七面山 敬慎院|登山しないと授かれない御朱印(御首題)を解説

御朱印を巡る旅、楽しいですよね。

車でスイーっと訪れて、心が洗われるような木々に囲まれた境内を散策しつつ御朱印を授かる。

運動不足の方にとっては、数十段の階段でも息つき、苦労して授かった御朱印は感無量でしょうが、

残念ながらその御朱印は誰でも授かれます

公共交通機関や自家用車などで、有名な神社仏閣へ訪れた記念に神様と契りを交わす御朱印も良いですが、世の中には車やケーブルカーなどでは絶対に行けない、

自分の足で山を登らないと授かれない御朱印があるのをご存知でしょうか?

そんな深山に鎮座する神社仏閣の信者は、修験のためにその山へ訪れるため、日々の修練を欠かさないと言います。

日本にはいくつか、そのような「誰でも授かれるわけでは無い」御朱印が授かれる場所があります。

今回は、関東甲信越屈指、日本でも指折りの難易度を誇る「七面山 敬慎院」の御朱印を紹介致します。

PICK UP‼︎

2019年8月18日、テレビ朝日系列の人気番組「ポツンと一軒家」で七面山にある36丁目の「晴雲坊」が取り上げられました。本記事内にも晴雲坊の様子を書いていますので是非ご覧下さい。

Click to Contents!!

御朱印を授かる七面山 敬慎院とは

今回紹介する七面山同様に登山が必要な文永11年(1274年)に日蓮が開いた身延山久遠寺については、以下の記事でご紹介しています。

この身延山久遠寺の法華経を守護するとされるのが、七面大明神(七面天女)を祀る信仰の山である七面山 敬慎院です。

このことは日蓮書状(「日蓮上人遺文」)にも記されており、日蓮の高弟である日朗が開いたと言われています。

七面山と敬慎院

今回、御朱印を授かる院の中で、最も高い場所にあるのが「敬慎院」です。

言うなれば、七面山の本院という場所になりますが、七面山の山頂に鎮座しているのではありません。

七面山という山

七面山は、山梨県の早川町に登山口を構える「日本二百名山」「山梨百名山」に数えられる秀峰です。標高は1,989m、身延山(標高1,153m)と同じ身延山地に属する山。

登山の難易度を示すグレーディングという指標を見ると「4A(山梨県設定)」。

  • 体力面(4)
    =1~2泊の計画で登山することが望ましい
  • 技術面(A)
    =良く整備された登山道で特別な技術は不要(但し登山準備は必要)

信者の方による参拝に配慮し、登山道の整備は行き届いており、危険個所はほとんどありません。

但し、体力面については日帰りは推奨されておらず、とても長い道のりだということが分ります。

ちなみに、山頂まで往復した場合の距離と時間は次の通りです。

なお、登山にかかる往復時間については、登山経験のある登山者の平均です。未経験者の場合や、登山準備が不十分な場合は更に多くの時間を費やす可能性があります。

七面山登山データ
  • 最短距離=9.1km(最も短い表参道の登山道を往復)
  • 最長距離=14.0km(表参道→裏参道→入山時の登山口駐車場まで戻る)
  • 最短時間=往復約8時間
  • 最長時間=往復約11時間

七面山敬慎院の場所(標高)

敬慎院は七面山の山頂に建立されていないことは冒頭触れました。

では、標高1,989mである七面山のどの辺りにあるのでしょうか?

おおよそ標高1,720mの位置にあります。

どうせなら七面山山頂へ行きたいというのが人の常ですが、更に270mほど登らなくてはいけないので、この先を進む者は多くありません。

多くの信者は広く開けた「敬慎院」に一泊し、展望台よりご来光を拝み下山するようです。

日帰りで七面山の山頂まで行き、御朱印を授かり下山するのは登山経験者がほとんどです。

御朱印を授かる七面山への登山口

敬慎院へ向かう七面山の登山口について解説します。

七面山登山道の特徴について

七面山登山口は表参道と裏参道の2つがあり、それぞれが個性的な登山道になっています。

主には表参道を利用することが多いでしょうが、御朱印を授かれるもう一つの奥の院は、裏参道の登山口に面しており、周遊することで更に3つの坊を楽しめます。

登山道状況
表参道最も多くの人が利用し良く整備された登山道で休憩所も多い
裏参道表参道より多少緩やかだが落ち葉やガレ石が多く滑り易く狭く険しい

七面山裏参道は上述の通り、少し荒れた道で、梅雨時や夏場の雨上がりなどは「ヤマビル」も多く発生するため往来が少ないようです。

但し、敬慎院のご配慮により、ヤマビル対策の塩を所どころに置いている。

とは言え、私の経験上ではとても滑り易かったため、下山に使用するならば、ある程度の登山経験者が利用すべき道で、通常であれば奥の院の御朱印を授かったあと、表参道へ戻る方が無難だと思いました。

七面山登山口の場所

登山道へ至る道は同じで、「角瀬」という交差点を曲がった道が双方の登山道へ接しています。

  • 表参道=「角瀬」の交差点から約3km奥
  • 裏参道=「角瀬」の交差点近く

表参道へ向かう林道は細く、すれ違いが難しい場所が多くあります。

また、表参道の駐車場には平日でも多くの車が駐車しており、満車率が比較的高い場所であるため、手前に大きな駐車場があることを確認しておき、最悪の場合はそちらへ戻って下さい。

登山口からは少し遠く上り坂となってしまいますが、信者が多く集まる場合は、そこから表参道と裏参道を選択して登山を開始するようです。

七面山登山口からの標高差について

  • 羽衣登山口の標高は約500m
  • 七面山山頂は標高1,989mですので標高差は1,489m
  • 敬慎院はおおよそ標高1,720mで標高差は1,220m

この意味は登山経験者なら分かりますが、経験の無い人にはピンと来ないでしょう。

近くの里山が恐らく標高差200~300m程度なので一度登ってみれば分かります。

七面山山頂(敬慎院)で授かれる御朱印

身延山久遠寺同様、日蓮宗では各「坊」や「庵」に人が居る場合は記帳頂けるようです。

但し、タイミングや人の問題も介在するため、確かな情報は錯綜しているのも事実なので、確実に授かれる場所のみをご紹介します。

もっとも、七面山登山という苦行を達した証拠は、敬慎院の御朱印を授かれば十分でしょう。

確実に授かれるのは「本社=敬慎院」と「奥の院」です。

七面山敬慎院における御朱印と御首題の違い

同じ日蓮宗のお寺である「身延山久遠寺」の御朱印記事でも書きましたが、日蓮宗では御朱印と御首題の二つの意味が存在します。

  • 御朱印=真ん中の文字が「妙法」のみとなる
  • 御首題=写真と同様に法華経の「南無妙法蓮華経」を記す

残念ながら「御朱印」として授かったものが無いため、ここでご紹介は出来ませんが、検索をすればご紹介記事もあるので一見することをおすすめします。

御朱印として授かる場合もなかなか味のある内容です。

言葉の意味を理解し、皆さんの好みでお願いをして下さい。

七面山の御朱印(御首題)のお礼は?

身延山久遠寺同様に特に案内は無いので、通常は300円~500円の範囲で気持ちを示せば問題無いでしょう。

七面山への登山道の様子

ここまで読んだ方は、七面山敬慎院の御朱印(御首題)に興味を持たれている方だと拝察します。

そこで気になる登山道の様子などをここからは細かく記して行きますので、実際に行かれる時の参考にして下さい。

なお、私は日帰りで登山を行いましたが、登山経験が無い場合や体力に自信が無い人は、出来れば敬慎院へ一泊する無理のない計画を立てて下さい。

敬慎院へ一泊することで、素敵な富士山と御来光を拝める可能性がありますので、別の意味でおすすめします。

七面山表参道登山口に最も近い「羽衣」駐車場の様子

この写真は御朱印(御首題)を授かった日(平日)の様子です。

まだ6時前後というのに、前泊の方を含めほぼ満車の状態でした。

写真は、登山道入口付近から撮影。

なお、トイレは設置されていますのでご安心下さい。

また、登山に際して必要な水分を用意する必要は当然ありますが、七面山は他の山とは違い、随所に休憩所を設け、お茶なども用意されています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる