【おすすめの液晶テレビ探求】メーカー・ブランド別の分析と評価

2007年テレビのデジタル化以降、国内のテレビは薄型・液晶化時代に入り、2012年には完全デジタル化でブラウン管テレビは姿を消した。

今や販売当初のようなベゼルが厚くて野暮ったい液晶テレビから、まるで画面が宙に浮くようなデザイン性豊かな液晶が安価に購入できる時代に突入。

有機ELテレビが登場しても、デジタルテレビの主役はまだまだ液晶テレビなんです。

Click to Contents!!
Sponsored Links

液晶テレビなら
4Kチューナー内蔵の格安機種を選べる!おすすめの液晶テレビ

昨今のテレビ市場は4K映像対応は当たり前で、4Kチューナー内蔵機種が市場の中心になっている。

2018年の4K放送開始直後は4Kチューナーを別途購入する必要があり、有名メーカーのハイエンドモデルでさえ4Kチューナーは内蔵されていなかった。

そんな市場に風穴を開けたのがハイセンス傘下の東芝レグザ。

当時、55型で18万円前後の価格帯は他社のチューナー非搭載機種とほぼ同じで、お買い得感が高い液晶テレビだった。

しかし、その後ハイセンスから半値に近い50型の機種が登場し、一気に市場を席捲して行ったのでした。

今や4K対応は当たり前となり、基本機能についてもメーカー間で大きな違いが無い状態。

コスト優先で4K液晶テレビを探すにも重要な選択肢の一つでしょう。

機能満載な液晶テレビで驚きの価格!おすすめの液晶テレビ

ハイセンス液晶テレビなら
実現するコスパ!

低価格ながらきちんと基本性能を網羅した液晶テレビの代名詞と言えば「ハイセンス」。

販売チャンネルも充実しており、家電量販店は元より、AmazonなどECサイトでも手軽に安値購入可能です。

嬉しいのはメーカー保証が3年付くことで、日本メーカー以外の製品を購入する不安を払拭してくれるでしょう。

発売当初はエントリー機並の製品バリエーションでしたが、2020年モデル以降は、日本メーカーのハイエンドモデルと大差の無い性能の液晶テレビも展開しています。

 

有機ELフラッグシップ機並みの
液晶テレビもあるおすすめの液晶テレビ

最近の国内メーカーはフラッグシップ機の位置付けを有機ELテレビに置き、結果、液晶テレビの機能を落とす傾向に…。

それでも、しっかりとスペックを見極めれば有機ELテレビのフラッグシップ機と大差無い仕様の液晶テレビも選択可能!

セールスポイントと機能をしっかり比較すれば、フラッグシップ機並みの高機能テレビを半値近い価格で購入できるのが液晶テレビの醍醐味です。

先ずはお目当ての液晶テレビに関する「セールスポイント」を把握し、欲しい「機能」も備わっているのかを確認すれば満足感の高い買い物に繋がること間違い無し!

その液晶テレビの
セールスポイントは何?おすすめの液晶テレビ

液晶テレビの
セールスポイントを機種ごとに評価

液晶テレビの新製品を調べる際に、先ず確認すべきが「セールスポイント」です。

セールスポイントとは、対象の液晶テレビの「売り」であり、新たな機能をいち早く確認できる「情報」が凝縮されたキーワード。

また、他社の液晶テレビとの「差」はもちろん、モデルシーズンのトレンドも把握できる重要な窓口とも言えます。

何はともあれ、気になる液晶テレビがあったら先ずはここから確認して下さい。

セールスポイントの評価基準
  • 液晶テレビのカタログ値を元にセールスポイントを抜粋
  • セールポイントの内容を液晶テレビの実機で確認し評価
    (量販店や展示会)

液晶テレビの
標準機能な満足の行く内容なのか?おすすめの液晶テレビ

液晶テレビの
機種ごとに標準機能を評価

実は「標準機能」、各メーカで少しだけ違います。

ハイエンド機、エントリー機など液晶テレビの「格」で標準機能が相違するのは当たり前ですが、同じハイエンド機同志でもメーカー間で機能差が生じるのです。

例えば地上波デジタル放送のチューナー数。

標準的に評価出来る数は3つですが、メーカーによっては2つしかなく、一方で9つも付くメーカーもあります。

リアルタイムでテレビを視聴している時、裏番組を録画するためには最低2つのチューナーが必要。

更にダブル録画を行うなら3つ必要となります。

録画機能を前提にチューナー数を意識するだけで選択肢が大きく変わりますね。

標準機能はこの他にも、「HDMI」の数や機能性、「スマート機能」の適合、「VOD」動画配信サービスの対応など、液晶テレビ選択に重要な要素が目白押し。

もちろん、対象機種独自の特異性能(機能)も同時に評価しているので選択の参考に是非ご一読下さい。

また、対象機種の「省エネ性能評価」と「現物確認方法」についても、「機能はおすすめ評価できるか?」内で解説しています。

 

液晶テレビは視聴環境が重要です

液晶テレビは未だハイビジョン画質も存在し、4K画質であってもハイビジョン放送の視聴者が多いことが特徴です。

高精細の4K放送であれば視聴距離の心配はほぼありませんが、地デジを中心に視聴する場合は視聴環境に合わせた画面サイズを選択しましょう。

全ての機種で、反射対策などの視認性の評価と最適な視聴環境に関する解説を行っています。

その液晶テレビ
自宅の視聴環境にマッチする?おすすめの液晶テレビ

液晶テレビの
最適な視聴環境を記事でご紹介

液晶テレビを選択する際、目が行き勝ちなのが「機能」や「セールスポイント」を中心とした性能でしょう。

しかし、大人だけではなく子供も含めて長時間視聴することが当たり前のテレビであれば、ストレスなくリラックスした状態で視聴できる環境であるかどうか?

こだわりたいものです。

「最適な視聴環境を整える」というテーマでは、テレビ画面の反射対策を始め、テレビの最適な置き方や最適な視聴高さにまで言及し、機種ごとの最適性を分析評価致しました。

 

液晶テレビの総合評価と買い時を
機種別に解説おすすめの液晶テレビ

セールスポイント、視聴環境、標準機能、そして価格をトータルで評価しています。

また、買い時価格は過去の実績と比較しつつ、その時点の市場動向を考慮し目安となる「目標価格」を有機ELテレビ同様に算出。

欲しい液晶テレビのメリットとデメリットを把握でき、購入価格の目標値が明確なるでしょう。

 

  • 欲しい時の目標価格
  • 損したくないと思える価格
  • 買い時

液晶テレビの
総合評価と買い時を明確にする!
おすすめの液晶テレビ

液晶テレビ
機種の総合評価と買い時をご紹介

総合評価は単純に「セールスポイント」「視聴環境」「標準機能」で評価した内容を数値化して加点して行きます。

但し、昨年のモデルと今年のモデルでは性能や機能が変わってくるので、評価の比較は同一年次に発売されたモデル同志のみで有効であることをお含み置き下さい。

例えばドルビーアトモスという立体音声機能は、2020年ー2021年モデルでは搭載機種の評価が高いですが、2021年ー2022年モデル以降は当たり前の機能と捉え標準点となります。

買い時については、前モデルの価格推移に対象モデルの価格推移を重ね合わせたグラフを作成し、先ずトレンドを確認。

そこにメーカーごとの特性、インターネットでの実売価格、更に実店舗での価格調査(違う量販店数カ所)のデータをまとめ最終的な方向性を算出しました。

買い時の模索
  • 液晶テレビの前モデルと現行モデルの価格推移グラフの作成・管理
  • メーカーごとの液晶テレビの特性(独自管理)
  • 液晶テレビのインターネットでの実売価格
  • 液晶テレビの実店舗への価格調査

 

液晶テレビの全カテゴリーおすすめの液晶テレビ

液晶テレビのカテゴリーは以下のくくりでタグ分けしていますので、気になるところをクリックすれば記事一覧が表示されます。

おすすめの液晶テレビ関連の全リンク

 

テレビに関するまとめ記事

liquid crystal television

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる