間ノ岳|「ついで」に登る解説じゃ分からない登山道を徹底ガイド!

Ainodake trekking guide_IC 旅のエビデンス

南アルプス北部、白峰三山の中間に位置するのが「間ノ岳」。

この山だけを直接登ろうとする登山者は少なく、多くは白峰三山縦走の途中か北岳とセットで山頂を踏む、非常に可哀そうな山である。

 

しかし、その高さは奥穂高岳と並んで日本第三位タイの高峰で、いまだに年間4mmの隆起をし続けるため、いずれ「単独日本第三位」となると言われています。更に、一部の崩壊後から、氷河期には富士山を抑え日本No.1の高峰だったという説もある(富士山は今より低かった)。

 

百名山ハンターと言われる登山者や北岳がメインの登山者の多くは、北岳側からしかアクセスしないため、実はその裏に隠れた荒々しい山容を知らない。

 

ここでは、最もオーソドックスな北岳側からの登山方法を解説すると共に、多くの登山者が見ることのない、農鳥岳方面から見た「間ノ岳」の姿も紹介します。

 

なお、北岳へ至る登山ルートの解説は下記の記事にありますので、本記事では北岳山頂からのルートを徹底解説!

 

 

登山道具の整理に便利! こんな箱知ってました?

 

登山データ

この記事に関するデータです。

 

■時期 夏山(6月~8月)
■移動手段 自家用車
■利用駐車場 広河原駐車場
■移動 芦安バス停(5:15)~(6:15)広河原
■登山開始時刻 6時30分(広河原)
■登山終了時刻 14時40分(間ノ岳山頂)
■活動時間(休憩含む) 8時間10分(八本歯のコル経由)
■本内容のペース 休憩含まない「CT 8時間35分」に対し「0.95」~普通

 

 

活動時間に関する注意点!

今回の登山情報は、農鳥小屋へ向かう途中「間ノ岳山頂」までのルートを解説しています。

北岳までは大きく、北岳山頂を通過する「草すべりルート」と、北岳の裏側へ出る「八本歯のコルルート」に分かれますが、何れも北岳山頂を一端登頂する形を取ります。

 

なお、このルートの標準CTについては、地図会社やソフト会社により大きくバラつきがあります。今回は「YAMAKEI ONLINE」という、無料のWeb上で確認出来るコースタイム(CT)を採用。YAMAPなどのアプリでは45分短く、現実的では無かったので注意が必要です。

 

北岳までのルートは急登が続くため、標準CTが人によって大きくバラつきますので、活動時間には十分注意して下さい。

 

また、体力に自信があっても「間ノ岳」までの日帰りは現実的ではありません。必ず「北岳肩の小屋」「北岳山荘」の何れかに一泊するか、体力に自信が無い場合は「白根御池小屋」に前泊する日程を組むことをおススメします。

 

人気の山である北岳を通るルートは、ハイシーズンの週末となれば登山道で渋滞が起こります。渋滞の規模は富士山ほどでは無いにしても、思い通りのペースで歩けない場合もあるので余裕を持った計画が必要です。

 

3D登山ルート

今回のルートを3D動画にしました。迫力ある動画と登山ルートの高低を確認しましょう♪

動画は白峰三山と白峰南陵を縦走した記録ですが、冒頭19秒が間ノ岳山頂へ至る「八本歯のコル」を経由したルートになります。

 

Shirane sanzan & Shirane nanryo root

自身の山行を3D動画に出来るReliveの使い方こちらから。

 

 

間ノ岳への登山ルートガイド

初心者を意識した登山ガイドとなるため、少し細かく長いですが写真は綺麗です♪

必ず行きたくなりますが、実際に登山を行う際は再度見直して下さいね。

 

登山ルートの紹介

Ainodake root

間ノ岳登頂パターンは3つ
  1. 北岳方面からのルート
  2. 塩見岳方面からのルート
  3. 農鳥岳方面からのルート

 

間ノ岳だけを直接登る人は少ないが、間ノ岳へ至るルートは3つ存在する(主要ルート)。ここでは、最もポピュラーな1番の「北岳方面ルート」を解説します。

 

なお、2番の塩見岳方面からのルートは最も上級者向けで、1泊程度では遂行出来ないレベルなので割愛。合わせて、3番の農鳥岳からのルート(ここでは逆ルート)も登りに使用するにはとても厳しいルートなので割愛します。

北岳側から間ノ岳山頂を目指すルート計画は3つ
  1. 肩の小屋方面から北岳山頂を経由するルート
  2. 北岳山荘からのルート
  3. 八本歯のコルを経由するルート

 

主要ルートである北岳側からの登攀計画で考えられる主な方法は3つあります。

 

1番目は北岳肩の小屋で1泊し、翌日に北岳山頂を経由して間ノ岳山頂を目指す方法。

 

2番目は北岳山荘で1泊し、荷物を預け、当日か翌日に間ノ岳山頂を目指す方法。

 

3番目は八本歯のコルを経由し、北岳には登らずにトラバース道を使用して間ノ岳を目指すか、途中の分岐から北岳をピストンしてから間ノ岳を目指す方法ですが、何れも北岳山荘へ泊ることが多いパターンです。

 

全て「北岳山荘」手前で登山道は合流します。

 

北岳山頂から北岳山荘まで

最も標準的で、シーズン中全ての期間で使用出来るルートがこちらです。

 

個々の登山スピードや出発時間と相談し、肩の小屋か北岳山荘の何れかに泊る計画を考えましょう。また、間ノ岳から引返す際は、同じルートを通る場合「北岳山頂」を再度通る必要があるので覚悟が必要です。

 

なお、八本歯のコルを下山に使用する場合は、丸太ハシゴの下りや雪渓が残る時期を勘案し計画しましょう。

 

「吊尾根分岐点」または「トラバース道分岐」以降は、北岳山荘まで共通の登山道となります。

北岳山頂から間ノ岳方面への登山道はとても急

先ず最初に見て欲しいのが、北岳山荘へ至るルートです。真ん中の最も高い場所が北岳山頂ですが、その急峻さはほぼ直角に見えます。そう、山頂直下はとても急な登山道となるので注意して下さいね。

 

IMG_6983

 

アップにするとこんな感じ。

写真左上が山頂直下の急登部。写真真ん中には階段があることが分ります。

 

IMG_6987

 

足場はしっかりあるので慎重に進めば大丈夫です。

 

IMG_6856

 

急峻な斜面を九十九折に進みます。足場はザレおり滑り易いので注意。

 

IMG_6857

 

先ほど遠くに見えた階段部(下から見た)です。

実際に到着すればそんなに急ではないので、手摺を頼り慎重に下れば大丈夫。

 

IMG_6988

吊尾根分岐点からは美しい稜線を歩く

20分ほど山頂から下ると「吊尾根分岐点」へ到着。

八本歯のコルから北岳山頂を目指す場合は、この分岐点から登ります。

 

IMG_6992

 

更に北岳山荘方面へ下ると、少し狭い個所もあります。

 

IMG_6862

 

吊尾根分岐点から20分程下れば、八本歯のコルから続くトラバース道と合流。

晴れていれば間ノ岳までの稜線が美しく望め、間ノ岳縦走の醍醐味を味わえます。

 

IMG_8014

 

トラバース道分岐に到着。

北岳山荘まで、およそ20分の場所。

 

IMG_8015

 

引続き稜線歩きを楽しみましょう。

北岳山荘が近づくと少し岩場が出てきます。

 

IMG_6873

 

北岳山荘到着。

登山道からは少しだけ下りますが、休憩場、水場があるので小休止には最適です。

また、ここに宿泊予定の人は早めにチェックインすることをおススメします。

 

ハイシーズンの北岳山荘はとても混み合い、最悪の場合は満員で泊まれないこともあります。ソロや少人数であれば基本的に予約不要。早く着いて、早々にチェックインを済ませば良い場所をあてがってくれます。

 

IMG_8017

 

八本歯のコル経由で北岳山荘まで

八本歯のコルを経由する場合、大きな選択肢が2つあります。

 

  1. 北岳山頂へ「行く
  2. 北岳山頂へ「行かない

 

八本歯のコルを過ぎ、10数か所の丸太ハシゴを越えると最初に出会うのが「トラバース道」との分岐です。ここが北岳山頂を目指すか、北岳山荘へ向かうかの最終判断地となります。

 

IMG_7993

北岳山頂へ「行く」場合は「吊尾根分岐点」を目指す

北岳山頂へ向かった場合、次の分岐は「吊尾根分岐点」。ここから山頂を往復します。その後の行程は前述の「北岳山頂から北岳山荘まで」のルートと同じ。

 

山頂往復にかかる時間は標準CTで40分ですが、ザックをデポして空身で往復すれば、5分~10分程度は短縮出来ます(個人差あり)。

 

IMG_6859

北岳山頂へ「行かない」場合は「トラバース道」へ進む

トラバース道分岐よりトラバースへ進めば北岳山荘への近道となります。

北岳山頂へ進まない場合は、この分岐からトラバース道へ進み、北岳山頂から北岳山荘への登山道へ合流。その後の行程は前述の「北岳山頂から北岳山荘まで」のルートと同じ。

 

なお、トラバース道は時期によっては崩壊個所もあるため、事前に通行可否を調べることをおススメします。調べ方は南アルプスの行政サイト、または直近に登山を行った方のログを探しましょう。

 

このルートは少し厳しい箇所があり、滑落事故も発生しているので慎重に利用して下さい。

 

IMG_7996

 

北岳山荘から間ノ岳山頂

北岳山荘から間ノ岳は標準CTで1時間40分。北岳山荘を拠点に往復する場合は3時間~3時間半の時間を要します。広河原からスタートして、当日中に往復する場合は最低でも北岳山荘へ12時頃には到着しなくてはなりません。

 

標準CTでは、八本歯のコルからトラバース道へ進むルートでもギリギリです。一般的には手前の白根御池小屋へ宿泊した登山者が当日中に往復します。但し、夏山では天候の悪化が早く、落雷による死亡事故がこの間に発生していため、15時前後の行動は慎重に考えて行うべきです。

 

間ノ岳のみを目標とする場合、通常は北岳山荘へ泊り、翌日の朝は荷物を山荘へ預け間ノ岳を往復することが多いです。夏山は午後よりも早朝の方が天気が良い傾向にあることもその理由です。

 

IMG_6919

 

先ずは途中の「中白根山」を目指します。標準CTで約40分程の道のり。

 

IMG_6920

 

中白根山の山頂が見えます。

ここまでの登山道は概ね美しい、天空の稜線歩き。

 

IMG_6931

隠れる場所の無い天空の道では「雷」に注意!

雷注意!について前述しましたが、中白根山の標柱に、その恐ろしい傷跡が垣間見れます。

写真左は7月25日に撮影したもの。写真右は同じ年の8月17日の状態。真ん中から大きく割れているのが分かるでしょうか?

 

落雷事故が発生したのが8月7日で、同じ日にここにも雷が落ちたということです。

 

当日は朝から青空が広がり、天候が崩れることは微塵も感じさせなかったといいます。しかし14時頃に天気は急変。15時近くには激しい雹(ひょう)と雷が鳴り響き始めました。恐らくこの間に事故が起き、中白根山の標柱にも落雷があったと思われます。

 

事故に遭った大学生は北岳山荘に拠点のテントを張り、当日は朝から農鳥岳をピストンしていた最中であった。事故が起きた場所は北岳山荘まであと数百メートルだったと、後日、農鳥小屋のご主人から聞きました。

 

IMG_6932

IMG_8021

 

南アルプス通には有名な農鳥小屋のオヤジさん。口うるさいと揶揄されることが多く残念ですが、このようなことが起きないよう、15時まで(理想)には小屋へ着くよう注意しているのです。

間ノ岳の山頂を望む!

中白根山の山頂を過ぎると間ノ岳の山頂が見えてきます。この眺望が「間ノ岳だけ」を目指し登頂を目指した登山者がイメージする間ノ岳の姿でしょう。登山道は右側がカールとなり切れ落ちる場所が多くなり、岩場をトラバースする場面もあるので注意が必要です。

 

IMG_8022

 

小さなピークをいくつか越えて行きます。

 

IMG_8031

 

トラバース気味の道が多く、奥に見えるような岩稜帯の横も通ります。

比較的安全な白峰三山の縦走路ですが、北岳と間ノ岳間では滑落による事故も少なくないので慎重に進みましょう(2019年も死後数日経過の遺体が収容されています)。

 

IMG_8033

 

ピークが見えてきました。

 

IMG_8035

 

間ノ岳山頂。日本で三番目に高い場所へ到着です。

晴れていれば、南アルプスの中間にそびえる「塩見岳」がとても近く見えます。また、間ノ岳から望む富士山の眺望は、南アルプスの眺望として常に上位となっています。

 

IMG_8037

 

北岳山荘からここまで標準CTで1時間40分前後です。

標高差は300m程度。

距離2.5km、1km換算で120mなので、多少のアップダウンはありますが、稜線歩きとしては最高のルートです♪

この先へ行かないと見れない間ノ岳の姿

日本百名山ハンターの人は、間ノ岳のピークハントが終われば引返すだけです。また、白峰三山全てを縦走するには、この先はもっと厳しい道となるため一気に登山者が減ります。

しかし、間ノ岳の本当の姿は向こう側から見る必要があります。

 

IMG_8139

 

どうでしょうか?この荒々しさ。

朝日を浴びた間ノ岳(裏)の様子ですが、農鳥岳側から見るとその大きさに思わず息を飲みます!

 

メモ

紹介のコースは山梨県が発表しているグレーディングでは「6C」となります。

体力的にも技術的にも中級レベルの登山ルートですが、決して無理をせず、そして慎重に進めば脱初心者には最適のルートです。

 

特に気を付けなくてはいけないのが、技術レベルが「C」であること。

北岳へ草すべりルートで登攀する際の技術レベルが「B」であり、間ノ岳は少し難しいレベルであることが分ります。

 

しかし実際は登山道のレベルに大きな違いは無く、気を付けるとしたらカール地形への滑落と道が少し分かり難い所があるということ。

 

北岳山荘へ一泊して臨めば体力的には全く問題がありません。

 

但し、3000m、天空の稜線歩きになるので、風も通り天候によってはとても厳しい気温となります。また、遮る物もなく、足場も同様に悪くなるので注意が必要。

 

しっかりとした登山装備を整えて下さい。

なお、初春や晩秋には雪が残っていたり雪が降ることもあるので、アイゼンなどの装備も忘れてはいけません。

登山地図は必ず準備!

整備が良くても道迷いする人は必ず出ます。自分は違うと思っていても、いつ同じように遭難するかわかりません。

必ず登山地図を準備しましょう。

 

 

登山道具の整理に便利! 道具の整理も忘れずに♪

 

登山道へのアクセスなどの基本情報はこちらの記事で。