきました。

 

  • 築10年程度であればアートフレッシュを薦めている
  • 築20年と間が長い場合は水性弾性セラミシリコンを薦めている

 

 

アートフレッシュと水性セラミシリコンを実現場で比較すると、耐久性は水性セラミシリコンの方が明らかに高いそうです。

 

また、アートフレッシュはスタッコの風合いをより確かなものにするため、凸凹を誇張する働きがあり、既存の意匠が大きく変化させると言う。

 

10年程度のサイクルであれば、耐久性や風合い(意匠)の変化も楽しめるアートフレッシュがおすすめですが、長期スパンで考えるとより耐久力の上がる水性セラミシリコンが優位。

 

決め手としては、弾性スタッコの壁の塗替えリフォーム時には、水性セラミシリコンがハウスメーカーからの推奨であったこと。ですね。

 

業者選定時にはハウスメーカーの指定業者とは知らなかったので、情報を信じることに致しました。

 

皆さんお気づきの通り、もし同じ施工をハウスメーカー経由で行ったら何十パーセントも上乗せしてきます。

 

ハウスメーカーとして、クレームが無いように厳選したということが大きな理由でしょう。

 

壁の塗替えリフォームに選択した塗料をサンプル比較

既に水性セラミシリコンを選択したことは説明しましたが、これから壁の塗替えリフォームを行う予定の人にとってはその違いが気になるところ。

 

弾性スタッコの既存意匠は水性セラミシリコンに軍配

この写真は塗装前に頂いたサンプル板です。左が水性セラミシリコンで右がアートフレッシュです。

 

驚いたことに、スタッコの陰影はセラミシリコンの方がはっきり出ていますよね?

 

一方のアートフレッシュは若干ぼやけたイメージ。

 

塗料に細かい粒が含有されており、細かい凹凸面を埋めることで、全体の凸凹段差が低くなったのかもしれません。

 

ちなみに、真ん中にある色シートの一番上が、この色のサンプルとなります。

 

 

この段階では「水性弾性セラミシリコン」に心が動いていました。

 

色の選択をしなくてはならないことを後で気づいた

塗料の特性に力を注ぎ過ぎたため、色の指定について忘れていました。

 

色については次の三色についてサンプルを作成して頂き、最終的にはここから決めました。

 

 

(上段)水性弾性セラミシリコン
19-80B 22-90D 19-90C
(下段)アートフレッシュ

 

写真ではイメージが付き難いと思うので、色の感じを簡単に説明します。

ちなみに、真ん中の番号をその色を示す色番号です。

 

  • 左=茶色が入ったベージュで少し暗い感じ
  • 中=薄い黄色で明るい感じ
  • 右=薄いベージュ系ですが限りなく白に近い感じ

 

塗料による質感も何となく判断出来るでしょうか?

 

上段の水性弾性セラミシリコンは凹凸の風合いを残し陰影を濃くしています。

 

一方、下段のアートフレッシュについては、上塗り感が強く、全体的にぼってりしています。

 

弾性スタッコの場合はアートフレッシュ一択だと考えていましたが、こうやって見る限り、コテ押しによる意匠面の凸凹の高さが大きいと、アートフレッシュの特性が逆に風合いを崩してしまうのかもしれません。

 

ジョリパット仕上げのように、平面が適度にあるような意匠壁には合うかもしれません。

 

ちなみに、エスケー化研の公式サイトによる塗料の期待耐用年数は次の通りです。

 

  • アートフレッシ 10年~12年
  • 水性セラミシリコン 12年~15年

 

最終的に「水性セラミシリコン」を選択しました。

 

やっぱり、壁の塗替えリフォームで気になるのはコストである

今回、施工に際して相場が分からず困りました。

 

インターネットでは数多くの業者が自社を宣伝している一方で、過去の施工事例も載せていたので、おおまかな相場を知る上で多少参考になりました。

 

塗料の優位性などは、自社の儲けに繋がる商品が中心で全く参考になりません。

 

しかし、施工コストは自社の優位性を宣伝しているため、実勢価格を知る上では検索すべきでしょう。

 

自分の住む地域で壁の塗替えリフォーム相場が分からない

しかし、インターネットでは日本全国、その施工店がある地域の情報のため、自分が住む地域の情報をつかむのがとても難しく苦労したのも事実です。

 

そこで参考になったのは、見積り比較サイトでした。

 

見積り比較サイトでは、地域を選んで合い見積もりを依頼できるので、大変申し訳ありませんが、地元の会社との比較と価格折衝の相手として利用させて頂きました(すみません)。

 

もちろん、とても安い情報もありましたので、一度その業者を読んで詳細を話すのも手です。

 

そのためには、きちんと自分の家に関する情報を把握して、その要望に応えられる業者であるかどうかの指標を作りましょう

 

比較サイトを賢く使って地元業者から最安値を引出そう!

わたしは近所の施工実績から、ある程度業者を絞り込んで交渉を行いました。

 

もちろん他に数社からも見積りを頂き比較しましたが、値段の開き(高過ぎ)があって折衝も何もできません。

 

そこでネットの比較サイトを利用しのですが、驚くことに目当ての業者よりも安い見積りが出ました

 

利用したのはのは2社。どちらも「屋根」「外壁」共に見積りできました。

 

無料 屋根・外壁塗装の見積り比較サイト(プロぬり)公式サイト

外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら 外壁塗装駆け込み寺 公式サイト

その価格を使って目当ての業者に交渉を行い、更に10万円前後のコストダウンに成功!

 

訪問販売で来るリフォーム業者は絶対信じちゃいけませんが、ネットの比較サイトは上手に使って得をした方が良いと切に感じました

 

参考になれば幸いです。