3D軌跡「Relive」の会員登録で注意すべきことをまとめました♪

relive_IC2 情報の玉手箱

「Relive」について基本的な内容は以下の記事でまとめていますので、まだこのアプリをよく知らない人は先ずお読み下さい。

 

 

基本的な内容を解説した際、公式サイトが分かり難いことを何度も触れていますが、上手に利用すれば無料版でも結構満足の行く使い方が出来るので、最初の会員登録でつまづかないよう、大まかなコツをここでは解説します。

 

会員登録はPCだけで行えば良いのか?

PC

 

結論は、PCで登録した後、必ずスマートフォンのアプリをダウンロードしてログインを行って下さい!

 

  • PCのみで使用することはできない
  • スマートフォンと連携すれば加工がスムースに行える
PCのみで使用することはできない

私も最初はPCをメインに使用を開始し、直ぐに「使えねー」となりました。

会員登録後、過去の登山データ(.gpxファイル)をインポートしてReliveを作成しましたが、PCではインポート後の加工が行えません。

 

インポートしたデータは一端スマートフォンのアプリ内に入り、その後加工可能となりますので、必ずスマートフォンを準備しましょう。

スマートフォンと連携すれば加工がスムースに行える

Reliveのアプリは写真の閲覧などを要求してきます。

しかし、その時点で拒否すると「ただの軌跡」しか表示しないので注意が必要です。

 

会員登録の方法

fire-tv-stick-4k_011

 

Relive 公式サイトより会員登録へ促されるまま行いましょう。

基本的には既存の「googleアカウント」や「Facebookアカウント」でログイン可能なので、どちらも無い人は何れかを先に登録しておきます。

 

おススメは「googleアカウント」。

Reliveで作成された3D軌跡は、登録メールにアクセス場所の情報が送られてきますので、Gmailとリンクしたgoogleアカウントの方が便利です。

スマートフォンの登録

iphone、androidで多少の違いはありますが、iphoneならAppストア、androidならgoogleストアからアプリのダウンロードが可能です。なお、アプリは全て無料なので安心です。

 

アプリをダウンロードしたら、PCと同じアカウントでログインすれば登録は完了です。

 

スマートフォンだけでもOK?

Let's_start_climbing033

 

スマートフォンをメインにする人はスマホだけで完結可能。

PCをメインに使用することが多い人(わたし)も少なくないので、PCを利用した方法を合わせて書いて行きます。

データの活用

Reliveがデータを得る方法は主に2つあります。

 

  1. 活動する時にスマートフォンのReliveを起動してデータを取る方法
  2. 別のアプリで活動データを取った際のデータを使用する方法

 

例えば、登山をメインに行う方なら「YAMAP」や「ヤマレポ」を使用して登山ログを取ると思います。この際、Reliveも立ち上げておく方法もありますが、スマートフォンのバッテリーが早く減るリスクが高まります。

 

昨今の登山はスマートフォンのGPSと地図を頼りに行動することが多く、万一、道迷いなどが生じた場合、バッテリーが無くなっていると「遭難」する可能性が高まります。GPSを手段の中心と捉えると、アプリの数は一つに絞ることが肝要。

 

また、これらの登山ログを使用する人は後日、後日投稿を行うことも考えれば必然的にReliveの優先性が低くなります。無料会員であれば「おまけ」の概念で動く方が得策です。

 

Reliveでデータを取得するより、メインの登山ログのデータを使用した方が便利ですよね。

gpxファイルデータをスマホ内で完結するならOK

一般的にこれらのログデータは「.gpx」という拡張子で表されるファイルです。

例えば登山ログで有名な「YAMAP」だと、このgpxデータをスマートフォンとPCの両方でダウンロードすることが可能です。

 

データは通常50KBから100KB程度と軽く、スマートフォン内で全て完結するならPCの登録は不要です。PCでデータをダウンロードする人はPCの登録も行うことをおススメします。

 

最近のアプリは、スマートフォンでの使用を前提に設計されていることが多く、Reliveもやはり同じような思想なのでしょう。しかし、スマートフォンって目に悪いですよね(笑)

 

「Relive」動画を作成するまでの流れ

Let's_start_climbing009

 

取り合えず、Reliveの3Dデータを作りたい場合、以下の流れが必要です。

先ず、ここでは会員登録まで行うようにしましょう。

実際に軌跡データを使用してRelive化する方法は次の記事で解説を行います。

 

  1. Reliveの会員登録(googleアカウントなどでOK)←ここまで済ませましょう
  2. 軌跡データの作成(Reliveまたは別のアプリ)
  3. Reliveへ軌跡データのインポート(PCまたはスマートフォン)
  4. インポートデータの編集(スマートフォン)
  5. 編集データの登録(スマートフォン)
  6. Relive 3Dデータ作成(Reliveサーバー)
  7. Relive 3Dデータ完成(登録メールへアクセス先を通知)
  8. Relive 3Dデータの視聴(スマートフォンに一覧表示/PCはメールからアクセス)

 

「Relive」動画を活用する

重要

 

Relive化した3D動画を見ることが出来たら、次にそのデータを活用する方法を考えます。

一般的には登山ログのサイト「YAMAP」などへアップしたり、自身のブログで紹介したりしたい人も多いはずです。

 

そのためには先ず、データを「mp4」化する必要があります。

 

  • Relive 3Dデータを「mp4」化する

 

リンクを貼り易いようにYouTubeへアップしましょう。

 

  • Relive 3DデータをYouTubeに登録する

 

Relive 3D動画の最後に必ず入る「広告」も出来ればカットしたいでしょう。

そして、最後にメインのサイトへアップしましょう。

 

  • Relive 3Dデータを加工する
  • Relive 3Dデータを登山ログサイトなどにアップする

 

順を追って行えば誰でも作成できますので頑張りましょう!