12/2 9:00~12/8 23:59 ポイント2倍!Wポイントウィーク開催! 対象アイテムはこちら

【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビのセールスポイントを比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L

【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビのセールスポイントを比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのTOSHIBA(東芝-TVS)のテレビブランドであるREGZA(レグザ)について、最大の特徴を示す「セールスポイント」を明確化し評価を行いました。

セールスポイントとはそのテレビの「売り」であって、欲しいテレビを見定める重要なキーワードです。

映像を徹底的にこだわるなら、先端の技術で映像美を全面に出すモデル。

迫力ある音響システムが欲しいなら、スピーカー構成や出力の大きいことを掲げた機種を絞れる。

東芝(TVS)・レグザ2022年モデル、X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550Lのセールスポイントを知れば、テレビ選びの的が絞れます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売の東芝(TVS)レグザの特徴
  • シリーズごとのセールスポイントの違い
    • 対象:X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

レグザに適合する外付けHDDの情報もご活用下さい♪

Sponsored Link
Click to Contents!!

東芝(TVS)レグザ2022モデル|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L|

東芝(TVS)レグザの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
X9900L本体正面の画像
X9900L
X8900L本体正面の画像
X8900L
Z875L本体正面の画像
Z875L/Z870L
Z770L本体正面の画像
Z770L
Z670L本体正面の画像
Z670L
Z570L本体正面の画像
Z570L
M550L本体正面の画像
M550L
映像有機EL有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響普通
サイズ
展開
65v|55v65v|55v|48v75v|65v
|55v
75v|65v
|55v
50v|43v65v|55v
|50v|43v
75v|65v|55v
|50v|43v
進化
レベル
普通普通普通普通
デザイン普通普通普通普通普通微妙
価格高い普通高い高い普通普通安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
レグザ2022年モデル概要

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELレグザフラッグシップモデル]

X9900Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v|

X9900L本体正面の画像

[X9900L セールスポイント]

新世代レグザ専用高コントラスト有機ELパネル & レグザエンジンZRα

立体音響対応をリアルに再現する音響システムXHR

最強の録画システム「タイムシフトマシーン」


高画質を実現するレグザの新技術

2022年モデルの東芝(TVS)レグザフラッグシップモデルは、高コントラストの新型有機ELパネルと、その性能を発揮させるべく次世代のハードウェアAIエンジンを展開。

従来モデルから輝度が1.2倍アップ!

有機ELパネル本体の輝度性能は年々上がっているものの、その性能を発揮させるためには発生する熱を放出することが課題でした。

テレビメーカー各社はパナソニックを皮切りに、前期よりインナープレートにより放熱性を向上させています。

そして、今期のレグザは従来モデルから更に輝度を1.2倍アップさせた、新世代レグザ専用高コントラスト有機ELパネルへ進化を遂げたことが最初のセールスポイントです。

新世代 レグザ専用高コントラスト有機ELパネル
新世代 レグザ専用高コントラスト有機ELパネル

東芝(TVS)レグザ公式ページより

X9900Lはもちろん、各社のフラッグシップモデルでは今や当たり前の技術となり、暫くは排熱の効率性アップが焦点でしょう。

映像をつかさどる心臓部も刷新

いくら良いパネルを使用しても、映像信号をつかさどる処理技術が古くてはその性能を発揮させることはでません。

2022年モデルの東芝(TVS)レグザの上位モデルはパネルの性能を活かすべく、映像エンジンの刷新が二つ目のセールスポイントです。

新しい「レグザエンジン ZRα」の特徴は、全方位的に映像技術を掌握するのみでなく、実際に人間が見た景色をリアルに再現し、自然な空気感が味わえることが期待できます。

レグザエンジン ZRα
レグザエンジン ZRα

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRαで強化された自動画質調整
AI ナチュラル フォーカス テクノロジー肉眼で見ているような奥行きと立体感ある映像を描き出し、これまでにない没入感が得られる。
美肌AIフェイストーンZRα人物に適切な超解像処理を行いリアルで立体的に美しく描写することで、表情のひとつ一つをさらに引き立てます。
ネット動画AIビューティZRαネット動画の特性に合わせた高画質処理を行い、コントラスト・精細感をアップ。更にノイズを抑制し大画面でも高画質にコンテンツを楽しめる。
地デジAIビューティZRα地デジ映像も高画質化。
おまかせAIピクチャーZRα視聴環境に合わせ、自動で最適な画質へ調整。
えだまめくん

フラッグシップ有機ELモデルでは今や当たり前のパネル構成ですが、今期のレグザは同時に映像エンジンを進化させたことが大きなインパクトです。

立体音響対応をリアルに再現する音響システムXHR

従来のレグザは大出力のみが際立った特徴の少ない音響構成でしたが、今期は他社に追随したスピーカー構成が特徴。

特に有機ELレグザのフラッグシップモデルはモデルチェンジまでに時間がかかったため、その内容は大きな変化と言えます。

音響技術の刷新

前フラッグシップモデルX9400Sは同クラス最大の「142W」という大出力を誇っていましたが、X9900Lは「90W」と控えめです。

一見性能が落ちたように感じますが、スピーカー構成が大きく変わり、上部、左右と立体音響を意識した最先端の構成は今までの「平たい」レグザサウンドから立体的に大きく変化した大きなセールスポイントでしょう。

もちろん、レグザでは採用が遅れていた「ドルビーアトモス」も搭載され、X9900Lの新しいスピーカー構成を最大限活かします。

東芝(TVS)レグザのドルビーアトモスのイメージ(トップツィータ付きモデル)
Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)

東芝(TVS)レグザ公式ページより

また、レグザフラッグシップモデルX9900Lはハイレゾ音源に対応し、より原音に近い迫力のある臨場感に満ちたサウンドが楽しめます。

東芝(TVS)4K有機ELレグザX9900Lのハイレゾ音源再生時のイメージ
ハイレゾリューション・オーディオ対応

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

大出力だけが売りの従来のレグザから、音の膨らみを考えたスピーカー構成と立体音響対応は嬉しい変化と言えます。

レグザと言えばタイムシフトマシン

最近のレグザは一部AndroidTV化され、レグザの代名詞とも言える録画技術「タイムシフトマシン」搭載テレビが無くなるのでは?と危惧されていました。

しかし、大幅刷新された2022 年モデルでは、フラッグシップモデルのX9900Lをはじめ、4K液晶レグザの新Mini LEDモデルZ875L/Z870Lとハイエンド液晶モデルZ770Lに搭載され一安心。

レグザと言えば、やはりタイムシフトマシンがセールスポイントの一つです。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

東芝(TVS)レグザ公式ページより

タイムシフトマシンで全録を行うなら、24時間録画に対応し、更にレグザに適合する外付けHDDを必ず選びましょう。

地デジを2週間以上、毎日5時間以上録画するなら4TB以上の大容量外付けHDDがおすすめです。

\ タイムシフトマシン対応外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

テレビ本体にタイムシフトマシンが無くなれば、レグザはこのまま衰退したかもしれません。

X9900Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

前モデルが残念な変化だった分、今期のレグザフラッグシップモデルはやっと他社に並んだ感じなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

映像エンジンとスピーカー構成、結構大きな進化だし、内容もいい感じだわ。

評価:4.0

コスト重視派

やっとドルビーアトモスに対応したね。会社が変わってバタバタしてたのか?昨年までの残念レグザと比べると頑張ったね。

えだまめくん

レグザに関しては昨年の刷新内容から見限ったユーザーも少なくなかったでしょう。でも今期は他社に並び返した印象です。

X9900Lがおすすめの人
  • レグザ有機ELテレビの映像美が好きな人
  • ビエラLZ2000がスペックオーバーだと感じる人
  • レグザブランドにこだわる人

\ X9900Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELレグザセカンドモデル]

X8900Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v・48v|

X8900L本体正面の画像

[X8900L セールスポイント]

高コントラスト有機ELパネル & 新世代エンジンZRⅡ

立体音響対応をリアルに再現する音響システムXP


新世代エンジンZRⅡ

X8900Lの有機ELパネル構成は排熱処理を施した前モデルを踏襲しているものの、映像エンジンはZRⅠからZRⅡへ進化したことが大きなセールスポイントです。

前モデル同様の高コントラスト有機ELパネルですが、前フラグシップモデルに先駆けて搭載された高冷却インナープレートを採用しているので、性能的には安心です。

レグザ専用高コントラスト有機ELパネル
レグザ専用高コントラスト有機ELパネル

東芝(TVS)レグザ公式ページより

一方、刷新された新世代エンジンは、レグザの有機ELテレビと液晶テレビのトップモデルに搭載された「レグザエンジン ZRα」と同様に、最新の自動画質技術に対応します。

レグザエンジン ZRⅡ
レグザエンジン ZRⅡ

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRⅡで強化された自動画質調整
美肌AIフェイストーンZRⅡ健康的で自然な質感の人肌を再現
ネット動画AIビューティZRⅡネット動画の映像も高画質に再現
地デジAIビューティZRⅡ番組の気になるノイズを抑え、くっきり高画質に
おまかせAIピクチャーZRⅡ視聴環境に合わせて画質を自動調整
えだまめくん

単純に比較すると、ZRαとZRⅡの違いはAI ナチュラル フォーカス テクノロジーの有無ですね。

立体音響対応をリアルに再現する音響システムXP

X8900Lは、6スピーカ72Wのパワフルな専用スピーカー構成がセールスポイント。

もちろんドルビーアトモスにも対応するため、迫力ある立体音響も楽しめます。

レグザ重低音立体音響システムXP
重低音立体音響システムXP

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

前モデルと内容は同じですが、セカンドモデルとしては十分なパワーです。

X8900Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.5

こだわり派

まあ、変化としては小さいので普通の評価でOKなのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

他社も有機ELセカンドモデルは冷却パネルを搭載し始めたし、内容的には十分ね。

評価:3.0

コスト重視派

前期モデルとはOSが違ってるのでは??戻ったのかな。

えだまめくん

大まかな機能面に大きな差異は見当たりませんが、細かい面が変わってるのでそこは機能比較でレビューしましょう。

X8900Lがおすすめの人
  • タイムシフトマシン内蔵にこだわらない人
  • ハイスペック有機ELテレビにこだわらない人

\ X8900Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザMini LEDモデル]

Z875L/Z870Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v|

Z875L本体正面の画像

[Z875L/Z870L セールスポイント]

Mini LED 広域量子ドット4K液晶ディスプレイ & 最新のレグザエンジンZRα*

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZP

最強の録画システム「タイムシフトマシーン」

*55Z870LはレグザエンジンZRⅡ


レグザの新しい液晶バックライト技術

今期の東芝(TVS)4K液晶レグザの目玉は何と言っても「Mini LEDバックライト」で、最大のセールスポイントです。

新開発 Mini LED広色域量子ドット液晶パネル

Mini LEDと従来のLEDバックライトでは何が違うのでしょうか?

Mini LEDは従来のLEDよりも大幅に小さく、液晶を制御する光をより細かく制御することで、有機ELに負けない従来モデル比2倍の高輝度で高コントラスト化を実現します。

更にZ875L/Z870Lでは、広色域量子ドットシートを間に挟むことで色表現が人間の色域に近くなり、より豊かで美しい映像を再現します。

東芝(TVS)4K液晶レグザの新Mini LEDパネル
Mini LEDパネル

東芝(TVS)レグザ公式ページより

最高峰の映像エンジンZRαでMini LEDをチューニング

Z875Lにはフラッグシップモデルと同じ「レグザエンジン ZRα」でMini LEDを制御します。

レグザエンジン ZRα
レグザエンジン ZRα

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRαで強化された自動画質調整
Mini LEDエリアコントロールZRα高コントラストな映像を再現
3次元カラーリマスターZRα実物感のある鮮やかな色彩やさくらの花びらなどの淡い色を高精度に映し出し、自然で豊かな色を再現
AI HDRオプティマイザーZRα普通の映像はHDRに、HDR映像はより美しく

一方、Z870Lには「レグザエンジンZRⅡ」が搭載されるので注意しましょう。

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZP

音を上部まで広げるトップツィーターを搭載した専用の重低音立体音響システムZPが、Z875L/Z870Lのセールスポイントです。

レグザとしては出力(70W)が控えめですが、トップツィーターとウーハーが搭載された構成はバランスの良い仕上がりで、立体音響技術のドルビーアトモスも搭載されています。

東芝(TVS)レグザのドルビーアトモスのイメージ(トップツィータ付きモデル)
Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

非常にバランスの良い構成です。

全録が簡単!タイムシフトマシン

レグザ最大のセールスポイントであるタイムシフトマシンもZ875L/Z870Lには搭載されているので安心です。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

東芝(TVS)レグザ公式ページより

タイムシフトマシンで全録を行うなら、24時間録画に対応し、更にレグザに適合する外付けHDDを必ず選びましょう。

地デジを2週間以上、毎日5時間以上録画するなら4TB以上の大容量外付けHDDがおすすめです。

\ タイムシフトマシン対応外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

今期は上位モデル全てに搭載されてますよ。

Z875L/Z870Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:5.0

こだわり派

久しぶりにレグザで興奮を覚えたのだ。わしは有機ELが好きだが、Mini LEDの美しさも高評価なのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

Z870Lは映像エンジンが落ちるけど、Z875Lを中心に評価するとやっぱり満点だわ。

評価:5.0

コスト重視派

あくまでもセールスポイントだけを評価すると隙はないね。でも、細かい機能には不満があることは内緒だよ。

えだまめくん

内容的にはホント贅沢な液晶テレビです。この内容で今後市場価格が下がれば最高ですね。

Z875L/Z870Lがおすすめの人
  • 新しい液晶技術を試したい人
  • 液晶テレビにこだわる人
  • レグザブランドにこだわる人

\ Z875L・Z870Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザハイエンドモデル]

Z770Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v|

Z770L本体正面の画像

[Z770L セールスポイント]

スリム直下型高輝度広域量子ドット4K液晶ディスプレイ

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZ

最強の録画システム「タイムシフトマシーン」


4K液晶レグザ直下型LEDバックライト搭載の最高モデル

2022年モデル、東芝(TVS)4K液晶レグザ Z770Lは液晶最高峰の遺伝子を受け継いだ、直下型LEDバックライト搭載の最も身近なハイエンドモデルです。

新開発 スリム直下型高輝度量子ドット倍速パネル

Mini LEDバックライトが登場し性能的には二番目に甘んじるも、最も汎用性が高くコスパに優れるのが直下型LEDバックライトパネル。

最新のバックライトはまだ高価なため、市場価格が落ち着くまでは直下型LEDバックライトの4K液晶テレビがボリュームゾーンになることは間違いありません。

Z770LはZ740XSの遺伝子を受け継ぎ、フルスペックに近い装備を備えつつ、広色域量子ドットで強化されたパネルがセールスポイントのモデルに仕上がっています。

東芝(TVS)4K液晶レグザに搭載のスリム直下型高輝度量子ドット倍速パネル
量子ドット倍速パネル

東芝(TVS)レグザ公式ページより

新世代エンジンZRⅡ

広色域量子ドットパネルのサポートするのが、新しく開発され「レグザエンジンZRⅡ」。

レグザエンジン ZRⅡ
レグザエンジン ZRⅡ

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRⅡで強化された自動画質調整
美肌AIフェイストーンZRⅡ健康的で自然な質感の人肌を再現
ネット動画AIビューティZRⅡネット動画の映像も高画質に再現
地デジAIビューティZRⅡ番組の気になるノイズを抑え、くっきり高画質に
おまかせAIピクチャーZRⅡ視聴環境に合わせて画質を自動調整
えだまめくん

前モデルのパネルと比較して、より鮮やかな色彩表現が期待できます。

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZ

前モデルのZ740XSで不満点の一つだったのが、立体音響への対応が他社よりも遅れていたことでした。

Z770Lは立体音響を次元するドルビーアトモスに対応するのみでなく、トップツィーターを装備した新しいスピーカー構成で、よりリアルで包み込むようなサウンドを実現しています。

単純な出力頼みの音響システムから、最新の音響システムへ刷新されたことはZ770Lの重要なセールスポイントになります。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

4K液晶レグザと言えば「Z7XX」シリーズでしたが、今期のZ770Lで他社同等の音響技術をやっと装備完了しました。

タイムシフトマシンも標準装備

レグザ最大のセールスポイントであるタイムシフトマシンもZ770Lには搭載されているので安心です。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

東芝(TVS)レグザ公式ページより

タイムシフトマシンで全録を行うなら、24時間録画に対応し、更にレグザに適合する外付けHDDを必ず選びましょう。

地デジを2週間以上、毎日5時間以上録画するなら4TB以上の大容量外付けHDDがおすすめです。

\ タイムシフトマシン対応外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

今期のレグザでタイムシフトマシン搭載機種を選ぶなら、Z770Lが最もリーズナブルなモデルとなります。

Z770Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

レグザの4K液晶テレビと言えば、この位置が最も人気が高い機種であることをわしは知っているのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

前期のラインナップを見たら「レグザ終わった…」と思ったけど、ひとまず安心だわ。

評価:4.5

コスト重視派

この位置付けの4K液晶レグザが他を引っ張らないとテレビ業界は始まらないよ。とりあえず満足なセールスポイントだね。

えだまめくん

4K液晶レグザの面目躍如という感じの内容でしたね。市場価格も安値で牽引してくれると面白くなります。

Z770Lがおすすめの人
  • タイムシフトマシン搭載のレグザが欲しい人
  • Mini LEDには興味が無い人
  • レグザブランドにこだわる人

\ Z770Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザハイグレードモデル]

Z670Lシリーズ|サイズ展開:50v・43v|

Z670L本体正面の画像

[Z670L セールスポイント]

直下型高輝度広域量子ドット4K液晶ディスプレイ

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZ


Z770Lの廉価版モデル

Z670Lは前期から発生した新しいカテゴリーのモデルですが、上位モデルのZ770Lとはタイムシフトマシンの有無が大きな違いです。

新開発 直下型高輝度量子ドット倍速パネル

パネルに関してはZ770Lと同等で、見た目的に「スリム」か否かの細かい差別化が図られているだけ。

映像エンジンは同じ「レグザエンジンZRⅡ」なので、Z670Lにとっても立派なセールスポイントになります。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

上位モデルのZ770Lとほぼ変わらない構成が嬉しいですね。

立体音響対応をリアルに再現する音響システムZ

音響システムについても上位モデルのX770Lと内容が同じことが、Z670Lのセールスポイントです。

トップツィーター搭載なので、包み込むように立体音源をリアルに再生します。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

4K液晶レグザと言えば「Z7XX」シリーズでしたが、今期のZ770Lで他社同等の音響技術をやっと装備完了しました。

Z670Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.0

リーズナブル派

タイムシフトマシンが不要な人には良い選択になるモデルだわ。

評価:3.5

コスト重視派

内容的には十分だけど、やっぱりレグザからタイムシフトマシンを取ると平凡な評価にしかならないね。

えだまめくん

前期登場時はよく分からないモデルでしたが、タイムシフトマシンの無いZ770Lと考えれば分かりやすいですね。

Z670Lがおすすめの人
  • タイムシフトマシンが不要な人
  • レグザブランドにこだわる人

\ Z670Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザ高機能エントリーモデル]

Z570Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v・50v・43v|

Z570L本体正面の画像

[Z570L セールスポイント]

全面直下LEDバックライト倍速4K液晶パネル

重低音立体音響システム


全面直下型LEDと倍速がこだわりのパネル

全面直下型LEDバックライト搭載の倍速パネルがZ570Lのセールスポイントです。

各社、エントリーモデルのパネルには倍速機能が備わっていないことが多く、倍速パネルの有無にこだわるならZ570Lが4K液晶レグザで一番お求めやすい機種となります。

更に、Z570Lはバックライトが全面直下型タイプであることも特徴の一つと言えるでしょう。

東芝(TVS)4K液晶レグザの新開発 直下型倍速パネル
全面直下型倍速パネル

東芝(TVS)レグザ公式ページより

新世代エンジンZRⅡで映像チューニング

Z570Lも新しく開発され「レグザエンジンZRⅡ」がレグザらしい映像を作り出します。

レグザエンジン ZRⅡ
レグザエンジン ZRⅡ

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRⅡで強化された自動画質調整
美肌AIフェイストーンZRⅡ健康的で自然な質感の人肌を再現
ネット動画AIビューティZRⅡネット動画の映像も高画質に再現
地デジAIビューティZRⅡ番組の気になるノイズを抑え、くっきり高画質に
おまかせAIピクチャーZRⅡ視聴環境に合わせて画質を自動調整
えだまめくん

液晶パネルのバックライト方式は色々ありますが、全面にLEDが備わっている方がエッジタイプより高価です。

リアルに音を再現する重低音立体音響システム

Z570Lの音響システムはトップツィーターが省かれているものの、ウーハーが配置されており、レグザらしい迫力ある重低音が楽しめることがセールスポイントです。

もちろん、ドルビーアトモスで立体音響も再開可能。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

えだまめくん

Z570Lは倍速パネルの有無を決める最低ラインの機種なので、少しだけ上位モデルより機能が劣ります。

Z570Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

このクラスは買わないが、普通に視聴するだけのユーザーなら十分な内容なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

ウーハー搭載のスピーカー構成がレグザらしさの表れだわ。

評価:3.0

コスト重視派

あくまでも倍速パネルの有無が重要な選択肢の機種だね。まあ、機能的には十分だけどね。

えだまめくん

位置付けが下のモデルを選択する際は、自分が欲しい機能を明確にすることが大事ですね。

Z570Lがおすすめの人
  • タイムシフトマシンが不要な人
  • 倍速パネルにこだわる人

\ Z570Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザエントリーモデル]

M550Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v・50v・43v|

M550L本体正面の画像

[M550L セールスポイント]

全面直下LEDバックライト4K液晶パネル

省エネ性能


エントリーモデルにも全面直下LEDパネルを採用

M550Lはエントリーモデルなので倍速機能はありません

しかし、パネル本体は全面直下LEDのバックライトを採用しており、輝度面が有利な高品質エントリーモデルであることがセールスポイントと言えるでしょう。

また、映像エンジンも上位モデルと同じ「レグザエンジンZRⅡ」を使用していることも魅力です。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

レグザエンジン ZRⅡで強化された自動画質調整
美肌AIフェイストーンZRⅡ健康的で自然な質感の人肌を再現
ネット動画AIビューティZRⅡネット動画の映像も高画質に再現
地デジAIビューティZRⅡ番組の気になるノイズを抑え、くっきり高画質に
おまかせAIピクチャーZRⅡ視聴環境に合わせて画質を自動調整
えだまめくん

倍速機能こそありませんが、パネル本体はエッジ型よりも高級な全面直下LEDが採用されておりより明るくなりました。

省エネ性能に優れるモデル

今期のM550Lは75v型と65v型の2サイズしか当初発表がありませんでしたが、遅れて3サイズを追加してきました。

本体が安いモデルでも超大型サイズを選択する際は、設置スペースと共に電気代が気になる人も多いと思います。

M550Lの消費電力は、他社のモデルと比較して最も消費電力量が少なく、省エネ性能に優れる点がM550Lのセールスポイントと言えます。

以下の表は、2022年モデルで省エネ性能の高い機種の消費電力を比較したものです。

ブランドモデル75v型65v型55v型50v型43v型
REGZAM550L248W201W149W133W132W
VIERALX800295W255W190W155W117W
BRAVIAX80K317W241W213W151W114W
AQUOSEL1340W260W-151W145W
2022年モデル消費電力比較
えだまめくん

ハイエンドモデルの4K液晶テレビと比較すれば、55v型のハイエンドモデルの消費電力で75v型が視聴出来ちゃいます。

M550Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

機能にこだわりがなければ、普通の家庭なら電気代がかからないテレビが魅力的なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

超大型モデルに力が入った感じだわ。それだけ省エネ性に自信があるのね。

評価:3.0

コスト重視派

機能を削ぎ落として消費電力が変わらないモデルも沢山あるから、ちゃんと細かく分析して買わなくちゃ損だよね。

えだまめくん

メーカーも消費者目線でM550Lの魅力を伝えてきた感じです。省エネ性能はこれからの時代は最も重要です。

M550Lがおすすめの人
  • 超大型テレビを手軽に導入したい人
  • テレビの電気代にこだわる人

\ M550Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

セールスポイント評価まとめ2022年モデル東芝(TVS)・レグザ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
X9900L4.0
4.0
4.0
X8900L3.5
3.5
3.5
Z875L5.0
5.0
5.0
Z870L5.0
5.0
5.0
Z770L4.0
4.5
4.5
Z670L3.0
3.5
3.5
Z570L3.0
3.0
3.0
M550L3.0
3.0
3.0

2022年発売の東芝(TVS)・レグザのセールスポイントを見ると、中途半端な前期モデルからフルラインナップへ大きく変化した年です。

液晶新技術のMini LED採用のZ875L/Z870L、前モデルから年数が経過したフラッグシップモデルのX9900Lや4K液晶のZ770Lは明らかなフルモデルチェンジと言えます。

全体的に見ても映像エンジンが刷新されており、新しいレグザの出発点という印象。

前期の迷走感が一気に払拭されたのか?その答えはもう暫く様子を伺う必要がありそうですが、今期のレグザは魅力的なラインナップであることに間違いありません。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

レグザに適合する外付けHDDをお探しならこちらの記事をご活用下さい♪

2022年東芝(TVS)レグザ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

Sponsored Link
【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビのセールスポイントを比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!