4K液晶テレビ東芝レグザ Z740X ①セールスポイントの評価

z740x IC 1 液晶テレビ
液晶テレビ

2020年2月末発売の東芝レグザZ740X。何故、今までこの機種を評価しなかったのか?

それは、このZ740Xに搭載された「クラウドAI機能」について、実際の運用が6月以降になることが大きな要因でした。

また、価格の変動や実機確認を行うには数ヶ月要すため、実際に購入する立場となって評価/分析するには発売直後では行えません


東芝液晶テレビの最高峰であるZシリーズは長年「IPS液晶」を採用していたが、前機種では65型がVAパネルに変更された。

どうして今更VAパネルなのか?

この疑問、最新機種のZ740Xでは全てのサイズでVAパネルに変更されたことがその答えとなるのでしょう。

ここでは、TOSHIBA REGZA 液晶テレビで最高峰の「Z740X」について、4回に分けじっくりと評価し解説致します。

第1回目は「Z740Xのセールスポイント」を徹底分析!

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

前モデルのZ730Xとの違いと共に、Z740Xのセールスポイントがどこにあるのか?しっかりと理解しておきたいところです。

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740X とは

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2020春
(20’2月)※
レグザ
Z740X
液晶
テレビ
65v/55v
50v
※1:50V型の50Z740Xは2020年の秋に発売

 

東芝レグザZ740XはZ730Xから進化したTOSHIBA(東芝)液晶テレビの最高峰に位置する機種。

そして、2020年度では各社の4Kチューナー内蔵液晶テレビハイエンド機の先人を切って、最も早く発売された製品です。

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740X のセールスポイント

  1. レグザエンジン Cloud PRO
  2. レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO
  3. 放送済みの番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」

 

えだまめくん
えだまめくん

東芝レグザのハイエンド液晶テレビ言えば、もはや代名詞とも言える音の「バズーカー」と録画の「タイムシフト」です。
Z740Xも無論そのDNAを受け継ぎ、新しい映像エンジンと共に更に進化を遂げました。

 

1.レグザエンジン Cloud PRO

 

えだまめくん
えだまめくん

Z740Xの最も大きな進化点はこの新しい映像エンジンと言えます。最早4K放送のダブルチューナーは当たり前の中、大容量の映像データでどれだけ美しく表現できるのか?これが新東芝レグザのテーマでしょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

「大容量の映像データで美しく表現」って、一体どう言うことなの?

えだまめくん
えだまめくん

4Kテレビが以前のFHDと比較して映像精度が4倍の画素数であり、それ故に映像が美しいことはご存知の通りです。このデータを忠実に表現できることがテレビの「質」ということになりますね。

コスト重視派
コスト重視派

同じデータなのに4Kテレビよって映りに違いが出るのは「質」の差か・・・。高いテレビはそれなりの技術を使用してるんだね。

えだまめくん
えだまめくん

そう、例えるなら画家のデッサン力の差です。そして、その忠実なデッサン力を根底に、ジャンルやコンテンツ、ネット動画などに最も適した高画質処理を行うのが「レグザエンジン Cloud PRO」の役目なのです。

こだわり派
こだわり派

可愛いアナウンサーがピカソの絵みたいな顔に変わって映されるのだ(笑)。

えだまめくん
えだまめくん

そんな訳ないでしょ・・・。
映っているものの事実はそのままに、コントラストや質感などが映像調整されるんですよ。

リーズナブル派
リーズナブル派

どうやってそんなことが出来るんだろう?

えだまめくん
えだまめくん

クラウドとAIの融合です。
クラウドとは外部のデータサーバーのことで、東芝は専用のクラウドに映像データを蓄積し、学習したAIがシーンに合わせた最適な高画質化処理を行う訳ですね。

コスト重視派
コスト重視派

ワクワクするね〜。当然デメリットも無く、無料なんだよね?

えだまめくん
えだまめくん

有料とはアナウンスされていないので多分無料です。ただし、クラウドへの接続はネット環境が必ず必要になるので注意!また、クラウドとの連携は2020年6月からなので、真価は自身の目で確かめましょう。

「最適化」と言っても、必ずしも万人受けするとは限りません。でも、地デジが美しいREGZAなので期待できます。

 

新映像エンジンの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

美しい4K放送が更に美しくなるなんて魅力なのだ。有機ELテレビへの横展開も期待して星5つなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

新しいことに挑戦する姿勢が素晴らしいわ。でも期待値については自分の目で確かめなくちゃ

評価:

コスト重視派
コスト重視派

前作のZ730Xは4Kダブルチューナーだけだったけど、今回は大きな進化だと感じるね。結局さ、テレビの価格は数ヶ月で落ち着くし、前作と同じ価格帯に来たらこっちの方がお得だね。

 

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

 

東芝レグザに対応するHDD情報は「HDD【2020版】東芝レグザ & ハイセンスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」をご覧下さい!!

 

2.リアルなサウンドと重低音を実現

 

えだまめくん
えだまめくん

前機種のZ730Xとは紹介画像が相違しますが、内容は全く同じスピーカーです。それだけ完成度が高く、80Wの大出力は同一カテゴリーの機種では秀逸なのは間違いありません。
音質チューニングでよりクリアーなサウンドに仕上がっています。

コスト重視派
コスト重視派

全体的に薄っぺらい音になる薄型テレビのスピーカーの中で、唯一レグザのバズーカだけは頑張ってる感じがするね。

リーズナブル派
リーズナブル派

Z730Xからウーハーのボテっと感が無くなったし、消費者を煙に巻く訳のわからない変更よりそのままの方が安心するわ。

こだわり派
こだわり派

東芝レグザの液晶テレビ、Zシリーズのスピーカーはいつも羨ましい内容なのだ。でも、ドルビーアトモス非対応なのは相変わらず残念なのだ。

えだまめくん
えだまめくん

そうですね、アトモス対応なら完璧かも?でも、他社のアトモス対応テレビで感動を覚えましたか?何かまだ中途半端な感じは否めないので、これはこれで良いと思います。
アトモスに近い臨場感なら、REGZA純正のシアターバーでも味わえます。

 

 

ドルビーアトモス(Dolby Atmos

ドルビーアトモス を簡単に簡単に説明すると、従来のサラウンドが横方向のみに広がりを感じるのに対し、縦(頭上)の広がりをプラスした音声フォーマット技術です。

Panasonic VIERAの売りが、この天井から音が降るような感覚を再現するために設置した「イネーブルドスピーカー」。

Panasonicのサイトでも音の臨場感を再現した映像が確認できます。

しかし、デモ映像を実機で確認しても、実は驚くような臨場感は感じられないというのが事実。

テレビとの距離や環境で再現性は変わってくるので注意が必要でしょう。

最も身近にアトモスの凄さを感じられるのが「MacBook Pro」など、スピーカーシステムが秀逸なPCかもしれません。

音場が近いので、包み込むような3D音が体験できます。イネーブルドスピーカーの無い、音声フォーマットだけなのに驚きです。

機会があれば、ネットの繋がっている量販店のMacBook Proで、YouTubeにあるアトモスのデモ映像を視聴してみて下さい。

確かに凄い技術であることが分かります。

 

スピーカーシステムの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

ドルビーアトモスを採用しないところが減点なのだ。ちっとも進化しないのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

クラス最高水準のスピーカーであることは認めてるけど、その分電気代が気になることには変わりないわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

嬉しい装備だけどオーバスペック感については変わらない印象。同じく電気代が気になりま〜す。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

3.タイムシフトマシン

X930-6

 

えだまめくん
えだまめくん

3つ目のセールスポイントは毎度お馴染みの「タイムシフトマシン」。REGZA高級機種の代名詞ですね。
バズーカスピーカ同様、こちらも大きな変更はありません。

リーズナブル派
リーズナブル派

これだけREGZAの顔として周知されると、今更便利さを話しても始まらないわね。前機種からの変更は無いけど、REGZAは新機種になる度に応答速度が上がったりするから地味な進化に期待しちゃうわ。

コスト重視派
コスト重視派

いつものように、遡れる時間を一応書いといたら?

 

No.録画時間週合計2TB3TB4TB
平日:19時~25時
土日:08時~25時
64時間 約3~5日間 約6日間約8~10日間
平日:12時~25時
土日:08時~25時
99時間約2~3日間約4日間約5~6日間
毎日:08時~25時119時間約2日間約3日間約5日間
毎日:12時~25時91時間約3日間約4日間約6日間
毎日:19時~25時42時間約7日間約10日間約14日間
毎日:24時間稼働168時間約1日間約2日間約3日間

 

えだまめくん
えだまめくん

公式にはこんな感じですね。⑥番を見れば分かりますが、丸一日6つのチャンネルを録画し続けて、4TBのHDで3日前まで遡れます。

リーズナブル派
リーズナブル派

普通は24時間録画してる人は居ないでしょう?知り合いは⑤番のパターンで、ゴールデンタイムの見逃しを防いでるみたいよ。

えだまめくん
えだまめくん

実は増設用のUSB端子があるので、更に録画時間を延ばせるのも魅力です。

 

Z730X-3

 

純正ハードディスク(HD)「D2シリーズ」は1台でタイムシフトマシンも通常録画も両方楽しめます。

 

タイムシフトマシン用またはタイムシフトマシン増設用にぴったり!もちろん通常録画用としても使える「V3シリーズ」。

 

タイムシフトマシンに対応するHDD情報は「HDD【2020版】東芝レグザ & ハイセンスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」をご覧下さい!!

 

 

タイムシフトマシンの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

有機EL派のわしだが、テレビ番組の見逃しが無くなるこのシステムは、REGZAで最も優れた技術だと思うのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

引き続きZ740Xでも採用されていて良かったわ。これが無くちゃREGZAとは言えないわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

人気のシステムが安い液晶テレビに付いているのは、高評価にするしかないね。引き続きコスパが高いことは確かだ。

 

番外:パネル方式の変更

東芝サイドではZ740Xのセールスポイントとして触れていませんが、パネル方式が「IPS」から「VA」へ変更となっています。

高画質化措置であれば当然セールスポイントとして触れるはずですが、カタログスペックのパネル方式には「4K液晶」としか書かれていません。

かねてより、真っ白の場面でパネル背後のLEDがオセロ模様のように浮き出すことが問題となっていました。

もしかしたらその対策が行われたのかもしれません。

真偽は不明ですが、IPSパネルの方が鮮やかで万事受けしやすく一般家庭向け。

一方でVAパネルはコントラスト表現が秀逸な反面、視野角が劣るため若干マニア向けという印象が強いのです。

実際の映像を見比べると、印象通り鮮やかなZ730X、落ち着いたZ740Xでした。

しかし、懸念の視野角については対策が施されているのか?

昔のVAパネルとは違い、IPSパネルと大差ない見やすさでしたが、この点は自身の目で確かめることをお勧めします。

真下に有機ELテレビがあり、比べれば画質の差はあるものの、総じて色合いはかなり美しく、クラウド化によって更なる進化が期待できる出来だと感じました。

VAパネル化に伴い、表面もよりノングレアに近い処理を行っており、反射抑制を施した結果、鮮やかさが若干ではあるが犠牲になっている印象。

家庭の中で使用すれば「慣れ」で違いは麻痺するし、長く使うなら反射は少ない方がきっと幸せになるでしょう。

 

えだまめくん
えだまめくん

これ、大事なことなので番外にて少し触れておきます。

 

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740Xの受賞歴

4K液晶テレビ TOSHIBA REGZA Z740Xは、AV機器を専門家が評価する「VGP」より、2020年夏も高い評価を受けました。

残念ながらディスプレイ部門の金賞は逃しましたが、各サイズとも入賞を果たしています。

なお、もう一つの評価団体として有名な「Hivi」については、新型コロナウイルスの影響で2020年夏のディスプレイ部門の選考は中止。

 

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

2020年夏モデルは、発売の遅れたパナソニック以外のメーカーによる争い。

東芝レグザZ740XはVGPの「企画賞」と「技術賞」を受賞した高画質技術を背景に、各サイズともディスプレイ部門で高評価を受けました。

 

Hivi ベストバイ
2020夏
172 HiVi BEST BUY 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
新型コロナウイルスの影響で選考中止
VGP
2020夏
200-172P VGP 2020 SUMMER logo
【企画賞】
◆ネット動画ビューティPRO
ノイズを抑えて精細感を高める、ネット動画に特化した映像処理技術に対して。
【技術賞】
◆クラウドAI高画質
有機ELテレビおよび液晶テレビシリーズに搭載された、AIを活用した高画質技術に対して。
【ディスプレイ部門】
◆4K液晶(60型以上70型未満)受賞
◆4K液晶(55型以上60型未満)受賞
◆4K液晶(45型以上50型未満)受賞

 

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

2020年年末に発表予定。

例年、販売状況や購入者の感想、新たなデータのアップデートなどによって、夏の評価から大きく変化する場合も。

 

4K液晶テレビ Z740Xの「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したZ740Xのセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:4.3

こだわり派
こだわり派

クラウドAIは映像技術の一つの進化系として期待できる内容なのだ。この技術が有機ELテレビに横展開されることは間違いないのだ。

評価: 4.0

リーズナブル派
リーズナブル派

有機ELテレビを買いたくない、または買えない層には本当に有難い内容。クラウドの評価は今後確かになるでしょうが、失敗しても次に繋がる挑戦だと感じるわ。

評価: 4.0

コスト重視派
コスト重視派

やっぱりタイムシフトだけでも東芝レグザは抜きん出るね。更に元々評価の高い映像美にも磨きがかかるなんて言うことなしだね。でも、VAパネルは少しじっくり観察したいね。

 

えだまめくん
えだまめくん

前機種のZ730Xを上回る期待評価ですね。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価しましょう。以下のリンクから移動してください。

 

TOSHIBA REGZA Z740Xの評価

 

今すぐ「Z740X」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

この記事も読まれています!