進研ゼミ|老舗が培った勉強方法がやる気と結果を引出すおススメの理由

education23 具体的な学習方法
具体的な学習方法

誰でも知っている「進研ゼミ」!!

自分の子どもが小さい頃に、こどもちゃれんのしまじろうを与えていませんでしたか?

今回、皆さま慣れ親しんだ有名な進研ゼミの有用性を真剣に分析しました。

幼児から大学受験まで網羅し、今や日本の大学は進研模試による偏差値に左右されるという超巨大学習企業が作った学習メソッドは今でも通用するのか?

実績面で見ると、難関大学合格者は進研ゼミを受講している場合が多のです。

但し、進研ゼミ一択であったかは疑問?が残りますが、実際、難関大学合格者は進研ゼミを基礎学力維持のために利用し、多くの問題と振れる機会を作っていたことが成功に繋がったのでしょう。

進研ゼミを基礎確立の土台とし、抜け漏れ無きよう塾や予備校を利用することで鉄壁の学力を培ったことは周知のことだと思います。

また、進研ゼミを運営するベネッセは、各大学の入試傾向を最も分析しており、その情報は進研ゼミの利用者へ惜しげなく配布されます。

基礎学力向上と受験戦略に長けた情報を配信する「進研ゼミ」。そんな教育界をけん引する老舗の教材について情報をまとめてみましょう!

進研ゼミとは

岡山県に本社を置く「株式会社ベネッセコーポレーション」が主催する教育システム。

なんと幼児期から大学受験、社会人、シニアまで網羅する一大教育会社。

小さな子どもはみんな「しまじろう」のぬいぐるみを持ってましたよね?

あれも「こどもちゃれんじ」というベネッセコーポレーションの幼児教材。

ここでは、大学受験までの特徴を分析して行きましょう。

小学校以降の講座内容は次の通りです。

  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座

進研ゼミ「小学講座」

進研ゼミ小学講座

昔は紙の添削が中心であった進研ゼミ。

しかし現在では、乱立する他社のオンライン講座に負けず劣らずの戦略を打っている

進研ゼミ小学講座の学習方法は2通り

①従来のスタイルを踏襲した「チャレンジ」

昔から続く学習方法がこれですね。粘り強い子どもが頑張って行っているというイメージが強く、「やり続ける」ことが大変な学習方法でした。

多くの人が子ども時代に挫折したんじゃありませんか?

しかし、完遂出来る力と根気があれば、添削による復習や教科書に合わせた進度など、計画性を養うにはもってこいの内容です。

でも、多くのパターンが最終的には教材も開かないまま終了していく・・・?

それは昔の話。

現在は子どもに飽きさせない工夫が満載なんです!

それでも根気も集中力も必要な教材であることには変わりないので、是非、子どもの個性と相性を良く分析してからチャレンジして下さい。

②タブレットで学ぶ「チャレンジタッチ」

紙媒体を「チャレンジパッド2」という、独自のタブレットを使用した学習へ進化!

他社のオンライン学習メソッドのほとんどが、自宅のPCや自前のタブレットを活用して学習効果を上げていますが、進研ゼミでも独自タブレットを開発し全員へ支給。

注意点としては、6ケ月以上の受講であれば無料で進呈されますが、それ以前に退会してしまった場合は、端末代金として「14,800円」を請求されるというシステムなので忘れないで下さいね。

価格的には相当安いので、おもちゃに毛が生えてる?程度のタブレットだと思って差し支えないのですが、子どもが興味を持って学習してくれれば、高級なipad以上の価値が出るかもしれません。

小学校でも英語教育が開始され、タブレットがあれば、聞く・読む・書く・話すとバランスよく学習できることは今や常識です。

古くからの学習方法よりも、こちらを行うことを強くおすすめします。

但し、他社オンライン学習と同様に、家庭内にインターネット環境を準備する必要があることを言うまでもありません。

プログラム的思考力を養う教材も網羅する進研ゼミ小学講座

小学校で必須となる「プログラム的思考力」についてもきんと網羅されています。

ご存知の通り、小学校でコンピューターのプログラミング言語を学ぶわけではなく、思考力を養うための新学習方法であると言うこと。

算数・理科・社会の一例から論理的思考を養うことで、頭の回転が良くなるのでしょう。

そんな学習についても、進研ゼミ小学講座はしっかりと網羅しているのです。

進研ゼミ小学講座の学習にかかる費用

ここでは「チャレンジタッチ」を利用した場合で算定しました。消費税の変更や値上げなどがあるため、正確な費用については進研ゼミ小学講座公式サイトで必ず確認して下さい。

なお、ポイントとして、進研ゼミでは「6ケ月」「12ケ月」の一括払いでお得になります。

入会金・再入会金0円
2教科(国語・算数)+英語
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 2,980 月あたり 3,300

月々 3,680円※

支払合計 35,760円 支払合計 19,800円
消費全10%込み
※キャンペーン期間を除き、1か月のみのご受講はできません。
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
2教科(国語・算数)+英語
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 2,980 月あたり 3,300

月々 3,680円※

支払合計 35,760円 支払合計 19,800円
消費全10%込み
※キャンペーン期間を除き、1か月のみのご受講はできません。
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
4教科(国・算・理・社)+英語・プログラミング
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 3,740 月あたり 4,200

月々 4,490円

支払合計 44,880円 支払合計 25,200円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
4教科(国・算・理・社)+英語・プログラミング
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 4,430 月あたり 4,780

月々 4,980円

支払合計 53,160円 支払合計 28,680円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
4教科(国・算・理・社)+英語・プログラミング
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 5,320 月あたり 5,750

月々 5,980円

支払合計 63,840円 支払合計 34,500円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
4教科(国・算・理・社)+英語・プログラミング
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 5,730 月あたり 6,190

月々 6,440円

支払合計 68,760円 支払合計 37,140円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /

「難しい問題こそわかりやすく」を
考えつくした私立・国立中学受験対策

受講費(税込・消費税率10%)
毎月払い

月々7,312 円(税込・消費税率10%)
※1か月のみのご受講はできません。
※毎月払いの受講費は4〜3月号まで共通です。

まとめ払い・一括払い

支払い方法 受講費
1年分一括払い 83,352
月あたり6,946円×12
6か月分まとめ払い 43,872
月あたり7,312円×6
消費全10%込み
\ 入会金0円 /

受講費(税込・消費税率10%)
毎月払い

月々7,312 円(税込・消費税率10%)
※1か月のみのご受講はできません。
※毎月払いの受講費は4〜3月号まで共通です。

まとめ払い・一括払い

支払い方法 受講費
卒業までの一括払い 152,812円
月あたり6,946円×22
1年分一括払い 83,352
月あたり6,946円×12
6か月分まとめ払い 43,872
月あたり7,312円×6
消費全10%込み
\ 入会金0円 /

受講費(税込・消費税率10%)
毎月払い

月々7,312 円(税込・消費税率10%)
※1か月のみのご受講はできません。
※毎月払いの受講費は4〜3月号まで共通です。

まとめ払い・一括払い

支払い方法 受講費
卒業までの一括払い 69,460円
月あたり6,946円×10
6か月分まとめ払い 43,872
月あたり7,312円×6
消費全10%込み
\ 入会金0円 /

教科の網羅性を考えると、公文式などと比較して「かなり安い」ですね。

何れにしても、進研ゼミをやり切るには、粘り強さと親の協力が必要なことは忘れないで下さい。

資料請求は無料です。

進研ゼミ小学講座の資料請求(無料)を行う人はクリック!

進研ゼミ「中学講座」

進研ゼミ中学講座

中学講座の目的は、ズバリ「目標とする高校に合格すること」だ!

進研ゼミでは合格を勝ち取るために、小学校6年生の準備段階から中学3年生の受験準備講座まで、隙間なくカリキュラムが組まれているので安心です。

受講生は特に難しく考えることなく、そのカリキュラムに沿って学習すれば自然と学力が上がる仕組み。

小学講座で利用したタブレットは中学講座でも継続して使用します。

さらに「電子辞書」まで準備されているので、英語対策を早々に行えるのが嬉しい特徴。

進研ゼミ中学講座は実技を含めた9教科の学習を網羅し「内申書対策」が万全

高校受験に内申書は重要ですよね?

即ち、受験当日の筆記試験の結果だけでは測れない、普段の学習態度と成績は手を抜けません。

何と言っても怖いのが、受験とは関係のない科目の成績が内申書に大きく影響するのです。

そんな、他の教材では扱っていない科目までも網羅している進研ゼミは、通信教育としては最強かもしれません。

但し、小学講座でも書きましたが、こつこつ頑張れる粘り強い意思が無いと、教材を開かないまま山積みとなって、結局は親に無駄なお金を使わせる結果となってしまいます。

強い意思があれば、これほど網羅性のある教材は珍しいので、是非頑張って欲下さい。

「さかのぼり学習」システムも用意されている進研ゼミ中学講座

わたしが最も重要だと考える「さかのぼり学習」。

昔の進研ゼミなら先へ進むことが中心でしたが、現在の潮流を理解し、きちんと「さかのぼり学習」も用意されているのことは評価が高いでしょう。

しかも、24時間個別に質問可能なシステムなので、分からないことは即座に解決できそうです。

中学時代の学習は、大学受験の時にも大きく影響します。

取りこぼしを無くすためには「さかのぼり学習」を行い、分からないを無くすことが最も重要な要素なのです。

進研ゼミ中学講座で高校受験を成功させる!

都道府県×志望校レベル別に、受験本番までに身につけたい力をカリキュラム化。最短距離で合格を目指せるよう学習が設計されていることにも注目しましょう。

通信教育なのに、なんと電話での進路相談も行えるのです。

こつこつきちんと行えば、中学程度の学習であれば「取りこぼしなく」習得出来、しかも進路相談まで行う体制は、高価な学習塾よりもリーズナブルに思えます。

能動的に勉強へ取り組める子どもであれば、目標を達成することは間違いメソッドであると確信できるでしょう。

進研ゼミ中学講座の学習にかかる費用

進研ゼミでは「6ケ月」「12ケ月」の一括払いでお得になることは前出の通り。

小学講座同様、分かり難くなるので毎月払いの費用をここでは紹介します。

最新の費用については進研ゼミ中学講座公式サイトで必ず確認して下さい。

なお、中学講座での学習教科数は9科目なのです!

入会金・再入会金0円
4教科の要点復習+英語4技能+全国規模の実力診断まで
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 5,980 月あたり 6,540

月々 6,980円

支払合計 71,760円 支払合計 39,240円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
9教科対応!
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 6,110 月あたり 6,780

月々 7,190円

支払合計 73,320円 支払合計 40,680円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
5教科対応✙実技4教科対応✙模試費用も込み
12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
月あたり 6,890 月あたり 7,520

月々 7,980円

支払合計 82,680円 支払合計 45,120円
消費全10%込み
\ 入会金0円 /

教科の網羅性を考えると、小学講座よりも更に安い印象を受けますね。

進研ゼミの中学講座まで実践できるような子どもは、学習の厚みを増すために実は塾と併用している子ども多いのです。

そんな生徒は双方を確実に行う粘りがあるので問題ないのですが、進研ゼミ一本で学習している生徒は自分との闘いになることを覚悟して強い心で臨んで下さい。

そして、これから頑張ろうとする人は、資料を請求した上で、自分自身が行えるかをきちんと判断することが重要です。

進研ゼミ中学講座の資料請求(無料)を行う人はクリック!

進研ゼミ「高校講座」

進研ゼミ高校講座

高校1年生が行う学校以外の学習方法で、進研ゼミは利用者数ナンバーワンになったそうです。

わたしのブログを見て頂いている読者のほとんどは、お子さんを大学まで進学させることを願っており、進学する(または進学した)高校は県下有数の進学校ですよね?。

職業高校へ進学した場合、進研ゼミの講座を受講する必要はまったくありません。

何故なら、進研ゼミは大学を目指す、県下有数の進学校の1年生に最も選ばれた学習メソッドであることを数字が証明しているからです。

何故、進研ゼミ高校講座が選ばれるのか?

はっきり言って、資料が無料で申し込みも簡単だから。

学習塾へ行くのを嫌う生徒もおり、そんな子どもにも最適なのが通信教育の進研ゼミなのです。

また、進研ゼミの母体であるベネッセは、今では最大の大学受験模試を主催する会社であり、日本で最も沢山の生徒数を基に偏差値を提供しているのです。

そして、学習者数が多いということは、日本でトップクラスの大学へ進学したという実績も伴うため、受験ノウハウもどんどん蓄積されて行くのです。

進研ゼミ高校講座だけで一流大学へ進学できるのか?

進研ゼミだけで「最上位の大学」へ行けるかどうかは判断が難しいところです。

なぜなら、東大や京大へ進学する生徒たちは、入試本番で取りこぼしが出ないよう、あらゆる角度から勉強を進めるから。

しかし、新大学入試適正試験であれば、基礎的な学習内容がどれだけきちんと理解されているかを測るわけで、進研ゼミの学習メソッドをきちんと理解出来ればそれなりの得点率を得ることは可能です。

その基礎力をもって、目標とする大学の赤本や過去問を解き、きちんと対策するれば「行く価値のある大学」であれば合格の確率はかなり高いでしょう。

それが理解出来ていない生徒は受験に失敗する可能性が高くなります。

センター廃止後の受験対策も、結局は基礎力をもって対策しなければ何をやっても同じなので、その点をフォーカスすれば進研ゼミで行う基礎学習の重要性が理解できるはずです。

進研ゼミ高校講座の学習にかかる費用

ここでも毎月払いの費用を紹介します。

進研ゼミ高校講座は1~2年生の内は3教科を選択すれば漏れなく5教科受講可能。

また、3年生からは受験対策に合わせ、1科目~11科目の組み合わせが可能です。

最新の費用については進研ゼミ高校講座公式サイトで必ず確認して下さい。

入会金・再入会金0円
英・数・国の3教科受講の場合、理科・地歴公民の教材も追加受講費不要でお届けできるのでおすすめ
  12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い

合計1教科

月あたり 6,180

支払合計:74,160円

月あたり 6,700

支払合計:40,200円

月々7,000

合計2教科

支払合計 8,180

支払合計:98,160円

支払合計 8,870

支払合計:53,220円

月々9,270

合計3教科
(5教科対応)

支払合計 9,180

支払合計:110,160円

支払合計 9,960

支払合計:59,760円

月々10,410

 

消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
英・数・国の3教科受講の場合、理科・地歴公民の教材も追加受講費不要でお届けできるのでおすすめ
  12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い

合計1教科

月あたり 6,380

支払合計:76,560円

月あたり 6,910

支払合計:41,460円

月々7,220

合計2教科

支払合計 8,380

支払合計:100,560円

支払合計 9,080

支払合計:54,480円

月々9,490

合計3教科
(5教科対応)

支払合計 9,380

支払合計:112,560円

支払合計 10,160

支払合計:60,960円

月々10,620

 

消費全10%込み
\ 入会金0円 /
入会金・再入会金0円
1科目単位で選択可能
 教科数 毎月払い

合計1教科

月々6,228

合計2教科

月々8,223

合計3教科

月々9,963

合計4教科

月々11,325

合計5教科

月々12,687

合計6教科

月々14,049

合計7教科

月々15,411

合計8教科

月々16,772

合計9教科

月々18,134

合計10教科

月々19,496

合計11教科

月々20,858

 

※消費全10%込み
※ 受講は2か月以上からとなります。
※ 2月号からご入会の場合
\ 入会金0円 /

学習塾や予備校へ行くよりも遥かに安いですね(ビックリです)。

安いということは、受動的になれば情報が入ってこないということで、それが通信教育の良い面でもあり悪い面でもあります。

しかし、積極的に活用すれば最強の講座になるでしょう。

わたしのおすすめとしては、きちんと受動的な学習(塾や予備校)を行いつつ、基礎の抜け漏れ対策として進研ゼミを行うことが、最も効果が高い理想的な学習方法と考えます。

しかし、思惑通り実行出来る生徒は少なく、本当に完遂できれば、「行く価値のある大学」の中でも上位の大学へ入学することも不可能では無いのです。

結局は地道な勉強を続けられない受験生が大半であるため、多くの生徒が偏差値50以下の大学へ進学するのです。逆に考えれば、根気よく、コツコツ行えば偏差値は簡単に上がるとも言えます。

やる気のある生徒、やらせたい親御さんは、覚悟を決めて資料請求をして下さい。

「やれば」間違いなく結果は出ますから。

進研ゼミ高校講座の資料請求(無料)を行う人はクリック!

「進研ゼミ」が合う子どもとおすすめ度

オンライン学習の「すららネット」や「デキタス」とは一線を画す「進研ゼミ」。

ちょっと困った子どもには学習を完遂することは先ずできない

子どもの個性をきちんと測って、その上で学習すべきかを決めることが肝要です。

しかし、食わず嫌いでは何も分からないので、最低でも資料を請求し家族で検討することから始めましょう。

「やり続ける」粘りが必要な教材であることを理解して臨んで下さい。

とは言え、「行く価値のある大学」を目指すなら、進研ゼミのどの教材を選択しても絶対に「粘り」は必要であることは忘れないで欲しいものです。

進研ゼミは塾や予備校と比べて格安なので、試しに行ってみても大した負担にはならないでしょう。

受験はお金がかかります。