【ブラビア X80L】X80Kとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
ソニー4K液晶ブラビア X80Lレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ソニー・ブラビアの4K液晶テレビである「X80L」と前モデルのX80Kとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、X80Lのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、X80Lと同世代である2023年モデルの新4Kブラビア間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「X80Lを実際に操作」し「X80Lの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはX80LとX80Kの違いが知りたいね。

\ X80LとX80K違い /

進化ポイント残念ポイント
ゲームメニュー
一部利便性
サイズ展開追加
ほとんど変化がない
違うポイント

今期のソニー・ブラビアX80Lは、前モデルX80Kからほとんど変化のないモデルです。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ブラビア X80L】X80Kとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

X80L 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

X80L 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格3.04.04.0
セールスポイント2.03.03.0
視聴環境・設置3.03.02.0
全機能2.03.03.0
省エネ・寿命3.04.54.5
総合評価2.6
3.5
3.3
X80L総合評価結果

先ず最初に結論からお話しましょう。

冒頭解説した通り、4K液晶テレビX80L前モデルX80Kからさほど変化の無いモデルです。

最上位モデルのX95LがMini LEDバックライトを使用、セカンドモデルのX90L、その下のX85Lは通常の直下型LED部分駆動バックライトを使用。

X80Lは今期の4K液晶ブラビアではサイズバリエーション豊富なエントリーモデルとなります。

えだまめくん

X80Lは機能的に貧弱ですが、サイズバリエーション豊富で価格的にも選びやすいモデルです。

リーズナブル派

早くエントリーモデルも直下型LED部分駆動の倍速液晶にならないかしら?

こだわり派

Micro LEDでも出ないと無理なのだ。

X80Lのメリット・デメリット

X80Lが優れる点⤴︎

  • ゲーム性能と連携
  • 立体音響(ドルビーアトモス)対応
  • Bluetoothオーディオ連携
  • Bluetoothリモコン
  • ハンズフリー音声検索
  • eARC・HDCP2.1対応
  • サイズの豊富さ
  • ソニーブランド

X80Lが劣る点⤵︎

  • 貧弱なスピーカー構成と出力
  • HDR対応規格が少ない

*前モデルX80Kと比較した場合

えだまめくん

X80Lのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|X80Lの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

4K液晶テレビの潮流は年々変化し、今期はハイエンドモデルに採用されていた「直下型LED部分駆動バックライト」がサードモデルに採用される流れとなっています。

残念ながらエントリーモデルのX80Lはこの対象ではなく、今期は大きな変化のないモデルとなりました。

機能進化のバランスを考えると、市場価格の低下が期待されます。

価格の評価

評価:3.0

こだわり派

このクラスは安過ぎて怖いのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

期待ほど値が下がった印象はないけど、ほぼ前モデル並みで始まっているので今後に期待ね。

評価:4.0

コスト重視派

物価高騰の流れを考えると、進化が少なくても前モデル並みならまあまあの評価になるかな?

えだまめくん

モデル中期から末期の市場価格に期待ですね。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

XJ-85X80L(85v型)の価格推移と買い時

85v X90K vs. X80L最安値推移

XJ-65X85L前モデルに同サイズが無いため、2年前のモデルであるX85Jの価格推移と比較しました。

さすがに上位モデルとの比較とあって安く見えますが、機能面の格差を考慮すると26.5%の差が妥当であるか否かが判断の分かれ目となるでしょう。

このまま乖離幅が同程度の場合、最安値の目安は265千円前後となりそうです。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

85v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 300千円前後の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 比較モデルX90Kの安値付近と同等の乖離幅を引いた265千円前後を目安に待つ

XJ-75X80L(75v型)の価格推移と買い時

75v X80K vs. X80L最安値推移

XJ-75X80L前モデルよりも10.5%ほど高く始まりました。

しかし翌月にはX80Kの価格水準を割っており、同様の動きで推移しそうな期待感があります。

動きをトレースした場合、初回の安値は5ヶ月後、最安値はモデル末期まで待つ必要があるでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

75v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 230千円前後の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 比較モデルX80Kの安値付近200千円前後を目安に待つ

XJ-65X80L(65v型)の価格推移と買い時

65v X80K vs. X80L最安値推移

XJ-65X80L前モデルよりも13%ほど高く始まりました。

翌月以降価格差は小さくなりましたが、継続してX80Lが高い水準であることに変わりありません。

半年後の最安値近辺を目処に狙いを定めると良いでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

65v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 180千円前後の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 比較モデルX80Kの安値付近140千円プラスαを目安に待つ

XJ-55X80L(55v型)の価格推移と買い時

55v X80K vs. X80L最安値推移

55v型のXJ-55X80L前モデルXJ-55X80Kよりもやや高く始まりましたが、2ヶ月後には価格が逆転しました。

安値近辺を目標に購入を検討しても良いでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 140千円付近の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近125千円前後を目安に待つ
  • 但し、物価高騰をきちんと考慮する

XJ-50X80L(50v型)の価格推移と買い時

50v X80K vs. X80L最安値推移

50v型のXJ-50X80Lも55v型同様の動きで前モデルXJ-50X80Kよりもやや高く始まりましたが、その後価格は収束し3ヶ月後には逆転しています。

このサイズも前モデル安値付近が狙い目となるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

50v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 130千円付近の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近110千円前後を目安に待つ
  • 但し、物価高騰をきちんと考慮する

XJ-43X80L(43v型)の価格推移と買い時

43v X80K vs. X80L最安値推移

43v型のXJ-43X80L前モデルXJ-43X80Kよりもやや高く始まりましたが、50v型同様に3ヶ月後には価格が逆転しています。

このサイズも前モデル安値付近が狙い目となるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

43v型のX80Lがどうしても欲しいなら

  • 120千円付近の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近100千円前後を目安に待つ
  • 但し、物価高騰をきちんと考慮する
えだまめくん

X80Lの進化点は少ないので、前モデル価格並みがひとつの目安となります。

↑ 目次へ戻る

評価②|X80Lのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:2.0

こだわり派

エントリーモデルはつまらないのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

エントリーモデル間で比較すれば良い方じゃない?

評価:3.0

コスト重視派

あくまでも圧倒的な価格があっての低機能だよね。

えだまめくん

目立った注目点のないX80Lの評価は難しいですね。やはり価格とのバランス次第の評価でしょう。

ソニー 4K液晶ブラビア X80Lとは

ソニー4K有液晶ブラビア X80L本体正面の画像
4K液晶ブラビア X80L

ソニー・ブラビア:公式ページ

モデル2023夏(23'4~6月)
シリーズブラビア X80L
分類4K液晶テレビ
サイズ展開85v/75v/65v
55v/50v/43v

ソニー4K液晶ブラビアX80L」は、4K液晶ブラビアのエントリーモデルです。

サイズは85v/75v/65v/55v/43vと豊富なサイズバリーションになっています。

X80L 2つのセールスポイント

  1. 細やかなアップデートと新機能
  2. 豊富なサイズバリエーション
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 前モデルX80K(65v)と並べて視聴したが、色作りの変化しか感じなかった
  • 音響水準も変化は感じなかった

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2023年モデル、A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WLのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

サイズバリエーション以外、ホント何も変わってない感じ

えだまめくん

テレビとしての質は変化が無いと考えていいでしょう。

ソニー・ブラビアに対応したHDDは「【ブラビアに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

X80Lに適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

ソニー・ブラビアでDVDを再生するなら「テレビで見るための【DVDプレーヤー4選】安く買って簡単に接続する方法」でまとめて紹介しています。

X80Lの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ソニー 4K液晶ブラビアX80L」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2023 SUMMER(2023年「夏」)

X80Lはソニー・ブラビアではロースペックモデルにあたるので43v型のみ評価されています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ審査対象外ディスプレイ
KJ-85X80L審査対象外ディスプレイ
KJ-75X80L審査対象外ディスプレイ
KJ-65X80L審査対象外ディスプレイ
KJ-55X80L審査対象外ディスプレイ
KJ-50X80L審査対象外ディスプレイ
KJ-43X80L金賞ディスプレイ
X80L VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
全サイズ審査対象外ディスプレイ
X80L HiVi評価まとめ(夏)

2023 WINTER(2023年「冬」~2024年)

決定次第で更新予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|X80Lに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

まあ軽いテレビなんでどこへでも置けるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

特にひねりは感じられないのがエントリーモデルね。

評価:2.0

コスト重視派

またか?なんでエントリーモデルは卓上スタンドがワイドタイプなんだ?

えだまめくん

筐体は軽い一方で卓上スタンドは広いことが注意点ですね。内容的には引き続き普通のエントリーモデルです。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 今期もデザインは凡庸
  • 視認性はまあまあ良好

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2023年モデル、A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WLの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

特に視聴性能の工夫は感じられないわね。

えだまめくん

最低限の仕様なので仕方ありません。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

\ X80Lに適合するHDDとSTAND情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

評価④|X80KとX80Lの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
X80L機能評価

評価:2.0

こだわり派

相変わらず貧弱過ぎるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

エントリーモデルとしては十分だわ。

評価:3.0

コスト重視派

中途半端な機能の機種を買うならこれで十分かも?でも倍速が無いと気になる人には無理かな。

えだまめくん

エントリーモデルなので派手な部分は削除されてますが、立体音響も搭載されお得な機種と言えます。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな角度からも反応して便利だった
  • ステレオサウンドの立体化はきちんと機能していた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2023年モデル、A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WLの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

倍速パネルにこだわらないブラビアユーザーには魅力的かもね。

えだまめくん

他社と価格比較して、きちんと見極めることが重要です。

Bluetoothで簡単にワイヤレスイヤホンも接続できます♪

ワイヤレスイヤホンを使用すれば、テレビの音量を気にせず大迫力の没入感に浸れます。

こちらのリンク→ワイヤレスイヤホン関連記事を参考にして下さい。

おすすめのワイヤレスイヤホンもレビュー!

↑ 目次へ戻る

評価⑤|X80Lの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
X80L省エネ性能評価

評価:3.0

こだわり派

やっぱりエントリーモデルはお得なのだ。しかし私はこのクラスを買わないのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

ここも進化していないから、最高じゃないのが残念だわ。

評価:4.5

コスト重視派

このクラスで妥協できる人が幸せかもね。

消費電力と年間消費電力量の比較

X80Lはサイズ展開が相違しますが、前モデルX80Kと比較して消費電力は変化が無く、年間消費電力量は悪化傾向です。

消費電力量については「省エネ基準達成率」の目標年度2012年度から2026年度へ変更した影響でしょう。

消費電力の比較(W)

SIZEX80LX80K
85v型339W-
75v型317W317W
65v型241W241W
55v型213W213W
50v型151W151W
43v型114W114W
消費電力比較

年間消費電力量の比較(kWh)

SIZEX80LX80K
85v型312kWh-
75v型280kWh261kWh
65v型210kWh246kWh
55v型186kWh198kWh
50v型138kWh143kWh
43v型115kWh112kWh
年間消費電力量比較

他社液晶テレビとの比較

サイズ展開で65v型と55v型のある、他社の最新液晶テレビと省エネ性能を比較しました。

性能を最大限発揮させた際に影響の大きい消費電力に着目すると、X80Lの省エネ性能はトップクラスであることが分かります。

他社液晶テレビとの比較表

上段:消費電力
下段:年間消費電力量

モデル65v型55v型
BRAVIA
X80L
241W
210kWh
213W
186kWh
BRAVIA
X85L
231W
167kWh
178W
140kWh
BRAVIA
X75WL
237W
192kWh
202W
203kWh
VIERA
MX800
225W
201kWh
190W
176kWh
AQUOS
FN1
274W
192kWh
198W
170kWh
他社との省エネ性能比較
えだまめくん

比較してみれば分かりますが、他社の省エネ性能も格段に進化しています。アクオスは相変わらずですが…

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2023年モデル、A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WLの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

前期のソニー・ブラビアは新しい省エネ基準達成を意識している感じだったけど、今期は進化なしだわ。

えだまめくん

新しい省エネ基準達成目標は2026年度なので、来年ドカーン!と進化しそうです。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ソニー 4K液晶ブラビア X80L評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ブラビア X80L】X80Kとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

X80Lは機能面、省エネ性能ともに前モデルX80Kからほとんど変化のないモデルです。

極論を言えば、85v型以外は前モデルが安くなっているならばそちらを選択しても問題ないほどです。

とは言え、新しいモデルの方が気持ちが良いので、前モデル並みの価格であれば選択を検討する価値はあるでしょう。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

X80Lのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

X80Lが優れる点⤴︎

  • ゲーム性能と連携
  • 立体音響(ドルビーアトモス)対応
  • Bluetoothオーディオ連携
  • Bluetoothリモコン
  • ハンズフリー音声検索
  • eARC・HDCP2.1対応
  • サイズの豊富さ
  • ソニーブランド

X80Lが劣る点⤵︎

  • 貧弱なスピーカー構成と出力
  • HDR対応規格が少ない

*前モデルX80Kと比較した場合

X80LとX80Kの違いまとめ

\ X80Lとの違いまとめ /

項目X80KX80L
サイズ75v/65v/55v/50v/43v85v/75v/65v/55v/50v/43v
高画質化液晶パネル
高画質プロセッサー「HDR X1」
HDRリマスター
X-Reality PRO
トリルミナス プロ
倍速非対応
HDR10/HLG
Dolby Vision
高音質化X-Balanced Speaker
ドルビーアトモス対応
2.0.0ch
20W
自動音場補正
(部屋環境)
Bluetoothオーディオ連携
リモコンBluetooth対応
機能スマートスピーカー連携
ハンズフリー音声検索
HDMI=4
USB=2
PlayStation(R)5
連携機能
4K/120fps
ALLM
-ゲームメニュー
LINE連携(ブラビアみまもり)
X80LとX80Kの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2023年ソニー・ブラビア関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2023年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

X80Lと一緒に買いたい!

Sponsored Link
ソニー4K液晶ブラビア X80Lレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!