【2023 BRAVIA】 ソニーテレビのセールスポイントを比較評価|A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WL

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
【2023 BRAVIA】 SONYテレビのセールスポイントを比較評価|A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WL記事のアイキャッチ

この記事では、2023年発売モデルのSONY(ソニー)のテレビブランドであるBRAVIA(ブラビア)について、最大の特徴を示す「セールスポイント」を明確化し評価を行いました。

セールスポイントとはそのテレビの「売り」であって、欲しいテレビを見定める重要なキーワードです。

映像を徹底的にこだわるなら、先端の技術で映像美を全面に出すモデル。

迫力ある音響システムが欲しいなら、スピーカー構成や出力の大きいことを掲げた機種を絞れる。

ソニー・ブラビア2023年モデル、A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WLのセールスポイントを知れば、テレビ選びの的が絞れます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2023年発売のソニーブラビアの特徴
  • シリーズごとのセールスポイントの違い
    • 対象:A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WL
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

ソニーブラビア2023モデル|A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WL|

ソニーブラビアの2023年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
ソニー4K有機ELブラビア A80L本体正面の画像
A80L
ソニー4K有液晶Mini LEDブラビア X95L本体正面の画像
X95L
ソニー4K有液晶ブラビア X90L本体正面の画像
X90L
ソニー4K有液晶ブラビア X85L本体正面の画像
X85L
ソニー4K有液晶ブラビア X80L本体正面の画像
X80L
ソニー4K有液晶ブラビア X75WL本体正面の画像
X75WL
映像有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響
サイズ
展開
77v|65v|55v85v|75v
|65v
85v|75v
|65v
65v|55v85v|75v
|65v|55v
|50v|43v
75v|65v
|55v|50v
|43v
進化
レベル
極小極小極小極小
デザイン普通微妙微妙微妙
価格高い高い高い普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
ブラビア2023年モデル概要

サイズ構成の変化

前モデルの「フラッグシップ4K有機EL A95K」と「小型サイズの有機ELテレビ A90K」は継続モデルです。

サイズ2022
モデル
2023
モデル
85v型X95K
X90K
X95L
X90L
X80L
77v型A80KA80L
75v型X95K
X90K
X80K
X80WK
X95L
X90L
X80L
X75WL
65v型A95K
A80K
X95K
X90K
X80K
X80WK
A80L
X95L
X90L
X85L
X80L
X75WL
55v型A95K
A80K
X90K
X85K
X80K
X80WK
A80L
X85L
X80L
X75WL
50v型X90K
X85K
X80K
X80WK
X80L
X75WL
48v型A90K-
43v型X85K
X80K
X80WK
X80L
X75WL
42v型A90K-

↑ 目次へ戻る

[4K有機ELブラビアセカンドモデル]

A80Lシリーズ|サイズ展開:77v・65v・55v|

ソニー4K有機ELブラビア A80L本体正面の画像

[A80L セールスポイント]

第3世代認知特性プロセッサー「XR」による進化

細やかなアップデートと新機能


第3世代認知特性プロセッサー「XR」による映像の進化

4K有機ELブラビアのセカンドモデル A80L進化は微小で、第3世代を迎えた認知特性プロセッサー「XR」による映像のレベルアップがメイン。

よりノイズのない美しい映像を実現する「XR Clear Image」の追加と、輝度アップの施策へ繋がっています。

ソニーブラビアのXR Clear Image
XR Clear Image

ソニーブラビア公式ページより

えだまめくん

前々期の進化が大きかった分、前期と今期の進化は小ぶりですが、毎回しっかりと認知特性プロセッサー「XR」の良さを昇華させています。

細やかなアップデートと新機能

今期は大幅な進化の無いA80Lですが、地味ながら細やかなアップデートと新機能が追加され、より使いやすいテレビへ進化しています。

ゲームメニューの搭載

この機能はブラビアの画質設定をゲームに合わせてカスタマイズできるゲーム機能の強化です。

ソニーブラビアのゲームメニュー機能
ゲームメニュー機能

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)

LINEを介し、留守番中の子供や離れて暮らす高齢者などを見守る機能がつきました。

ソニーブラビアのLINE連携ブラビアみまもり
LINE連携ブラビアみまもり

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)の機能
使用状況の確認

テレビの使用状況が一目でわかるレポート機能。現在の使用状況を確認できるほか、これまでの使用状況も確認することができる。

メッセージ送信

「もう直ぐ帰るね」「そろそろ終わりの時間だよ」など、LINEからメッセージを送れば、テレビ画面に送信したメッセージを表示できる。

視聴の制限

約束の時間を過ぎてもテレビを視聴し続けている場合、一時的にテレビの視聴を制限することができる。

BRAVIA CORE

「BRAVIA CORE(ブラビア コア)」は、ソニー・ピクチャーズと連携して誕生したソニー独自のコンテンツサービスです。

ドルビーアトモスにも対応した最新映画から過去の名作まで視聴可能。

ソニーブラビアのBRAVIA CORE(ブラビアコア)
BRAVIA CORE

ソニーブラビア公式ページより

指定の4K有機ELブラビアや4K液晶ブラビアを購入すると、無料見放題期間と有料コンテンツのクレジットが付与されます。

2022年モデルまでは上位モデルの認知プロセッサー「XR」搭載モデルのみのサービスでしたが、2023年モデルからX85LとX80Lにもサービスが拡大

対象モデル見放題期間映画クレジット数
A95K、A80L、A90K
X95L、X90L
X90K、X95J、X90J
アカウント登録から
24ヶ月
有料作品
10作品が無料
アカウント登録から
12ヶ月
X85L、X80Lアカウント登録から
12ヶ月
有料作品
5作品
アカウント登録から
12ヶ月
BRAVIA CORE 2023サービス
えだまめくん

今期のブラビア有機ELセカンドモデルは小さな変化に留まっていますが、肝心の映像が強化されています。

A80Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

わしは最新技術が搭載された高級モデルに興味があるのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

ホント、こんな記事が無いとよく見ないと分からない変化だけど、まあいい感じじゃない。

評価:3.0

コスト重視派

購入を検討している人はビエラのMZ1800と比較した方がいいね。ソニー好きなら話は別だけどね。

えだまめくん

テレビの進化も成熟感が増した昨今、ソニーは映像資産を活かしたコンテンツサービスにも力を入れています。

A80Lがおすすめの人
  • フラッグシップ有機ELテレビにこだわらない人
  • そこそこの機能で有機ELテレビを楽しみたい人

\ A80Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ A80Lに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアMini LEDモデル]

X95Lシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v|

ソニー4K有液晶Mini LEDブラビア X95L本体正面の画像

[X95L セールスポイント]

高輝度に磨きがかかったMini LEDバックライトパネル

第3世代認知特性プロセッサー「XR」による進化

更に進化した音響システム


高輝度に磨きがかかったMini LEDバックライトパネル

ソニー4K液晶ブラビアX95L最大のセールスポイントは、バックライトにMini LEDを使用していること。

ブラビアのMini LEDイメージ
Mini LEDイメージ

ソニーブラビア公式ページより

前モデルのX95Kから採用されたMini LEDはX95Lで2年目となり、ハード面では大きな変化は無いもののピーク輝度が約30%アップしたことが大きなセールスポイントです。

具体的には8Kブラビア同等の性能を持つ「XR Contrast Booster 20」へアップデート。

輝度アップのみならずバックライトの分割数が最大20%向上し、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなり、更に自然なコントラストを実現しました。

ソニーブラビアのXR Contrast Booster 20
XR Contrast Booster 20

ソニーブラビア公式ページより

Mini LEDの次の技術は更に小さい「Micro LED」です。

えだまめくん

Mini LEDも市場に出てから3年目となり、ブラビアも2年目へ突入。来年以降のフルチェンジでは価格も意識して欲しいですね。

第3世代認知特性プロセッサー「XR」による映像の進化

4K液晶Mini LEDブラビアのX95Lも、第3世代を迎えた認知特性プロセッサー「XR」による映像のレベルアップが図られています。

よりノイズのない美しい映像を実現する「XR Clear Image」の追加と、輝度アップの施策へ繋がっています。

ソニーブラビアのXR Clear Image
XR Clear Image

ソニーブラビア公式ページより

えだまめくん

XR搭載のブラビア全体の2023年アップデートです。

更に進化した音響システム

音響システムは従来の「Acoustic Multi-Audio」から、新たに独自開発されプラスの付いた「Acoustic Multi-Audio+」へ進化したことが次のセールスポイント。

通常のテレビに付属するスピーカーは画面下部に設置されており、大画面になるほど映像と音の中心点がズレるという問題を解決させました。

「Acoustic Multi-Audio+」はフレームトゥイーターが画面裏から叩くことで、フレーム自体を振動させ高音域の音をダイレクトに届けます。

音が背面へ回り込まないため、第三世代の認知特性プロセッサー「XR」で制御された音の広がりが更に向上しています。

ソニーブラビアのAcoustic Multi-Audio+
Acoustic Multi-Audio+

ソニーブラビア公式ページより

なお、スピーカー構成と出力は前モデルのX95Kから変化はありません。

内容X95LX95K
構成4.2.0ch4.2.0ch
出力60W60W
スピーカー構成比較

スピーカー構成のチャンネル数については、ソニー独自のアクチュエーターを通常のスピーカーとみなし、サブウーハーをウーハーとして算定しています。

えだまめくん

ブラビアの音響システムはビエラのような物理的な派手さはありませんが、独自の音質強化に取り組んでいます。

X95Lも「細やかなアップデートと新機能」について、A80Lと同じ進化が図られています。

>「細やかなアップデートと新機能」の解説へジャンプ

X95Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

実際にMini LEDテレビと有機ELテレビを比較して視聴すれば良さが分かるのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

Mini LEDテレビは最初から贅沢装備が付属するので、進化させるのも大変ね。

評価:5.0

コスト重視派

前モデルでも十分な明るさだったけど更に明るくなって綺麗になったね。お店で視聴する時は驚くかも?

えだまめくん

まだまだ当面の液晶テレビ戦争はMini LEDがカギを握ります。

X95Lがおすすめの人
  • Mini LEDテレビが欲しい人
  • 最新の技術に敏感な人
  • コストにこだわらない人

\ X95Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X95Lに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアプレミアムモデル]

X90Lシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v|

ソニー4K有液晶ブラビア X90L本体正面の画像

[X90L セールスポイント]

第3世代認知特性プロセッサー「XR」による進化

細やかなアップデートと新機能


第3世代認知特性プロセッサー「XR」による映像の進化

前モデルのX90Kは豊富なサイズ展開も注目点でしたが、X90Lは大型サイズだけの展開となっている点に注意です。

4K液晶ブラビア X90L進化は微小で、第3世代を迎えた認知特性プロセッサー「XR」による映像のレベルアップがメインでセールスポイントのひとつ。

よりノイズのない美しい映像を実現する「XR Clear Image」の追加と、輝度アップの施策へ繋がっています。

ソニーブラビアのXR Clear Image
XR Clear Image

ソニーブラビア公式ページより

えだまめくん

サイズ展開に偏りがありますが、しっかりと認知特性プロセッサー「XR」の良さを昇華させています。

細やかなアップデートと新機能

X90Lのもう一つのセールスポイントは、第三世代の認知特性プロセッサー「XR」を活かした細やかなアップデートと新機能でしょう。

細かくは有機ELブラビアA80Lの項で解説していますので、以下のリンクからジャンプして下さい。

>「細やかなアップデートと新機能」の解説へジャンプ

えだまめくん

テレビも便利になりました。

X90Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

わし的には直下型LEDの液晶テレビがギリギリセーフなのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

4K液晶テレビを選ぶ際には候補になるモデルだから機能を熟知しましょうね。

評価:4.0

コスト重視派

今期も機能はこれくらいが良いよ。盛り込み過ぎると結局電気代が高くついちゃうしね。

えだまめくん

今期も高機能タイプの直下型LEDテレビは狙い目かもしれません。

X90Lがおすすめの人
  • Mini LEDテレビが高くて買えない人
  • ハイエンドモデルに近い機能が欲しい人
  • ランニングコスト(電気代)を抑えたい人

\ X90Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X90Lに適合するHDD & Tv-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアハイグレードモデル]

X85Lシリーズ|サイズ展開:65v・55v|

ソニー4K有液晶ブラビア X85L本体正面の画像

[X85L セールスポイント]

直下型LED部分駆動 & 倍速駆動パネル

細やかなアップデートと新機能


直下型LED部分駆動 & 倍速駆動パネル

4K液晶テレビ X85L最大のセールスポイントは、バックライトが直下型LED部分駆動となり、よりコントラストの高い映像表現を可能にしました。

ソニーブラビアの直下型LED部分駆動
直下型LED部分駆動

ソニーブラビア公式ページより

パネル進化に伴い、倍速機能も「Motionflow XR240」から「X-Motion Clarity」へ移行し、よりスムーズな映像表現となっています。

ソニーブラビアのX-Motion Clarity
X-Motion Clarity

ソニーブラビア公式ページより

但し、サイズ展開は65v型と55v型のみが追加投入されているため、50v型と43v型は機能の劣る前モデルのX85Kが選択肢となります。

細やかなアップデートと新機能

X85Lのもう一つのセールスポイントは、細やかなアップデートと新機能が挙げられます。

細かくは有機ELブラビアA80Lの項で解説していますので、以下のリンクからジャンプして下さい。

>「細やかなアップデートと新機能」の解説へジャンプ

えだまめくん

以前は「XR」搭載のブラビアのみが「BRAVIA CORE」のサービスが付随していましたが、今期はX85Lにも展開されています。

X85Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

パネルの刷新は評価できるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

まとめると小さな変化だけど、ワンランク上のモデルへ進化した感じね。

評価:3.0

コスト重視派

大型サイズの選択肢が広がった感じだね。

えだまめくん

X85Lが液晶ブラビア高機能モデルの最終選択肢です。ここから下はコスト重視の機種となります。

X85Lがおすすめの人
  • 倍速機能にこだわりたい人
  • 安めの高機能テレビが欲しい人
  • 下位モデルの機能が物足らない人

\ X85Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X85Lに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアエントリーモデル]

X80Lシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v・55v・50v・43v|

ソニー4K有液晶ブラビア X80L本体正面の画像

[X80L セールスポイント]

細やかなアップデートと新機能

豊富なサイズバリエーション


細やかなアップデートと新機能

X80Lのセールスポイントの一つが、地味ながら細やかなアップデートと新機能の追加です。

ゲームメニューの搭載

この機能はブラビアの画質設定をゲームに合わせてカスタマイズできるゲーム機能の強化です。

ソニーブラビアのゲームメニュー機能
ゲームメニュー機能

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)

LINEを介し、留守番中の子供や離れて暮らす高齢者などを見守る機能がつきました。

ソニーブラビアのLINE連携ブラビアみまもり
LINE連携ブラビアみまもり

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)の機能
使用状況の確認

テレビの使用状況が一目でわかるレポート機能。現在の使用状況を確認できるほか、これまでの使用状況も確認することができる。

メッセージ送信

「もう直ぐ帰るね」「そろそろ終わりの時間だよ」など、LINEからメッセージを送れば、テレビ画面に送信したメッセージを表示できる。

視聴の制限

約束の時間を過ぎてもテレビを視聴し続けている場合、一時的にテレビの視聴を制限することができる。

BRAVIA CORE

「BRAVIA CORE(ブラビア コア)」は、ソニー・ピクチャーズと連携して誕生したソニー独自のコンテンツサービスです。

ドルビーアトモスにも対応した最新映画から過去の名作まで視聴可能。

ソニーブラビアのBRAVIA CORE(ブラビアコア)
BRAVIA CORE

ソニーブラビア公式ページより

指定の4K有機ELブラビアや4K液晶ブラビアを購入すると、無料見放題期間と有料コンテンツのクレジットが付与されます。

2022年モデルまでは上位モデルの認知プロセッサー「XR」搭載モデルのみのサービスでしたが、2023年モデルからX85LとX80Lにもサービスが拡大

対象モデル見放題期間映画クレジット数
A95K、A80L、A90K
X95L、X90L
X90K、X95J、X90J
アカウント登録から
24ヶ月
有料作品
10作品が無料
アカウント登録から
12ヶ月
X85L、X80Lアカウント登録から
12ヶ月
有料作品
5作品
アカウント登録から
12ヶ月
BRAVIA CORE 2023サービス
えだまめくん

下位モデルのX80LまでBRAVIA COREを触れる機会が拡大したのは、ソニーの新たな試みです。X75WLとの差別化である点も注目。

選択肢の広い豊富なサイズ展開

ソニー4K液晶ブラビアX80Lのセールスポイントは、どんな視聴環境にも合わせられる豊富なサイズ展開です。

超大型サイズから小型モデルまで揃うラインナップは6種類と、前モデルのX80Kの5種類から85v型が追加されました。

ソニー4K液晶ブラビア X80Lのサイズラインナップ
X80Lのサイズラインナップ
えだまめくん

今期も生活環境に合わせ、色々なシチュエーションでサイズを選べるのがX80Lの魅力ですね。

X80Lセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:2.0

こだわり派

こんなにサイズが豊富でどうするのだ?

評価:3.0

リーズナブル派

エントリーモデルとして、選べるサイズが豊富なのは重要ね。

評価:3.0

コスト重視派

ちょっと機能的には物足りないかな?

えだまめくん

このクラスは、割り切ったテレビの使い方をするけど、やっぱり楽に操作したいと思う人には最適です。

X80Lがおすすめの人
  • ブラビアのサービスを楽しみたい人
  • テレビへの投資を抑えたい人
  • 手軽に大画面を試したい人

\ X80Lの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X80Lに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ブラビアエントリーモデル]

X75WLシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v・50v・43v|

ソニー4K有液晶ブラビア X75WL本体正面の画像

[X75WL セールスポイント]

ブラビアの体験を身近に感じる

豊富なサイズバリエーション


ブラビアの体験を身近に感じる

2023年モデルの4K液晶ブラビアも、エントリーモデルである「X80L」よりも更に安価な「X75WL」がラインナップされています。

X80Lとの大きな違いは映像エンジンで、世代的にはX80Lに搭載される「HDR X1」よりも一つ前のエンジンである「X1」が採用されていますが、倍速非対応な点は同じ。

但し、ブラビアらしさは踏襲され、Google TVというプラットフォーム(OS)を基軸に、今期採用の細やかなアップデートと新機能の一部もきちんと追加されている点がセールスポイントと言えるでしょう。

ゲームメニューの搭載

この機能はブラビアの画質設定をゲームに合わせてカスタマイズできるゲーム機能の強化です。

ソニーブラビアのゲームメニュー機能
ゲームメニュー機能

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)

LINEを介し、留守番中の子供や離れて暮らす高齢者などを見守る機能がつきました。

ソニーブラビアのLINE連携ブラビアみまもり
LINE連携ブラビアみまもり

ソニーブラビア公式ページより

LINE連携(ブラビアみまもり)の機能
使用状況の確認

テレビの使用状況が一目でわかるレポート機能。現在の使用状況を確認できるほか、これまでの使用状況も確認することができる。

メッセージ送信

「もう直ぐ帰るね」「そろそろ終わりの時間だよ」など、LINEからメッセージを送れば、テレビ画面に送信したメッセージを表示できる。

視聴の制限

約束の時間を過ぎてもテレビを視聴し続けている場合、一時的にテレビの視聴を制限することができる。

残念ながら「BRAVIA CORE」については非対応X75WLなので、この点が気になる場合はX80L以上のモデル購入を検討しましょう。

えだまめくん

ブラビア品質のテレビを手軽に体験できるのがX75WLの魅力です。

豊富なサイズ展開

ソニー4K液晶ブラビアX75WLのセールスポイントは、どんな視聴環境にも合わせられる豊富なサイズ展開です。

43v型から75v型まで5種類のサイズ展開があり、一つ上のX80Lとの違いは85v型の展開有無。

ソニー4K液晶ブラビア X75WLのサイズラインナップ
X75WLのサイズラインナップ
えだまめくん

75v型まで選べれば十分ですね。

X75WLセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:2.0

こだわり派

あまり興味が無いのだ。

評価:2.5

リーズナブル派

テレビを見るという原点的な使い方なら、思い切って大画面化も検討できるモデルだわ。

評価:2.5

コスト重視派

ソニー価格にならなきゃいいけどね。安いモデルなら他にも沢山あるし…

えだまめくん

今期のブラビア4Kシリーズの最廉価版のモデルですが、冷静に考えれば数年前の中級モデル並みの実力ですね。

X75WLがおすすめの人
  • 何しろ安くブラビアを買いたい人
  • 倍速機能は不要な人
  • 手軽に大画面を試したい人

\ X75WLの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X75WLに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

セールスポイント評価まとめ2023年モデルソニー・ブラビア


評価モデル
A氏1B子1C氏1
A80L4.0
4.0
3.0
X95L4.0
5.0
5.0
X90L4.0
4.5
4.0
X85L3.0
3.0
3.0
X80L2.0
3.0
3.0
X75WL2.0
2.5
2.5

2023年発売のソニー・ブラビアのセールスポイントを見ると全体的にマイナーチェンジの印象ですが、しっかりと進化を続けていることが分かります。

昨年登場したMini LED搭載の液晶テレビも、メイン機能とも言える映像と音響の双方で進化を果たし、下位モデルも機能面が充実しました。

上位モデルに搭載される認知特性プロセッサー「XR」も3世代目となり、2023年モデルのXRブラビアが見事に昇華させた印象です。

ただ、3世代目の認知特性プロセッサー「XR」の展開は大型モデルに限られており、サイズによっては従来機種しか選べない点が今期の残念ポイントとも言えます。

次期モデル、もしかしたら更に次かもしれませんが、近々大幅モデルチェンジが予想されるため、今期のブラビアは安定度が高く買い時と言えるでしょう。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2023年ソニーブラビア関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

新しいテレビと一緒に買いたい!

2023年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
【2023 BRAVIA】 SONYテレビのセールスポイントを比較評価|A80L・X95L・X90L・X85L・X80L・X75WL記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!