【2022 BRAVIA】 ソニーテレビの視聴性能と設置性を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK

【2022 BRAVIA】 SONYテレビの視聴性能と設置性を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのSONY(ソニー)のテレビブランドであるBRAVIA(ブラビア)について、見やすさや設置のしやすさを示す「視聴環境・設置性」を明確化し評価を行いました。

テレビは「見るもの」なので、視聴性能と最適な高さで安全に設置することが重要です。

映像美を損なうことなくパネルの反射を抑える技術が備わっていても、視聴体制に応じた最適な置き方で視聴環境を整えないとせっかくの機能が無駄になるばかりか健康を害いかねません。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの視聴環境性能と設置性を知れば、使用環境にマッチしたテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売ソニーブラビアの見やすさ対策
  • シリーズごとの視聴・設置性能の違い
    • 対象:A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

ソニーブラビア2022モデル|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK|

ソニーブラビアの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
ソニー4K有機ELブラビア A95K本体正面の画像
A95K
ソニー4K有機ELブラビア A80K本体正面の画像
A80K
ソニー4K有機ELブラビア A90K本体正面の画像
A90K
ソニー4K液晶Mini LEDブラビア X95K本体正面の画像
X95K
ソニー4K液晶ブラビア X90K本体正面の画像
X90K
ソニー4K液晶ブラビア X85K本体正面の画像
X85K
ソニー4K液晶ブラビア X80K本体正面の画像
X80K
ソニー4K液晶ブラビア X80WK本体正面の画像
X80WK
映像有機EL有機EL有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響
サイズ
展開
65v|55v77v|65v|55v48v|42v85v|75v
|65v
85v|75v
|65v|55v
|50v
55v|50v
|43v
75v|65v
|55v|50v
|43v
75v|65v
|55v|50v
|43v
進化
レベル
普通普通普通極小
デザイン普通微妙微妙微妙
価格高い高い高い高い高い普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
ブラビア2022年モデル概要

テレビは視聴体制によって目線の高さが違うので、新しいブラビアもサイズ別にテレビのセンター高さ位置を把握することが重要です。

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELブラビアフラッグシップモデル]

A95Kシリーズ|サイズ展開:65v・55v|

ソニー4K有機ELブラビア A95K本体正面の画像

A95Kシリーズ視聴性能アップの工夫

自動画質調整で高輝度を活かす

光の射し込む明るい部屋では、その明るさに負けないパネル輝度が求められます。

有機ELテレビはパネル輝度が弱点でしたが、A95Kは同社最高レベルの高輝度有機ELパネルへ進化したので見やすさが向上しています。

しかし、昼間に合わせ明るい画面を設定すると、夜間の視聴時では眩しく感じ、目の健康を損なうばかりか、無駄に電力を消費することに繋がりかねません。

A95Kでは「環境光センサー」でリアルタイムに明るさと色温度を検知し、常に見やすさを最適化できるので昼間の見にくさを自動で緩和します。

ソニーブラビアの環境光センサー機能
最適な視聴性

ブラビアカムで最適な視聴環境を実現

新しく付属されたブラビアカムは視聴性のアップにも寄与します。

ブラビアカムをブラビアへ接続することでブラビアカムのセンサーが視聴距離と位置を認識し、映像と音を自動で調整し、常に最適な視聴環境を可能にします。

具体的な視聴性アップ対策は次の通り。

  • パネルの明るさ調整
  • LRの御場補正とボイスズーム

卓上スタンドを使用したA95Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のA95Kシリーズのサイズ別(65v/55v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはA95Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション65v型55v型
フロント428㎜366㎜
バック454㎜391㎜
A95K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、A95Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「フロントポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制65v型55v型
床に
座る
372㎜434㎜
低い
ソファー
572㎜634㎜
高い
ソファー
772㎜834㎜
ダイニング
チェアー
872㎜934㎜
A95K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ A95Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

A95Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

65v型55v型
40.9kg31.0kg
A95K卓上スタンド込みの重量

A95Kに最適なテレビ台の例

A95Kでネックとなるのが重量と画面センター位置が意外と低いことでしょう。

耐荷重の高い、比較的背の高いテレビ台がベストですが、背の高いテレビ台は耐荷重性能が劣る安価なものが多く選択肢があまり広くありません。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
728㎜
最適やや低
55v型
666㎜
最適やや低
A95Kへの適正

VESAを使用したA95Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

A95Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

A95Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

4Kブラビアは全ての放送が3チューナー対応。裏録や2番組同時録画が可能なので大容量の外付けHDDを導入し、視聴環境を整えることが肝要です。

ソニーブラビア3チューナーの録画性能
外付けHDD対応

トリプルチューナーのソニーブラビアに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

A95K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.5

こだわり派

デザインも秀逸でわしの家にピッタリなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

正直、デザイン優先で卓上スタンドの使用勝手が悪いわ。設置幅はもちろん、重さも気にしなきゃならないわ。

評価:2.0

コスト重視派

普通の家じゃ使いにくそうだ。

えだまめくん

使い勝手を犠牲にしたデザイン性という表現がピッタリかもしれない、少しマニアックなモデルのようです。

A95Kがおすすめの人
  • しっかりしたテレビ台に設置する人
  • 固定して動かさない前提で視聴する人
  • 低ソファーでゆったり視聴することが多い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELブラビアセカンドモデル]

A80Kシリーズ|サイズ展開:77v・65v・55v|

ソニー4K有機ELブラビア A80K本体正面の画像

A80Kシリーズ視聴性能アップの工夫

ブラビアカム(別売)で最適な視聴環境を実現

新しく発売されたブラビアカムを購入すれば視聴性のアップに寄与します。

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアカム解説

卓上スタンドを使用したA80Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のA80Kシリーズのサイズ別(77v/65v/55v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはA80Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション77v型65v型55v型
外側/内側531㎜450㎜388㎜
サウンドP573㎜492㎜430㎜
A80K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、A80Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「外側/内側ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制77v型65v型55v型
床に
座る
269㎜350㎜412㎜
低い
ソファー
469㎜550㎜612㎜
高い
ソファー
669㎜750㎜812㎜
ダイニング
チェアー
769㎜850㎜912㎜
A80K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ A80Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

A80Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

77v型65v型55v型
37.0kg24.6kg19.5kg
A80K卓上スタンド込みの重量

A80Kに最適なテレビ台の例

A80Kは卓上スタンドの幅も調整可能なので、テレビにマッチした耐荷重性能の高いテレビ台が合います。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
77v型
831㎜
やや高最適最適
65v型
750㎜
最適やや低
55v型
688㎜
最適やや低
A80Kへの適正

VESAを使用したA80Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

A80Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

A80Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

A80K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

セカンドモデルらしいファミリー用途の仕上がりなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドが調整できるから便利だわ。

評価:4.0

コスト重視派

パネルの見やすさに関しては対策が皆無だけど、設置性は申し分ないね。

えだまめくん

あらゆるニーズに応える設置性が嬉しいA80Kでした。

A80Kがおすすめの人
  • 幅の狭いテレビ台に設置する人
  • 光の反射が少ない部屋で視聴する人
  • サウンドバーをテレビの下へ設置したい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELブラビア小型ハイグレードモデル]

A90Kシリーズ|サイズ展開:48v・42v|

ソニー4K有機ELブラビア A90K本体正面の画像

A90Kシリーズ視聴性能アップの工夫

ブラビアカム(別売)で最適な視聴環境を実現

新しく発売されたブラビアカムを購入すれば視聴性のアップに寄与します。

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアカム解説

卓上スタンドを使用したA90Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のA90Kシリーズのサイズ別(48v/42v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはA90Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション48v型42v型
標準318㎜286㎜
ハイ391㎜355㎜
A90K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、A90Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「標準ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制48v型42v型
床に
座る
482㎜514㎜
低い
ソファー
682㎜714㎜
高い
ソファー
882㎜914㎜
ダイニング
チェアー
982㎜1014㎜
A90K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ A90Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

A90Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

48v型42v型
16.5kg16.4kg
A90K卓上スタンド込みの重量

A90Kに最適なテレビ台の例

A90Kは卓上スタンドの高さ調整も可能で、重量も気にするほど重くないため、テレビにマッチした少し高級感のあるテレビ台が合うでしょう。

ただ、小型サイズなので、TV台はある程度の高さがあるもの、更に高さ調整が可能なものが最適です。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
48v型
636㎜
829㎜
最適最適最適
42v型
604㎜
793㎜
最適最適
A90Kへの適正

VESAを使用したA90Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

A90Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

A90Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

A90K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

小さい有機ELテレビなのでこんなものなのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

高さ調整できるから便利ね。小型サイズはこうじゃなきゃ。

評価:3.0

コスト重視派

こちらもパネルの見やすさに関しては対策が皆無だけど、設置性は申し分ないね。

えだまめくん

コンパクトサイズなのであまり低いテレビ台はやはり適さないですね。

A90Kがおすすめの人
  • 高めのテレビ台に設置する人
  • 光の反射が少ない部屋で視聴する人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアMini LEDモデル]

X95Kシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v|

ソニー4K液晶Mini LEDブラビア X95K本体正面の画像

自動画質調整で高輝度を活かす

X95Kでは「環境光センサー」でリアルタイムに明るさと色温度を検知し、常に見やすさを最適化できるので昼間の見にくさを自動で緩和します。

ソニーブラビアの環境光センサー機能
最適な視聴性

また、明るい環境下でも映り込みを防ぐX-Anti Reflectionと斜めからも見やすいX-Wide Angleも装備。

ブラビアカム(別売)で最適な視聴環境を実現

新しく発売されたブラビアカムを購入すれば視聴性のアップに寄与します。

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアカム解説

卓上スタンドを使用したX95Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX95Kシリーズのサイズ別(85v/75v/65v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX95Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション85v型75v型65v型
外側562㎜500㎜437㎜
サウンド623㎜561㎜498㎜
内側575㎜513㎜450㎜
X95K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、A90Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「外側ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制85v型75v型65v型
床に
座る
238㎜300㎜363㎜
低い
ソファー
438㎜500㎜563㎜
高い
ソファー
638㎜700㎜763㎜
ダイニング
チェアー
738㎜800㎜863㎜
X95K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X95Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X95Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

85v型75v型65v型
54.7kg44.1kg33.0kg
X95K卓上スタンド込みの重量

X95Kに最適なテレビ台の例

X95Kは超大型サイズが中心で重量もあるため、低床で耐荷重性の高いテレビスタンドを選びましょう。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
85v型
862㎜
やや高最適最適
75v型
800㎜
最適最適
65v型
737㎜
最適やや低
X95Kへの適正

VESAを使用したX95Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X95Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X95Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

X95K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.5

こだわり派

全ての点で視聴性を考慮した作りなのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

パネル反射対策、調整可能な卓上スタンド、どれをとっても高評価だわ。

評価:4.5

コスト重視派

さすがMini LEDバックライト搭載の液晶最高峰モデルだね。

えだまめくん

しっかりと反射対策を謳い、設置性も考慮された卓上スタンドなど、隙の無い視聴対策が高評価です。

X95Kがおすすめの人
  • 明るい部屋にテレビを設置する人
  • 大勢で同時に視聴する人
  • 幅の狭いテレビ台しか無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアプレミアムモデル]

X90Kシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v・55v・50v|

ソニー4K液晶ブラビア X90K本体正面の画像

X90Kシリーズ視聴性能アップの工夫

ブラビアカム(別売)で最適な視聴環境を実現

新しく発売されたブラビアカムを購入すれば視聴性のアップに寄与します。

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアカム解説

卓上スタンドを使用したX90Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX90Kシリーズのサイズ別(85v/75v/65v/55v50v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX90Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション85v型75v型65v型55v型50v型
外側585㎜516㎜450㎜389㎜396㎜
サウンド625㎜556㎜490㎜429㎜-
X90K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、X90Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「外側ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制85v型75v型65v型75v型50v型
床に
座る
215㎜284㎜350㎜411㎜404㎜
低い
ソファー
415㎜484㎜550㎜611㎜604㎜
高い
ソファー
615㎜684㎜750㎜811㎜804㎜
ダイニング
チェアー
715㎜784㎜850㎜911㎜904㎜
X90K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X90Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X90Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

85v型75v型65v型55v型50v型
45.8kg34.4kg22.9kg17.4kg13.5kg
X90K卓上スタンド込みの重量

X90Kに最適なテレビ台の例

X90Kは超大型サイズは耐荷重性能の高いテレビ台を選び、65v以下は重量も気にするほど重くないためテレビにマッチした広めのテレビ台が合うでしょう。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
85v型
885㎜
やや高最適最適
75v型
816㎜
やや高最適最適
65v型
750㎜
最適やや低
55v型
689㎜
最適やや低
50v型
696㎜
最適やや低
X90Kへの適正

VESAを使用したX90Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X90Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X90Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

X90K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

普通の家でちょっと高機能なテレビが欲しければこれがいいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドは省スペースタイプとは言えないけど、意外と狭めなので置き場所には困らなそうだわ。

評価:4.0

コスト重視派

液晶だから見やすさは間違いないし、サイズバリエーションが豊富だから視聴環境に適したジャストなサイズが選べるね。

えだまめくん

視聴性能アップの大きな施策はありませんが、高輝度の液晶モデルなので問題ありません。

X90Kがおすすめの人
  • 高輝度で明るい液晶テレビが欲しい人
  • サイズ選びに迷っている人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアハイグレードモデル]

X85Kシリーズ|サイズ展開:55v・50v・43v|

ソニー4K液晶ブラビア X85K本体正面の画像

X85Kシリーズ視聴性能アップの工夫

残像の少ない見やすいパネル

ソニー4KブラビアX85Kは特筆する視聴性能アップの工夫はありません。

あえて見やすさの追求を行なっている点を挙げれば、セールスポイントでもある倍速駆動パネルでしょう。

ソニーブラビアの倍速機能(旧)
倍速パネル

卓上スタンドを使用したX85Kで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX85Kシリーズのサイズ別(55v/50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX85Kに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション55v型50v型43v型
標準432㎜397㎜354㎜
X85K卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、X85Kの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「外側ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制55v型50v型43v型
床に
座る
368㎜403㎜446㎜
低い
ソファー
568㎜603㎜646㎜
高い
ソファー
768㎜803㎜846㎜
ダイニング
チェアー
868㎜903㎜946㎜
X85K視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X85Kサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X85Kの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

55v型50v型43v型
18.1kg13.3kg10.7kg
X85K卓上スタンド込みの重量

X85Kに最適なテレビ台の例

X85Kは中小型サイズで重量が軽いため、テレビ台は高めのものを選ぶ方が良いでしょう。

更に高さ調整が可能であれば視聴範囲が広がります。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
55v型
732㎜
870㎜
最適最適
50v型
715㎜
835㎜
最適最適
43v型
672㎜
792㎜
最適最適最適やや低
X85Kへの適正

VESAを使用したX85Kで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X85Kの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X85Kに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

X85K視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

小さい液晶テレビには興味は無いが、どこへでも置けそうなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

何から何まで普通ね。

評価:2.0

コスト重視派

なんか中途半端なんだよな〜。

えだまめくん

コンパクトサイズなので低いテレビ台はやはり適しません。機能的には普通の液晶テレビですね。

X85Kがおすすめの人
  • 小型サイズでも倍速機能でスムーズな視聴がしたい人
  • コンパクトな液晶テレビが欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアエントリーモデル]

X80K・X80WKシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v・50v・43v|

X80K・X80WKシリーズ視聴性能アップの工夫

Bluetoothリモコンで視聴場所を選ばず遠隔操作

ソニー4KブラビアX80KとX80WKは特筆する視聴性能アップの工夫はありません。

あえて挙げれば、視聴場所を選ばずに楽々テレビを操作が可能なBluetoothリモコンです。

ソニーブラビアのBluetoothリモコン
Bluetoothリモコン

同様に音声検索機能もありますが、この点がX80KとX80WKの大きな違いでもあります。

X80KX80WK
ハンスフリー
音声検索
リモコン付属
Googleアシスト
X80KとX80WKの差

卓上スタンドを使用したX80K・X80WKで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のX80K・X80WKシリーズのサイズ別(75v/65v/55v/50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはX80K・X80WKに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型55v型50v型43v型
標準566㎜493㎜432㎜397㎜354㎜
X80K/X80WK卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、X80K・X80WKの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

今回は最も使用頻度が高い「外側ポジション」の高さを例に解説します。

視聴体制75v型65v型55v型50v型43v型
床に
座る
234㎜307㎜368㎜403㎜446㎜
低い
ソファー
434㎜507㎜568㎜603㎜646㎜
高い
ソファー
634㎜707㎜768㎜803㎜846㎜
ダイニング
チェアー
734㎜807㎜868㎜903㎜946㎜
X80K/X80WK視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ X80K・X80WKサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

X80K・X80WKの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型55v型50v型43v型
33.5kg22.7kg16.9kg13.0kg10.7kg
X80K/X80WK卓上スタンド込みの重量

X80K・X80WKに最適なテレビ台の例

X80K・X80WKは重量が比較的軽い一方、卓上スタンドがワイドタイプなので、テレビ台は広めのものを選ぶ方が良いでしょう。

ただし、75v型は重量が30kgを超えるため、耐荷重性が高く高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
866㎜
最適最適
75vX80K・X80WKへの適正

65v型以下のサイズは、高さ調整が可能なこのタイプがピッタリ。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
811㎜
931㎜
最適やや低
55v型
750㎜
870㎜
最適最適
50v型
715㎜
835㎜
最適最適
43v型
672㎜
792㎜
最適最適やや低
75v以外のサイズX80K・X80WKへの適正

VESAを使用したX80K・X80WKで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

X80K・X80WKの場合、VESA位置が下よりのため、実際に設置した際は画面センターがイメージより高い感じとなるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

X80K・X80WKに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

詳しくはA95Jの項目で解説しています→ブラビアの録画性能

X80K・X80WK視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

全く興味のない機種だが、まあ軽いテレビなんでどこへでも置けるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

エントリーモデルなんでこんなものよね。

評価:2.0

コスト重視派

なんでエントリーモデルは卓上スタンドがワイドタイプなんだ?

えだまめくん

筐体は軽い一方で卓上スタンドは広いことが注意点ですね。内容的には普通のエントリーモデルです。

X80K・X80WKがおすすめの人
  • 安くブラビアを導入したい人
  • 大きめのテレビに挑戦したい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

視聴環境・設置性の評価まとめ2022年モデルソニー・ブラビア


評価モデル
A氏1B子1C氏1
A95K4.5
3.0
2.0
A80K4.0
4.0
3.0
A90K4.0
5.0
3.0
X95K4.5
5.0
4.5
X90K4.0
4.0
4.0
X85K4.0
3.0
2.0
X80K3.0
3.0
2.0
X80WK3.0
3.0
2.0

この記事では2022年発売のソニー・ブラビアの視聴性と設置性ついて評価を行いました。

また、最適な視聴環境を構築する際に必要な知識と、最適なテレビの置き方についても情報を発信しています。

高機能で高価なブラビアを選んでも、そのテレビに適した視聴環境を整えないとせっかくの機能も無駄になってしまいます。

見落としがちな視聴環境についても購入の検討材料とすることをおすすめします。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2022年ソニーブラビア関連記事

Sponsored Link
【2022 BRAVIA】 SONYテレビの視聴性能と設置性を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!