4K液晶テレビ東芝レグザ Z740X ③機能はおすすめ評価できるか?

z740x IC 3

TOSHIBA REGZA 液晶テレビ Z740Xの徹底評価。

2回目の視聴環境に引続き、3回目の今回は最も重要な「機能」の観点から評価を行います。

有機ELテレビXシリーズや他社のハイエンド液晶テレビとの違いが気になりますね。

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

Click to Contents!!
Sponsored Links

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740Xの「機能」を徹底解剖

購入者層で大きく要望が異なる「機能」面について解説しましょう。求める機能とマッチするか慎重に見極める箇所ですね。

えだまめくん

先ずは機能面に関する皆さんの総合評価です。

基本機能の総合評価

評価:3.6

こだわり派

フラッグシップ機のX9400と主な仕様はほぼ同じなのだ。しかし、細かくみれば「スマート化」や「HDRスペック」「音作り」について、Panasonic液晶のHX950にも若干見劣りするのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

有機ELテレビの廉価機種X8400とはタイムシフトの有無が大きな違いね。Amazon Alexa採用でスマート化は進んだけど、googleも利用出来るPanasonicは確かに魅力だわ。

評価:3.2

コスト重視派

液晶最高レベルの機能であることは間違いないね。確かにイネーブルドスピーカーを液晶にまで持ち込んだPanasonicは面白いけど、今後の価格差が最終的な判断材料になるのでは?

えだまめくん

東芝のテレビは相変わらず分かり難い所で差をつけます。Z740Xは液晶ハイエンド機ですが、細かい所でフラッグシップのX9400より少しだけ劣る感じ。

一方、同じハイエンド液晶市場を比較すると、Panasonicが音声機能とスマート化で一歩リードしたと言ってもいいでしょう。

但し、映像機能はクラウドAIの真価次第です。

レグザZ740Xのチューナー数に係る機能評価

えだまめくん

チューナー数に関する総合評価を最初に教えて下さい。

チューナー数の評価

評価:4.0

こだわり派

タイムシフト、地デジ6チューナーは最高評価以外無いのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

タイムシフトで平均的な機種より明らかに上なのは変わらないわ。

評価:3.3

コスト重視派

チューナー数に関して言えば、間違いなくコスパはトップだね。

えだまめくん

Z740Xのチューナー数の個別評価内容は次の通りです。

チューナー数の個別評価

地上波デジタル

  • 9チューナー
こだわり派

5.0
タイムシフトはやはり満点なのだ。

リーズナブル派

5.0
ここは毎度マイナス点は無いわ。

コスト重視派

5.0
やっぱり、タイムシフトはコスト重視派にも大満足だね。

BS/CSデジタル

  • 3チューナー
こだわり派

3.0
当たり前の数なのだ。

リーズナブル派

3.0
あると便利ね。

コスト重視派

3.0
BS見ないけど、あれば後々便利かな?

BS/CS 4K

  • 2チューナー
こだわり派

5.0
昨年はここが大盛り上がりだったのだ。今やこれがスタンダードなのだ。

リーズナブル派

3.0
各社のセールスポイントも、今や当たり前になったんだわ。

コスト重視派

2.0
1年経っても4K放送はつまらないまま。無駄な機能だね。

2画面対応

  • ⭕️
こだわり派

3.0
付いてて当たり前なのだ。

リーズナブル派

3.0
見たい番組が重なった時いいわ。

コスト重視派

3.0
あんまり使わないけど、あると何故か安心なんだよね 。

えだまめくん

チューナー数に関しては前機種と変化は無いですね。引続き録画用のHDDをこだわって選ぶことが大事です。

タイムシフトマシンに対応したHDDは「HDD【2020版】東芝レグザ & ハイセンスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

えだまめくん

通常録画用のハードディスク以外に、タイムシフト対応製品を選ぶことがカギです。

レグザZ740Xのネットワークに係る機能評価

えだまめくん

ネットワークに関する総合評価を最初に教えて下さい。Z740Xでは不評のBluetoothからAlexa(Amazon)へ音声機能が変更になったと考えましょう。拡張性を高めるか?

ネットワークの評価

評価:3.7

こだわり派

確かにBluetoothの使い道が無いのなら、Alexaでスマート化するのは正しい選択なのだ。でも、Panasonicはgoogleも選択可能なのだ。

評価:3.7

リーズナブル派

まあ、Bluetoothは意味が無かったし、スマート化で拡張性が高まればOK。期待値として少し得点を上げとくわ。

評価:3.0

コスト重視派

AmazonのIDが必要だね。でも、アマゾンプライムに入れば便利になりそう。

えだまめくん

Z740Xのネットワークの個別評価内容は次の通りです。

ネットワークの個別評価

無線LAN

  • IEEE802.11a/b/g/n/ac
こだわり派

3.0
Wifi-5(ac)は今や当たり前なのだ。

リーズナブル派

3.0
最近の機種では当たり前ですね。

コスト重視派

3.0
無料のYoutubeもストレスフリーだ。

Bluetooth

  • ⭕️
こだわり派

3.0
期待を込めて「普通」評価に格上げなのだ。

リーズナブル派

3.0
まあ、これからはスマート化で包括できるわね。「OK google!」にこだわる人はPanasonicかSonyが選択肢ね。

コスト重視派

3.0
使いこなしていないBluetoothよりも良い選択だと思うね。でも、制限があることが分かれば再び評価は「1点」だね。

VOD(Video On Demand)

  • 未対応:Android TV/FOD
こだわり派

5.0
普通に満足な内容なのだ。

リーズナブル派

5.0
今やAmazonプライム対応が高評価の条件ね。

コスト重視派

3.0
こんなもんでしょ。

えだまめくん

使途が限られたBluetoothが毎回やり玉に上がっていたけど、今後はAlexaの使い勝手が焦点になりそうな気配。

無線ルーターは大丈夫?最新の高速化対応製品を選ぼう!

えだまめくん

VOD(動画配信サービス)は、他にも多くの特典が付くAmazonプライムでプライイムビデオから試すのがおすすめです。

VOD(動画配信)は先ずプライムビデオから試そう♪

レグザZ740Xの外部端子に係る機能

えだまめくん

外部端子機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。
ここは前機種から変化はありません。

外部端子の評価

評価:3.3

こだわり派

HDMI端子の数が有機ELテレビX9400との差になるのだ。

評価:3.3

リーズナブル派

評価:3.2

コスト重視派

フラッグシップ機とはHDMI端子の数が違うけど、他社製品とは同等だよ。

えだまめくん

Z740Xの外部端子の個別評価内容は次の通りです。

外部端子の個別評価

USB

  • USB3.0×2/USB2.0×2
こだわり派

4.0
4つもあれば十分なのだ。

リーズナブル派

4.0
これでタイムシフトのHDDも簡単に増設出来るわ。

コスト重視派

4.0
有機ELテレビと同じ仕様なんて凄いね。

HDMI

  • ARC対応×1
  • HDCP2.2×4
こだわり派

4.0
ここはX8400と同じレベルなんだな。ちなみにX9400は7つなのだ。

リーズナブル派

4.0
Panasonicと比べれば全く同じよ。

コスト重視派

3.0
まあ、無いよりはあった方がいいね。今の時代。

その他

  • 各1つ
    VIDEO/光デジタル音声出力/有線LAN/イヤホン・サブウーファー
こだわり派

3.0
あって当たり前なのだ

リーズナブル派

3.0
使う機会はないけど、一部には必要なんでしょうね。

コスト重視派

3.0
古い機器も繋げるし、あって当たり前だよね。

えだまめくん

引続き、フラッグシップ機のX9400とはHDMIの端子数に差があるけど、X9300やPanasonicとは同等です。USB端子を考慮すると、標準より少し上のスペックなのが嬉しいですね。

HDMIケーブルは最高級品を選ぶと間違いありません。

えだまめくん

端子類に必要なコードなど、買い忘れの確認にもおすすめです。

テレビ端子の基礎知識を再確認!

レグザZ740Xの映像機能

えだまめくん

映像機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。
前機種との大きな違いはパネルのVA化とクラウドAIですね。

映像機能の評価

評価:3.9

こだわり派

液晶テレビは有機ELパネルじゃないのが最大のネックなのだ。しかし、セールスポイントでもあるクラウドAIの期待値は高いのだ。

評価:3.9

リーズナブル派

今回もドルビービジョン(DV)は未対応。Panasonicは液晶モデルの中間機にも搭載しているのにね。

評価:3.9

コスト重視派

今回の評価点はやっぱり「クラウドAI」。更新ソフトの配布も始まったし、これからがもっと面白くなりそう。でも、地味ながらパネルの反射対策も僕的には高評価だね。

えだまめくん

Z740Xの映像機能の個別評価内容は次の通りです。

映像機能の個別評価

受信機能

  • 4K放送まで対応
    ハイビジョン(HD)/フルハイビジョン(FHD)/4K/8K
こだわり派

4.3
4K対応は当たり前なんだな。でも、8K非対応は残念なのだ。

リーズナブル派

4.3
4K対応でないとね。8Kは無くて普通だわ。

コスト重視派

4.3
8Kなんて映像ソース無いし未対応で普通だよ。4Kも当たり前。

パネル方式

  • VA液晶全面直下LEDバックライト
こだわり派

3.0
有機ELテレビじゃないから不満だが、VAパネルの映像は個人的に好きなのだ。

リーズナブル派

3.0
VAパネルでも遜色無い出来なので評価は変わらずね。

コスト重視派

3.0
心配したけど、実際の映像はしっかりしてるしOKだね。

パネル反射改善

  • ノングレアに近く
こだわり派

5.0
液晶テレビはこの程度の内容で頑張らないといけないのだ。

リーズナブル派

5.0
普通の家庭で昼間使用するのにはやっと最適になってきたわ。

コスト重視派

5.0
地味だけど良い対応。あとは購入者の評価次第だね。

HDR対応

  • 10+/HLG
こだわり派

3.0
ここは変化無し。DV(ドルビービジョン)が無いのが残念なのだ。

リーズナブル派

3.0
Panasonicとの差が今回もDVで出ちゃったわ。

コスト重視派

3.0
まあ、HDR10+は対応しているしOKだよ。

特異性

  • クラウドAI
こだわり派

3.5
東芝は独自の開発表現が多くて分かり難いが、今回は分かりやすいのだ。

リーズナブル派

3.5
この試みが上手くいけば、他社も追随するのかしら?でも、サーバーの能力って大丈夫なの?

コスト重視派

3.5
まあ、今やスマート化も含めネットワークが当たり前で、クラウドも当たり前。AIは若干誇張感があるけど、挑戦を評価。

えだまめくん

VAパネルで揉めると思ったけど、意外と評価は高くて安心。フラッグシップ機とは細かい部分で差をつけられますが、今シリーズの売りである「クラウドAI」が皆さんの注目点であることが伺えます。

PICKUP
  • 映像エンジンはX9400と同じ「レグザエンジン Cloud PRO」を採用
  • 新たにクラウドに集結した膨大な映像データをAIが最適化する技術を採用
  • 新開発の低反射VAパネルを採用
  • リアルブラックエリアコントロールで輝く白と奥行き感のある黒のコントラストを再現

パネルにホコリが溜ると見え難くなります。

レグザZ740Xの音声機能

えだまめくん

音声機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。ここも前機種とは変化がありません。

音声機能の評価

評価:3.0

こだわり派

Z730Xで高評価だった出力80Wは安定感があるのだ。しかし!今期はPanasonicに差をつけられたことは否めないのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

Z730Xの評価は概ね良好。でもテレビだから大きな期待は厳禁ね。引続き出力が高い分、消費電力が大きい機種に変わり無いわ。

評価:2.5

コスト重視派

音については満足な内容なのは実績通り。でも、電気代は不安

えだまめくん

Z740Xの音声機能の個別評価内容は次の通りです。

音声機能の個別評価

出力

  • 80W
こだわり派

4.0
このクラスで80Wにした功績は大きいのだ。

リーズナブル派

3.0
東芝らしい大容量だわ。電気代が心配

コスト重視派

3.0
液晶テレビのフラッグシップ機はこれで普通だね。

特異性

  • バズーカシステム
こだわり派

2.0
各社ドルビーアトモスが当たり前になってきたのだ。しかもPanasonicは同クラスのHX950でイネーブルドスピーカーかまで搭載してきたぞ!いつまでも大容量バズーカーだけでは騙せないのだ。

リーズナブル派

3.0
ここ、本当に他社と見劣りするわね。結局Panasonicは値段が高くなることが想定できるけど、アトモスは採用して欲しいわ。

コスト重視派

2.0
時代は3D音響技術なのにね。次の機種でも進化がなければ減点かな?

えだまめくん

液晶テレビではトップクラスの80WはZ730Xで高評価でした。しかし、相変わらずアトモスは不採用。Panasonicはどんどん先に進む・・・。立体感はシアターバーで補うしかありません。

サブウーファーで更に音質は上げられます。

Z740Xのスピーカーは純正のシアターバー接続で更に強化!

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740Xの「省エネ」性能と想定寿命

有機ELテレビより月間2,000円以上は電気代を節約できる液晶テレビの最大メリットを深堀しましょう。

でも、REGZAの液晶は意外と消費電力が大きいって噂もあります。

パネル寿命のメリットも見逃さないで下さいね。

レグザZ740Xの省エネ性能

えだまめくん

先ずは「省エネ」性能の評価を見てみましょう。あれ?前機種より評価が下がった?

省エネ性能の総合評価

評価:3.0

こだわり派

電気代についてはコメントは不要なのだ。いくらでもいいのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

55型は年間消費電力量が若干増加し、65型は全般的にやや改善。でもね、元々他社よりも悪いからいい加減改善したら?

評価:3.5

コスト重視派

相変わらずコスパは良いけど、ランニングコストが少し気になるね。有機ELとは比較にならないけどね。改善しないから少し減点。

えだまめくん

液晶テレビの中では消費電力が大きいZ740Xですが、有機ELのフラッグシップ機 X9400とはどれくらい違うのでしょうか?

ちなみにPanasonic液晶 HX950は多少消費電力が悪くなりましたが、それでも55型でZ740Xより50W程度少なくなります。

サイズ機種消費電力年間消費電力量
55v型Z740X271W175kWh/年
X9400413W230kWh/年
65v型Z740X336W196kWh/年
X9400517W240kWh/年
リーズナブル派

機能豊富になるにつれて今期は全般的に消費電力が上がってるわ。元々悪いZ740Xも追随してどうするのよ・・・。
今回も金額ではどうなるのかしら?

コスト重視派

家族構成などの家庭の事情で消費電力は大きく変わるから、毎度お馴染み、いくつかのパターンを同じ前提で比較しよう。

【生活パターンと月間視聴時間の前提】

  1. 共働き世帯|独身世帯282時間
  2. 引退世帯|老後世帯≫486時間
  3. 大学生やフリーターニートの子供が居る世帯≫382時間
  4. カタログ値の年間消費電力

 

【計算の前提】

  • 電力単価=24.00円/kWh
  • 使用電気量は消費電力の70%で計算
  • カタログ値 年間消費電力はそのままで計算
えだまめくん

通常、同じメーカーの液晶テレビ有機ELテレビでは電気代が2倍かかる印象ですが、Z740Xは1.5倍弱と差が縮まります。それでも液晶の優位性は変わりませんね。

55v型(インチ)の比較

パターンZ740XX9400
1,284円1,957円
2,213円3,372円
1,739円2,650円
350円460円

65v型(インチ)の比較

パターンZ740XX9400
1,592円2,449円
2,743円4,221円
2,156円3,318円
392円480円
リーズナブル派

本体が安いことは間違い無いけど、電気代の差が今後の使用期間でどれだけ影響するか気になるわね。特にPanasonic HX950と迷ってる人には悩ましいはず。

こだわり派

誤差の範囲なのだ。

えだまめくん

たくさん悩んで下さい♪

レグザZ740Xのパネル寿命

えだまめくん

「パネル寿命」に対する皆さんの評価です。結果は見えてますね。

パネル寿命の総合評価

評価:5.0

こだわり派

スペックだけを評価すれば当然満点なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

テレビの寿命を考えると、やっぱり選択肢は液晶ね。

評価:4.0

コスト重視派

コストは新製品を購入する時だけじゃないよ。トータル的に考えないとね。

えだまめくん

では、引続きパネル寿命の評価状況を確認しましょう。一般的には有機ELパネルの寿命は液晶の半分と言われています。

液晶パネル有機ELパネルブラウン管
6万時間
前後
3万時間
前後
2万時間
前後
コスト重視派

生活パターンに当てはめてみなよ。液晶の方が断然有利なのが分るはず。

パターン 液晶
パネル
有機EL
パネル
ブラウン
昼間留守が多い
(共働き家庭など)
18年9年6年
一日中家にいる
(引退世帯など)
10年5年3年
昼夜逆転家族がいる13年7年4年
えだまめくん

安くて頑丈な液晶テレビは嬉しいですよね。

こだわり派

なんでみんな寿命が気になるのか分からないのだ。

えだまめくん

テレビは数年間使用するものです。普通はね。

リーズナブル派

ガンガン付けっぱなしにしてもコストが気にならない液晶テレビはやっぱり良いわ。でも、Z740Xは電気代が・・・やっぱり気になるわ。

コスト重視派

個人の主観はそれぞれだけど、一般の家庭なら液晶で十分だよ。いつ失業するか分からない時代だし、贅沢は敵だよ。

 

4K液晶テレビ 東芝レグザ Z740X 現物確認の注意点

ここまでで、テレビ買替の絞り込みが行えました。Z740Xをターゲットにした人は「現物確認」で何を注意すれば良いのでしょうか?

えだまめくん

現物確認のポイントをは次の3点でしたね。基本に沿って、Z740Xの具体的な現物確認方法を解説しましょう。

3つの現物確認ポイント

  1. 映像の好み(品質)
  2. 音の特性(音質)
  3. そしてデザイン性

詳しくは「【失敗しない現物確認方法】テレビの選び方に関するおすすめ情報」で紹介しています。

映像の好み(品質)

えだまめくん

Z740Xは液晶テレビなので、有機ELテレビとは根本的に違うことを理解しましょう。特に今期はVAパネルへの変更とクラウドAIがカギ。その上で納得できる内容であるかを先ずは判断します。

こだわり派

まず、他社製品との比較は単純に好みの色になっているかを確認するのだ。

リーズナブル派

従来のIPSパネルを採用するPanasonicのHX950とは必ず比較して。引続き、割高なPanasonicを凌駕すれば即買いのレベルなのは確かよ。

コスト重視派

映像の好みはもちろんだけど、今回は視聴環境に合わせた「横からの見易さ」を確認して納得すべきだね。一応VAパネルだし。

えだまめくん

映像についてZ740Xは何が変わったのか?
そこをきちんと理解し、自身の視聴環境をきちんと想定して確認して下さい

音の特性(音質)

えだまめくん

相変わらず80Wの大容量バズーカースピーカーと自社技術だけが売り。他社はアトモス標準、Panasonicは更にイネーブルドスピーカーも採用と盛り上がっていることを認識しつつ・・・確認かな?

こだわり派

ドルビーアトモスはパネル近くへ行かないと真価が分かりづらいのだ。あれば幸せだが、視聴環境にマッチするかを考え、最終的には「好みの音」で選ぶのだ。

リーズナブル派

そうね、イネーブルドスピーカーも同じで効果のほどは視聴環境を選ぶわ。先ずは「聞き易さをきちんと聞き比べましょう。いつも見る番組を店頭で見比べれば分かり易いわよ。

コスト重視派

薄型テレビの音に期待は不要。少しでも、違いが分かれば選択肢として十分検討しましょう。

えだまめくん

確かにイネーブルドスピーカーやアトモスという派手な技術があっても、実際にその機能が発揮されなければ意味が無いでしょう。他社と比較し、自分の耳で判断するのが最も正しい選択です。

デザイン性

えだまめくん

前作のZ730Xとはデザイン的には大きく変わった感じはしません。伝統?のサウンドバータイプのスピーカーをパネル下に配置し、若干シルバー寄りの色目が目立つ仕様になっています。

こだわり派

有機ELテレビとそん色無い程度に「ベゼルレス化」が進んでいるのだ。液晶テレビも美しくなったのだ。

リーズナブル派

私がいつも気にするのは「裏側」。バズーカウーファーもスッキリと収まって良い感じだけど、相変わらず端子群はむき出しなので、小まめに掃除は必要だわ。

コスト重視派

Z740XもZ730X同様に「卓上スタンドの色とデザイン」が一番気になるところ。今回はシルバーの配色がカギなので、全体の調和をしっかり確認してね。

えだまめくん

皆さんのアドバイス、赤字の部分がカギですね。
せっかくなら、Z740Xを最適な位置で視聴できるテレビスタンドも用意すれば完璧です。

「テレビ台」の選び方のコツはここから

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

4K液晶レグザZ740Xに最適な視聴環境となるテレビスタンド

えだまめくん

最後にZ740Xの評価をまとめたので、以下のリンクから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

z740x IC 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる