諏訪大社のルーツに迫る「神長官守矢史料館」は4社巡りと共に訪れる価値あり

諏訪大社上社の祭祀は、大祝(おおほおり)と呼ばれる最高位の神官のもと、五官の祝(ほおり)という神職で執り行われていた。

この「五官の祝(ほおり)」で最高位なのが「神長官(じんちょうかん)」です。

五官
  1. 神長官(じんちょうかん)
  2. 禰宜大夫(ねぎだゆう)
  3. 権祝(ごんのほうり)
  4. 擬祝(ぎのほうり)
  5. 副祝(そいのほうり)

改めて諏訪大社の歴史を辿ると、守矢氏の存在が大きく、更に数々ある奇祭のルーツに繋がります。

今回、諏訪大社の大祭である「御頭祭(おんとうさい)」に合わせ、前回の諏訪4社巡りでは存在すら知らなかった「神長官守矢史料館」を訪れることにしました。

Click to Contents!!

神長官守矢史料館の場所

IMG_3850

諏訪大社の上社前宮へ訪れた人は分かり易いと思いますが、上社前宮の駐車場は県道を挟んだ第一鳥居の向かい側にあります。

この県道を上社本宮方面へ行くと、左側にひっそりと存在しています。

資料館の前にも駐車場はありますが、観光シーズンなどは広い上社前宮の駐車場を利用し、徒歩で訪ねても大して時間はかかりません。

長野県茅野市宮川389-1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる