Amazonブラックフライデーセールをもっと「お得」にする方法はこちら!

HDD【SHARP】シャープアクオスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク

この記事では、シャープのアクオスに対応する録画用の外付けハードディスクのおすすめ商品を紹介します。

テレビを買ったけど録画機器選びでこんな疑問や悩みがありませんか?

  • 外付けハードディスクでも録画可能なの?
  • 対応するハードディスクがどれか分からない
  • 適合するハードディスクを調べるのが面倒
  • 容量(GB)はどれを選ぶべき?
  • 信頼性の高いハードディスクはどれ?

そんなアクオス対応外付けハードディスク選びの疑問を解決します!

テレビ録画用外付けハードディスク選びで時間をかけてはもったいない。

この記事では、HDDの質にこだわる「ハイエンド機」と、コスパ優先の「エントリー機」に分けておすすめHDD情報をご紹介します!

もちろん、シャープアクオスに使用できるHDDの中から「堅牢製の高いHDD」を選んでいるのでご安心下さい。

それでは、最新の「HDD【SHARP】シャープアクオスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」について書きます。

solution_article

【この記事で解決すること】

  • AQUOS対応外付けハードディスクの最新情報
  • 所有のAQUOSに使えるおすすめの外付けHDD
  • 外付けハードディスクの基礎知識
  • コスパの良い安いHDDが欲しい
  • 高くても安心度が高いHDDが欲しい
この記事の著者
nigaoemaker(普通2)

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Click to Contents!!

シャープアクオス
HDD適合確認機種おすすめ録画用HDD

記事内で紹介しているシャープアクオスに合致するテレビ録画用ハードディスクは、下記のテレビについて適合の推奨を確認しています。

シャープ(アクオス)推奨確認機種

2021-2022モデル

  • DS1(4K有機EL&通常録画)
  • DQ1(4K有機EL&通常録画)
  • DQ2(4K有機EL&通常録画)
  • DX1(8KminiLED&通常録画)
  • DW1(8K液晶&通常録画)
  • DP1(4KminiLED&通常録画)
  • DN1/DN2(4K液晶&通常録画)
  • DL1(4K液晶&通常録画)
  • DJ1(4K液晶&通常録画)
  • DJ1(4K液晶&通常録画)
  • DH1(4K液晶&通常録画)
  • DE(液晶&通常録画)

2020-2021モデル

  • CQ1(4K有機EL&通常録画)
  • CX1(8K液晶&通常録画)
  • CN1(4K液晶&通常録画)
  • CL1(4K液晶&通常録画)

2019-2020モデル

  • BW1(8K液晶&通常録画)
  • BN1(4K液晶&通常録画
  • BJ1(4K液晶&通常録画)
  • BH1(4K液晶&通常録画)

HDDの質にこだわる人におすすめの
ハイクラス情報おすすめ録画用HDD

順位ブランドシリーズ評価
1位BUFFALOHDV-LLDU3A/N3.31
2位I-O DATAAVHD-WR3.31
3位I-O DATAAVHD-AUTBS3.29
4位BUFFALOHDV-SAMU3-A3.28
5位I-O DATAHDPZ-UT3.17
6位ELECOMELD-QEN23.00
7位SHARP4R-C40B13.00

シャープのテレビ、アクオスに最適な録画用外付けハードディスクの中でも、信頼と実績のある製品トップ7を厳選しました。

アクオス純正ハードディスクの適合性は当たり前。

サードパーティー品は、他社のテレビでも「最高峰」としてご紹介している製品なので、堅牢性・静粛性共に最高品質です。

コスパを含めたトータル性能は間違い無く純正よりもおすすめ!

1位
バッファロー
HDV-LLDU3A/N
おすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • 東芝タイムシフトマシン適応の堅牢性
  • 故障予測機能「みまもり合図 for Android™搭載テレビ&for AV」搭載
  • HDDの録画可能残量が本体で確認可能

1位はバッファロー製HDDの「HDV-LLDU3A/Nシリーズ」をおすすめします!

堅牢性をクリアーする「24時間連続使用」という条件を満たす希少なHDDですが、更に東芝レグザ「タイムシフトマシン」にも対応可能となり信頼性が益々向上しました。

ハイエンドのテレビ録画用外付けHDDとしてお求めやすい価格も魅力。

また、HDD本体に付属するバッファロー独自の故障予測機能「みまもり合図」はシャープアクオスと相性の良い「for Android™搭載テレビ」仕様なので安心感も抜群‼︎

AV機器と親和性の高いデザインのバファロー「HDV-LLDU3A/Nシリーズ」はこだわりのデザインであるアクオスに最適。

シャープアクオスなら4TBまで使用可能なので安心ですね。

容量のバリエーションや詳しい機能は 「バッファロー製HDDおすすめの5製品テレビ録画用外付けハードディスク比較」でご紹介しています。

2位
アイ・オー・データ
AVHD-WRシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • パナソニック推奨品なので高品質
  • 過酷なレグザのタイムシフトマシンにも適合するので24時間録画もOK
  • サードパーティートップクラスの高性能HDD

アイ・オー・データ「AVHD-WRシリーズ」は、サードパーティ製テレビ録画用外付けHDDで最高品質のハードディスクであり、シャープアクオスに最適なおすすめのHDDです。

録画機能に特化した純正品と比較すると、豊富な安心機能を備える「AVHD-WRシリーズ」はお買い得なハイスペックHDDで満足度は非常に高いでしょう。

絶大なる堅牢性を誇るアイ・オー・データ最高峰のハイエンド録画用ハードディスクなら、大切な録画も安心して任せられます。

なお、「AVHD-WRシリーズ」は最大4TBまで最新のシャープアクオスでも録画可能!

詳細情報は「アイ・オー・データ製 HDDおすすめ5製品 テレビ録画用外付けハードディスク比較」をご覧下さい♪

3位
アイ・オー・データ
AVHD-AUTBSシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • 24時間録画対応のパナソニック推奨品
  • 4TBの大容量も使用可能
  • 寝室でも気にならない!静音性が進化

AVHD-AUTBSシリーズ」は大好評のアイ・オー・データ AVHD-AUTBシリーズの後継モデルで、「AVHD-WRシリーズ」が発売される前までは最高峰のHDDでした。

前モデルでも作動音は十分静かでしたが、更に磨きをかけ、寝室でも使用可能な最高レベルの静音性へ進化!

嬉しいことに、前モデルを踏襲するデザイン性の良さはそのままだから、シャープアクオスにはデザイン融合製で最適なハードディスク。

パナソニック推奨/24時間録画対応/タイムシフトマシン対応など、堅牢性も一級品です。

シャープアクオスの最新機種まで、安定の4TBまで使用可能!

容量バリエーションなどの細かい情報は「アイ・オー・データ製 HDDおすすめ5製品 テレビ録画用外付けハードディスク比較」の記事で解説しています。

4位
バッファロー
HDV-SAMU3-A シリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • 東芝タイムシフトマシン適応の堅牢性
  • 故障予測機能「みまもり合図 for Android™搭載テレビ&for AV」搭載
  • HDDの録画可能残量が本体で確認可能

テレビ録画用外付けハードディスクの堅牢性を評価する基準は大きく二つあります。

「①24時間連続使用」「②東芝タイムシフトマシン適応」という二つの基準を兼ね備えたのが バッファロー 「HDV-SAMU3-Aシリーズ」。

また、Android TV(現Google TV)であるシャープアクオスと相性の良い、故障予測機能「みまもり合図 for Android™搭載テレビ」が搭載され安心感もアップし嬉しいですね!

更に、珍しい機能としてHDD本体で録画可能時間の残量が確認できる機能もあります。但し、シャープアクオスには非対応機種が多いのであまり期待しない方が良いでしょう。

肝心の録画機能は最新機種まで最大の4TBが使用可能です。

バッファロー「HDV-SAMU3-Aシリーズ」の詳しい内容は関連記事で是非ご確認下さい。

関連記事≫「バッファロー製HDDおすすめの5製品テレビ録画用外付けハードディスク比較

5位
アイ・オー・データ
HDPZ-UTシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • 「静かeco録」静音・省エネ・超コンパクト
  • 使用できなかった場合の「返金保証」
  • コンセント不要(USB給電)

HDPZ-UTシリーズ」は少し毛色の違うテレビ録画用外付けハードディスクですが、価格も安定してきたのでランクアップ!

徹底的にこだわった「静音対策」と電源が不要な「USB給電方式」がとても便利。しかも4TBの大容量まで対応するのでメインのHDDとしてはもちろんのこと、寝室などプラーベートルームでの使用にも最適。

静かな環境を整えたい寝室ではHDDの駆動音も騒音です。また、寝室のコンセント数は限られているので電源不要のUSB給電方式は有難いでしょう。

しかも、万一適合テレビで使用出来なくても「1ケ月以内」なら返金保証が適用可能!

評判がうなぎ上りのHDD「HDPZ-UTシリーズ」を是非一度ご検討下さい。

関連記事≫「アイ・オー・データ製 HDDおすすめ5製品 テレビ録画用外付けハードディスク比較

6位
エレコム
ELD-QEN2シリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • ダブルデッキエアフロー空冷構造で徹底した放熱性能
  • 盗難防止に役立つセキュリティスロット
  • 縦置きに対応

5位はエレコムの「ELD-QEN2シリーズ」がランクイン。

残念ながら「24時間録画」「東芝タイムシフトマシン」には非対応ですが、そこはエレコム。徹底した放熱性能で耐久性をリカバリーしています。

また、ハイエンド機には珍しく「縦置き」にも対応するので置き場所を選ばないところも嬉しいポイント。

ELD-QEN2シリーズ」本当のセールスポイントは「SeeQVault対応」に対応していることですが、シャープアクオスのほとんどの機種で非対応なので注意しましょう。

細かい情報は「エレコム&Seagate製HDD おすすめの6製品テレビ録画用外付けハードディスク比較」でチェックして下さい。

7位
シャープアクオス専用
4R-C40B1おすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • シャープアクオス専用品なので安心

どんなに良いサードパーティー製ハードディスクでも、「純正」の二文字には勝てません

いや、実際は品質とか堅牢性とか、そんなに差が付くものではありませんが…。

しかし、メーカーとして自社製品に特化して開発?(発注?)したのですから、相性は最も優れているはずです。

その分価格が高いのは当然!

たとえ中身が普通のハードディスクメーカーであっても「純正」だから安心。

こだわりを持ってアクオス純正品を選びたい人は、シャープアクオス専用 4R-C40B1以外の選択肢はありません。

コストにこだわる
シャープアクオスにおすすめのHDD情報おすすめ録画用HDD

順位ブランドシリーズ評価
1位BUFFALOHD-LE-B3.33
3位I-O DATAEX-HDAZ-UTL3.31
5位ELECOMELD-WTV3.30
6位ELECOMELD-FTV3.30
7位ELECOMELD-GTV3.21
8位ELECOMSGD-MY3.20

シャープアクオスというテレビは、録画用外付けハードディスクの「質」を選ぶテレビです。ハッキリ言って、一部のメーカーでは適合品が少ないので、良いHDDを選別するのも一苦労。

そんな気の難しいシャープアクオスにおすすめできる、安くて丈夫なHDDを厳選しました!

1位
バッファロー
HD-LE-Bおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • タイムシフトマシンにも対応する耐久性
  • 8TBまで選択可能
  • AVアワード「VGP」入賞HDDの後継機

もはや鉄板とも言える大人気のHDD、バッファロー「HD-LE-Bシリーズ」を1位でおすすめします。

低価格HDDなのにオーディオビジュアル評価で有名なVGPを受賞したHD-LE-Aシリーズの後継機種ですが、通常録画にしか対応していなかったことが残念ポイントでした。

しかし、東芝レグザ「タイムシフトマシン」適合となり、耐久性の裏付けも加わって高評価HDDに!

シャープアクオスでは残念ながら最大4TBの縛りがあるものの、手頃な価格はもちろんのこと、どこのネットショップでも購入可能なのが地味に嬉しいところですね。

なお、「HD-LE-Bシリーズ」の最新アクオスへの適合情報はもう暫く待つ必要がありますが、2020-2021モデルまでは問題なく使用可能です。

その他、バッファローのテレビ録画用外付けHDDは「バッファロー製HDDおすすめの5製品テレビ録画用外付けハードディスク比較」でご紹介しています。

2位
アイ・オー・データ
EX-HDAZ-UTLシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • クラス最高水準の小型サイズ
  • 信頼の日本製
  • 4TBまで選択可能(5TB以上はAQUOS側非対応)

3位は耐久性の裏付けは乏しいものの、低価格、バリエーション、購入のしやすさでアイ・オー・データ「EX-HDAZ-UTLシリーズ」がランクイン。

小型で場所を取らないので、2台目や3台目の追加購入で手軽に使ってみたい方には最適なHDDです。

ECサイトでは「価格」「在庫」ともに安定しており、いつでも購入可能なHDD。

先ずは「EX-HDAZ-UTLシリーズ」の最新価格をチェックしましょう♪

シャープアクオスでは、一部の機種を除き最大4TBまで使用可能です。

容量バリエーションなどの細かい情報は「アイ・オー・データ製 HDDおすすめ5製品 テレビ録画用外付けハードディスク比較」の記事で解説しています。

3位
エレコム
ELD-WTVシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • Western Digital製ドライブ
  • レグザタイムシフトマシン対応の耐久性
  • エレコム安心サポート(2年保証)

3位はエレコム「ELD-WTVシリーズ」ですが、内容的には1位でもOKなおすすめのハードディスクです。

こだわる人に有名な「Western Digital製ドライブ」を使用しており、耐久性が抜群なのにお求めやすい価格が魅力のHDD。

置き場所を選ばないコンパクトな仕様はELECOMらしい作りで、シンプルながら東芝レグザのタイムシフトマシンにも対応する耐久性。

安くて頑丈、更にシンプルでリーズナブルなHDDをお探しの方、更には追加購入に最適なおすすめの機種です。

シャープアクオスの新機種の対応情報はもう暫くかかりそうですが、2020-2021モデルまでは最大の4TBが使用可能。

容量バリエーションなどの細かい情報は「エレコム&Seagate製HDD おすすめの6製品テレビ録画用外付けハードディスク比較」の記事で解説しています。

4位
エレコム
ELD-FTVシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.2(Gen1)/USB3.1(Gen1)/USB3.0/USB2.0
  • レグザタイムシフトマシン対応の耐久性
  • 縦置きに対応

4位も同じくエレコムですが、「ELD-FTVシリーズ」も1位でもOKなHDDなのでおすすめ。

こちらも東芝レグザのタイムシフトマシンに対応できる耐久性が明言されているので、普段使い程度なら安心のHDDであることは間違いありません。

更に2020-2021モデルのほとんどのアクオスで6TBが使用可能で、シャープアクオス対応のHDDとしては最大の容量で使用できます。

なお、最新のアクオスへの対応情報はもう暫く待ちましょう。

エレコムが好みで、「ELD-WTVシリーズ」では容量が足りない人にはおすすめのハードディスクです。

関連記事≫「エレコム&Seagate製HDD おすすめの6製品テレビ録画用外付けハードディスク比較

5位
エレコム
ELD-GTVシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.2(Gen1)/USB3.1(Gen1)/USB3.0/USB2.0
  • レグザタイムシフトマシン対応の耐久性
  • 縦置きに対応

5位もエレコムの「ELD-GTVシリーズ」をおすすめします。

このHDDも耐久性の指標であるレグザ「タイムシフトマシン」に対応しているので安心。

同じエレコムの「ELD-WTVシリーズ」よりも価格は少し高いですが、デザインが好みなら「ELD-GTVシリーズ」をおすすめします。

容量バリエーションなどの細かい情報は「エレコム&Seagate製HDD おすすめの6製品テレビ録画用外付けハードディスク比較」の記事で解説しています。

6位
エレコム
SGD-MYシリーズおすすめ録画用HDD

チェックポイント
  • 24時間連続記録に対応
  • USB3.2(Gen1)対応
  • 実際に使用した実績から

注釈も無く、最大の6TBまで使用可能とうたっているエレコムSGD-MYシリーズ

ちょっとだけ入手がし難いのと、Segate直販の似た製品のトラブルが多いことが弱点のHDDです。

しかし、エレコムSGD-MYシリーズはSegate製のドライブを使用し、24時間連続使用ができる堅牢性の高い製品。

HDDドライブのメーカーはあまり公表されませんが、 エレコムSGD-MYシリーズ はSegate製であるというのが売りとなっています。

実際に旧品番を使用しましたが、特に問題なく使用できるので耐久性を加味するととてもおすすめのHDDです。

実はSegateは日本法人があり、同じ製品を自社でも直販を行っていますが、24時間連続使用はうたっていません。

エレコムが介することで、受け入れ検査など品質維持にお金をかけているため、Segate直販と比較して値段が高いのがデメリットであり、メリットでもあります。

関連記事≫「エレコム&Seagate製HDD おすすめの6製品テレビ録画用外付けハードディスク比較

テレビ録画用外付けHDD
基礎知識おすすめ録画用HDD

えだまめくん

外付けハードディスクに関する基礎知識について解説します。

外付けハードディスクの基礎データと疑問についておさらいします。

ハードディスクの容量と録画時間(目安)を知りたい

1TB=1000GB

HDD容量地上
デジタル
BS/CS
デジタル
BS4K
CS4K
1TB約124時間約88時間約64時間
2TB約249時間約176時間約128時間
4TB約498時間約352時間約256時間
8TB約996時間約704時間約512時間
※録画時間は放送の内容や設定条件によって変動します
録画時間に差が出る理由は?

一般的に、地上デジタルはHD(ハイビジョン)放送、BS/CSデジタルはFHD(フルハイビジョン)放送、BS4K/CS4Kは4K放送と画質が良くなるほどデータを沢山使用するからです。

HD、FHD、4Kって何?

表現できる解像度の違いで基本の画素数で表します。ハイビジョンは1280×720、フルハイビジョンは1920×1080、4Kは3840×2160。画素数が多いほど綺麗な映像になりますがその分データ量が多くなります。

外付けハードディスクのメリットとデメリットを知りたい

メリット
  • 録画機能に特化しているので操作が単純
  • お求めやすい価格
  • テレビの隙間に置ける(小型)

外付けハードディスク最大の利点は価格の安さにあります。また、レコーダーと違い機能が録画に特化されているため本体が小さく置き場所に困りません。

デメリット
  • テレビとの相性(適合・対応)がある
  • ほとんどの場合テレビ買い替え時に録画映像を引き継げない

所有のテレビに対応(適合)する外付けハードディスク選びが最も面倒で無駄な時間を要す作業です。この記事ではアクオスの機種ごとに動作確認情報を載せていますので時短にお役立て下さい。

なお、外付けハードディスクはSeeQVaultという規格にテレビとHDDの双方で適合していない場合は、テレビ買い替え時に録画データは引き継げないので注意です。

ハードディスクとテレビの相性って?

デジタル化に伴い、テレビはPC同様にOS(オペレーティングシステム)をベースに動くようになりました。そこに各社独自のシステムを組込むため、使用可能なHDDの容量に制約がかかったり、ソフトの相性が悪い場合は使用出来ないことも少なくありません。

SeeQVaultって何?

これもテレビのデジタル化に合わせ誕生した技術で、著作権を無視したコピーを防ぐための保護技術です。

外付けハードディスク設置で気を付けることは?

外付けHDD設置前の確認事項
  • テレビの近くにコンセントの空きを用意する
  • テレビの録画用USB端子の位置を確認する
  • テレビのUSB端子近くにHDDの置き場所を確保する

外付けハードディスクの多くがコンセントから給電する方式となるので、設置場所近くにコンセントを事前に確保しましょう。

次にテレビ側に外付けハードディスク専用のUSB端子部があるか付属の説明書で確認します。

テレビの多くがUSB端子を2つ以上備えており、録画用にUSB3.0以上の規格に対応した外付けハードディスク専用のUSB端子部(青い端子)が設けられています。

最後に外付けハードディスク付属のUSBケーブルの長さに合わせた場所に設置しましょう。

何でコンセントが必要なの?

USB端子から給電する方法もありますが、100Vコンセントから給電した方が動作が安定するからです。I-O DATAからコンセントレスのハードディスクも最近発売されました。

アイ・オー・データ 外付けHDD USBバスパワー対応 日本製 HDPZ-UT2K

結局自分に合う外付けハードディスクってどれ?

堅牢性や録画の安定性を重視したいんだけど?

この記事で紹介している「ハイスペックモデル」をおすすめします。

コストをなるべく抑えたいんだけど?

この記事で紹介している「エントリーモデル」をおすすめします。

容量はどうやって選べばいいの?

連ドラや4K放送を頻繁に録画する場合や、過去の録画を残しておきたい人は4TB以上の容量を選択しましょう。

頻繁に録画を削除する人や録画回数が短い人は2TBでも十分ですが、余裕のある4TBをおすすめします。

外付けハードディスクのランニングコストは?

一般的な外付けハードディスクの場合、1日10時間使用した場合で1ヶ月最大70円程度の電気代です。(27円/1kwh、最大消費電力で計算)。

テレビ録画用外付けHDD
売れ筋ランキングもチェック!おすすめ録画用HDD

シャープ・アクオスにおすすめできる厳選したテレビ録画用外付けハードディスクは以上ですが、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の売れ筋ランキングが気になる方は以下のリンクからご確認下さい。

シャープアクオスにおすすめの
HDD情報まとめおすすめ録画用HDD

本記事は「HDD【SHARP】シャープアクオスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」について書きました。

シャープアクオスは本体機能の影響で、使えない(適合しない)外付けハードディスクが多いイメージですが、最新の情報へアップする度に情勢は刻々と変化します。

前回まではバッファローHDDでおすすめ出来る製品は無かったのですが、今回は「ハイエンド機」「エントリー機」共に大躍進!

但し、最大容量の制約は相変わらずなので、4TBを基準にハードディスクを選択することをおすすめします。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)のおすすめ情報でした。良い買い物をして下さい♪

\ アクオスに最適HDDベスト3 /

■ハイスペックHDDベスト3

  1. BUFFALO「HDV-LLDU3A/N」シリーズ
  2. I-O DATA「AVHD-WR」シリーズ
  3. I-O DATA「AVHD-AUTBS」シリーズ

■エントリーHDDベスト3

  1. BUFFALO「HD-LE-B」シリーズ
  2. I-O DATA「EX-HDAZ-UTL」シリーズ
  3. ELECOM「ELD-WTV」シリーズ

 

テレビに関するまとめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる