【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビの機能を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L

【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビの機能を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのTOSHIBA(東芝-TVS)のテレビブランドであるREGZA(レグザ)について、「標準機能の違いと各モデルの機能評価」を行いました。

標準機能の違いが直接モデル格差へつながるため、欲しい機能が実装されていることを把握することは重要です。

映像美を優先させるのか?それとも音響システムか?はたまた外部接続やテレビゲームとの相性か?価格が安いだけでテレビを選んだら次の買い替えまで数年間後悔することになりかねません。

東芝(TVS)・レグザ2022年モデル、X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550Lの標準機能とモデルごとの機能格差を知れば、見たい、やりたいが思い通りのテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売東芝(TVS)レグザ標準機能の把握
  • シリーズごとの標準機能の違い
    • 対象:X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

東芝(TVS)レグザ2022モデル|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L|

東芝(TVS)レグザの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
X9900L本体正面の画像
X9900L
X8900L本体正面の画像
X8900L
Z875L本体正面の画像
Z875L/Z870L
Z770L本体正面の画像
Z770L
Z670L本体正面の画像
Z670L
Z570L本体正面の画像
Z570L
M550L本体正面の画像
M550L
映像有機EL有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響普通
サイズ
展開
65v|55v65v|55v|48v75v|65v
|55v
75v|65v
|55v
50v|43v65v|55v
|50v|43v
75v|65v
進化
レベル
普通普通普通普通
デザイン普通普通普通普通普通微妙
価格高い普通高い高い普通普通安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
レグザ2022年モデル概要

レグザ2022年モデル比較項目

「比較チェック」ボタンから各モデルの機能違い一覧へジャンプできます。

チューナー数比較チェック
ネットワーク比較チェック
外部端子&エンターテイメント連携比較チェック
映像機能比較チェック
音声機能比較チェック
その他機能比較チェック

↑ 目次へ戻る

2022年モデルレグザ機能比較東芝(TVS)・レグザ

2022年発売の東芝(TVS)・レグザの機能を全てのラインナップ(X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L)で分かりやすく横並びで比較しました。

チューナー数

今や地デジやBS/CSチューナーのみならず、4K放送の受信に必要なチューナーも多チャンネル化が常識です。

特に沢山の番組を録り溜めて後で視聴することが多いテレビユーザーは、4K放送は2チューナー、地デジとBS/CSは3チューナーを備えた機種がおすすめです。

東芝(TVS)・レグザと言えば6番組を24時間録画可能な「タイムシフトマシン」なので、機能を備わった機種はもちろのこと、東芝(TVS)・レグザに適合する大容量外付けHDDを準備して見逃しを防ぎましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するチューナー数のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • 4K放送を見ながら別の4K放送が録画可能
  • 地デジ3チューナー/BSCS3チューナー/4K放送2チューナー
  • 2画面同時視聴

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900LX8900LZ875L
Z870L
Z770LZ670LZ570LM550L
地上波
デジタル
9399333
BS/CS
デジタル
3333333
BS/CS
4K
2222222
4K 2番組
同時録画
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2画面
対応
2022モデルレグザチューナー数比較
えだまめくん

レグザの場合、タイムシフトマシン搭載モデルは地デジ9チューナーで、非搭載モデルは3チューナとなります。

リーズナブル派

嫌な予感はしてたけど、2画面対応が廃止されているわ。でも、タイムシフトマシンは継続したからレグザも生き残れそうね。

今期コンセンサスのチューナー数なら「裏録」はもちろん、「同時録画」も自由自在なので大容量の外付けHDDを同時に準備しましょう。

特にタイムシフトマシン搭載の東芝(TVS)レグザでは動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えることをおすすめします。

\ レグザ対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

ネットワーク

家庭内の無線LANへ接続することで、テレビ放送だけでなくVODも活用でき視聴の幅が大きく広がります。

また、無線で繋がるBluetoothの活用範囲も広がり、無線対応のスピーカーへ接続するだけではなく、リモコンにも採用されていれば反応の悪さに悩むことも無くなります。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するネットワークのコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Bluetoothで外部接続&リモコン操作

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900LX8900LZ875L
Z870L
Z770LZ670LZ570LM550L
無線
LAN
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
Bluetooth
オーディオ
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
Bluetooth
リモコン
VOD
対応
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2022モデルレグザネットワーク機能比較
えだまめくん

リモコンが未だに赤外線ということが、レグザの弱点の一つです。

コスト重視派

レグザのリモコンは反応が悪いんだよね。早く改善して欲しいよ。

VODサービスについて、もっと詳しく知りたいならこちらを参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

外部端子&エンターテインメント連携

外付けHDD接続には無くてはならないUSB端子。マルチに活躍するHDMI端子は最新バージョンに対応していることが重要です。

特に高解像度のゲーム機を利用するなら、ゲーム機能の対応状況も見逃してはなりません。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する外部端子&エンターテインメント連携のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • USB3.0/USB2.0各1つ以上
  • eARC対応(HDMI)
  • HDMI2.1規格と4K120p入力対応(ゲーム)

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900LX8900LZ875L
Z870L
Z770LZ670LZ570LM550L
USB
端子
4244222
HDMI
端子
4444444
eARC
HDMI
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
HDMI2.1
120p対応
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2022モデルレグザ外部端子&エンターテイメント連携機能比較
えだまめくん

外部端子&エンターテインメント連携については、2022年モデルのレグザではM550Lを除けば、今期のコンセンサスを100%満たしています。

リーズナブル派

細かいことを言えば、M550Lにはゲームプレイを向上させる「VRR」も無いんだけどね。

入力端子の役割を理解すれば、もっとテレビを活用できます。

↑ 目次へ戻る

映像機能

2022年のテレビ業界の話題は、液晶のバックライト精度を向上させ、有機ELに負けない高コントラスト化を実現する「Mini LED」技術です。

有機ELパネルの向上施策はもちろん、液晶パネルに「Mini LED」を採用した製品を発売しているのかも注目しましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する映像機能のコンセンサスは、新たに「Mini LED液晶モデルの追加」が進化のカギとなります。

2022モデルのコンセンサス
  • AIアップコンバート
  • HDR10+ ADAPTIVE&Dolby Vision IQ対応
  • Mini LED液晶モデルの追加

レグザ各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目X9900LX8900L
映像再現4K4K
パネル
方式
新世代 レグザ専用高コントラスト有機ELパネルレグザ専用高コントラスト有機ELパネル
輝度
アップ
レグザエンジン ZRαレグザエンジンZRⅡ
パネル
反射対策
ブルーライトカットブルーライトカット
自動
画質調整
レグザエンジン ZRα
AI ナチュラル フォーカス テクノロジー
美肌AIフェイストーンZRα
ネット動画AIビューティZRα
地デジAIビューティZRα
おまかせAIピクチャーZRα
レグザエンジンZRⅡ
美肌フェイストーンZRⅡ
ネット動画ビューティーZRⅡ

地デジAIビューティZRⅡ
おまかせAIピクチャーZRⅡ
広色域3次元カラーリマスターZRα
64色軸リッチカラーイメージコントロール
広色域復元
高コント
ラスト
ディープブラックコントロールPRO従来通り
HDR
規格対応
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
高精細AI HDRオプティマイザーZRα
ローカルコントラスト復元
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
倍速機能4K倍速有機ELパネル4K倍速有機ELパネル
映像
モード
プロユース映像分析・設定機能
有機EL瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
ポータブルゲーム機対応
AMD FreeSync™ Premium対応
プロユース映像分析・設定機能
有機EL瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
2022モデル有機ELレグザ映像機能比較
えだまめくん

4K有機ELレグザは今期のコンセンサスを満たしています。

こだわり派

まあまあ合格の範囲なのだ。

液晶テレビ
評価項目Z875L
Z870L
Z770L
Z670L
Z570LM550L
映像再現4K4K4K4K
パネル
方式
Mini LED広色域量子ドット液晶パネルZ770L
スリム直下型高輝度量子ドット倍速パネル
Z670L
直下型高輝度量子ドット倍速パネル
直下型倍速パネル全面直下型LEDパネル
輝度アップレグザエンジン ZRα(Z875L)
レグザエンジンZRⅡ(Z870L)
レグザエンジンZRⅡレグザエンジンZRⅡレグザエンジンZRⅡ
パネル
反射対策
ブルーライトカットブルーライトカットブルーライトカットブルーライトカット
自動
画質調整
Z875L
レグザエンジン ZRα
AI ナチュラル フォーカス テクノロジー
美肌AIフェイストーンZRα
ネット動画AIビューティZRα
地デジAIビューティZRα
おまかせAIピクチャーZRα
深層学習超解像
Z870L
レグザエンジンZRⅡ
美肌フェイストーンZRⅡ
ネット動画ビューティーZRⅡ
地デジAIビューティZRⅡ
おまかせAIピクチャーZRⅡ
レグザエンジンZRⅡ
美肌フェイストーンZRⅡ
ネット動画ビューティーZRⅡ
地デジAIビューティZRⅡ
おまかせAIピクチャーZRⅡ
レグザエンジンZRⅡ
美肌フェイストーンZRⅡ
ネット動画ビューティーZRⅡ
地デジAIビューティZRⅡ
おまかせAIピクチャーZRⅡ
レグザエンジンZRⅡ
美肌フェイストーンZRⅡ
ネット動画ビューティーZRⅡ
地デジAIビューティZRⅡ
おまかせAIピクチャーZRⅡ
広色域Z875L
3次元カラーリマスターZRα
64色軸リッチカラーイメージコントロール

広色域量子ドット
Z870L
3次元カラーリマスター

広色域量子ドット
3次元カラーリマスター

広色域量子ドット
3次元カラーリマスター3次元カラーリマスター
高コント
ラスト
Mini LEDエリアコントロール高コントラストパネル高コントラストパネル高コントラストパネル
HDR
規格対応
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
HDR10
HLG
Dolby Vision IQ
高精細Z875L
AI HDRオプティマイザーZRα
ローカルコントラスト復元
Z870L
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
倍速機能倍速パネル倍速パネル倍速パネルなし
映像
モード
プロユース映像分析・設定機能:Z875Lのみ
瞬速ゲームモード
VRR
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
瞬速ゲームモード
VRR
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
瞬速ゲームモード
VRR
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
2022モデル液晶レグザ映像機能比較
えだまめくん

レグザはハイエンド液晶モデルをMini LEDへ置き換えてきました。コンセンサス通りの動きですね。

コスト重視派

機能の差を色分けすると、液晶はモデルごとの画質格差がよく分かるね。

こだわり派

細かいことはいいのだ。Mini LEDを出すことに意味があるのだ。

リーズナブル派

結局、映像エンジンはZ875L以外は同じで、機能もあまり大差が無い印象だわ。

4Kはもちろん、せっかく美しいパネルでテレビを視聴できるなら、美しいままで録画できる東芝(TVS)レグザ適合の大容量外付けHDDを導入することをおすすめします。

\ レグザ対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

音声機能

ここ数年、ドルビーアトモスによる立体音響技術搭載の機種が当たり前となっています。

2021年モデルからは立体音響ソースのみならず、通常のステレオソースも立体音響化する傾向にあり、2022年モデルの展開も引き続き注目。

立体音響はデジタル技術で擬似的に表現されますが、例えばパナソニック・ビエラの上位機種は映画館に近いスピーカー構成で他社とは一線を画しています。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する音声機能のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Dolby ATMOS標準対応
  • ステレオ音声の立体化

レグザ各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目X9900LX8900L
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
スピーカー
出力
90W72W
スピーカー
構成
7.1.2ch6.0.0ch
自動
音質調整
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
2022モデル有機ELレグザ音声機能比較
えだまめくん

やっと立体音響に対応した感のあるレグザですが、通常ステレオ音声の立体化はまだ先のようですね。

こだわり派

スピーカー構成はレグザらしく立派だが、やっぱりまだ物足りないのだ。

液晶テレビ
評価項目Z875L
Z870L
Z770L
Z670L
Z570LM550L
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
スピーカー
出力
70W60W40W20W
スピーカー
構成
4.1.2ch6.1.4ch(75v)
4.1.4ch
2.1.0ch2.0.0ch
自動
音質調整
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
2022モデル液晶レグザ音声機能比較
えだまめくん

4K液晶レグザも通常ステレオサウンドの立体化に遅れを感じます。ただ、エントリーモデル以外は立派なスピーカー構成ですね。

コスト重視派

今期のレグザはトップツィーターの採用が注目だね。

リーズナブル派

ちゃんと他社を見習ってるじゃない。でも、やっぱりちょっと技術が遅れてる感じだわ。

↑ 目次へ戻る

2022年モデルレグザ機能評価東芝(TVS)・レグザ

2022年発売の東芝(TVS)・レグザの機能を全てのラインナップ(X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L)で評価しました。

また、この記事独自の視点とそれぞれのモデルにマッチする購買層も明確にしています。

4K有機ELレグザ X9900Lシリーズの機能評価

東芝4K有機ELレグザ X9900L本体正面の画像
X9900L機能評価

評価:4.5

こだわり派

一部物足りない部分もあるが、タイムシフトマシン搭載でレグザらしいモデルに仕上がっているのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

前フラッグシップモデルから約2年経過しているから、それなりに進化を感じるわ。

評価:4.5

コスト重視派

目立つ部分は他社と遜色が無くなったね。でもまだ少し遅れてるから頑張って欲しい。

えだまめくん

有機ELの放熱トレンドに乗り、立体音響にも対応しましたが細かい点では他社のフラッグシップモデルの方が魅力的です。

X9900Lがおすすめの人
  • 映像も音響もレグザが好きな人
  • コストにこだわらない人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K有機ELレグザ X8900Lシリーズの機能評価

東芝4K有機ELレグザ X8900L本体正面の画像
X8900L機能評価

評価:3.0

こだわり派

セカンドモデルの有機ELテレビとしては、こんなものなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

やっぱりタイムシフトマシンが無いとレグザより他社が魅力的に映るわね。

評価:3.0

コスト重視派

なんかこう選ぶための何かが欲しいな。それが価格だと選択肢に入るって感じ?

えだまめくん

装備もそこそこなんですが、やっぱり価格勝負のモデルと言えます。

X8900Lがおすすめの人
  • なるべく安くレグザの有機ELテレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンが不要な人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z875L・Z870Lシリーズの機能評価

東芝4K液晶Mini LEDレグザ Z875L本体正面の画像
Z875L・Z870L機能評価

評価:4.5

こだわり派

Z875LとZ870Lでエンジンの差はあるが、総合的に見ても有機ELテレビとほぼ同じ内容と評価できるのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

Z875Lの機能は圧倒的ね。

評価:4.5

コスト重視派

多分価格的には買えない領域だけど、液晶の可能性を広げる良いモデルだと思う。

えだまめくん

レグザエンジンに差があるので本来は評価点も違ってきますが、総合的に判断を行って頂きました。

Z875L・Z870Lがおすすめの人
  • Mini LEDの液晶テレビを早く使用したい人
  • タイムシフトマシンに魅力を感じる人
  • コストにこだわらない人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z770Lシリーズの機能評価

東芝4K液晶レグザ Z770L本体正面の画像
Z770L機能評価

評価:4.0

こだわり派

従来のバックライト技術搭載の液晶テレビなら十分な機能構成なのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

Z740XSの置き換わりはやはりZ770Lね。機能が充実しているし、4K液晶レグザの大本命だわ。

評価:4.5

コスト重視派

この内容なら十分満足できるね。あとは市場価格次第って感じ?

えだまめくん

Mini LEDはまだまだ高価なので、この辺りのモデルが今期最も競争が激しくなるでしょう。

X770Lがおすすめの人
  • 高機能な液晶テレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンに魅力を感じる人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z670Lシリーズの機能評価

東芝4K液晶レグザ Z670L本体正面の画像
Z670L機能評価

評価:3.0

こだわり派

ちっちゃい液晶テレビとしては、機能が頑張っているのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

Z770Lの小型バージョンなので機能は豊富だわ。でも、タイムシフトマシンが無いのは残念。

評価:3.5

コスト重視派

ニッチなユーザーを狙ったモデルなのかな?まあ機能は問題無いけどレグザらしさも薄い感じ。

えだまめくん

評価の高いZ770Lの小型サイズ版ですが、できればタイムシフトマシンにも対応して欲しかったですね。今期は種類多すぎのレグザです。

X670Lがおすすめの人
  • 高機能な小型液晶テレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンが不要な人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z570Lシリーズの機能評価

東芝4K液晶レグザ Z570L本体正面の画像
Z570L機能評価

評価:3.0

こだわり派

これより下のクラスになると機能がどっと落ちるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

あまり機能にこだわりがなく、でも倍速で見やすいテレビが欲しい人には良いもでるだわ。

評価:3.0

コスト重視派

機能落としても市場性が無いと結局大して安くならないんだよね。ニーズあるのかな?

えだまめくん

Z570Lは倍速液晶が欲しい人のモデルです。でも、機能はきちんと揃っているので意外と狙い目かもしれません。

X570Lがおすすめの人
  • 出費は抑えたいけど倍速は譲れない人
  • タイムシフトマシンが不要な人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ M550Lシリーズの機能評価

東芝4K液晶レグザ Z570L本体正面の画像
M550L機能評価

評価:3.0

こだわり派

一つ上のモデルより明らかに機能は劣るが、一応標準点なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

機能にこだわりが無い人には十分な内容ね。

評価:3.0

コスト重視派

ゲームとかしないなら安く大型テレビが買えるし、Mシリーズは貴重な存在だよ。

えだまめくん

機能面では一つ上のZ570Lが有利ですが、エントリーモデルとしてはそこそこの機能で結構お得な機種と言えます。

M550Lがおすすめの人
  • 出費を抑えて超大型テレビへ買い替えたい人
  • タイムシフトマシンが不要な人
  • 倍速パネルにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

標準機能の評価まとめ2022年モデル東芝(TVS)・レグザ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
X9900L4.5
4.5
4.5
X8900L3.0
3.0
3.0
Z875L4.5
4.5
4.5
Z870L4.5
4.5
4.5
Z770L4.0
4.5
4.5
Z670L3.0
3.5
3.5
Z570L3.0
3.0
3.0
M550L3.0
3.0
3.0

この記事では2022年発売の東芝(TVS)・レグザの標準機能の違いと各モデルの機能評価を行いました。

今期のテレビ業界の目玉は、液晶テレビのバックライトに「Mini LED」を採用した機種を各社ラインナップしていることですが、東芝(TVS)・レグザもその1社。

昨年のモデル更新が若干薄かったこともあり、今期は大幅な刷新となりましたが、レグザらしさは踏襲しているので先ずは一安心です。

タイムシフトマシン搭載モデルか非搭載モデルか、どちらを選ぶか悩ましいのが今期のレグザでしょう。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2022年東芝(TVS)・レグザ関連記事

Sponsored Link
【2022 REGZA】 東芝(TVS)テレビの機能を比較評価|X9900L・X8900L・Z875L・Z870L・Z770L・Z670L・Z570L・M550L記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!