お伊勢参り|1日で10の御朱印を巡れるか?|伊勢神宮7社+3

isejingu10 旅のエビデンス

ご注意

この記事では伊勢神宮および周辺の神社を効率的に巡るルートを主眼に、必要最低限の情報だけを載せています。各社の細かい内容は個別記事をご覧下さい。

 

恐らく、お伊勢参りを考える方々は多くいらっしゃいますが、わたしと同じように家から遠いという理由から二の足を踏んでいる方も少なくないでしょう。昔は『一生に一度』と言われたお伊勢参り。交通が発達した現代でも、その感覚は似ているのかもしれません。

 

一生に一度になるかもしれない、せっかくのお伊勢参り。御朱印を趣味にしているなら、出来るだけ多くの場所を巡りたいのが心情です。

 

そこで、所要時間も含めたわたしが1日で巡った順路と時間を詳しくお伝えします。

 

御朱印巡りはスタンプラリーじゃない!っというお叱りはごもっともです。しかし、遠方から来る、時間の無い人たちも居ることをご理解頂き、本内容を甘受して下されば幸いです。

 

この内容と所要時間をトレースすれば、無理なく1日で回り切れますよ!

お伊勢参り(伊勢神宮)へ行こうと思ったきっかけ

御朱印を集めたいと『ふと』思い立ったのがきっかけでした。

 

御朱印に興味を持っている方は多いのではないでしょうか?

少し前に話題となり、結構周りにも御朱印集めを趣味にしている方も見受けられます。

 

Amazon kindleを購入したことで、実は無料の書籍が豊富にあることを知り、神様の勉強をしようと「古事記」を読んだり、仏様とは?という疑問から「般若心経」という書籍を読んだ経験があります。

 

この頃から、神社仏閣を巡る旅も良いな。と、漠然に考えていましたが、なかなか重い腰が上がりません。格の高い神社仏閣は、関西地方に多く、私が住む地域からはとても遠かったのです。

関西寄りの伊勢神宮についても同じでした。

 

しかし、せっかく御朱印集めを開始するなら、やはり最初は「伊勢神宮」の御朱印を頂きたいと考えると思います。

 

今回、スケジュールの関係で所要時間と睨めっこしながら、1日で御朱印を10授かることになりましたが、御朱印は、神社に直接参拝に訪れて、神様との縁を結んだ証のようなものです。急ぎ足でご参拝することになっても、礼を尽くした参拝をすることを心掛けました

 

もし、同じように訪れる方がいたら「御朱印だけ頂きたい」という気持ちではなく、きちんとご参拝の都度、神様へご挨拶をして下さい。

 

鳥居の前での一礼、参拝の礼儀、神様に失礼のないご参拝をしましょう!

 

お伊勢参りと御朱印を頂いた実際の順序(まとめ)

外宮3

  • 時期=初春の平日
  • 方法=車
  • 所要時間=約8時間

 

先ず前提として、『車』を利用するということです。

現地までの移動方法は各々の事情があるため、自家用車で移動する意外の場合は、現地でレンタカーを借りる想定で考えて頂ければと思います。

 

全ルートまとめ
時刻 場所 御朱印 住所/距離 滞在/移動
8:00 二見興玉神社

ふたみおきたま

竜宮社

りゅうぐうしゃ

 

※〇

伊勢市二見町江575 30分
8:30 移動 車 9.2km~11.7km 20分
8:50 伊勢神宮(外宮)

げくう

伊勢市豊川町279 60分
9:50 移動 徒歩 600m 10分
10:00 月夜見宮

つきよみのみや

伊勢市宮後1-3-19 20分
10:20 移動 徒歩 800m 10分
10:30 移動 車 4.6km 15分
10:45 伊勢神宮(内宮)

ないくう

伊勢市宇治館町1 60分
11:45 昼食&お土産散策 おかげ横丁 45分
12:30 移動 車 1.3km 10分
12:40 猿田彦神社

さるたひこ

佐瑠女神社

さるめ

 

伊勢市宇治浦田2-1-10 20分
13:00 移動 車 1.3km 10分
13:10 月讀宮

つきよみのみや

伊勢市中村町742-1 20分
13:30 移動 車 1.3km 10分
13:40 倭姫宮

やまとひめのみや

伊勢市楠部町5 20分
14:00 移動 車 18.0km 30分
14:30 伊雑宮

いざわのみや

志摩市磯部町上之郷374 20分
14:50 移動 車 53.6km 55分
15:45 瀧原宮

たきはらのみや

大紀町滝原872 20分
16:05 全行程終了

※二見興玉神社の竜宮社は9:00から社務所が開く

 

実際の時間は多少前後します。

チェックポイントを以下に一覧化しました。

時間を1時間遅くするか、二見興玉神社を最後に巡ることで御朱印をもう一つ増やせます。

わたしは、正式参拝に従い、二見興玉神社を最初に巡ったため竜宮社の御朱印は頂けませんでした

 

  • 二見興玉神社では9時を過ぎれば『竜宮社』の御朱印も頂ける
  • 正式には外宮参拝前に猿田彦神社の参拝を先に済ます
  • 外宮は駐車場を含め人が少ないので以外と早く回れる
  • 内宮への移動時間は駐車場の待ち時間で大幅に変わる
  • 猿田彦神社の駐車場は正面を向いて『右側』
  • 佐瑠女神社の御朱印は猿田彦神社と同じ場所で頂ける
  • 月讀宮は入口が二か所あるが双方ともに駐車可能
  • 倭姫宮は駐車スペースが少ないが待てば空く
  • 瀧原宮への移動は途中から有料道路を使用する
  • 最後の瀧原宮の参道は意外と長く注意が必要(体力温存)
  • 20分の滞在時間はほとんど必要ない
  • 駐車料金が必要なのは内宮のみ

 

1日で授かった御朱印

全て同じ日付でしょ?(平成31年2月22日)

 

皇大神宮(伊勢神宮内宮)

isejingu_naikuu_gosyuin

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)

isejingu_gekuu_gosyuin

月夜見宮(外宮別宮)

tukiyomi1_gosyuin

月讀宮(内宮別宮)

tukiyomi2_gosyuin

倭姫宮(内宮別宮)

yamatohimenomiya_gosyuin

伊雑宮(内宮別宮)

izawanomiya_gosyuin

瀧原宮(内宮別宮)

takiharamiya_gosyuin

二見輿玉神社

hutami_gosyuin

猿田彦神社

sarutahiko_gosyuin

佐瑠女神社(猿田彦神社内)

sarume_gosyuin

 

伝統的な(正しい)参拝方法と本順序の相違点

内宮2

現在では参拝の順路はあまりこだわらなくなっているようですが、一生に一度、せっかくお伊勢参りに来たのですから、出来るだけ伝統的な順序を踏襲したいですね。

 

わたしが行った参拝ルートは、出来るだけ伝統的な参拝順序に沿った内容で進めるよう熟考したつもりですが、もし、更なるこだわりがあれば、正式な参拝順序へ修正して満足の行くご参拝を行って下さい。

先ずは『浜参宮』で二見興玉神社

昔は『伊勢神宮』に参拝する前や祭典に奉仕する前に、二見興玉神社がある二見浦でみそぎを行うのが習わしだったそうです。二見浦で沐浴を行うことで、全身の穢れを落とし、清い体で伊勢神宮に参拝するのが正式な参拝手順ですが、現在では、祓い清めの儀式を受けてから『伊勢神宮』へ向かうということです(式年遷宮のお木曳行事など)。

 

普通の参拝客がそこまで行うことも出来ませんので、夫婦岩が見える遥拝所の『輪注連縄』でお清めをしましょう。

『外宮先祭』伝統の順序従い伊勢神宮外宮へ

天照大御神自身が『祭りの際は豊受の神から先に詣でなさい』と言われたことから、外宮から先に参拝することが習わしになっています(諸説ある)。

二見興玉神社から伊勢神宮外宮へ行きましょう。

 

但し、その間に『猿田彦神社』へ参拝するという言われもあります。気にする方は間に『猿田彦神社』へ参拝しても構わないでしょう。

「片参り」は縁起が悪い

外宮または内宮だけをお参りする。別宮だけを参拝する(正宮のみは問題ない)。という片参りは縁起が悪いと言われています。

今回のルートであれば問題ありません

正宮を参拝してから別宮

別宮には内宮と外宮それぞれの別宮があります。

このルートでは、外宮の正宮を参拝した後に『月夜見宮』へ参拝しますが、外宮の別宮であるため問題はありません

 

その他別宮については、全て内宮参拝後に行くルートになっています。

外宮から内宮へは寄り道しないで行く

このような古くからのしきたりもあるようです。

外宮から内宮への車移動時には寄り道していませんが、『月夜見宮』は寄り道では?と気にする人は順番を変えましょう。

月夜見宮は外宮の別宮なので問題ないはずです。

 

お伊勢参りと御朱印を頂いた実際の順番(詳細)

この順番をトレースしたい人向けに書きました。

ナビの設定住所とクリックすればgoogleマップで確認できるようにリンクを貼っています。

また、注意点やポイントも記載していますので参考にして下さい。

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

二見輿玉神社2

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)

一番近い『無料』駐車場は『二見浦公園無料駐車場』です。ここを起点で順序を作成します。

時期や時間によっては大変混み合うので、満車の場合は少し待つか有料駐車場を選びましょう。

日の出が夫婦岩と重なる5月~7月は、早朝でも混雑が予想されますので注意です。

 

次に近い『無料』駐車場は『神社参拝正式駐車場』となります。

その他駐車場

伊勢シーパラダイスの有料駐車場を利用することも可能ですが、営業時間が9:00~17:30となるため、早朝からの利用には不向きです。

メリットとしては、9:00から社務所が開く「竜宮社」の御朱印も頂けること。

 

裏技として、道路を挟んだ反対側に「公衆トイレ」があり、そこには10台程度の駐車スペースがあるので、朝早い時間で短時間に参拝を済ます前提なら駐車も可能かもしれませんが、「苦情」を受けたという投稿もあるため避けた方がが無難でしょう。

 

また、伊勢シーパラダイス側からの参拝ルートは、竜宮社側からなので「裏側」からの参拝ルートとなります。気にする方は「二見浦公園無料駐車場」をおすすめします。

 

  • 絶対!「無料駐車場」を探したい方は徒歩10~15分ほど離れれば複数あります
  • 絶対!「歩きたくない!」人は9:00以降に伊勢シーパラダイスの駐車場を
  • 絶対!「ぼったくり」には合わないように気を付けましょう(多いです)
この時点での目標時刻
  • 到着=午前8時00分
  • 出発=午前8時30分
  • 参拝時間30分
御朱印
  • 本殿横の社務所で授かれます(初穂料300円)
  • 御朱印帳が夫婦岩とカエルを模した表紙で昼と夜のバージョンがあり人気
  • ここで御朱印帳を購入して御朱印を始める場合は注意!最初のページには既に二見興玉神社の御朱印が記帳済。こだわる人は、あらかじめ最初のページが白紙の御朱印帳を用意しましょう

 

見どころ
  • 海(参道が海沿い)
  • 夫婦岩と夫婦岩が見える遥拝所(輪注連縄でお清めをする。200円)
  • 本殿
  • 天の岩戸
  • 竜宮社
  • かえる(所どころに「かえる」の置物があります)
正式な住所
  • 三重県伊勢市二見町江575
御祭神
  • 猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
  • 宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)
  • 綿津見大神(わたつみのおおかみ)=竜宮社
二見興玉神社の詳細はこちらの記事で

 

移動 二見興玉神社⇒伊勢神宮(外宮)

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:20分
  • 到着時刻:8時50分

伊勢神宮(外宮(げくう))

外宮2

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)

火除橋に近いのが第一駐車場になります。正式順序をより近くからアクセスするならこちらがおすすめですが、満車の場合は第二駐車場を目指しましょう。

 

北御門側の駐車場です。火除橋までは若干歩きますが、さほど遠くありません。外宮参拝後、月夜見宮へ徒歩で向かう場合はこちらの方が近いです。

その他駐車場

伊勢神宮の外宮は、内宮に比べて人が少なくとても静かです。余程の繁忙期でない限り、第一駐車場か第二駐車場が利用出来ないことはありません。

仮に満車でも、多少待てば駐車が可能です。

この時点での目標時刻
  • 到着=午前8時50分
  • 出発=午前9時50分
  • 参拝時間60分(恐らく60分は必要ありません)
御朱印
  • 神楽殿で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 古殿地
  • 正宮
  • 三ツ石
  • 別宮:多賀宮(時間があれば多の別宮も参拝)

 

正式な住所
  • 三重県伊勢市豊川町279
御祭神
  • 豊受大御神(とようけのおおみかみ)
伊勢神宮(外宮)の詳細はこちらの記事で

 

移動 伊勢神宮(外宮)⇔月夜見宮

ルート

月夜見宮までは外宮の駐車場より『徒歩』で行くことをおすすめします。

 

 

おすすめの「青いルート」よりも、左側の神路通(かみじどおり)ルートが安全です。

 

 

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩での移動)
目標移動時間
  • 移動時間:20分(往復)+20分(参拝)
  • 到着時刻:10時00分
  • 外宮到着:10時30分

 

月夜見宮(つきよみのみや)

月夜見宮1

月夜見宮へは徒歩での移動となります。

移動時間は余裕を持って10分としていますが、実際は片道5~6分の距離です。

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩での移動)
その他駐車場

駐車場はあり、4台の駐車が可能です。

この時点での目標時刻
  • 到着=午前10時00分
  • 出発=午前10時20分
  • 参拝時間20分
  • 外宮への戻り=午前10時30分(復路徒歩10分)
御朱印
  • 宿衛屋で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 御神木
  • 本殿
正式な住所
  • 三重県伊勢市宮後1丁目3−19
御祭神
  • 月夜見尊(つきよみのみこと)
  • 月夜見尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)
月夜見宮の詳細はこちらの記事で

移動 伊勢神宮(外宮)⇒伊勢神宮(内宮)

ルート

月夜見宮の参拝を終えたら外宮の駐車場へ戻り、いよいよ内宮の移動です。

伊勢神宮外宮から内宮への移動は「寄り道せず」。

なお、内宮A1・A2駐車場は「待つ」覚悟が必要です。

 

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)有料

徒歩5分圏内に無料駐車場はありません。

1時間まで 無 料
1時間~2時間 07:00~17:00の入庫 500円
2時間以降 30分毎に100円加算
目標移動時間
  • 移動時間:15分
  • 到着時刻:10時45分

 

  • 伊勢神宮内宮A1・A2駐車場は、平日でも間違いなく混雑
  • このおすすめルートで行へば駐車場の待ちの最後尾に並べる
  • 左手におかげ横丁の賑わいが見えたら標識に従い右折車線へ(駐車場へ)
  • 平日でも30分程度並ぶことを覚悟

 

伊勢神宮(内宮(ないくう))

内宮1

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)有料

徒歩5分圏内に無料駐車場はありません。

その他の駐車場

こちらの外部サイトに空車情報と駐車場の位置が載っています。

また、近隣には地元の方が運営する駐車場もあります(1,000円~)。

この時点での目標時刻
  • 到着=午前10時45分
  • 出発=午前12時30分(昼食&おかげ横丁散策時間+45分)
  • 参拝時間60分

 

おかげ横丁では本場の「伊勢うどん」を軽く食し、串かまぼこを買って車で食べるのがおすすめです。

御朱印
  • 神楽殿で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 宇治橋
  • 御手洗場(五十鈴川)
  • 瀧祭神
  • 正宮(皇大神宮)
  • 御稲御倉(みしねのみくら)
  • 別宮:荒祭宮(時間があれば多の別宮も参拝)
  • 御厩(みうまや)神馬がとても美しいです

 

正式な住所
  • 三重県伊勢市宇治館町1
御祭神
  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
伊勢神宮(内宮)の詳細はこちらの記事で

 

移動 伊勢神宮(内宮)⇒猿田彦神社(佐瑠女神社)

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:10分
  • 到着時刻:12時40分

 

猿田彦神社(佐瑠女神社)

猿田彦1

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
その他の駐車場

駐車場は比較的広いので平日なら大丈夫です。

万一満車の場合は、近隣の「内宮駐車場」を利用するのも手です。こちらの外部サイトで空車を確認して下さい。

この時点での目標時刻
  • 到着=午後12時40分
  • 出発=午後13時00分
  • 参拝時間20分
御朱印
  • 境内左手の授与所で授かれます(初穂料300円)
  • 猿田彦神社、佐瑠女神社は同じ場所で授かれます
見どころ
  • 本殿
  • 方位石(古殿地の石)
  • 子宝池
  • たから石
  • 佐瑠女神社
正式な住所
  • 三重県伊勢市宇治館町1
御祭神
  • 猿田彦大神(さるたひこおおかみ)
  • 大田命(おおたのみこと)
  • 天宇受売命(あめのうずめのみこと)(佐瑠女神社)
猿田彦神社(佐瑠女神社)の詳細はこちらの記事で

 

移動 猿田彦神社(佐瑠女神社)⇒月讀宮

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:10分
  • 到着時刻:13時10分

 

月讀宮(つきよみのみや)

月讀宮1

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
その他の駐車場

月讀宮は西と東に入口がありますが、どちらにも駐車場は設置してあります。但し、西側の入り口の参道は長いため注意が必要です。

参拝客は多くないため、何れかの駐車場を利用すれば車は停められるでしょう。

この時点での目標時刻
  • 到着=午後13時10分
  • 出発=午後13時30分
  • 参拝時間20分
御朱印
  • 参道途中の宿衛屋で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 月読宮(つきよみのみや)
  • 月読荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)
  • 伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)
  • 伊佐奈弥宮(いざなみのみや)
  • 樹齢800年の楠
  • 葭原神社(あしはらじんじゃ)
正式な住所
  • 三重県伊勢市宇治館町1
御祭神
  • 月読尊(つきよみのみこと)
  • 月讀尊荒御魂(つきよみのみことあらみたま)
  • 伊佐奈岐尊(いざなぎのみこと)天照大神、月読尊、須佐之男命のお父上
  • 伊佐奈弥尊(いざなみのみこと)伊佐奈岐尊(いざなぎのみこと)の妻
月讀宮の詳細はこちらの記事で

 

移動 月讀宮⇒倭姫宮

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:10分
  • 到着時刻:13時40分

 

倭姫宮(やまとひめのみや)

倭姫宮1

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)

倭姫宮(やまとひめのみや)の駐車場は唯一、神宮徴古館側入口の横にある駐車場のみです。

台数は普通車3台と障がい者用の駐車場が1台の計4台のみ

平日であれば、横で少し待てば空きが出ます。

 

駐車場事情が非常に悪いことを念頭に置いて下さい。

その他の駐車場

神宮徴古館の駐車場を使用する他は無いでしょう。

この時点での目標時刻
  • 到着=午後13時40分
  • 出発=午後14時00分
  • 参拝時間20分
御朱印
  • 参道途中の宿衛屋で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 倭姫宮(やまとひめのみや)
正式な住所
  • 三重県伊勢市楠部町5
御祭神
  • 倭姫命(やまとひめのみこと)
倭姫宮の詳細はこちらの記事で

 

移動 倭姫宮⇒伊雑宮

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:30分
  • 到着時刻:14時30分
途中から曲がりくねった道が多いので注意が必要

伊雑宮(いざわのみや)

伊雑宮1

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
その他の駐車場

無料駐車場はトイレ付で台数も十分確保されています。

周辺に有料駐車場はありません。

この時点での目標時刻
  • 到着=午後14時30分
  • 出発=午後14時50分
  • 参拝時間20分
御朱印
  • 参道途中の宿衛屋で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 伊雑宮(いざわのみや)
  • 巾着楠(きんちゃくくすのき)
正式な住所
  • 三重県志摩市磯部町上之郷374
御祭神
  • 天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)
伊雑宮の詳細はこちらの記事で

 

移動 伊雑宮⇒瀧原宮

ルート

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
目標移動時間
  • 移動時間:55分
  • 到着時刻:15時45分
距離は長いですが、高速道路ですいすい行けます

 

瀧原宮(たきはらのみや)

瀧原宮3

『ナビ設定』おすすめの行先(徒歩5分以内の無料駐車場)
その他の駐車場

ナビ設定の駐車場は、熊野街道を「道の駅 奥伊勢」へ入った場所にあります。熊野街道を左折すると大きな鳥居があるので直ぐに分かります。

実はこの駐車場を通り過ぎ、そのまま瀧原宮へ向かい、突き当りを右折すると瀧原宮参道入口手前にも駐車場があります。台数は7~8台程度ですが、平日の場合は確認してみる価値はあります。

 

なお、御朱印を頂ける別宮では最も遠いため、参拝客は少ないので駐車場の心配はありません。

この時点での目標時刻
  • 到着=午後15時45分
  • 出発=午後16時05分(終了。お疲れさまでした!)
  • 参拝時間20分
御朱印
  • 参道途中の宿衛屋で授かれます(初穂料300円)
見どころ
  • 瀧原宮( たきはらのみや)
  • 瀧原宮竝宮(たきはらのならびのみや)
  • 若宮神社(わかみやじんじや)
  • 長由介神社(ながゆけじんじゃ)
  • ねじり杉(ゼロ磁場)
正式な住所
  • 三重県志摩市磯部町上之郷374
御祭神
  • 瀧原宮(たきはらのみや)=天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)
  • 瀧原並宮(たきはらならびのみや)=天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)
瀧原宮の詳細はこちらの記事で

 

 

以上、なるべく分かりやすく書いたつもりですが、至らぬ点があればご容赦下さい。

安全運転で良い旅を!

 

前泊など1泊する場合の宿探し

宿の選択については、旅の目的で大きく変わってきます。

一概に「良い」宿をご紹介するよりも、目的に合わせた宿探しを行うべきなので特定の宿は取り上げません。

 

ちなみに、お伊勢参りの正式な順序では起点となる二見興玉神社が鎮座する「二見浦」周辺。

以下の通り、5~10分以内で参拝可能な範囲に7件もの宿泊施設があります。

 

  • お伊勢参りの中心でなるべく安く納めたい
  • せっかくなので美味しいものも食べたい
  • できるだけ綺麗な宿に泊まりたい

 

目的は様々ですよね。

せっかくのなので宿の簡単な調べ方も書いておきますね。

 

hutami_hotel

 

 

試しに2019年4月6日(土)一泊で、二見興玉神社に一番近い「大石屋」で検索

CMで良く見るトリバゴで検索してみました。結果は…

 

  • 最安値=一休.com
  • 価格=2名で38,000円
  • 満足度=8.5(10点満点)

 

トリバゴからは最安値をクリックすると、一休.comへ直接移動し予約が出来るという流れです。

豊富な写真を見ると、改装したばかりなのか部屋は綺麗で二見浦が一望出来る部屋と温泉。

料理も結構良さそうなのが良くわかります。

 

あっ!わたしは決してこの宿の回し者ではありませんよ。

こんな感じで検索すれば、近隣の宿も同時に確認でき、ネットにある最安値情報と共に掲載されますので、宿探しの手間が省けるという情報でした。

使える宿の検索サイト

 

諏訪大社4社巡りなら日帰りも可能!