【ハイセンス U9H】U8FGとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

ハイセンス4K Mini LED液晶テレビ U9Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ハイセンスの4K Mini LED液晶テレビである「U9H」と前モデルのU8FGとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、U9Hのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、U9Hと同世代である2022年モデルの新4Kハイセンス・テレビ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「U9Hを実際に操作」し「U9Hの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはU9HとU8FGの違いが知りたいね。

\ U9HとU8FG違い /

進化ポイント残念ポイント
パネル
映像エンジン

高画質化技術
ゲーム性能
音響システム
BS/CS4Kチューナー増
その他利便性
サイズバリエーション
省エネ性能
重量の増加
違うポイント

ハイセンスの新しいシリーズ、4K液晶テレビ U9Hシリーズは、最新のMini LEDバックライトと量子ドットを搭載したハイエンドモデルの上位に位置するプレミアムモデルです。

ハイセンス最高峰の液晶テレビの名に恥じない音響システムの強化も注目!

安いけどちょっと機能が劣る今までのハイセンステレビとは違い、堂々と他社の上級モデルと競合することのできる内容へ大幅に進化しました。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ハイセンス U9H】U8FGとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

U9H 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

U9H 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格5.03.53.0
セールスポイント5.05.05.0
視聴環境・設置4.55.04.5
全機能4.04.04.0
省エネ・寿命4.53.03.0
総合評価4.6
4.1
3.9
U9H総合評価結果

冒頭で解説したとおり、U9Hはハイセンステレビ最高峰の4K Mini LED液晶テレビです。

サイズ展開は、画質の美しさ堪能できる75v型65v型の超大型サイズに特化し、基本機能も他社に引けを取らないフル装備を実現しています。

えだまめくん

今期のハイセンスは躍進の年と言っても過言ではないでしょう。機能関係が国内メーカーとほとんど差が無くなりました。

リーズナブル派

パナソニックはMini LEDの発表を行わなかったけど、まさかのハイセンスが先を越した感じね。

こだわり派

安かろう悪かろうのイメージから、ホントの意味でコスパの良いメーカーになった感じなのだ。

U9Hのメリット・デメリット

U9Hが優れる点⤴︎

  • Mini LED/ローカルディミング Pro 量子ドットパネル*
  • 新映像エンジン*
  • 高精細度/高色域がアップ*
  • 高コントラスト化*
  • HDR規格全てに対応*
  • イネーブルドスピーカー搭載で音響強化*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携*
  • ケーブルガイド*
  • ゲーム性能強化*
  • BS/CS4K放送チューナー増加*
  • eARC対応*
  • HDCP2.1対応*
  • Mini LEDバックライト搭載モデルなのに安い

U9Hが劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約*
  • スィーベル/二画面に非対応*
  • U8FGに対し消費電力が大きい*
  • U8FGに対し重量が重い*

*前モデルU8FGと比較した場合

えだまめくん

U9Hのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|U9Hの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

次世代の液晶バックライト技術である「Mini LED」は、2021年モデルとしてシャープアクオスが先行発表し、2022年は他社も追随しほぼ出揃った感じです。

映像水準は期待通りの高コントラスで、有機ELテレビに勝るとも劣らない美しさ。

ただし、価格面については既存の液晶テレビを大幅に上回っており、新技術への不信感も相まってちょっと手が出しづらいというのがユーザーの本音でしょう。

ハイセンスU9Hは一気に不安を払拭し、Mini LED搭載の液晶テレビが浸透すべくお手頃な市場価格になるか?気になるところです。

価格の評価

評価:5.0

こだわり派

新しい技術であるMini LED搭載モデルとしては安すぎないか?何かちょっとお得感を感じるのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

Mini LEDモデルは軒並み価格面の評価が低いけど、U9Hは通常のハイエンドモデルに近い価格だわ。

評価:3.0

コスト重視派

機能充実でこの市場価格はかなり魅力的だね。ハイエンドモデルを選択肢のユーザーには選択肢の一つになるね。

えだまめくん

Mini LED=高い。というのが昨年、今年の印象ですが、U9Hが一気に価格の壁を破壊した印象。来年の他社動向が期待されます。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

75U9H(75v型)の価格推移と買い時

ハイセンス4K Mini LED 液晶テレビ 75型 U9HとU8FGの最安価格推移比較グラフ
75v U8FG vs. U9H最安値推移

さて、グラフを見るとガッカリするほど価格が高いことを感じられるかもしれません。

その理由は、比較対象が同じハイセンスのU8FGで、他社のグレードを当てはめるとハイエンドより下のハイスペックモデルなので2ランクほど差があります。

また、市場価格についてはエントリーモデル並みであることも価格差が開いたもう一つの理由。

今期発売のMini LED、例えばREGZA Z875L 75v型の初値は495千円、ここで紹介した75U9Hの初値が340千円であることを理解すれば適正価格が分かりやすいでしょう。

ハイセンス75U9Hは、Mini LEDバックライト搭載モデルで最もコスパの高い機種と言えます。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

75型のU9Hがどうしても欲しいなら

  • 280千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から2ヶ月後の安値付近260千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

65U9H(65v型)の価格推移と買い時

ハイセンス4K Mini LED 液晶テレビ 65型 U9HとU8FGの最安価格推移比較グラフ
65v U8FG vs. U9H最安値推移

65v型(65U9H)も75v型と同じ状況です。

REGZAのMini LEDモデル 65型 Z875Lの初値は391千円、65U9Hは242千円なので、やはり65v型もMini LEDバックライト搭載モデルで最もコスパの高い機種と言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のU9Hがどうしても欲しいなら

  • 190千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から2ヶ月後の安値付近180千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意
えだまめくん

やはりかなり安い価格で攻めてきましたね。ハイセンスは発売後3〜4ヶ月後の安値でそのまま推移することが多いので注意しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価②|U9Hのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:5.0

こだわり派

わしは高級志向なのでハイセンスに興味は無いが、文句の付けようのないセールスポイントだと感じるのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

価格的に魅力なのは分かったけど、ハイセンスだし細かい手抜きを懸念したのよ。でも、隙のない内容を見てびっくりだわ♪

評価:5.0

コスト重視派

これじゃあ、日本ブランドは太刀打ち出来ないね。僕も次はハイセンスのMini LEDテレビを真剣に考えないと。

えだまめくん

TVS REGZAと差別化を図るのが難しそうですが、細かい点でスペックがU9Hの方が上なんですよね。

ハイセンス 4K Mini LED液晶テレビ U9Hとは

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ:公式ページ

モデル2022夏(22'6月)
シリーズハイセンス U9H
分類4K Mini LED
液晶テレビ
サイズ展開75v/65v

ハイセンスが新しく投入したテレビ「U9H」は、最先端のバックライト技術であるMini LEDを搭載したプレミアムモデルです。

既存のハイセンステレビは価格が安い分機能の制約が多い印象でしたが、U9Hは国内ブランドの同一機種と同等のレベルで隙の無い仕上がり。

U9H 3つのセールスポイント

  1. Mini LED+量子ドット4K液晶ディスプレイ & 最新NEO ENGINE PRO
  2. 立体音響対応をリアルに再現するイネーブルドスピーカー搭載
  3. 快適なゲーム機能
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Mini LEDの圧倒的な高コントラスト化が実感でき、旧モデルよりも明らかに鮮やか
  • イネーブルドスピーカーと高出力化により音の厚みと広がりが感じられた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

映像も音も完璧な仕上がりだわ。今までのハイセンスのような中途半端感が無いのが凄い。

えだまめくん

映像と音に関してはREGZAと同じかもしれません。

ハイセンス・テレビに対応したHDDは「【ハイセンスに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

U9Hの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ハイセンス 4K Mini LED液晶テレビU9H」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

U9HはVGPから高評価を受けています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ開発大賞新映像エンジン
75U9H受賞ディスプレイ
65U9H金賞ディスプレイ
U9H VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
75U9H対象外ディスプレイ
65U9H対象外ディスプレイ
U9H HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|U9Hに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:4.5

こだわり派

液晶なので反射は少なく見やすいのだ。何より明るいので視聴性は素直に評価するのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

省スペースタイプの卓上スタンドはいい感じね。AIオート画質調整もコンセンサス通りだわ。

評価:4.5

コスト重視派

Bluetoothリモコンがあれば視聴位置に関係なく快適に操作できるし、IPSに似たADSパネルは横からの視認性も良いよ。

えだまめくん

視聴性能を上げる工夫にも隙がありません。ただ、音の追従技術はこれからの課題かもしれません。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • パネル反射は従来通りだが、AIオート画質調整で明るい場所でも見やすかった
  • ADS方式のパネルは横からの視聴性に問題なし
  • 卓上スタンドは省スペースタイプで設置性も安定性も良い
  • 筐体は若干安っぽさを感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

やはりAIを活用したオート画質調整は必要ね。せっかくの高照度を十分活かせるわ。

えだまめくん

液晶パネルは元々反射が少ないので、明るさ次第で映り込みを容易に緩和できます。ただ、消費電力は大きくなります。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|U8FGとU9Hの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
U9H機能評価

評価:4.0

こだわり派

HDRの対応力がビエラ並みなのが驚きなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

基本的にはもっと高評価でもいいけど、4K放送の2番組同時録画に制約があるのがちょっとネックだわ。

評価:4.0

コスト重視派

全部入りと言える内容だ。僕的には十分だね。でも、スィーベルと二画面には非対応なんだよね〜

えだまめくん

全機能をチェックしても隙らしい隙が見つかりません。人によってはほぼ満点の内容ではないでしょうか?

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな方向でも反応していた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

細かい部分も大進化ね。国内ブランドのハイエンド機に見劣りしないわ。

えだまめくん

故障が怖いですが、ハイセンスは3年保証なんでちょっとだけ安心です。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|U9Hの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
U9H省エネ性能評価

評価:4.5

こだわり派

有機ELテレビより省エネ性能が高いのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

普通の液晶テレビより消費電力が100W多くて、有機ELテレビより100W小さいって感じで微妙だわ。

評価:3.0

コスト重視派

Mini LEDの省エネ性能は今後の課題だね。他社も同様なので来年以降の改善が楽しみだ。

えだまめくん

Mini LED搭載テレビは各社豪華装備でラインナップされているため、バックライト以外にも音響システムやその他機能も影響しています。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

機能面を考えると仕方の無い数値だと思うわ。

えだまめくん

Mini LEDが影響する数値を細かく知りたいところです。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ハイセンス 4K液晶テレビ U9H評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ハイセンス U9H】U8FGとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

U9Hは、TVS REGZA(東芝)から発売されたZ875Lベースを共有するモデルだと想定できます。

機能的にも近似しており、もしブランドにこだわりが無ければハイセンスU9Hの方が価格的に優位でしょう。

各社のMini LEDテレビと比較しつつ、機能とコストのバランスに優れた最適な機種を見つけましょう。

コスパ的には間違いなくハイセンスU9H今期最高です。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

U9Hのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

U9Hが優れる点⤴︎

  • Mini LED/ローカルディミング Pro 量子ドットパネル*
  • 新映像エンジン*
  • 高精細度/高色域がアップ*
  • 高コントラスト化*
  • HDR規格全てに対応*
  • イネーブルドスピーカー搭載で音響強化*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携*
  • ケーブルガイド*
  • ゲーム性能強化*
  • BS/CS4K放送チューナー増加*
  • eARC対応*
  • HDCP2.1対応*
  • Mini LEDバックライト搭載モデルなのに安い

U9Hが劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約*
  • スィーベル/二画面に非対応*
  • U8FGに対し消費電力が大きい*
  • U8FGに対し重量が重い*

*前モデルU8FGと比較した場合

U9HとU8FGの違いまとめ

\ U8FGとの違いまとめ /

項目U8FGU9H
サイズ75v/65v75v/65v
高画質化ローカルディミングplusMini LED/ローカルディミング Pro 量子ドット
バックライトブーストフィルムバックライトブーストフィルム
NEOエンジンplus2021NEOエンジン Pro
-AI 放送映像高画質処理
AI ネット映像高画質処理AI ネット映像高画質処理
オート画質AI オート画質調整
AIシーン別超解像処理AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理AIモーション別超解像処理
3段階超解像処理3段階超解像処理
輝き復元輝き復元Pro
エリア別適性露出復元エリア別適性露出復元
高精細ノイズ処理高精細ノイズ処理
HDMI®入力自動画質調整HDMI®入力自動画質調整
テクスチャー復元テクスチャー復元
-量子ドット
64色軸色彩コントロール64色軸色彩コントロール
美肌リアリティー美肌リアリティーPro
HDR再現処理 plusHDR再現処理 plus
HDR10/HLGHDR10/HDR10+/HLG
HDR10+Adaptive
Dolby Vision/Dolby Vision IQ
倍速パネル&クリアモーション 120Hz倍速パネル&クリアモーション 120Hz
高音質化2.1.0ch4.1.2ch
-ドルビーアトモス対応
-イネーブルドスピーカー
40W70W
Bluetoothオーディオ連携Bluetoothオーディオ連携
Eilex PRISMEilex PRISM
-Eilex FOCUS
オートボリューム自動音量制御
リモコンBluetooth非対応Bluetooth対応
機能スィーベル-
省スペース設計省スペース設計
-ケーブルガイド
スマートスピーカー連携-
二画面対応-
HDMI=4HDMI=4
ゲームモードplusゲームモードPro
-HDMI2.1 VRR/ALLM対応
-AMD FreeSync Premium™対応
U9HとU8FGの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
ハイセンス4K Mini LED液晶テレビ U9Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!