年収

子供の私的教育論

比較|大企業と中小企業の就業人口差と生涯賃金格差を知ってます?

良い就職を最終目標とした場合、ハッピーな生活をおくれるような給与水準の企業に入るのはとても狭き門です。狭き門であっても、入社する意味があることをこの記事で理解できると思います。 実際に目の当たりにした「零細企業」労務者の実情は最悪です。 子どもの人生が心配なあなた、恐怖を感じて下さい。
子供の私的教育論

中小企業|零細企業へ就職した場合の年収が驚きの結果に!

弱小企業(零細企業)の給与データも比較しました。 高卒勝ち組や行く価値のある大学へ行ける人たちは限られています。 ほとんどの人がそれ以外の人生を歩むのです。 自分の子どもがそうならないためにも、事実を知って、子ども将来設計の重要性を改めて理解してほしいと思います。
子供の私的教育論

学歴|金持ちは遺伝する?教育の意味を知れば誰でも明るい進路を開ける

東京大学進学者、親の平均年収は950万円って本当? お金が無いと東大へ行けないのなら、「行く価値のある大学」へ進学するのも親の収入次第なのでしょうか? 本当はどうなのか、私見を展開しています。
子供の私的教育論

学歴|高卒と大卒の年収を知っても進学をいい加減に考えますか?

学歴が全てではない。全くその通りですが、実際は高卒と学卒では年収に大きな差が生じます。高卒でも大企業へ入社すれば人生は安泰でしょうが、大卒で同じ企業へ入ればそれ以上の見返りが期待できます。進学する意味をきちんと数値で理解し、勉強へのやる気を持たせる施策への展開が行えるよう事前に知っておくべき情報です。
子供の私的教育論

学歴|ダメ大卒と優秀な高卒の年収を比較すれば人生が変わる

今回は「ダメ大卒」と「優秀高卒」という極端な例を比較してみました。 果たしてどちらが有利だったのか? 進学設計を考える際、子どものために色々な状況を想定することが必要です。ハッピーなことばかりではありません。コンテンジェンシープランも含め道筋を設計することが肝要。
子供の私的教育論

学歴|一般的な大卒の年収は本当に高い=勉強が必要になる

まともな上場企業へ勤務する、大卒社員の給与と生涯所得についての投稿です。 普通に仕事力があれば、その会社のスキーム沿って出世します。 とても優秀であればその先も… 行く価値のある大学を卒業すれば、驚嘆の領域まで進めるかもしれません。
子供の私的教育論

学歴|高卒でも大企業へ就職すれば驚きの年収になる

高卒でも大手企業への就職は、昨今の好景気で順調です。 大手企業へ就職できた「高卒の就職成功者」はいったいどれくらい稼げるのか? 具体的な数値からひも解いて行きます。