パンデミック

家庭の医学

麻疹(はしか) の発生が多い都道府県別や年代と性別|感染経路は?

麻疹(はしか)は都心に代表される、人口密度の高い都道府県で拡大する可能性が高くなります。その原因は感染力の強さで、インフルエンザであれば1名の患者から1~2名へ感染させるのに対し、麻疹は12名以上へ感染させます。更に、ある一定の年齢の層は免疫が少なく、感染しやすいと共に、拡大の要因となっているので適切な対応を行いましょう。
家庭の医学

麻疹(はしか) 大流行の兆し|発生推移から予測するパンデミック

麻疹(はしか)が大流行したのは2013年のことです。その時と現在の様子が非常に似ており、2019年は麻疹(はしか)によるパンデミックが起きても不思議ではない状況です。先日も麻疹患者が新幹線に乗車していたというニュースも流れ、感染拡大を防ぐ施策が重要となっています。果たして大流行が起きるのか?データを比較します。
家庭の医学

麻疹の女性が新幹線で移動したのはいつ?うつった?潜伏期間は?症状は?

麻疹(はしか)に感染した40代の女性が、新幹線で新大阪と東京を往復していたことが報道されました。同じ車両に乗り合わせ人への感染が心配されますが、自分が万一感性した時を考え、麻疹(はしか)に感染(うつった)場合の潜伏期間と具体的な症状をまとめます。