Uターン

私的転職論

地方への転職|苦戦・年収減・仕事少ない・業種選べない|覚悟が必要

最近は働き方も変わり、地方への転職を考える人も多くなってきた。しかし、好景気と政府は宣うが、地方の景気は未だ夜道を彷徨っている状況である。地方で転職を行うなら、年収(給料)の減少、就職先の選択肢が少ないなどを覚悟が必要になる。特に仕事がなく給料が大幅に低下することを想定し、動き出す必要があることを分かって欲しい。
私的転職論

転職|失敗|Uターン希望なら年収減も覚悟しつつ地元の公共機関を当たろう

転職までの道のりを記したシリーズの第二回。 始めての転職紹介案件は、無事役員面接まで行くも、会社のブラック性にビビったわたしは失敗面接を演じる。 その後は年齢の壁によって面接まで進めずに時間が経過。 大手転職会社から地元の特殊機関へ望みを繋げる。