4K液晶テレビ ソニー ブラビア X9500G ②最適な視聴環境を整える

X9500G IC 2 液晶テレビ
液晶テレビ

ソニーブラビア 液晶テレビ X9500Gの徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、2回目の今回は視聴環境の点から評価を行います。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X9500G おすすめの「視聴環境」

先ず、X9500Gは液晶テレビということで、一般的な家庭で正面から視聴する分にはパネル反射の問題などは気にする必要は無いでしょう。

また、輝度の面も十分に確保されているので、明るい場所でも見やすい機種と言えます。

でも、ちょっと待って下さい!

ソニーの液晶テレビと言えば頑なに「VAパネル」を採用していることで有名です。

4K液晶テレビ ブラビアX9500Gももちろん「VAパネル」。

「VAパネル」へのこだわりを理解しつつ、視聴環境を評価して行きましょう。

 

  • X9500Gは液晶テレビなので輝度十分なため明るい部屋でも見やすい
  • X9500GのバックライトはLEDなので光の白残りが少なく高画質(且つ省エネ)
  • X9500GはVA方式の液晶パネルなので視野角が不安…? ※注意!

 

X9500Gに搭載のVAパネルについて

有機ELテレビと比較して、LEDバックライトの液晶テレビは一般の視聴環境では見やすさの面でメリットが上回ります。

一方で、視野角、コントラストなどは有機ELテレビ が上回ります。

これら、液晶テレビ のデメリット同時に克服できる液晶パネルはないため、そのれぞれの弱点を緩和するパネルを好みで選択するしかありません。

 

視野角が狭いという弱点を克服したIPS液晶パネル

視野角の狭さは液晶パネルの弱点として当たり前になっていました。

正面からの視認性は問題無くても、横からの視認性は暗く見難くなるという弱点を克服したのが「IPS液晶パネル」です。

IPS液晶パネルの登場で、家族が集まるリビングなど、全員が正面から視認できないシチュエーションでも綺麗な映像を見ることが実現しました。

しかし、鮮やかな映像となる一方、黒の白浮きが出るためコントラストは犠牲になったのです。

とは言え、日本国内の視聴環境では最も適したパネルであることは間違いありません。

発売当初は高級品でしたが、現在ではほんどのハイエンド液晶テレビがIPS液晶パネルを採用しています。

なお、有機ELテレビとほぼ同じ視野角ですが、有機ELの領域までは至っていません。

 

  • 鮮やかかつ優れた色再現
  • 視野角が広い(ほぼ有機EL並)

 

  • 遮光性が低い(黒がボケる)
  • コストが高め

 

深いコントラスト表現のVA液晶パネル

VA液晶パネルはIPS液晶パネルの弱点である「コントラスト」に強みがあります。しかし、逆に視野角が狭いのが弱点。

有機ELテレビが発売される以前より、コントラストの高さからマニア向けの機種に搭載されることが多かったのが特徴。

ソニーはこだわりを持って「VA液晶パネル」を以前から採用しています。

ちなみに、コントラストのレベルを数値化すると以下の表になります。

 

パネル方式白の明るさ黒の明るさ
有機ELパネル1,000,0001
VAパネル5,0001
IPSパネル2,0001

 

結局はコントラストでも有機ELには及ばないのが液晶パネルということになりますね。

 

  • 遮光性が高く黒の表現が秀逸
    (コントラストが高い)

 

  • 視野角が狭い
  • 色再現に偏りが生じやすい

 

VA液晶パネルの視野角の狭さを改善したソニー

視野角の狭さとコントラストの低さを同時にクリアーした液晶パネルは無いと書きましたが、ソニーはこの問題をX9500Gで緩和しています。

正確にはX9500Gシリーズ全ての製品ではなく、85型と75型の大型画面のみとなりますが、施策を投じました。

具体的にはLEDバックライトの光を制御し、全ての方向からの見やすさを改善します。

 

エックス ワイド アングル(X-Wide Angle)

X9500G-03

 

えだまめくん
えだまめくん

個人的にはVAパネルは色が薄く、IPSパネルは少しギラつくと感じます。この辺りは好みや感じ方に差が出ますので、必ず自身で確認をしましょう。
でも、55型にエックス ワイド アングルの採用が無いのは残念です。

 

  • ソニーは黒表現が得意な「VAパネル」を採用
  • 弱点の視野角の狭さを克服するエックス ワイド アングルは85型と75型だけ

 

テレビサイズの選び方

4K液晶テレビのソニーブラビアX9500Gのサイズバリエーションは49型、55型、65型、75型、85型の五つもあります。

他社と大きく違うのは「75型」と「85型」の大型サイズがバリエーションにあること

大型サイズについては、価格も気になるところなので後々ひも解いて行きます。

その前に、サイズ選びの基本は知っておいて損は無いので、主な視聴ソース(4K or HD)を基準に一般的な解釈を解説します。

 

視聴距離4KフルHD
200cm(6畳)100型(インチ)52型(インチ)
350cm(8畳)190型(インチ)94型(インチ)

 

  • 地デジ放送メインの狭い部屋であれば「55型以下」を視野に
  • それ以外の場合は「65型」がおすすめ(予算次第)

 

コスト重視派
コスト重視派

普通は地デジメインだけど、有機ELテレビより買いやすい液晶テレビであれば、事情が許す限り、出来るだけ大きなものを選びたいね。

こだわり派
こだわり派

さすがソニー!85型までバリエーションにあるのはあっぱれなのだ。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

ここでも、有機ELテレビの画質に劣る液晶テレビの視聴環境なんて、今更語る必要もないのだ。85型は有機ELの方がいいのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

VAパネルの弱点を改善する姿勢は素晴らしいわ。でも、ボリュームゾーンの55型には非搭載なんて…。1点減点だわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

IPSパネルの方が好きだけど、ソニーのこだわりは評価するよ。買えないけど、画面サイズも豊富にあるのはソニーだけだね。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X9500G おすすめの「設置スペース」

ソニーブラビア X9500G を設置する際に必要となる理想的なスペースを解説します。

 

KJ-49X9500G(49型)

size KJ-49X9500G

X9500G 49型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
14.4kg13.3kg1.1kg

 

X9500G 49型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,200mm
(120cm)
800mm
(80cm)
350mm
(35cm)

 

X9500G 49型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
1,600mm以上
(160cm)
400~500mm
(40~50cm)
350mm以上
(35cm)
20kg以上

 

ソニーブラビアX9500Gで気になるのはテレビの「脚」です。

同じ液晶テレビのハイエンド機である「パナソニックビエラGX855」や「東芝レグザZ730X」の脚は真ん中。

しかしX9500Gは左右に大きく広がっているので、テレビ台の選択時は注意しましょう。

 

KJ-55X9500G(55型)

size KJ-55X9500G

X9500G 55型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
19.1kg18.0kg1.1kg

 

X9500G 55型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,250mm
(125cm)
800mm
(80cm)
350mm
(35cm)

 

X9500G 55型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
1,800mm以上
(180cm)
360~450mm
(36~45cm)
400mm以上
(40cm)
25kg以上

 

55型のブラビアX9500Gの重量はパナソニックビエラ、東芝レグザのハイエンド機と比較すると中間の重さです。

決して重くは無いので、サイズに注意してテレビスタンドや壁掛けが行えます。

KJ-65X9500G(65型)

size KJ-65X9500G

X9500G 65型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
24.9kg23.5kg1.4kg

 

X9500G 65型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,500mm
(150cm)
1000mm
(100cm)
350mm
(35cm)

 

X9500G 65型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
2,700mm以上
(270cm)
360~450mm
(36~45cm)
400mm以上
(40cm)
30kg以上

 

65型のブラビアX9500Gも55型同様に、重量はパナソニックビエラ、東芝レグザのハイエンド機と比較すると中間の重さ。

テレビスタンドや壁掛け視野に入りますが、テレビ台に置く場合は脚が広いのでサイズの大きいテレビ台を選びましょう。

 

KJ-75X9500G(75型)

size KJ-75X9500G

X9500G 75型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
37.2kg35.2kg2.0kg

 

X9500G 75型(インチ)テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,800mm
(180cm)
1100mm
(110cm)
400mm
(40cm)

 

X9500G 75型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
2,700mm以上
(270cm)
360~450mm
(36~45cm)
500mm以上
(50cm)
40kg以上

 

他社のバリエーションにはあまり無い「75型」ですが、40kgを切る重さなのでテレビ台もあまり選びません。

但し、サイズ的には設置環境を選ぶ機種なので、事前に設置場所のサイズを確認して下さい。

 

KJ-85X9500G(85型)

size KJ-85X9500G

X9500G 85型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
49.0kg46.0kg3.0kg

 

X9500G 85型(インチ)テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
2,000mm
(200cm)
1,200mm
(120cm)
450mm
(45cm)

 

X9500G 85型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
2,700mm以上
(270cm)
360~450mm
(36~45cm)
600mm以上
(60cm)
50kg以上

 

ソニーブラビアX8500Gで最大の「85型」は50kg近い重さです。

75型同様、サイズ的には設置環境を選ぶ機種なので、事前に設置場所のサイズを確認して下さい。

 

ソニーブラビアX9500G設置の注意点

X9500Gの強みはサイズ展開、すなわちバリエーションの多さです。

65型までのサイズであれば、一般的なテレビ台やスタンドの使用が可能ですが、75型と85型は純正品か頑丈なテレビ台が必要でしょう。

 

ブラビアX9500Gとテレビスタンドの相性

えだまめくん
えだまめくん

市販のテレビスタンドは最大でも74型以下、40kg以下が一般的。ここで紹介するコスパのよいテレビスタンドも65型までの使用なら問題ありませんが、75型以上は純正品を購入しましょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

パネルが大きすぎるのも一般家庭では考え物ね。

えだまめくん
えだまめくん

適合した製品を選ばないと思わぬ事故に繋がるので注意が必要です。

 

えだまめくん
えだまめくん

65型までのX9500Gまでは、最新の適応表に準拠していればOKですね。

リーズナブル派
リーズナブル派

色も選べるし、生活環境の違いは「高さ」で解決しちゃうわ。

 

75型と85型はブラビア純正テレビスタンドを選びましょう

えだまめくん
えだまめくん

ソニーブラビアは、純正で壁に穴を開けることなく設置できる壁寄せタイプのテレビスタンドも用意されています。

 

A9G-8

 

こだわり派
こだわり派

高級感があるし、家の壁に穴を開けないのが良いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

10万円以上するカデンツァ製のオリジナルAVラックなので高級感はバッチリです。ソニーストアで販売されているので、気になる方は調べてみましょう。

 

ブラビアX9500Gとテレビ台の相性

えだまめくん
えだまめくん

ブラビアX9500Gは65型でもスタンド込みで24.9kgと比較的軽く、75型で37.2kg、85型は49kg。各重量を加味して、耐荷重性を選択しましょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

75型と85型は耐荷重性の高い、高級なテレビ台を選ぶことになるわね。

えだまめくん
えだまめくん

予算のある人は高いけど高級感のあるBAROCCA(バロッカ)がおすすめですね。でも、耐荷重50kgなので85型は微妙かも?純正のテレビスタンドを選んだ方がよさそうです。

コスト重視派
コスト重視派

X9500Gでブラウン管テレビ用の台を流用する際はこちらを注意!
脚が広いので使用できない場合もあるので事前にサイズを確認しないとね。

  • 卓上テレビスタンドの脚がきちんと設置出来ること
  • 転倒防止対策が行えること

 

 

更に、天然木に拘る人には嬉しい「無垢材」を使用した製品もあります。

 

ソニーブラビア X9500G 設置スペースの最終評価

えだまめくん
えだまめくん

それでは、ソニーブラビア X9500Gの設置スペースに関して最終評価を行って下さい。

 

テレビの設置環境の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

わしにとってはどんなに大きいテレビでも問題ないのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

基本的には他社のハイエンド液晶テレビと大差ないんだけど、卓上スタンドの形状が少し気になるわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

ブラウン管のテレビ台を流用してる僕は、X9500Gの卓上スタンドでは設置できないんだよね。しかもこの形状って、他社だと安い機種ってイメージもある(僕だけ?)。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X9500Gの「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したソニーブラビア X9500G の視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

視聴環境の総合評価

評価:3.8

こだわり派
こだわり派

液晶テレビについてはどれも同じ得点なのだ。わしのレベルになると特に大きな違いは感じられないのだ。

評価: 3.3

リーズナブル派
リーズナブル派

VAパネルのこだわりは理解できるけど、視野角の改善は一般人には購入できない75型と85型って何?この点はマイナスね。

評価: 3.3

コスト重視派
コスト重視派

やっぱり卓上スタンドの形状が嫌いだな。新しいテレビ台かスタンドを買わなくちゃならないからパス。

 

えだまめくん
えだまめくん

VAパネルの視野角改善がボリュームゾーンの55型には未対応。卓上スタンドの形状が人によっては受け入れられない?という結果で他社のハイエンド液晶テレビより若干得点が低いようです。
次は気になる「機能」について評価しましょう。以下のリンクかこちらから移動して下さい。