エレコム&Segate製HDD【2020版】テレビ録画用外付けハードディスク比較

テレビおすすめ情報
テレビおすすめ情報

エレコム(ELECOM)は独自製品と合わせ、世界最大級クラスのHDDメーカーであるシーゲート社製の製品を取り扱っているのが特徴。

耐久性の指標となる「24時間連続使用」のスペックについてはシーゲート製品が担っており、使途に合わせた選択が行えます。

一方で、シーゲート自体も独自で同じHDDを販売しているので、合わせてご紹介致します。

直近で入手可能なおすすめの商品を比較し、最適な外付けハードディスク選びに役立てて下さい。

なお、当たり前のことですが、外付けハードディスクは番組の見逃しを無くす程度の気持ちで活用するのがおすすめです。

映像資産を残したい人は別途レコーダーの選択も視野にいれましょう。

エレコム&Segate外付けハードディスクおすすめランキング

ELECOM & Seegate

 

順位シリーズ価格評価
1位SGD-MY1万円以上
2位ELD-ETV1万円以下
3位Seegate1万円以下
4位ELD-QEN1万円以上

 

この記事の適合確認機種

この記事では、下記のテレビについて適合の推奨を確認しています。

 

推奨確認機種
  • パナソニックビエラ
    • 2020-2021モデル
      HZ1800/HZ1000/HX950/HX900/HX850/HX750/GR770
    • 2019-2020モデル
      GZ2000/GZ1800/GZ1000/GX855/GX755

  • ソニーブラビア
    • 2020-2021モデル
      A8H/A9S/Z9H/X9500H/X8550H/X8500H/X8000H
    • 2019-2020モデル
      A9G/A8G/X9500G/X8550G/X8500G/X8000G

  • 東芝レグザ
    • 2020-2021モデル
      X9400/X8400/Z740X/M540X/C340X
    • 2019-2020モデル
      X930/X830/Z730X/RZ630X/M530X

  • シャープアクオス
    • 2020-2021モデル
      CQ1/CX1/CN1/CL1
    • 2019-2020モデル
      BW1/BN1/BJ1/BH1

  • ハイセンス
    • 2020-2021モデル
      U7F(U75F)/U8F(U85F)
    • 2019-2020モデル
      E8000/E6800 /U7E

 

1位:SGD-MYシリーズ

 

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.2(Gen1)/USB3.1(Gen1)/USB3.0/USB2.0
  • Segate製ハードディスクドライブ
  • 24時間連続テレビ録画に対応
  • 縦置きに対応
  • エレコム安心サポート

 

評価項目評価対策内容
静音&防振・静音設計
・独自デザイン
放熱対策・放熱設計
デザイン性・独自デザイン
堅牢性・24時間連続使用
省エネ性能・電源のON・OFFに連動
価格・普通

 

SGD-MYシリーズは2位のSeagate Expansionシリーズをエレコムが代理店として販売

全く同じ物か?というと、インターフェースが進化していたり、24時間連続使用をうたっていたりと、差別化が図られています。

また、適合するテレビ情報も明示されており、エレコム内部で抜き取り検査などの不良流出対策も図られていることが伺える製品です。

残念ながら保証期間は1年と他社製品と変わりありませんが、サポート体制も完備しているためSegate直販品よりも安心と言えます。

東芝レグザのタイムシフトで旧番を利用した経験がありますが、問題なく使用できました。

SGD-MY シリーズのテレビ機種別対応状況(推奨状況)

エレコム ハードディスクの代名詞的存在のSGD-MYシリーズ。何故か同じ製品のSegate Expansionシリーズよりも安定感があります。

 

パナソニック ビエラ

パナソニックビエラで使用する場合、容量は4TBが最高になります。

また、2020-2021モデルの適合情報が一部不明。

2020-2021モデル

HZ1800HZ1000HX950HX900HX850HX750GR770
不明 4TB※1不明 不明4TB※1不明4TB※1
2019-2020モデル

GZ2000GZ1800GZ1000GX855GX755
4TB※14TB※14TB※1 4TB※14TB※1

 

ソニー ブラビア

一部適合情報に歯抜けがありますが、概ね問題なく使用可能。

2020-2021モデル
A8HA9SZ9HX9500HX8550HX8500HX8000H
6TB6TB不明6TB6TB6TB6TB
2019-2020モデル
A9GA8GX9500GX8550GX8500GX8000G
6TB不明6TB6TB6TB6TB

 

東芝 レグザ

タイムシフトマシンの制約特記も無く、全ての製品に使用可能。

2020-2021モデル
X9400X8400Z740XM540XC340X
6TB6TB 6TB6TB6TB
2019-2020モデル
X930X830Z730XRZ630XM530X
6TB6TB 6TB6TB6TB

 

シャープ アクオス

問題なく最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
CQ1CX1CN1CL1
6TB 6TB 6TB6TB
2019-2020モデル
BW1BN1BJ1BH1
6TB 6TB 6TB 6TB

 

ハイセンス

問題なく最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
U7F(U75F)U8F(U85F)
6TB6TB
2019-2020モデル
E8000E6800U7E
6TB6TB6TB

 

※1:5TB以上は非対応

 

SGD-MY シリーズ その他記憶容量




 

2位:ELD-ETVシリーズ

 

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • こだわりのケーブル配置
  • 縦置きに対応

 

評価項目評価対策内容
静音&防振・ファンレス設計
放熱対策・エアフロー構造
デザイン性・気配り設計
堅牢性・特異点なし
省エネ性能・電源のON・OFFに連動
価格・やや安い

 

エレコムELD-ETVシリーズは、エレコム独自開発のHDDで1年保証の製品です。

Seegate直販のハードディスクの品質に問題が多いため、こちらを2位へランクアップし、Seegate直販を3位へ変更。

弱点は24時間連続使用をうたっていないこと。

一方で、放熱対策はこの価格帯では珍しい「エアロフロー設計」を採用しつつ、トータルデザインも意識している点は高評価。

また、お求めやすい価格も魅力です。

ELD-ETVシリーズのテレビ機種別対応状況(推奨状況)

一部のテレビでは動作確認不明ですが、概ね使用可能な状況。

 

パナソニック ビエラ

2020-2021モデルの適合情報が一部不明。

2020-2021モデル

HZ1800HZ1000HX950HX900HX850HX750GR770
不明4TB不明 不明4TB不明4TB
2019-2020モデル

GZ2000GZ1800GZ1000GX855GX755
4TB4TB4TB4TB4TB

 

ソニー ブラビア

一部適合情報に歯抜けがありますが、概ね問題なく使用可能。

2020-2021モデル
A8HA9SZ9HX9500HX8550HX8500HX8000H
4TB4TB不明4TB4TB4TB4TB
2019-2020モデル
A9GA8GX9500GX8550GX8500GX8000G
4TB不明4TB4TB4TB4TB

 

東芝 レグザ

タイムシフトマシンの制約特記も無く、全ての製品に使用可能。

2020-2021モデル
X9400X8400Z740XM540XC340X
4TB4TB 4TB4TB4TB
2019-2020モデル
X930X830Z730XRZ630XM530X
4TB4TB 4TB4TB4TB

 

シャープ アクオス

問題なく最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
CQ1CX1CN1CL1
4TB 4TB 4TB4TB
2019-2020モデル
BW1BN1BJ1BH1
4TB 4TB 4TB4TB

 

ハイセンス

問題なく最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
U7F(U75F)U8F(U85F)
4TB4TB
2019-2020モデル
E8000E6800U7E
4TB4TB4TB

 

ELD-ETVシリーズ その他記憶容量




 

3位:Seagate Expansionシリーズ

 

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.0/USB2.0
  • Segate製ハードディスクドライブ
  • 縦置きに対応
  • 3年保証

 

評価項目評価対策内容
静音&防振・静音設計
・独自デザイン
放熱対策・放熱設計
デザイン性・独自デザイン
堅牢性・特異点なし
・初期不良多し
省エネ性能・電源のON・OFFに連動
価格・やや安い

 

※不良の発生が多いようなので「堅牢性」を最低点へ変更。3位へ降格。

1位のエレコムSGD-MYシリーズと内容は全く同じSegate Expansionシリーズ

販売元が違うだけで、どちらもSegate社のExpansionというシリーズです。

配点の違いは堅牢性と価格部分で、Segateの直販では24時間連続使用の記載は無い一方、価格はエレコムより安価な市場価格。

但し、テレビの適合情報については明記は無く、テレホンセンターへ問い合わせて確認しなくてはならないのがデメリットです。

基本的には4TBまでならほぼ問題なく使用できるでしょうが、それを超える容量は注意が必要でしょう。

また、当たり外れはエレコム販売品よりリスクが高いと考えられますが、Amazonで購入した場合、業界最長クラスの3年保証が付くので安心。

安価にHDD内部のメーカーSegateを選択できるのは魅力的です。

 

Seagate Expansionシリーズのテレビ機種別対応状況(推奨状況)

テレビの互換に関しては明記が無く、下記「メーカーサポート問合せ」で確認する必要があります。

1TB~4TBの範囲であれば通常の録画は問題無さそうですが、6TB以上は必ず確認した方が良いでしょう。

 

電話番号: 0120-993-280

月曜日から金曜日 午前9時〜午後6時

Amazonより引用

 

Seagate Expansionシリーズ その他記憶容量







 

4位:ELD-QENシリーズ

 

チェックポイント
  • インターフェースUSB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • SeeQVault™(シーキューボルト)」に対応
  • 縦置きに対応

 

評価項目評価対策内容
静音&防振・ファンレス設計
放熱対策・ダブルデッキエアフロー構造
デザイン性・特異点なし
堅牢性・特異点なし
省エネ性能・電源のON・OFFに連動
価格・高い

 

ELD-QENシリーズはエレコムのSeeQVault™(シーキューボルト)対応HDDである。

SeeQVaultがウリの製品ですが、肝心のSeeQVaultが全ての製品に適用出来ているとは言い難いため、選択する際は注意が必要です。

価格的にはSeeQVault対応という面で、他社よりも割高な点は大きなデメリット

堅牢性は24時間連続使用をうたっていないため不安ではあるが、ダブルデッキエアフロー構造による放熱効果で通常品よりも堅牢性は高まっている。

SeeQVaultの意図を理解し、価格的に価値を見出せる人向きの製品です。

 

ELD-QENシリーズのテレビ機種別対応状況(推奨状況)

エレコムの見解です。

テレビ側の仕様により、一般の録画には対応しますが、SeeQ Vaultフォーマットの録画またはダビングには対応しません。

使途を確認して選択しましょう。

 

パナソニック ビエラ

ほとんどの機種で動作確認外。

2020-2021モデル

HZ1800HZ1000HX950HX900HX850HX750GR770
不明×不明 不明×不明4TB※1
2019-2020モデル

GZ2000GZ1800GZ1000GX855GX755
×××××

 

ソニー ブラビア

一部適合情報に歯抜けがありますが、概ね問題なく使用可能。

2020-2021モデル
A8HA9SZ9HX9500HX8550HX8500HX8000H
4TB※14TB※1不明4TB※14TB※14TB※14TB※1
2019-2020モデル
A9GA8GX9500GX8550GX8500GX8000G
4TB※1不明4TB※14TB※14TB※14TB※1

 

東芝 レグザ

タイムシフトマシンの制約特記も無く、全ての製品に使用可能。

2020-2021モデル
X9400X8400Z740XM540XC340X
4TB※14TB※1 4TB※14TB※14TB※1
2019-2020モデル
X930X830Z730XRZ630XM530X
4TB※14TB※1 4TB※14TB※14TB※1

 

シャープ アクオス

一部動作確認外ですが、ほぼ最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
CQ1CX1CN1CL1
4TB※1 4TB※1 4TB※14TB※1
2019-2020モデル
BW1BN1BJ1BH1
4TB※1 4TB※1 4TB※1 ×

 

ハイセンス

問題なく最新製品まで使用可能。

2020-2021モデル
U7F(U75F)U8F(U85F)
4TB※14TB※1
2019-2020モデル
E8000E6800U7E
4TB※14TB※14TB※1

 

※1:テレビ側の仕様でSeeQVaultは未対応

 

ELD-QENシリーズ その他記憶容量





 

エレコム&Segate 外付けハードディスクの機能解説

エレコム製とSegate製のテレビ録画用外付けハードディスクのセールスポイントについて、その内容について解説します。

 

保証期間

  • エレコム製HDD=1年間
  • エレコム販売のSegate製品=1年間
  • Segate販売のHDD=3年間
※Amazon販売の一部製品

 

評価基準の内容

メーカーに関係なく、共通的に機器の基本性能を評価した内容について、エレコムとSegateの取り組み状況は次の通り。

 

静音&防振レベルとは?

エレコムとSegateでは静音と防振レベルの明確な指標はありません。

この記事では、以下の指標で評価を行いました。

 

  • 静音性
    • ファンレス設計
  • 防振性
    • 同社旧製品(類似品)の実際に使用した客観値
    • 口コミ

 

放熱対策とは?

エレコムのテレビ録画用外付けハードディスクの放熱対策は今回紹介した製品では2つの方法があります。

Segate製はどちらの販社も同じ筐体なので「放熱設計」の対応となりますが、独自の凹凸デザインで放熱性を高めています。

 

デザイン性

エレコムのテレビ用HDDでは、デザイン性に言及できる部分は「特色がない」「配線カバーの工夫」「Segate独自のデザイン」の3つ

 

 

堅牢性

堅牢性はHDDの壊れ難さで、一般的にはHDDの記憶部分にどのメーカーを採用しているかで左右されます。

エレコム社製品はこの点の明示はなく、また、「24時間連続使用」もうたっていません。

一方、Segate製品についてはエレコム販売のSGD-MYシリーズは「24時間連続使用」可能

同じ製品でも、Segate販売のExpansionシリーズには「24時間連続使用」の明言がありません。

この記事での評価では「24時間連続使用」の可否を明言しているか否かで堅牢性を判断します。

 

省エネ性

ハードディスクの消費電力は元々大きくありませんので、テレビ連動の「電源ON/OFF機能」の有無が評価の焦点となります。

エレコム製、Segate製どちらのハードディスクもこの機能を備えているので安心です。

機器の冷却や保護にも繋がる重要な要素でもあります。

 

価格

価格の評価は記憶容量やスペックで大きく左右されるため、汎用的な2TBの価格帯を判断基準として評価しています。

記事内のショッピングリンクはAmazonの最安値を表示しており、価格は日々変動しているため執筆時の評価と相違する場合があります。

 

  • 10,000円以下…やや安い~安い
  • 10,000円以上…やや高い~高い

 

エレコムとSegateのユニークな機能

ここでは、評価基準以外のエレコムとSegate機器のユニークな機能やシステムについて解説します。

 

あんしんサポート(エレコムのみ)

エレコムあんしんサポート

かんたん接続ガイドや電話サポートを年中無休で対応。HDDの知識が無くても安心です。

少し前まで、ハードディスクのようなマニアックな商品は、サービスや保証体制が整っていませんでした。

しかし、昨今はテレビ用に流用され各社必死で体制を整えつつありますね。

 

「SeeQVault™(シーキューボルト)」に対応

SeeQVault™(シーキューボルト)機能については、実際に使用する機器が対応可能であるかきちんと調べて下さい。

下記に SeeQVault™(シーキューボルト) のメリットを参考提示致しますが、基本的に現状は非対応の機器が多いので注意です。

また、4K録画には非対応であることも覚えておきましょう。

 

録画番組を引き継げる
ELECOM SeeQVault1

 

好きな場所のテレビに接続して録画番組を再生することが可能
ELECOM SeeQVault2

 

機器が故障しても安心
ELECOM SeeQVault3

 

まとめ

おすすめのエレコム&Segateテレビ録画用ハードディスクの評価でした!

エレコムのHDDを選ぶ際は、Segate製と分けて考えた方がSegate直販品も絡んでくるので分かりやすいです。

エレコム製のHDDは記録媒体の製造メーカーが不明ですが、HDD製造メーカーのSegateならその物ズバリ!

但し、Segate直販品はテレビとの互換性が明文化されていないのがデメリットと言えます。

エレコム販売のSegate製品を東芝レグザのタイムシフトで使用していますが、1年以上経過して特に問題は発生していません。

Segate直販品だと考えれば、価格が安い分選択肢が広がりそうですが…。

何れにしてもHDDは当たり外れのある製品です。

録画が重要な人は「もしも」を考え、同じSegateでもコストよりも耐久性を考え「24時間連続使用」のエレコム販売品を購入すると良いでしょう。

一方、録画番組を1度観て消去する使い方であれば、使い捨て感覚でコスト優先の選択方法をおすすめします。

でも、同じ製品で品質に違いが出るのは「仕入れ検査」の有無しょうか?謎です…。

 

テレビ関係のことなら先ずは”ここから”!