4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500H ①セールスポイントの評価

X8500H IC 1 液晶テレビ
液晶テレビ

ソニー液晶ブラビア「X8500H」は「X8550H」の中小型サイズシリーズです。

具体的には65型/55型の大型サイズを担うのが「X8550H」で、中小型サイズである49型/43型は「X8500H」というシリーズに品番が変わる。

同列に扱えない理由があるわけで、機能的に大きな違いは以下の通り。

 

項目X8550HX8500H
スピーカー種類アコースティック マルチ オーディオバフレフ型スピーカー
スピーカーフルレンジ×2、トゥイーター×2フルレンジ×2
スピーカー数42
デイスプレイIPS方式49型=VA方式、43型=IPS方式

 

音響面と一部の映像面が違いますが、ソニーの場合、特に大画面と中小型画面では音響面で差が付くことが多いように感じます。

ただ、出力は双方ともに「20W」であることが面白いところでしょう。

なお、気になる前モデル「X8500G」との違いですが、4K液晶テレビ ソニーブラビア X8550H ①セールスポイントの評価で解説した通り変化はほぼありません。

良い意味で考えればX8550H同様に熟成された機種。

大きな変化が無い分、品質が安定した機種となっている可能性もあります。

ここでは、SONY BRAVIA 液晶テレビの中間機で中小型サイズを担う「X8500H」について、4回に分けじっくりと評価し解説致します。

第1回目は「X8500Hのセールスポイント」を徹底分析!

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500Hとは

X8500H img01

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2020夏
(20’4~5月)
ブラビア
X8500H
4K液晶
テレビ
49v/43v

 

ソニーブラビアX8500Hはソニーの4K液晶テレビで、49型と43型の中小型バリエーションを有し、49型は中間に、43型は液晶最上位に位置する機種です。

そして、2020年度のプロダクトでは最も新しい機種。

前機は「X8500G」となります。

末尾「H」の品番が最新機種の証。

なお、発売タイミングは43型が5月、49型が4月と相違します。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500Hのセールスポイント

  1. 最適な画像処理を行う4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載
  2. 立体音響Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応
  3. バフレフ型スピーカーにより豊かな低音とクリーアーな音を再現

 

えだまめくん
えだまめくん

X8500Hのセールスポイントを羅列しましたが、X8550H同様、内容的には前モデルと変わりません。進化の大きいX8000Hと迷う所ですね。

但し、X8000Hとは「倍速駆動パネル/モーションフローXR240」で差が付くので注意です。

 

1.4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載

X8000H img03

 

えだまめくん
えだまめくん

前モデルのX8500Gと同じプロッセッサーを採用しています。この絵作りが好きな人にとっては良い仕様かもしれません。

リーズナブル派
リーズナブル派

何か物足りないわね。これじゃあ、廉価機種を買っても同じじゃない。

コスト重視派
コスト重視派

中間機の宿命さ。どうしても中途半端になるんだね。

こだわり派
こだわり派

まあ、子供の喧嘩みたいにどうでも良い内容なのだ。

  

えだまめくん
えだまめくん

今期は廉価機種の機能底上げ、ハイエンド機は毎回チャレンジ。その中間にある機種は違いを出すのが難しいのでしょう。ソニーのプロッセッサーも成熟期を感じるし…。

 

画質向上の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

古いプロッセッサーだから「向上」は無いのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

廉価版のX8000Hにも使われているって思うと…。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

下位機種だけど、東芝M540Xのクラウドプロッセッサーの方がインパクトがあるね。

 

2.ドルビーアトモスに対応

えだまめくん
えだまめくん

中間機の場合、前モデルからドルビーアトモスを搭載しています。もはや、ソニーでは常識になりつつありますね。

 

A9G-6

 

各社のテレビを比較する際、スピーカーの出力も大事ですが、立体音響技術の有無が今後大きな要素となるでしょう。

ソニーとパナソニックはいち早く、横方向の立体性しか無い普通の「サラウンド」技術から「ドルビーアトモス」への移行を初めています。

ドルビーアトモスを採用することで、従来の「横」だけの広がりに「高さ」を加え、よりリアルな音場を再現。

従来なら天井を含め、多くのスピーカーを設置しないと再現出来なかった3D音をデータ技術によって実現します。

一方で出遅れ感がある東芝は来期以降に注目

映像の進歩に伴い、やはり「音」もきちんと追随しないとシェアは大きく変わる可能性があります。

 

POINT
  • 4Kテレビの「音」は立体化が当たり前の時代に突入

 

ドルビーアトモス対応の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

今や、付いてて当たり前の技術なのだ。しかし、わしの眼中に液晶テレビは無いことは周知の通りなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

前モデルから進化は無いけど、やっぱり廃止はしなかったんだわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

液晶テレビでも音ぐらいは遊び心が欲しいね。でも、東芝は少し心配だ。

 

3.音響技術は「バスレフ型スピーカー」

X8500H img02

 

オーディオに詳しい人は良く知っている技術ですね。

上図のように、スピーカーユニットの背後や横から出る音を利用して低音を増強する方法。

出力的には合計20Wとちょっと非力な感じですが、ソニーはハイエンド機X9500Hをはじめ、コンパクトな中小型機(49型以下)にはこの技術を採用しています。

逆に一番安いX8000Hも同じですが…。

この点は大型サイズを展開するX8550Hと大きく違う点でしょう。

 

えだまめくん
えだまめくん

中小型サイズだとソニー独自のスピーカーユニットが採用されないのが残念です。

 

音響技術の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

液晶テレビ且つ、バフレフ20Wの音響技術は残念なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

やっぱり体積の問題があるのかしら?

評価:

コスト重視派
コスト重視派

上も下も中小型機は全て同じだから仕方が無いけど、ちょっと損した気分になるね。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

その他:サイズバリエーションの確認

えだまめくん
えだまめくん

X8500Hは中小型サイズの展開のみ。「49型(インチ)」と「43型(インチ)」のツーサイズバリエーション。

 

X8500H img03

 

リーズナブル派
リーズナブル派

このサイズも根強い人気があるわ。全ての人が大型テレビを置ける環境じゃないしね。

えだまめくん
えだまめくん

49型と43型も人気のあるサイズなので、テレビを設置する際のテレビ台やテレビスタンドの選択には困らないでしょう。
視聴環境作り(置き場所)は以下を参考に進めて下さい♪

 

「テレビ台」の選び方のコツはここから

 

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

 

 

ソニー純正のサウンドバー HT-X8500でX8500Hが更に進化!

パナソニック液晶ビエラのように、テレビ本体へイネーブルドスピーカーが搭載されていないのは残念ですが、そこはソニー。

中途半端な対応よりも、サラウンドシステムを構成することを暗に促しているのでしょう。

しかしながら、ドルビーアトモスという今流行りの技術をきちんと採用しているのは嬉しい限りです。

評判の良い、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500と組み合わせれば、X8500Hのサウンドは更にパワーアップ出来ますね。

A9G-7

このソニー純正のサウンドバーHT-X8500って、ソニー以外のテレビでも相性抜群とAmazonでの評価が非常に高い。

ドルビーアトモスが無いテレビでも、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500で実現可能!

そして意外と面白いのが、Bluetoothでスマホのスピーカーにもなっちゃうってところ。

価格もそんなに高くないし、Amazonだとたまにこの商品のクーポンが出るから細目にチェックするのをおススメします♪

 

 

なお、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500は独自の「Vertical Surround Engine」でドルビーアトモスや立体的な音響を実現しています。

物理的に考えた「イネーブルドスピーカー」本体とは違うので、誤解の無いようにして下さい。

ちなみに、HT-X8500はVGPで金賞とテレビシアター大賞を受賞しています。

 

えだまめくん
えだまめくん

出力的にプアーなX8500Hを買うなら、HT-X8500の追加購入は絶対におススメです!

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500Hの受賞歴

ソニー4K液晶ブラビア X8500HはAV機器を専門家が評価する「VGP」から高い評価を受けています(「Hivi」は選考中止)。。

 

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

ソニー4K液晶ブラビア X8500Hは、VGP2020夏の審査でディスプレイ部門「金賞」を受賞しています(43型)。

 

Hivi ベストバイ
2020夏
172 HiVi BEST BUY 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
新型コロナウイルスの影響で中止
VGP
2020夏
200-172P VGP 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
◆4K液晶(45型未満)金賞

 

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

情報が入り次第アップデート。

4K液晶テレビ X8500Hの「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したX8500Hのセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:3.2

こだわり派
こだわり派

わしは常に新しい技術を求めるのだ。X8550H同様、停滞機種に用は無いのだ。

評価: 2.8

リーズナブル派
リーズナブル派

やっぱりソニーの中小型機は中途半端感が否めないわ。

評価: 2.8

コスト重視派
コスト重視派

X8550Hと同じで、焦点は前モデルよりどれだけ安く買えるかだけ。機能的進化は無いのだから当然の選択基準だよね。

 

えだまめくん
えだまめくん

今期はパナソニックもこのサイズで中間機を投入(HX850)してきたので、面白い戦いが見れるかも?次回は設置スペースなどの「視聴環境」について評価します。以下のリンクから移動して下さい。

 

Sony BRAVIA X8500Hの評価

 

今すぐ「SonyブラビアX8500H」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪