4K液晶テレビ東芝レグザ Z740X ②最適な視聴環境を整える

z740x IC 2 液晶テレビ
液晶テレビ

TOSHIBA REGZA 液晶テレビ Z740Xの徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、2回目の今回は視聴環境の点から評価を行います。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740X おすすめの「視聴環境」

視聴環境(特に部屋の明るさ)の影響を受け難いのが液晶テレビ最大のメリットということは再三お伝えしております。

バックライト方式の液晶テレビは自発光方式の有機ELテレビと違い、「輝度」の面で圧倒的に有利なだけではなく省エネ性能も高い

良いことずくめの液晶テレビですが、当然映像の美しさは有機ELテレビに負けます。

また、「視野角」についても有機ELテレビよりも劣りますが、IPS方式の液晶が誕生し、その弱点も最早過去の話。

しかし、新しいZ740XはIPS方式から視野化が狭い(と言われる)VA方式へ方向転換!

二世代前のZ720Xから続く悪しき不具合「斑点(オセロ)現象?」を回避するための策と概ね想像できます。

でも、気になるのは東芝らしい映像美が失われていないかですよね・・・。

安心して下さい!

2月の発売時より何度も気になる部分を視聴し続けた結果、むしろ落ち着きのある映像に仕上がっていることが分かりました。

当然、キラキラのIPSパネルと横並びすれば若干地味ですが、VAパネルらしい深いコントラストに大人の魅力を感じます。

最も気になる視野角ですが、毎度真横から見たり色々と試しましたが昔のような白浮きにはならず、普通に観ればIPSとの違いは感じられません。

この点は既にソニーが相当改善しているので、10年以上前のVAパネルの印象しか無い人は是非この機会に確認することお勧めします。

 

 

  • Z740Xは液晶テレビなので輝度十分なため明るい部屋でも見やすい
  • Z740Xはノングレアに近いパネルのため反射が少ない
  • Z740XはVA方式の液晶パネルへ全面リニューアルしたがVAの弱点は克服済(個人差はありますよ)

 

レグザZ740Xに採用されたVAパネルについて

VAパネルを論じる前に、先ずは今まで使用していたIPSパネルの強みと弱みをおさらいしましょう。

 

  • 鮮やかかつ優れた色再現
  • 視野角が広い(ほぼ有機EL並)

 

  • 遮光性が低い(黒がボケる)
  • コストが高め

 

IPS液晶パネルは鮮やかな場面が得意で、家族大勢で同時視聴する際も視野角が広くリビングなどへの設置に最適です。

従来のVAパネルを知る人にとって、ここがZ740X購入で先ず躊躇するところでしょう。

一方、IPSはバックライトの光を完全に遮断出来ないため、黒い場面に光が漏れ、コントラスト(黒と白の表現の深さ)が低いという弱点があります。

故に、昔からマニア向けの液晶はVAで、ソニーもそこに拘り続けるわけですね。

では、VAパネルの強みと弱みを見てみましょう。

 

  • 遮光性が高く黒の表現が秀逸
    (コントラストが高い)
  • IPSよりも安価でシンプルな作り

 

  • 視野角が狭い
  • 色再現に偏りが生じやすい

 

昔のVAパネルは、少し横へ行くだけで、暗くなったり白浮きしたりと見難くなっていました。

しかし、マルチドメインという方法で視野角の改善が既に施されています。

既知の情報ではそれでも50度以上の角度までと聞いていましたが、実際に視聴してみると178度の視野角を持つIPSパネルとそん色の無いレベル。

発色性については、多少ギラつき感のある華やかなIPSには及ばないものの、滲みの無い引き締まった映像でこれはこれで魅力的です。

また、昔は弱点とされた「色再現の偏り」も感じることはなく、テレビとして安定した映像を送り続けることが可能でしょう。

先ずはテレビの設置環境をよく考慮し、展示品で「最悪」の角度を確認してから満足の行く買い物を致しましょう。

 

  • VAパネル化によって黒表現の魅力が向上
  • 視野角は想像していたよりも広く置き場所を選ばない
  • パネル表面がよりノングレア寄りとなり反射が更に軽減

 

えだまめくん
えだまめくん

昔のVAパネルをイメージすると全く別物であることに驚きます。しかし個人差は否めないので、自身の視聴環境を確認し、必ず自分の目で確かめましょう。

 

REGZA Zシリーズ特有の「斑点(オセロ)」問題は克服?

この点も何度か確認しましたが、ハッキリとした再現は行えませんでした。

REGZA Zシリーズの不具合は、パネルのアッセンブリに起因していると言われ、今回のVAパネル化によって克服した可能性があります。

個体差も大きいため、今後の動向には引続き注目です。

⇒ 一部薄っすらと残像がある個体も出る模様。65型では四隅が若干暗くなることも

 

えだまめくん
えだまめくん

私のZ720Xでも同事象は起こりますが、正直、毎日使用しているため現在ではどうでもいい状態です。普通に視聴する分には、多機能であることの方が重要かもしれません。

 

何れにしても、コスパを重視する人は機能と価格のバランスを見て、慎重に選べば良いだけの話です。

 

テレビサイズの選び方

TOSHIBA REGZA Z740Xのサイズバリエーションは50型、55型、65型の三つ。

前機種にあった「43型」は廃止となり(発表時点)、「49型」は「50型」へ移行したことが大きな相違点です。

「43型」は最小の高機能テレビと評価が高かった分、無くなるのは残念ですが、有機ELテレビが小型化路線へ参入し始めたことも要因の一つでしょう。

とは言え、サイズ選びは「価格面」と「設置場所の確保」のキーワードに変わりはありません。

サイズ選びの基本は知っておいて損は無いので、主な視聴ソース(4K or HD)を基準に一般的な解釈を解説します。

 

視聴距離4KフルHD
200cm(6畳)100型(インチ)52型(インチ)
350cm(8畳)190型(インチ)94型(インチ)

 

  • 地デジ放送メインの狭い部屋であれば「55型以下」を視野に
  • それ以外の場合は「65型」がおすすめ(予算次第)

 

コスト重視派
コスト重視派

普通は地デジメインだけど、有機ELテレビより買いやすい液晶テレビであれば、事情が許す限り、出来るだけ大きなものを選びたいね。

こだわり派
こだわり派

有機ELテレビと違って大型化しやすい液晶テレビで65型が最大とは!?笑わせるのだ。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

ここでも、有機ELテレビの画質に劣る液晶テレビの視聴環境なんて、今更語る必要もないのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

VAパネル化で一般家庭では使い難い機種になったかと心配したけど、問題無さそうね。画面の反射対策も進んでるし様子見も兼ねて高評価のままにしておくわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

IPSが普通に使えて良かったけど、ソニーやZ740Xを見てVAも良いなって思えてきた。何れにしてもコスパを考えたらやっぱり液晶テレビだね。不具合改善なら⭐︎5!だから様子見。

Z740X おすすめの「設置スペース」

TOSHIBA REGZA Z740X を設置する際に必要となる理想的なスペースを解説します。

なお、本シリーズより「43型」は廃止となり、「49型」も「50型」へ変更となったことを再度付記しておきます。

 

50Z740X(50型)

50Z740X size2

50Z740Xは発売が2020年秋を予定しており、この記事を執筆時点では「重量」などの情報が一部未発表となっています。

詳細が判明次第、内容を更新致しますので暫くお待ち下さい。

Z740X 50型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
-kg-kg-kg

 

Z740X 50型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,200mm
(120cm)
800mm
(80cm)
300mm
(30cm)

 

Z740X 50型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
1,600mm以上
(160cm)
400~500mm
(40~50cm)
350mm以上
(35cm)
-kg以上

 

50型の場合は「目線の高さ」に注意して下さい。

重さは未定ながら従来の製品(Z730X)と大差ないことが予想されるので、問題ないでしょう。

普段の視聴環境をよく理解して、最適な高さとなるテレビ台を選択することがカギ

 

55Z740X(55型)

55Z740X size

Z740X 55型(インチ)の重量

機種総重量本体のみ卓上スタンドのみ
Z740X20.0kg19.2kg0.8kg
Z730X19.5kg18.8kg0.7kg

 

Z740X 55型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,250mm
(125cm)
800mm
(80cm)
300mm
(30cm)

 

Z740X 55型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
1,800mm以上
(180cm)
360~450mm
(36~45cm)
350mm以上
(35cm)
25kg以上

 

55型は卓上スタンド込で500g、本体のみで400gほど重量が増加しています。

とは言え、誤差範囲なのでテレビ台やテレビスタンドの選択には問題はありません。

人気の55型の場合はテレビ台の選択肢が豊富なので、スタンド型、高級家具風のテレビなど、予算に合わせたチョイスが行えます。

 

気軽な液晶テレビはスタンド型でオシャレな空間を作りたい。

 

グッドデザイン受賞のテレビスタンド(60型までのサイズ)

 

60型まで40kg以下ならV2タイプを選択。

 

65Z740X(65型)

65Z740X size

Z740X 65型(インチ)の重量

機種総重量本体のみ卓上スタンドのみ
Z740X27.0kg26.1kg0.9kg
Z730X27.0kg26.2kg0.8kg

 

Z740X 65型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,500mm
(150cm)
950mm
(95cm)
400mm
(40cm)

 

Z730X 65型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
2,700mm以上
(270cm)
360~450mm
(36~45cm)
400mm以上
(40cm)
30kg以上

 

65型は本体のみであれば100gだけ軽量化が図られました。

VAパネルの弱点である視野角の狭さはほぼ感じられないほど改善されていますが、それでも大型画面、設置場所はある程度考えた方が良さそうです。

重量的にはさほど気にするレベルでは無いので、出来るだけ真正面から視聴する環境を中心に想定。

壁に近づけることで視野角は上がるので(部屋が大きく使える)、スタンド型を中心に検討することをお勧めします。

 

グッドデザイン受賞のテレビスタンド(60型を超える場合)

 

80型まで50kg以下ならV3タイプを選びましょう。

 

もちろん、ブラウン管テレビで使用していたテレビ台を流用する場合でも、脚部の設置面が小さいため特に問題なく流用可能でしょう。

ただ、奥行が有る分、画面が前面へせり出す可能性があることを留意!

壁にピッタリと付けられるテレビ台への買換えも視野に入れるべきです。

おすすめはBAROCCA(バロッカ)です。耐荷重50kg、且つ高級感のあるデザイン性と申し分ない内容。

嬉しいのは「完成品」で納品される所です。細かい工夫もあり、完成品のため送料が高いのにかなりのヒット商品であることも頷けます。

なお、サウンドバーを全面に設置する場合は、奥行きのある台を選択して下さい。

 

 

更に、天然木に拘る人には嬉しい「無垢材」を使用した製品もあります。

 

 

コスト重視派
コスト重視派

改善されたと言っても、やはり65型の大画面では視野角を意識した方が良さそうだね。

えだまめくん
えだまめくん

感じ方は個人差もあり「絶対」は無いので、多少は視野角を意識すべきでしょう。ただ、あまり神経質になっても仕方がないので、徹底的に視聴し、自分自身で納得するしかありません。

リーズナブル派
リーズナブル派

まあ、基本的にはサイズ感も重量も前機種のZ730Xと変わらないし、設置環境でVAパネルをどう評価するかだけね。

えだまめくん
えだまめくん

その通りです。ただし、反射対策の改善にも注目しましょう。ノングレア感が強くなった分、本来なら多少暗く感じるはずですが、輝度もアップしVAパネルとは思えない明るさになっています。

こだわり派
こだわり派

色の好みが重要なのだ。
艶やなIPS、深みのVA。
自分の視聴環境と照らし合わせ考えるのだ。

リーズナブル派
リーズナブル派

まあ、視聴角度より反射問題かもね。それよりもせっかく新しいテレビを買うならインテリアにこだわりたいわね。

 

テレビの設置環境の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

設置スペースに減点要素ってあるのか?液晶テレビに興味はないけど、これで十分なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

前機種とサイズも重量もほとんど変化ないのなら、同じ点数でOKね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

引き続き、テレビの脚も台を選ばない省スペース設計だし、普通の評価で良くない?でも、結構重要なことだね「省スペース設計」。

4K液晶テレビ Z740 の「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したZ740Xの視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

視聴環境の総合評価

評価:3.8

こだわり派
こだわり派

わしはVAパネルも好きなので、従来通りの評価なのだ。

評価: 3.5

リーズナブル派
リーズナブル派

従来のデザインを踏襲して、卓上スタンドは省スペースタイプで軽量なのは引続き評価できるわ。VAパネルはプラマイでIPSパネルとイコール!

評価: 3.5

コスト重視派
コスト重視派

VAパネルの視聴環境は減点するほどの要素では無いね。なら、大きくデザインも変わっていないし同じ評価だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

省スペースの踏襲が引続き高評価です。また、VAパネルの視聴環境もあまり皆さん気にならないようですね。
では、次は「機能」について、じっくり評価しましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

TOSHIBA REGZA Z740Xの評価

 

今すぐ「Z740X」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

この記事も読まれています!