おしゃれでおすすめなテレビ台選びで最も重要な情報を忘れていませんか?

TV bord IC テレビおすすめ情報
基礎知識①
テレビおすすめ情報

液晶テレビ有機ELテレビの大型化に伴い、既存のテレビ台ではスペック不足になる場合があります。

また、画面の大きさに合わせた選択により、部屋のインテリア感を向上することも可能でしょう。

ここでは、新しい 液晶テレビ有機ELテレビ 用にテレビ台の買換えを行う際に必要なコツを伝授致します。

 

もちろん、おしゃれでおすすめの商品も厳選し参考にしました。

 

テレビ台で最も重要なのこと(おしゃれでもおすすめでも無い)

62

 

テレビ台選びで最も重要な基礎知識
  • テレビ台・テレビスタンド・壁掛け金具の「耐荷重」
  • テレビ台の「幅」と「奥行」

 

いくらおすすめのおしゃれなテレビ台でも、テレビの重さに耐えられないテレビ台は論外。

価格だけで間違った選択を行うと台が崩壊しテレビを壊してしまいます。

また、「幅」と「奥行」をテレビの脚以上の大きさにしなければ、肝心のテレビが設置できません。

更に危険防止策として、きちんと安定感のある製品を選ぶべきです。

耐荷重に問題が無く、テレビ落下の安全対策を行っても、テレビ台自体が不安定であれば地震の際にはテレビ台ごと転倒する可能性があります。

 

POINT
  • 最も重要なのが「耐荷重」
  • 災害に備え「幅」と「奥行」に安定感がある物を選ぶ

インテリアとテレビの大きさや部屋とのバランスを考えたテレビ台選定

 

部屋のインテリアに拘る人は、特に注意しなければいけないのが「安全性」です。

ネット通販ではオシャレなテレビ台が沢山検索出来ますが、いくらおすすめの商品でも、機能性を無視すると後で後悔することになります。

 

昔のブラウン管テレビで使用していたテレビ台

実は私の家では「Sony VEGA 32型」で使用していたテレビ台を未だに流用しています。

そのため、テレビの買換えで重視する部分がテレビの「脚」なのですが、そこは個人の都合なので割愛。

古いテレビ台が本当に流用出来るのでしょうか?

テレビ画面は55型なのでブラウン管の32型とは比較にならない幅ですが、しっかり安定しています。

その理由は、奥行の長さと70kgを超えるブラウン管テレビ用に設計された「耐加重性能」にあり。

インテリア性を無視すればテレビ台の出費が抑えられるという一例となりますね。

家の設計上、ブラウン管用に奥行きがある台でも壁の凹んだ部分にスッポリ入るため、画面は壁にピッタリ納まります。

しかし、一般家庭ではどうしてもテレビ台の奥行分、テレビ画面が全面に出るのでおすすめ出来ません。

 

薄型の大型テレビに合うテレビ台の幅

これはもちろん、テレビ画面よりも大きい幅のテレビ台となります。

そして、最近のテレビ台ではその幅によって適合する画面サイズを推奨しています。

しかし、最も重要な「耐荷重」を満足し、地震でも安定する「奥行」が確保されていれば拘る必要はありません。

 

部屋の広さとのバランス

広い部屋の小さいテレビとテレビ台ではしっくり来ません。

やはり大型画面とその大きさを超えるテレビ台があってこそ重厚感が産まれます。

画一的に考えるのではなく、その他の家具と相性が良い組合せも同時に考慮すべきでしょう。

おしゃれに見せる部屋の広さとテレビ おすすめのイメージ戦略

Let's_start_climbing005

 

テレビを実際に部屋へ設置したイメージを持たないと良い買い物は出来ません。

最近のテレビの大きさと、テレビ台との設置イメージを検証しましょう。

 

テレビのサイズ

各メーカーが有機ELテレビを押す傾向にある昨今。

パネル枠の薄型化に伴い、テレビ画面の大きさとテレビ本体の大きさに開きが無くなってきました。

テレビの脚を含めたテレビの大きさと重量について確認してみます。

 

テレビのサイズ本体幅高さ奥行総重量
85型1,9101,18041549kg
75型1,6801,04038040kg
65型1,47091034025kg~48kg
55型1,25080034020kg~38kg
※75型以上はSony製品のみ。データはTOSHIBA、Panasonic、Sonyの最新機種
※幅×高さ×奥行は「mm」
※高さと奥行は「脚を含める」

 

55型と65型については、 液晶テレビ有機ELテレビ が混在するため重量の幅が大きくなっています。

寸法については、新製品の大半がこの数値以内に納まります。

 

部屋の広さに当てはめてみる

部屋にテレビを置いたイメージを図解し、おしゃれ度とおすすめ度を客観的に画面サイズ毎比較します。

 

畳1.5畳分の設置幅

先ず、畳の幅で換算して1.5畳分の設置幅を見て見ましょう。

6畳間~8畳間に多い設置幅です。

 

テレビ台

180cm以上を選択すれば、概ね問題なく使用可能です。

但し、注意点として「有機ELテレビ」を購入する際は「重量」をしっかり確認して下さい。

TOSHIBAの一部機種では65型で47.5kgもあるため、今後のモデルチェンジや大型化などで50kgを超える可能性もあります。

 

評価項目55型65型75型85型
耐荷重性(50kg超)
幅(1800mm超)
奥行(420mm超)
インテリア性
部屋とのバランス

 

1.5畳幅で台設置1

 

テレビスタンド

壁掛けに抵抗がある人や設置スペースを気にする人に最近人気なのが「スタンドタイプ」です。

耐荷重が40kg以下の製品が多いので、購入するテレビとの相性をきちんと比較しましょう。

75型までは耐荷重に注意すれば概ね部屋のサイズにマッチします。

 

評価項目55型65型75型85型
耐荷重性(40kg超)適用無
幅(耐震)適用無
奥行(耐震)適用無
インテリア性適用無
部屋とのバランス適用無

 

1.5畳幅で台設置2

 

畳2.0畳分の設置幅

畳2.0畳分の設置幅は8畳間の1辺と同様の幅となり、12畳以上のリビングでは最も短い幅の場所となることが多いです。

一方で、長手方向を見れば5m以上の幅も確保できるため、270cm以上のテレビ台がマッチします。

 

テレビ台

270cm以上を選択すれば、どのテレビでも違和感なく設置可能。

但し、180cmのテレビ台同様に、注意点として「有機ELテレビ」を購入する際は「重量」をしっかり確認して下さい。

 

評価項目55型65型75型85型
耐荷重性(50kg超)
幅(1800mm超)
奥行(420mm超)
インテリア性
部屋とのバランス

 

2.0畳幅で台設置1

 

テレビスタンド

設置スペースが広くなればなる程、バランスに気を付ける必要があります。

シンプルな分、何も無い場所に設置する際は寂しくならないように工夫しましょう。

注意事項は1.5畳幅と同じで、耐荷重40kg以下、75型までのバリエーションです。

 

評価項目55型65型75型85型
耐荷重性(40kg超)適用無
幅(耐震)適用無
奥行(耐震)適用無
インテリア性適用無
部屋とのバランス適用無

 

2.0畳幅で台設置3

参考にしたおしゃれでおすすめの商品

PDC-17

 

今回、図解する際、参考にした商品をご紹介致します。

機能性、デザイン(おしゃれ)、インテリア性から最も良かった(おすすめ)と思う商品なので、テレビ買い替えの際には皆さんも一見する価値はありますよ!

 

テレビ台

今回、楽天市場のBAROCCA(バロッカ)という店舗の製品を参考にしました。

色々と見て回りましたが、この店舗が最もオシャレで実用的なテレビ台を販売しています。

幅180cmのテレビ台

例えば、こちらのBAROCCA(バロッカ)というテレビ台ですが、耐荷重50kgと十分な性能を備えていますが、デザインも良く色も選べます。

嬉しいのは「完成品」で納品される所です。細かい工夫もあり、完成品のため送料が高いのにかなりのヒット商品であることも頷けます。

 

幅1800mmタイプ

 

\1800mmサイズを探す/

 

高級な無垢の幅1800mmタイプ

 

\無垢の1800mmサイズを探す/

 

幅270cm以上のテレビ台

気になるのは同じシリーズでもっと幅の広い製品があるのか?

バリエーション展開は次の通りです。

 

CHECK
  • 120cm
  • 140cm
  • 180cm
  • 200cm
  • 240cm
  • 280cm
  • 330cm

 

これならどんな部屋でもサイズ選びには困りそうにありません。

280cmの内容は以下のリンクを覗いて下さい。

 

幅2800mmタイプ

 

\2800mmサイズを探す/

 

バロッカのサイトで色々探してみる!

テレビスタンド

テレビスタンドと言えば、2017年に GOOD DESIGNを受賞 した「EQUALS」です。

EQUALSの名前より、単に「WALL」で探す人が多い商品ですね。

 

equals1

 

equals2

 

60型まで対応している製品

 

「V2」というベストセラーモデルがこれにあたります。テレビ台と比較して安いのに、送料も無料なんですね!

ちなみに、ロータイプとハイタイプの2種類ありますが、ソファーに座りながら視聴するなら、1万円台のロータイプで十分でしょう。

 

ハイタイプはこちら。

 

 

70型まで対応している製品

 

「V3」という最上位モデルがこちらにあたります。

60型以上のテレビ(但し40kg以下)を設置するならこちらを選んで下さい。

 

ハイタイプはこちらです。

 

 

皆さんの参考となれば幸いです。