4K液晶テレビ東芝レグザ Z730X ①セールスポイントの評価

z730x IC 1 液晶テレビ
TV4
液晶テレビ

東芝の映像事業が中国のHisenseへ身売りされたことは記憶に新しいでしょう。

そんなイメージ悪化に伴い、あれだけ人気のあったREGZAブランドにもケチが入り、一部の消費者から敬遠されているのも事実です。

さりとて、4K放送が始まり、各社が儲けに走ったのか?

4Kチューナ内蔵のテレビはなかなか発売されずヤキモキした中、一等最初に4Kチューナー内蔵液晶テレビを発売してくれたのが東芝です。

その4Kチューナー内蔵液晶テレビの二代目となるのが「Z730X」。

Z730Xは東芝REGZAブランド液晶テレビのフラッグシップ機です。

最先端は有機ELテレビであることは周知の中、価格、有機EL独自の問題などで液晶テレビを選択する人が大半。

PanasonicやSony。各社のフラッグシップ液晶テレビの長所と短所は必ず理解しましょう。

ここでは、TOSHIBA REGZA 液晶テレビで最高峰の「Z730X」を切り口を4回に分け、じっくり評価し解説します。

第1回目は「Z730Xのセールスポイント」を徹底分析!

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z730X とは

Z730X-1

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2019夏
(19’6月)
レグザ
Z730X
液晶
テレビ
65v/55v
49v/43v

 

東芝レグザZ730XはTOSHIBA(東芝)液晶テレビの中で最高峰に位置します。

そして、2019年度では最も新しいテレビ。

前機は4Kチューナー内蔵液晶テレビとして、国内家電メーカーの中では最も早く発売された「Z720X」ですね。

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z730X のセールスポイント

  1. BS4K/110度CS4Kダブルチューナー内蔵
  2. レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO
  3. 放送済みの番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」

 

えだまめくん
えだまめくん

東芝REGZAは以前より「バズーカ」というスピーカーが名物。そして、「タイムシフト」も今やREGZAの大きな目玉。液晶フラッグシップ機として、堂々のセールスポイントを有しています。

 

1.4Kダブルチューナー内蔵

えだまめくん
えだまめくん

2019-2020年モデル、各社フラッグシップ機はこの4Kダブルチューナーを先ずセールスポイントに挙げてきます。4K放送も裏録可能な時代に入ってきました。

リーズナブル派
リーズナブル派

ハイエンド機では当たり前となりました。4K関係の有料放送や、今後コンテンツが充実してくると便利だわ。

コスト重視派
コスト重視派

4K放送の内容が充実してきてからでも遅くないよ。1チューナでいいから値段を下げてね。

こだわり派
こだわり派

4K放送対応のテレビなんだから4K放送を沢山見るべきなのだ!

  

えだまめくん
えだまめくん

まあ、取りあえずここは順当ということで。でも、4K放送を見たら分かるけど、4K画質は輝度が上がるので、電気代も多少上がりますよ。念のため。

 

4Kダブルチューナーの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

4Kダブルチューナー搭載なら満点で良いのだ。余計なことを考えずにテレビを選択できて良いのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

将来性として〇ね。当分1チューナーしか使用しないと思うけど、いざという時も想定しないとね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

まだまだ現状の4K放送では必要性を感じないね。みんな知ってる?4K放送は録画データが大きいからHDにもお金がかかるんだよ。

 

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

 

2.リアルなサウンドと重低音を実現

東芝REGZAのハイエンド機と言えば「バズーカ」というスピーカー。

 

Z730X-2

 

えだまめくん
えだまめくん

Z730Xはパネル下にスピーカーを配置。その結果、以前から定評のあるスピーカーシステムを引続き採用できたのです。総合出力は何と80Wを絞り出します。

コスト重視派
コスト重視派

有機ELテレビX930X830はパネル後方にスピーカーを配置してたね。デザイン性は良いけど、パワー不足は否めなかった。80WはXシリーズより上だね。

リーズナブル派
リーズナブル派

スピーカーシステムが大きくなると、前機のZ720Xみたいに裏側がボテッと膨らむんじゃない?

えだまめくん
えだまめくん

Z730Xも裏側に配置のウーファーの関係で少しだけ膨らんでいますが、問題にならない程度です。

コスト重視派
コスト重視派

安い液晶でここまでこだわると嬉しいね。でも、しょせんは薄型テレビだから過度の期待は禁物だね。

えだまめくん
えだまめくん

更に音を厚くしたいなら、REGZA純正のシアターバーもあるので大丈夫ですよ。興味のある方はリンクから内容を確認して下さい。サードパーティー製もおススメです。

 

 

スピーカーシステムの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

音へのこだわりは理解できるが、わしはPanasonicみたいにドルビーなどのブランド名に弱いのだ。TOSHIBAにはそれが無いのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

このクラスの液晶テレビの中では間違い無く最高水準ね。でも、その分電力量も大きくなるから悩ましいわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

液晶としてここまでやってくれれば有難いけど、オーバースペックとも言える。電気代も気になっちゃうしね。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

3.タイムシフトマシン

えだまめくん
えだまめくん

3つ目のセールスポイント。REGZAと言えば「タイムシフト」ですね。

 

X930-6

 

リーズナブル派
リーズナブル派

これ、ホントに便利よね。見逃した番組も後から見れるから、職場でドラマの話題に乗遅れることが無くて助かるのよ。

コスト重視派
コスト重視派

具体的にどれくら遡れるんだっけ?

 

No.録画時間週合計2TB3TB4TB
平日:19時~25時
土日:08時~25時
64時間 約3~5日間 約6日間約8~10日間
平日:12時~25時
土日:08時~25時
99時間約2~3日間約4日間約5~6日間
毎日:08時~25時119時間約2日間約3日間約5日間
毎日:12時~25時91時間約3日間約4日間約6日間
毎日:19時~25時42時間約7日間約10日間約14日間
毎日:24時間稼働168時間約1日間約2日間約3日間

 

えだまめくん
えだまめくん

公式にはこんな感じですね。⑥番を見れば分かりますが、丸一日6つのチャンネルを録画し続けて、4TBのHDで3日前まで遡れます。

リーズナブル派
リーズナブル派

普通は24時間録画してる人は居ないでしょう?知り合いは⑤番のパターンで、ゴールデンタイムの見逃しを防いでるみたいよ。

えだまめくん
えだまめくん

実は増設用のUSB端子があるので、更に録画時間を延ばせるのも魅力です。

 

Z730X-3

 

純正ハードディスク(HD)「D2シリーズ」は1台でタイムシフトマシンも通常録画も両方楽しめます。

 

タイムシフトマシン用またはタイムシフトマシン増設用にぴったり!もちろん通常録画用としても使える「V3シリーズ」。

 

タイムシフトマシンに対応するHDD情報は「HDD【2020版】東芝レグザ & ハイセンスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」をご覧下さい!!

 

こだわり派
こだわり派

有機EL上位機種のX930なら分かるが、液晶のZ730Xまでこの機能が付いているとは。東芝の本気度が伝わるのだ。純正のHDは地味に嬉しいのだ。

えだまめくん
えだまめくん

Z730XもX930同様に純正HDが背面取付設置可能でスッキリ収納できるのも嬉しいですね。では、タイムシフトマシンの評価をお願いします。

 

タイムシフトマシンの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

有機EL派のわしだが、テレビ番組の見逃しが無くなるこのシステムは、REGZAで最も優れた技術だと思うのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

発表当初から考えれば手軽になったし、価格的にも随分進化したわ。共働きでも、ゆっくり休日に見逃した番組を確認できるのは嬉しい限りね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

人気のシステムが安い液晶テレビに付いているのは、高評価にするしかないね。かなりコスパが高いことは確かだ。

 

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z730Xの受賞歴

TOSHIBA REGZA Z730XはAV機器を専門家が評価する「Hivi」「VGP」の権威ある二つの団体から高い評価を受けています。

特別賞や大賞などは有機ELテレビが中心ですが、そんな中でもZ730Xは同じ様に広く高評価を得ているのは驚きですね。

 

2019 SUMMER(2019年度「夏」)

2019年夏モデルとしては双方の団体から受賞。特にHiviでは総合的な機能で高評価を得ており、トータルバランスの高さを証明しました。

 

Hivi ベストバイ
2019夏
172 HiVi BEST BUY 2019 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
◆液晶50型以下①位
◆液晶60型以下②位
◆液晶61型以上③位
受賞理由
・全録が可能な「タイムシフトマシン」
・AI搭載のレグザエンジンProfessional
・バズーカオーディオシステムPRO
43型でこれだけのハイスペック機は無い。
VGP
2019夏
VGP 2019 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
◆4K液晶(60型以上70型未満)入賞
◆4K液晶(50型以上60型未満)金賞
◆4K液晶(45型以上50型未満)入賞
◆4K液晶(45型未満)金賞

 

2019 WINTER(2019年度「冬」~2020年度)

2019年冬の評価は2019夏同様の順位をキープ。

年間を通して高評価を得たのは、大画面よりも55型以下のテレビ。小さい画面でも機能を落としていなかったのが大きな要因です。

 

Hivi ベストバイ
2019冬
172 HiVi BEST BUY 2019 WINTER logo
【ディスプレイ部門Ⅳ】
◆液晶50型以下①位
◆液晶60型以下②位
◆液晶61型以上③位
受賞理由
・全録が可能な「タイムシフトマシン」
・AI搭載のレグザエンジンProfessional
・バズーカオーディオシステムPRO
43型でこれだけのハイスペック機は無い。
VGP
2019冬
200-172P VGP 2020 WINTER logo

 
【ディスプレイ部門】
◆4K液晶(60型以上70型未満)入賞
◆4K液晶(50型以上60型未満)金賞
◆4K液晶(45型以上50型未満)入賞
◆4K液晶(45型未満)金賞

4K液晶テレビ Z730Xの「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したZ730Xのセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:4.3

こだわり派
こだわり派

液晶テレビには興味が無いけど、セールスポイントはそれなりに評価できるのだ。

評価: 3.7

リーズナブル派
リーズナブル派

有機ELフラッグシップ機とはパネル違いの差しか感じない内容で凄いわ。

評価: 3.3

コスト重視派
コスト重視派

市価が重要だけど、魅力的なセールスポイントであることは否めない。特にタイムシフトは秀逸だね。

えだまめくん
えだまめくん

同じ液晶のPanasonic GX855とは僅差。トップクラスの評価です。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価しましょう。以下のリンクかこちらから移動して下さい。

 

TOSHIBA REGZA Z730Xの評価

 

今すぐ「Z730X」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

この記事も読まれています!