教養の無い経営者

私的転職論

転職|失敗|従業員のモラルを観察してみましょう

転職によって会社のレベルを下げるということは、今まで培った常識が通用しない世界へ入るという覚悟が必要だ。零細企業の大半は中途採用者の巣窟で、全てではないがモラルハザードが起きている。また、それを経営者は黙認し、更生できない原因を部門長の責任へ転嫁している。社長のモラルに疑問を感じたら、さっさとその会社を去る覚悟も持とう。
私的転職論

転職|失敗|パワハラ社員を黙認する会社へ入社した場合の心得

転職したらパワハラの洗礼に。期待を胸に転職したのに、その会社にはパワハラ社員が居たらどうします?しかも会社がパワハラを黙認!?パワハラ会社はきっと長くは続きません。自分自身の精神が崩壊する前にそんな会社からは逃げましょう。精神的問題が発症したら労災申請一択です。
私的転職論

転職|失敗|会議が長い会社は通常業務時間を大きく削ります

転職して初めて気づく会社の個性。良い個性なら感動するが、悪い個性は転職失敗の序章である。転職者は中途採用。会社も即戦力を期待するが、会社の期待に応えるためには今を改善することが必要。そのための時間、頑張って残業で補填しようにも足りなかったらどうします。寝袋持って会社に寝泊まりする時代じゃないことを経営者は気づいていない。
私的転職論

転職|失敗|面接に手応えがある時こそ面接官と会社を冷静に観察しよう

転職の失敗は誰にでも起こりうる可能性があります。しかし、人の失敗談を見て学習すれば失敗を防げる可能性が高くなるでしょう。転職失敗談の第三回、転職で重要な面接の場面ですが、会社の違和感をどうやって感じ取れば良いのか?
私的転職論

転職|失敗|教養のない経営者と感じたらブラックと疑って辞める準備をしよう

会社を辞める時、管理職なら「責任を取る」と覚悟して言い放つ場合があるでしょう。その時相手は「しりをまくる」のか?と聞き返す。これがダメ企業での毎日。 でも、「しりをまくる」って言葉の意味は皆さんの認識で正しいですか? 少し気になったので、言葉の意味に合わせ自分の経験を綴りたいと思います。