【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビの視聴性能と設置性を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L

【2022 REGZA】東芝(TVS)テレビの視聴性能と設置性を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのTOSHIBA(東芝-TVS)のテレビブランドであるREGZA(レグザ)について、見やすさや設置のしやすさを示す「視聴環境・設置性」を明確化し評価を行いました。

テレビは「見るもの」なので、視聴性能と最適な高さで安全に設置することが重要です。

映像美を損なうことなくパネルの反射を抑える技術が備わっていても、視聴体制に応じた最適な置き方で視聴環境を整えないとせっかくの機能が無駄になるばかりか健康を害いかねません。

東芝(TVS)・レグザ2022年モデル、X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550Lの視聴環境性能と設置性を知れば、使用環境にマッチしたテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売東芝(TVS)レグザの見やすさ対策
  • シリーズごとの視聴・設置性能の違い
    • 対象:X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

東芝(TVS)レグザ2022モデル|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L|

東芝(TVS)レグザの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
X9900L本体正面の画像
X9900L
X8900L本体正面の画像
X8900L
Z875L本体正面の画像
Z875L/Z870L
Z770L本体正面の画像
Z770L
Z670L本体正面の画像
Z670L
Z570L本体正面の画像
Z570L
M550L本体正面の画像
M550L
映像有機EL有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響普通
サイズ
展開
65v|55v65v|55v|48v75v|65v
|55v
75v|65v
|55v
50v|43v65v|55v
|50v|43v
75v|65v
進化
レベル
普通普通普通普通
デザイン普通普通普通普通普通微妙
価格高い普通高い高い普通普通安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
レグザ2022年モデル概要

テレビは視聴体制によって目線の高さが違うので、新しいレグザもサイズ別にテレビのセンター高さ位置を把握することが重要です。

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ
視聴方法別視点の高さ

↑ 目次へ戻る

レグザ視聴性能向上施策|東芝(TVS)レグザ(REGZA)|

東芝(TVS)レグザで共通仕様として展開される視聴性向上技術を解説します。

レグザ独自のブルーライト低減技術

ディスプレイのブルーライトを低減させる技術は、全モデル共通で展開されています。

テレビがもたらすブルーライトの影響

ブルーライトは紫外線の次に波長の短い(380〜500nm)光です。光は波長が短いと強いエネルギーを持つ言われ、紫外線(UV)の影響は有名ですね。

人工的な光でブルーライトが大きいのが「LED」で、スマホやパソコンの影響が最も大きく、液晶テレビはその半分程度と言われています。

また、有機ELテレビについてはLEDを使用していませんが、データ的には同じ波長の光が液晶テレビの約半分放出されており、影響は少ないもののゼロではありません。

機器影響
スマホ・PC100
液晶テレビ50
有機ELテレビ25
スマホ・PCを100とした場合のブルーライト量比較

一般的なブルーライトの影響を具体的に書き出すと次の通りとなります。

  • 昼間の光と勘違いして体内時計を狂わす
  • ドライアイ・目のかすみ・焦点が合いずらい
  • 眼精疲労・肩こり・頭痛
  • 網膜への影響・加齢黄斑変性症の誘発

レグザのブルーライト低減量

2022年モデルのレグザでは、従来モデルから有機ELディスプレイで約20〜40%、液晶ディスプレイで約40%のブルーライトを低減させるブルーライトカットディスプレイが採用され、安全な視聴環境が期待できます。

比較すると以下のように違いが明確です。

機器影響一般のTVレグザ
スマホ・PC100--
液晶テレビ505030
有機ELテレビ252520〜15
スマホ・PCを100とした場合のブルーライト量比較
4K有機ELレグザ

東芝(TVS)レグザ公式ページより

4K液晶レグザ

東芝(TVS)レグザ公式ページより

ブルーライトの影響は画面に近づけば近づくほど大きくなり、特に20〜30㎝で凝視することが多いスマホやPCで影響が大きくなるのもそれが理由です。

最近の4Kテレビは大型化への誘因施策なのか?

高精細を理由に、より近くで視聴するこを推奨していますが、従来の液晶テレビの推奨距離または少なくとも1m以上離れて視聴すればブルーライトの影響は少ないと言われています。

テレビの視聴距離については、以下の記事を参考にして下さい。

視聴環境や映像ソースに合わせた映像の最適化

2022年モデルのレグザでは、心臓部であるレグザエンジンによって、最適な視聴環境を構築する画質の自動調整技術が標準装備されています。

おまかせAIピクチャーは、色温度センサーによって視聴環境に最適な画質を自動調整。

レグザの視聴環境に合わせて画質を自動調整するおまかせAIピクチャー
おまかせAIピクチャー(写真はZRⅡ)

東芝(TVS)レグザ公式ページより

今やレグザの代名詞とも言えるクラウドAI技術は、クラウドに蓄積された映像ソースを分析。

ジャンルに合わせ最適な画質を構築し、おまかせAIピクチャーと共に視聴環境を整えます。

レグザの映像調整データバンクであるクラウドAIテクノロジー
クラウドAI(写真はZRⅡ)

東芝(TVS)レグザ公式ページより

視聴環境に追随する音声

2022年モデルのレグザはオーディオキャリブレーションによって、音響特性を自動調整し、視聴環境に合わせた最適な音場作りが行われます。

東芝(TVS)レグザ公式ページより

[4K有機ELレグザフラッグシップモデル]

X9900Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v|

東芝4K有機ELレグザ X9900L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したX9900Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX9900Lシリーズのサイズ別(65v/55v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX9900Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション65v型55v型
スタンド外側459㎜397㎜
X9900L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、X9900Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制65v型55v型
床に
座る
341㎜403㎜
低い
ソファー
541㎜603㎜
高い
ソファー
741㎜803㎜
ダイニング
チェアー
841㎜903㎜
X9900L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X9900Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X9900Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

65v型55v型
29.5kg21.5kg
X9900L卓上スタンド込みの重量

X9900Lに最適なテレビ台の例

X9900Lでネックとなるのが画面センター位置が意外と低いことでしょう。

耐荷重はもちろん、比較的背の高いテレビ台がベストですが、背の高いテレビ台は耐荷重性能が劣る安価なものが多く選択肢があまり広くありません。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
759㎜
最適やや低
55v型
697㎜
最適やや低
X9900Lへの適正

VESAを使用したX9900Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X9900Lの場合、VESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X9900Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

タイムシフトマシン装備で最高の録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

X9900Lはレグザの代名詞である「タイムシフトマシン」が標準で装備されているので、24時間録画対応かつ大容量の外付けHDDを先ず選ぶことが肝要です。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

私の場合、4TBの外付けHDDで毎日19時〜24時まで6chを録画しているので、約3週間前の番組まで遡って視聴を行っています。

ちなみに同じように毎日5時間タイムシフトマシンで録画を行った際、外付けHDDの容量で録画期間がこれだけ変わりますよ。

録画時間2TB3TB4TB
5時間約10日間約15日間約20日間
タイムシフトマシン録画時間(例)

更に視聴性を整えるために、タイムシフトマシン専用の外付けHDDの他に通常番組の録画専用にもう1台、合計2台の外付けHDDを用意すれば万全です。

タイムシフトマシン対応の東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

X9900L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.5

こだわり派

なかなか良いデザインでわしの家にも合いそうなのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

卓上スタンドの幅が調整可能で視聴性が高い割にデザインもなかなかだわ。

評価:3.0

コスト重視派

以前のフラッグシップレグザと比較して軽くなったのは良い印象を持てるね。

えだまめくん

レグザのフラッグシップモデルは自我が強くて、重量も置きやすさも二の次って感じでしたが、今期はフレンドリーな印象です。

X9900Lがおすすめの人
  • 重さが気にならないフラッグシップ有機ELテレビが欲しい人
  • 若干狭いテレビ台を流用したい人
  • 録画機能が充実したテレビが欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELレグザセカンドモデル]

X8900Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v・48v|

東芝4K有機ELレグザ X8900L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したX8900Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX8900Lシリーズのサイズ別(65v/55v/48v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX8900Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション65v型55v型48v型
スタンド外側460㎜393㎜353㎜
X8900L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、X8900Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制65v型55v型48v型
床に
座る
340㎜407㎜447㎜
低い
ソファー
540㎜607㎜647㎜
高い
ソファー
740㎜807㎜847㎜
ダイニング
チェアー
840㎜907㎜947㎜
X8900L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X8900Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X8900Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

65v型55v型48v型
32.5kg23.0kg20.0kg
X8900L卓上スタンド込みの重量

X8900Lに最適なテレビ台の例

X8900Lのネックは65v型の重量が30kgを超えることですが、耐荷重性が高く高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
760㎜
最適やや低
65v型 X8900Lへの適正

55v型より小さいサイズは、高さ318㎜〜438㎜で調整可能なテレビ台を使用すれば最適な視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
55v型
711㎜
831㎜
最適最適
48v型
671㎜
791㎜
最適最適やや低
55v型・48v型 X8900Lへの適正

VESAを使用したX8900Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X8900Lの場合、48v型のVESA位置はほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

一方で、65v型と55v型についてはVESA位置が下側なので、設置後はイメージより画面位置が高く感じるかもしれません。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X8900Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

X8900Lは残念ながらタイムシフトマシンが標準では備わっていませんが、チューナー数は十分なので裏録やダブル録画に備えた外付けHDDの準備をおすすめします。

東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

X8900L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

出しゃばらない、シンプルなデザインで見やすそうなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

回転式スタンドだから、視聴位置に合わせて気軽にテレビの角度が変えられるわね。

評価:3.0

コスト重視派

タイムシフトマシンが標準じゃないのが気になるけど、視聴性確保は十分な設計だね。

えだまめくん

有機ELレグザのセカンドモデルなので機能は絞られていますが、回転式スタンドなど、ファミリーユースを意識した仕上がりです。

X8900Lがおすすめの人
  • 気軽に有機ELテレビを楽しみたい人
  • 座る位置で視聴角度が大きく変わる環境の人
  • タイムシフトマシンにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザMini LEDモデル]

Z875L/Z870Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v|

東芝4K液晶Mini LEDレグザ Z875L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したZ875L/Z870Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のZ875L/Z870Lシリーズのサイズ別(75v/65v/55v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはZ875L/Z870Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型55v型
スタンド外側525㎜459㎜396㎜
Z875L/Z870L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、Z875L/Z870Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制75v65v型55v型
床に
座る
275㎜341㎜404㎜
低い
ソファー
475㎜541㎜604㎜
高い
ソファー
675㎜741㎜804㎜
ダイニング
チェアー
775㎜841㎜904㎜
Z875L/Z870L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ Z875L/Z870Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

Z875L/Z870Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型55v型
40.0kg29.5kg21.5kg
Z875L/Z870L卓上スタンド込みの重量

Z875L/Z870Lに最適なテレビ台の例

Z875L/Z870Lでネックとなるのが75v型と65v型の重量でしょう。

耐荷重性の高い比較的背の低いテレビ台がベストで、Z875L/Z870Lに合わせた高級感のあるテレビ台がおすすめです。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
825㎜
やや高最適最適
65v型
759㎜
最適やや低
55v型
696㎜
最適やや低
Z875L/Z870Lへの適正

VESAを使用したZ875L/Z870Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

Z875L/Z870Lの場合、VESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

Z875L/Z870Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

タイムシフトマシン装備で最高の録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

Z875L/Z870Lはレグザの代名詞である「タイムシフトマシン」が標準で装備されているので、24時間録画対応かつ大容量の外付けHDDを先ず選ぶことが肝要です。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

私の場合、4TBの外付けHDDで毎日19時〜24時まで6chを録画しているので、約3週間前の番組まで遡って視聴を行っています。

ちなみに同じように毎日5時間タイムシフトマシンで録画を行った際、外付けHDDの容量で録画期間がこれだけ変わりますよ。

録画時間2TB3TB4TB
5時間約10日間約15日間約20日間
タイムシフトマシン録画時間(例)

更に視聴性を整えるために、タイムシフトマシン専用の外付けHDDの他に通常番組の録画専用にもう1台、合計2台の外付けHDDを用意すれば万全です。

タイムシフトマシン対応の東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

Z875L/Z870L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

さすが威信をかけた最新Mini LEDモデルなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドの幅が調整可能で置き場所を選ばないわね。デザインもいい感じよ。

評価:4.0

コスト重視派

機能的にも外観的にもフラッグシップモデルによく似てるね。でも、反射が少ない液晶だから見やすさはこっちが上だね。

えだまめくん

ちょっと重たいのが気になりますが、レグザ初のMini LEDモデルなので気合いが入ってます。

Z875L/Z870Lがおすすめの人
  • 最新技術の高性能液晶テレビにこだわる人
  • 有機ELテレビが見にくい環境の人
  • 録画機能が充実したテレビが欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザハイエンドモデル]

Z770Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v|

東芝4K液晶レグザ Z770L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したZ770Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のZ770Lシリーズのサイズ別(75v/65v/55v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはZ770Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型55v型
スタンド外側522㎜451㎜388㎜
Z770L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、Z875L/Z870Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制75v65v型55v型
床に
座る
278㎜349㎜412㎜
低い
ソファー
478㎜549㎜612㎜
高い
ソファー
678㎜749㎜812㎜
ダイニング
チェアー
778㎜849㎜912㎜
Z770L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ Z770Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

Z770Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型55v型
37.0kg30.5kg22.0kg
Z770L卓上スタンド込みの重量

Z770Lに最適なテレビ台の例

Z770Lでネックとなるのが75v型と65v型の重量でしょう。

耐荷重性の高い比較的背の低いテレビ台がベストで、Z770Lに合わせた高級感のあるテレビ台がおすすめです。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
822㎜
やや高最適最適
65v型
751㎜
最適やや低
55v型
688㎜
最適やや低
Z770Lへの適正

VESAを使用したZ770Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

Z770Lの場合、VESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

Z770Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

タイムシフトマシン装備で最高の録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

Z770Lはレグザの代名詞である「タイムシフトマシン」が標準で装備されているので、24時間録画対応かつ大容量の外付けHDDを先ず選ぶことが肝要です。

東芝(TVS)レグザのタイムシフトマシンのイメージ
タイムシフトマシン

私の場合、4TBの外付けHDDで毎日19時〜24時まで6chを録画しているので、約3週間前の番組まで遡って視聴を行っています。

ちなみに同じように毎日5時間タイムシフトマシンで録画を行った際、外付けHDDの容量で録画期間がこれだけ変わりますよ。

録画時間2TB3TB4TB
5時間約10日間約15日間約20日間
タイムシフトマシン録画時間(例)

更に視聴性を整えるために、タイムシフトマシン専用の外付けHDDの他に通常番組の録画専用にもう1台、合計2台の外付けHDDを用意すれば万全です。

タイムシフトマシン対応の東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

Z770L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

事実上の液晶レグザハイエンド機なので視聴性もきちんと考慮されているのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

サイズによって卓上スタンドが異なる点に注意よ。75vは2wayスタンドで、65vと55vは回転式スタンドで視聴性が上よ。

評価:4.0

コスト重視派

反射防止対策とかきちんと対応してるよね。

えだまめくん

卓上スタンドはサイズによって違いがありますが、両方とも省スペース対応なので安心です。

Z770Lがおすすめの人
  • 高性能液晶テレビにこだわる人
  • 有機ELテレビが見にくい環境の人
  • 録画機能が充実したテレビが欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザハイグレードモデル]

Z670Lシリーズ|サイズ展開:50v・43v|

東芝4K液晶レグザ Z670L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したZ670Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のZ670Lシリーズのサイズ別(50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはZ670Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション50v型43v型
標準352㎜308㎜
Z670L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、Z670Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制50v型43v型
床に
座る
448㎜492㎜
低い
ソファー
648㎜692㎜
高い
ソファー
848㎜892㎜
ダイニング
チェアー
948㎜992㎜
Z670L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ Z670Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

Z670Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

50v型43v型
19.0kg15.0kg
Z670L卓上スタンド込みの重量

Z670Lに最適なテレビ台の例

Z670Lは小サイズで比較的軽いため、耐荷重性能がマッチすれば画面センター位置に合わせたテレビ台が選べます。

高さ318㎜〜438㎜で調整可能なテレビ台を使用すれば最適な視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
50v型
670㎜
790㎜
最適最適やや低
43v型
626㎜
746㎜
最適最適やや低
Z670Lへの適正

VESAを使用したZ670Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

Z670Lの場合VESA位置はほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

Z670Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

Z670Lは残念ながらタイムシフトマシンが標準では備わっていませんが、チューナー数は十分なので裏録やダブル録画に備えた外付けHDDの準備をおすすめします。

東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

Z670L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

小さいからどこにでも置けてみれるのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

回転式スタンドだから見る場所を選ばないわね。

評価:4.0

コスト重視派

小さくて軽いから回転式スタンドが必要かどうか分からないけど、内容的には普通に液晶だ。

えだまめくん

内容的にはタイムシフトマシンが無いZ770Lの小型版って感じですね。

Z670Lがおすすめの人
  • 大きなテレビが置けないない人
  • 2台目のテレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザ高機能エントリーモデル]

Z570Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v・50v・43v|

東芝4K液晶レグザ Z570L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したZ570Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のZ570Lシリーズのサイズ別(65v/55v/50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはZ570Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション65v型55v型50v型43v型
標準439㎜377㎜346㎜302㎜
Z570L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、Z570Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制65v型55v型50v型43v型
床に
座る
361㎜423㎜454㎜498㎜
低い
ソファー
561㎜623㎜654㎜698㎜
高い
ソファー
761㎜823㎜854㎜898㎜
ダイニング
チェアー
861㎜923㎜954㎜998㎜
Z570L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ Z570Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

Z570Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

65v型55v型50v型43v型
20.5kg15.5kg13.0kg10.0kg
Z570L卓上スタンド込みの重量

Z670Lに最適なテレビ台の例

Z570Lは重量が軽いため、耐荷重性能がマッチすれば画面センター位置に合わせたテレビ台が選べます。

高さ318㎜〜438㎜で調整可能なテレビ台を使用すれば最適な視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
757㎜
877㎜
最適最適
55v型
695㎜
815㎜
最適最適最適
50v型
664㎜
784㎜
最適最適やや低
43v型
620㎜
740㎜
最適最適やや低
Z570Lへの適正

VESAを使用したZ570Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

Z570Lの場合、43v型はVESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りの高さに感じられるでしょう。

一方、その他サイズは全てVESA位置が下よりなので、設置後はイメージより画面が高く感じるかもしれません。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

Z570Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

Z570Lは残念ながらタイムシフトマシンが標準では備わっていませんが、チューナー数は十分なので裏録やダブル録画に備えた外付けHDDの準備をおすすめします。

東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

Z570L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

まあ、このレベルじゃあこんなものなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

卓上スタンドはワイドタイプなので置き場所を選ぶわね。

評価:2.0

コスト重視派

ほぼエントリーモデルだし、液晶テレビの見やすさだけがポイントだね。

えだまめくん

倍速パネルの最低ラインモデルなので、上位モデルと比較すると若干視聴性は劣る感じです。

Z570Lがおすすめの人
  • 倍速の見やすさにこだわる人
  • 2台目のテレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶レグザエントリーモデル]

M550Lシリーズ|サイズ展開:75v・65v|

東芝4K液晶レグザ M550L本体正面の画像

東芝(TVS)レグザ公式ページより

卓上スタンドを使用したM550Lで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のM550Lシリーズのサイズ別(75v/65v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはM550Lに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型
標準507㎜439㎜
M550L卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、M550Lの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制75v型65v型
床に
座る
293㎜361㎜
低い
ソファー
493㎜561㎜
高い
ソファー
693㎜761㎜
ダイニング
チェアー
793㎜861㎜
M550L視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ M550Lサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

M550Lの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型
29.0kg19.5kg
M550L卓上スタンド込みの重量

M550Lに最適なテレビ台の例

M550Lは重量が軽いため(75v型は少し注意)、耐荷重性能がマッチすれば画面センター位置に合わせたテレビ台が選べます。

高さ318㎜〜438㎜で調整可能なテレビ台を使用すれば最適な視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
825㎜
945㎜
やや高最適
65v型
757㎜
877㎜
最適最適
M550Lへの適正

VESAを使用したM550Lで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

M550Lの場合VESA位置が下側のため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高く感じられるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

M550Lに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

M550Lは残念ながらタイムシフトマシンが標準では備わっていませんが、チューナー数は十分なので裏録やダブル録画に備えた外付けHDDの準備をおすすめします。

東芝(TVS)レグザに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

Z570L視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

卓上スタンドは工夫があるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

このクラスでは珍しく、卓上スタンドの幅が調整できるので置き場所を選ばないわね。

評価:2.0

コスト重視派

細かい機能は落ちるけど、卓上スタンドが決め手かな。

えだまめくん

超大型サイズに絞ってきたM550Lですが、省スペースにも対応する卓上スタンドが視聴性をアップします。

M550Lがおすすめの人
  • 安く大型のテレビを試したい人
  • 幅が狭いテレビスタンドを流用する人
  • タイムシフトマシンにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

視聴環境・設置性の評価まとめ2022年モデル東芝(TVS)・レグザ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
X9900L4.5
3.5
3.0
X8900L4.0
3.0
3.0
Z875L4.0
4.0
4.0
Z870L4.0
4.0
4.0
Z770L4.0
4.0
4.0
Z670L3.0
4.0
4.0
Z570L3.0
3.0
2.0
M550L3.0
3.0
2.0

この記事では2022年発売の東芝(TVS)・レグザの視聴性と設置性ついて評価を行いました。

また、最適な視聴環境を構築する際に必要な知識と、最適なテレビの置き方についても情報を発信しています。

高機能で高価なレグザを選んでも、そのテレビに適した視聴環境を整えないとせっかくの機能も無駄になってしまいます。

見落としがちな視聴環境についても購入の検討材料とすることをおすすめします。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2022年東芝(TVS)レグザ関連記事

Sponsored Link
【2022 REGZA】東芝(TVS)テレビの視聴性能と設置性を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!