4K有機ELテレビ パナソニックビエラ HZ1000 ①セールスポイントの評価

HZ1000 IC 1 有機ELテレビ
有機ELテレビ

2020-2021最新モデルのパナソニック有機ELビエラ「HZ1000」。

パナソニック有機ELビエラのラインナップは、2019-2020モデルとして発売された「フラッグシップ機GZ2000シリーズ」が筆頭で、セカンド機は、2020-2021最新モデルの「HZ1800」である。

そして他社には見られないサード機の位置づけが「HZ1000」

サード機と言ってもそれは単にパナソニック内でのラインナップだけの話で、実際に競合するのは他社のセカンド機だろう。

そんな最新のパナソニックビエラ有機ELテレビ「HZ1000」の評価をここから開始。

本当に他社のセカンド機と渡り合えるのか?

4回にわたって全貌を解き明かして行きます。

第1回目はパナソニックビエラ有機ELテレビHZ1000の「セールスポイント」をじっくりと徹底評価。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4K有機ELテレビパナソニックビエラ HZ1000とは

HZ1000 img01

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2020夏
(20’6月)
ビエラ
HZ1000
有機EL
テレビ
65v/55v

 

「HZ1000」は、2020-2021モデルパナソニック有機ELビエラの最新機種として発売された。

前述の通り、有機ELビエラの中ではサード機の位置づけで、パナソニックでは最廉価版の有機ELテレビです。

前モデルは「GZ1000」で、ラインナップの位置づけは変わりありません。

4K有機ELテレビパナソニックビエラHZ1000のセールスポイント

  1. 進化する高画質技術
  2. 立体音響Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応
  3. 転倒防止スタンド&スイーベル(首ふり)機能

 

1.進化する高画質技術

HZ1000 img02

 

えだまめくん
えだまめくん

高画質技術の進化は非常に評価しづらい部分です。ズバリ「高画質プロッセッサー」が変わったなど、物理的な変化があれば分かり易いのですが、メーカー内のチューニングだけで色合いに変化が生じるレベルだと判断が付きません。

リーズナブル派
リーズナブル派

HZ1000は新技術のアナウンスは無いの?

えだまめくん
えだまめくん

一般の消費者がカタログを見ても分かり難いですね。技術名称はほぼ同じです。さりとて、有機EL弱点を補うチューニングは施しているので、実際に視聴すると輝度がアップしたように感じます。一方、明確な進化がHDR規格の「Dolby Vision IQ」に対応したことです。

コスト重視派
コスト重視派

HDR規格の対応範囲が最も広いパナソニックが、更に「Dolby Vision IQ」も対応させたんだ。Dolby Visionの映像を明るさが変わっても最適な画質を維持させる技術だね。

こだわり派
こだわり派

コストしか興味が無いと思っていたが良く知っているのだ。HDR規格への対応はパナソニックが1番なのだ。

えだまめくん
えだまめくん

なお、輝度アップについては数値が公表されていないので「感覚」です。しかし、感覚的に明るい原因は前モデルより「年間消費電力量」が増加したことで何となく想像がつくかも?

リーズナブル派
リーズナブル派

省エネ性能が落ちたわけね。即ち、輝度が上がっている時間を長くしたり、ピークを更に上げて明るく見せるチューニングを行ったのかな?見やすくなることは良いけど、肝心の色調再現がおかしくならなければ良いけど

えだまめくん
えだまめくん

ハード的にはほぼ違いは無いけど、蓄積したデータから最適な画質へ進化したと思えば間違い無いでしょう。

 

​ 

 

進化する高画質技術の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

「進化」と捉えて、わざわざピックアップするほどのものでも無いのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

どっちかと言えばマイナーチェンジじゃない?

評価:

コスト重視派
コスト重視派

新しければ何でもよく見えるもんだよ。でも、この映像が好みならOKじゃない。

 

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

 

2.立体音響Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応

GZ1800-5

 

えだまめくん
えだまめくん

前モデルのGZ1000からドルビーアトモスは対応しています。しかし、依然セールスポイントには変わりないでしょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

で、何でスピーカー本体には言及しないのよ?

えだまめくん
えだまめくん

スピーカーについては「③の機能評価」でじっくりと評価しようと思っていました。スピーカー構成、出力に大きな変化があり、プラスにもマイナスにも取れるからです。

 

HZ1000 img03

 

コスト重視派
コスト重視派

確かに、出力は50Wから30Wへダウンしたからマイナスに感じられるね。でも、2Way(4スピーカー)からフルレンジスピーカー(2スピーカー)へのユニット変更については、単純に良し悪しは計れないよ。

こだわり派
こだわり派

バランスの悪い2Wayならフルレンジの方が良い場合もあるし、一般家庭の視聴環境ならコスパ的にもフルレンジが良い場合もあるのだ。

えだまめくん
えだまめくん

その通りです。貧弱な構成であることは間違いないのですが、完全に前モデルより悪いかどうかは好みが分かれるところなんです。

 

こだわり派
こだわり派

基本的にはシアターバーの強化が必要なのだ。そう考えれば尚更フルレンジで良いのだ。

リーズナブル派
リーズナブル派

あとね、出力を上げたら前モデルより消費電力まで上回ってしまうからだと思うわ。パナソニックも大変ね。

コスト重視派
コスト重視派

ドルビーアトモスは付くし、普通の家庭なら問題無いレベルでいいじゃん。

えだまめくん
えだまめくん

音に不満があればシアターバーを設置すれば良いでしょう。「③の機能」で解説しますが、HZ1000はHDMIが「eARC」へ進化しています。
では、ドルビーアトモスだけの評価をお願いします。

 

 

立体音響Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

スピーカーは置いといて。ドルビーアトモスは今期の目玉だから引続き高評価なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

VOD(Video On Demand)サービスもアトモス対応が増えてきたわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

間違いなく、今後どんどん対応作品が増えてくるよ。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

3.転倒防止スタンド&スイーベル(首ふり)機能

HZ1000 img04

 

えだまめくん
えだまめくん

パナソニックの転倒防止スタンドについては、4K液晶テレビGX855でも採用されていた技術です。小さなお子さんが居る世帯では重宝するでしょう。

 

GX855-07

 

リーズナブル派
リーズナブル派

HZ1000はやっぱりファミリーユースな製品なのね。デザイン優先のハイエンドユーザーだと怒るかも?

えだまめくん
えだまめくん

そうとは言えません。以前採用されていた4K液晶テレビGX855は一応ハイエンド機です。確かにデザイン性は好みが分かれますが、ぜひ安全性を優先して下さい。また、スイーベルと言う首ふり機能も付くので広いリビングでは使いやすいですよ。

 

 

HZ1000 img05

 

 

コスト重視派
コスト重視派

いいね、これ。

 

リーズナブル派
リーズナブル派

卓上スタンドが転倒防止で吸着してるから首振り出来るのね。なんか古臭い感じだけど、使いやすさは間違い無くアップするわ。

こだわり派
こだわり派

機能は評価するが、テレビ全体のデザインが田舎臭いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

首振りがあれば録画用の外付けハードディスクやゲーム機も楽に配線できますよ。でも、録画用外付けハードディスクはHZ1000に適合した信頼のある製品を選びましょう。

 

ビエラは使用可能な容量(TB)の上限や、適合機種が他社のテレビよりも柔軟性に欠けるの適合するハードディスクを探すのが少し大変。

そこで、面倒が無いよう「HDD パナソニックビエラにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でおすすめのHDD情報をまとめています。

パナソニックビエラ用のHDDをお探しの方は是非参考にして下さい。

 

 

えだまめくん
えだまめくん

適合が明確な安心のハードディスクを選びましょう。

では、転倒防止スタンド&スイーベル(首ふり)機能の評価をお願いします。

 

転倒防止スタンド&スイーベル(首ふり)機能の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

購入者目線の開発を行うパナソニックは流石なのだ。でも、デザイン性が犠牲になっていると感じるのはわしだけなのか?

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

安全性と健康を考えた素晴らしい技術だわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

子育てが忙しいファミリー層でも有機ELテレビを買う時代なんだね。羨ましい。

その他:サイズバリエーションの確認

えだまめくん
えだまめくん

HZ1000は前モデルのGZ1000同様に「65型(インチ)」と「55型(インチ)」のツーサイズバリエーションです。

 

HZ1000 img06

 

 

リーズナブル派
リーズナブル派

一番人気のある王道のサイズ展開にこだわったのね。

えだまめくん
えだまめくん

55型も65型も人気のあるサイズなので、テレビを設置する際のテレビ台やテレビスタンドの選択には困らないでしょう。
視聴環境作り(置き場所)は以下を参考に進めて下さい♪

 

「テレビ台」の選び方のコツはここから

 

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

 

4K有機ELテレビパナソニックビエラ HZ1000の受賞歴

Panasonic 有機EL VIERA HZ1000はAV機器を専門家が評価する「VGP」から高い評価を受けています(「Hivi」は選考中止)。

 

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

2020年夏の審査では、パナソニックテレビ全体の技術である「お部屋ジャンプリンク4K対応」が高く評価され、VGPから企画賞を受賞。

なお、ディスプレイ部門でのHZ1000単体の受賞はありませんでした。

 

Hivi ベストバイ
2020夏
172 HiVi BEST BUY 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
新型コロナウイルスの影響で中止
VGP
2020夏
200-172P VGP 2020 SUMMER logo
【映像音響部会】企画賞
◆お部屋ジャンプリンク4K対応
4K放送の録画コンテンツを家じゅうでシェアできるネットワーク機能に対して。

 

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

情報が入り次第アップデート。

 

4K有機ELテレビ HZ1000の「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認した有機ELビエラ HZ1000のセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:4.0

こだわり派
こだわり派

肝心の画質も音響も目新しさは感じないというのが素直な感想なのだ。転倒防止や首振りなどはわしレベルのユーザーにとってはどうでも良い内容なのだ。

評価: 3.5

リーズナブル派
リーズナブル派

確かに肝心な部分に大きな進化は感じないけど、最適化されていることは確かだわ。更に安全策や見易さを考えた対応を考慮すれば、総合的には前モデルより評価が高くなるわね。

評価: 3.5

コスト重視派
コスト重視派

まあ「コスト」次第だけど、セールスポイントだけを考えれば確かに前モデルよりは良い感じだと思う。

 

えだまめくん
えだまめくん

映像、音響に目新しさは無いものの最適化はされています。また、ユーザー視点の改善はこだわり派さん以外では高評価でした。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価を行いましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

Panasonic VIERA HZ1000の評価

 

今すぐ「HZ1000」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

 

 

この記事も読まれています!