【おすすめの有機ELテレビ探求】メーカー・ブランド別の分析と評価

有機ELテレビの映像は引き込まれるほど美しく表現性豊かだった。

引き込まれるような立体感はパネルに「没頭」させ、黒はまさに「漆黒」。

有機EL技術については、実用化前に海外の技術会議で目の当たりにして以来注目し続け、テレビとして実用化された時は少しだけ興奮したことを思い出します。

Click to Contents!!
Sponsored Links

有機ELテレビには欠点が無いのか?おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビは価格が高い。普通の液晶テレビと比べれば価格が2倍以上する機種もある。

それでも欲しいと思うほど映像のクオリティーが高い。

だからこそ、購入するメリットとデメリットをしっかりと認識する必要があるのです。

有機ELテレビを一般家庭で使用するには、今まで使っていた液晶テレビ同様に考えてはいけない理由がいくつか存在することを理解することが大切。

 

有機ELテレビの気になる点
  • パネル寿命
  • 画面の焼き付き
  • 画面の映り込み
  • 消費電力
  • 高価格

 

「気になる点」については、有機ELテレビ購入を検討している方々が、ネット検索でよく目にするキーワードではないでしょうか?

有機ELテレビには本当にこれだけの問題があるのか?購入を検討している人にとっては気になるところですよね。

有機ELテレビのデメリットを把握!おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビの
メリットとデメリットをご紹介

万能な工業製品などありません。

重要なのは、自分が「求める機能」とデメリットとのバランスで、「求める機能」の方がが優位であればそれでOKなのです。

有機ELテレビはその美しい映像を得る変わりに、液晶テレビに劣るいくつかのデメリットが存在するのも事実。

購入前にしっかりとデメリットを理解し、満足の行く買い物に繋げて下さい。

有機ELテレビのデメリットは価格低下で収束

有機ELテレビのデメリットの1つである「価格」については、2017年の市販化後、数年経過しようやく値ごろ感を満たす機種が登場し始めました。

映像に魅了されれば、仮に寿命が短くとも、液晶テレビと同等程度の価格になれば触手を伸ばす人も増えてきます。

「買い時」価格に注目です!

有機ELテレビの
セールスポイントと機能を把握おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビは映像の美しさが大きなメリットですが、各社フラッグシップ機としてのセールスポイントと機能を有していることも魅力。

しかし、機能を盛り込み過ぎて高重量となったり、デメリットの価格を更に押し上げている場合もあります。

有機ELテレビのメリットは映像以外にも「薄型」「軽量」という一面もあります。

魅力的なセールスポイントと機能が本当に必要なものなのか?しっかりと理解して、リーズナブルな購入へ繋げたいですね。

その有機ELテレビの
セールスポイントは何?おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビの
セールスポイントを機種ごとに評価

有機ELテレビも液晶テレビと同様に新製品を調べる際、先ず確認すべきが「セールスポイント」です。

セールスポイントとは、対象の有機ELテレビの「売り」であり、新たな機能をいち早く確認できる「情報」が凝縮されたキーワード。

また、他社の有機ELテレビとの「差」はもちろん、モデルシーズンのトレンドも把握できる重要な窓口とも言えます。

特に有機ELテレビは各社のフラッグシップモデルが存在し、その下にセカンド機、更にはサード機をラインナップするメーカーもあるため、フラッグシップ有機ELテレビとの違いを知って購入するかを決定する必要があります。

何はともあれ、気になる有機ELテレビがあったら先ずはここから確認して下さい。

セールスポイントの評価基準
  • 有機ELテレビのカタログ値を元にセールスポイントを抜粋
  • セールポイントの内容を有機ELテレビの実機で確認し評価
    (量販店や展示会)

有機ELテレビの
標準機能は満足の行く内容なのか?おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビの
機種ごとに標準機能を評価

ハイエンド有機ELテレビであっても、実は「標準機能」が各メーカで少しだけ違います

ハイエンド機、エントリー機など有機ELテレビの「格」で標準機能が相違するのは当たり前ですが、同じハイエンド機同志でもメーカー間で機能差が生じるのです。

例えば地上波デジタル放送のチューナー数。

標準的に評価出来る数は3つですが、メーカーによっては2つしかなく、一方で9つも付くメーカーもあります。

リアルタイムでテレビを視聴している時、裏番組を録画するためには最低2つのチューナーが必要。

更にダブル録画を行うなら3つ必要となります。

録画機能を前提にチューナー数を意識するだけで選択肢が大きく変わりますね。

標準機能はこの他にも、「HDMI」の数や機能性、「スマート機能」の適合、「VOD」動画配信サービスの対応など、有機ELテレビ選択に重要な要素が目白押し。

もちろん、対象機種独自の特異性能(機能)も同時に評価しているので選択の参考に是非ご一読下さい。

また、対象機種の「省エネ性能評価」と「現物確認方法」についても、「機能はおすすめ評価できるか?」内で解説しています。

有機ELテレビの最適な視聴環境を分析おすすめの有機ELテレビ

テレビ購入に際して、実はとても重要なのが普段の視聴環境なのです。

せっかく映像の綺麗な高価格の有機ELテレビを購入しても、視聴環境がマッチしなければとても残念なこと。

また、インテリアの一部としてテレビの設置方法をきちんと考えなければなりません。

他ではあまり注目されないそんな視聴環境についても、機種ごと丁寧に解説します。

その有機ELテレビ
自宅の視聴環境にマッチする?
おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビの
最適な視聴環境を記事でご紹介

高価な有機Eテレビの購入を検討する際、やはり気になるのは「機能」や「セールスポイント」を中心とした性能でしょう。

有機ELテレビは機能も豊富で映像も綺麗ですが、性能にこだわりつつ、実は電気代も気になっていませんか?

また、大人だけではなく子供も含めて長時間視聴することが当たり前のテレビであれば、ストレスなくリラックスした状態で視聴できる環境作りにもこだわりたいですね。

「最適な視聴環境を整える」というテーマでは、テレビ画面の反射対策を始め、テレビの最適な置き方や最適な視聴高さにまで言及し、機種ごとの最適性を分析評価致しました。

もちろん、省エネ性能の比較も行っているので、ランニングコストを含めたトータル的な検証が可能です。

有機ELテレビの総合評価と買い時を
機種別に解説おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビを購入する際、最も気になるのがお目当ての機種の評価と買い時価格。

総合評価は機能を客観的に評価しますが、どの機種も同じ目線で比較するので安心です。

また、買い時価格は過去の実績と比較しつつ、その時点の市場動向を考慮し目安となる有機ELテレビの「目標価格」を算出。

  • 欲しい時の目標価格
  • 損したくないと思える価格
  • 買い時

有機ELテレビの
総合評価と買い時を明確にする!おすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビ
機種の総合評価と買い時をご紹介

有機ELテレビの総合評価は単純に「セールスポイント」「視聴環境」「標準機能」で評価した内容を数値化して加点して行きます。

但し、昨年のモデルと今年のモデルでは性能や機能が変わってくるので、評価の比較は同一年次に発売されたモデル同志のみで有効であることをお含み置き下さい。

例えばドルビーアトモスという立体音声機能は、2020年ー2021年モデルでは搭載機種の評価が高いですが、2021年ー2022年モデル以降は当たり前の機能と捉え標準点となります。

買い時については、前モデルの価格推移に対象モデルの価格推移を重ね合わせたグラフを作成し、先ずトレンドを確認。

そこにメーカーごとの特性、インターネットでの実売価格、更に実店舗での価格調査(違う量販店数カ所)のデータをまとめ最終的な方向性を算出しました。

買い時の模索
  • 有機ELテレビの前モデルと現行モデルの価格推移グラフの作成・管理
  • メーカーごとの有機ELテレビの特性(独自管理)
  • 有機ELテレビのインターネットでの実売価格
  • 有機ELテレビの実店舗への価格調査

 

有機ELテレビの全カテゴリーおすすめの有機ELテレビ

有機ELテレビのカテゴリーは以下のくくりでタグ分けしていますので、気になるところをクリックすれば記事一覧が表示されます。

おすすめの有機ELテレビ関連の全リンク

 

テレビに関するまとめ記事

Click to Contents!!
閉じる