【2022 HISENSE】 ハイセンステレビのセールスポイントを比較評価|U9H・U7H・A6H

【2022 HISENSE】 ハイセンステレビのセールスポイントを比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのハイセンスのテレビについて、最大の特徴を示す「セールスポイント」を明確化し評価を行いました。

セールスポイントとはそのテレビの「売り」であって、欲しいテレビを見定める重要なキーワードです。

映像を徹底的にこだわるなら、先端の技術で映像美を全面に出すモデル。

迫力ある音響システムが欲しいなら、スピーカー構成や出力の大きいことを掲げた機種を絞れる。

ハイセンス2022年モデル、U9H・U7H・A6Hのセールスポイントを知れば、テレビ選びの的が絞れます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売のハイセンステレビの特徴
  • シリーズごとのセールスポイントの違い
    • 対象:U9H・U7H・A6H
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

ハイセンスに適合する外付けHDDの情報もご活用下さい♪

Sponsored Link
Click to Contents!!

ハイセンス2022モデル|U9H・U7H・A6H|

ハイセンスの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像
U9H
ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像
U7H
ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像
A6H
映像Mini LED
液晶
液晶液晶
音響立体音響立体音響なし
サイズ
展開
75v|65v85v|75v|65v
|55v|50v|43v
75v|65v
|55v|50v|43v
進化
レベル
デザイン普通普通微妙
価格普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認
ハイセンス2022年モデル概要

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス Mini LEDモデル]

U9Hシリーズ|サイズ展開:75v・65v|

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像

[U9H セールスポイント]

Mini LED+量子ドット4K液晶ディスプレイ & 最新NEO ENGINE PRO

立体音響対応をリアルに再現するイネーブルドスピーカー搭載

快適なゲーム機能


最高のコスパが期待されるハイセンスの最新映像技術

今期のハイセンス・テレビの目玉は何と言っても「Mini LEDバックライト」で、最大のセールスポイントです。

Mini LED搭載テレビの価格破壊

2021年モデルより搭載が開始されたMini LEDバックライトは、高照度で高コントラストな映像を実現する一方、市場価格が大きなネックであると言えます。

例えば昨年発売されたアクオス4K液晶Mini LEDモデルの65v型 DP1の執筆時最安値は27万円で、同じアクオスで今期モデルのハイエンド液晶モデル EU1は23万円と4万円の価格差。

一方、ハイセンスU9Hの65v型は19万円で、国内ブランドのハイエンド液晶よりも安く、1年前に発売したDP1と比較しても既に8万円の価格破壊が行われています。

Mini LED+量子ドット液晶パネル

Mini LEDと従来のLEDの違いは、ズバリLEDの大きさと使用数の違いです。

ハイセンスのMini LEDバックライトは、LEDを小さく(Mini)して全面に敷き詰め、最新のローカルデミングProで部分制御を行います。

その結果、黒はより黒く、明るい部分をより際立たせる高コントラストな映像を実現します。

ハイセンスのMini LED技術
Mini LEDのイメージ

ハイセンス・テレビ公式ページより

また、光の波長をナノサイズの半導体粒子で変化する量子ドットシートによって、より鮮やかな光の三原色を作り出し、広色域で鮮やかな映像美を再現。

ハイセンステレビのパネルに装着される量子ドットシート
量子ドットシート

ハイセンス・テレビ公式ページより

最新映像エンジン

Mini LEDバックライトの美しい映像を活かすには、映像エンジンの刷新も必要。

U9Hでは新たに「NEOエンジンPro」を採用し、Mini LEDバックライトのパフォーマンスを発揮すべくあらゆる映像を高画質にアップスケーリングします。

ハイセンスの最新映像エンジン「NEO ENGINE PRO」
NEO ENGINE PRO

ハイセンス・テレビ公式ページより

えだまめくん

市場価格から考えると信じられない最新技術を装備しています。

立体音響対応をリアルに再現する新音響システム

U9Hには新たにドルビーアトモスが搭載され、立体音響をリアルに再現可能なイネーブルスピーカーも大きなセールスポイントです。

最大出力70Wを絞り出す7スピーカーシステムは、国内メーカーのハイエンドモデルと比較しても遜色無いレベルです。

ハイセンスに搭載されたイネーブルドスピーカーの音響イメージ
イネーブルドスピーカー

ハイセンス・テレビ公式ページより

えだまめくん

音響面も信じられないくらいの進化です。今後はイネーブルドスピーカー搭載機が増えるかもしれません。

最新ゲームも快適にプレイ可能

ハイセンスU9Hは、国内メーカーのハイエンドモデルに劣らない、快適なゲーム性能を有していることもセールスポイントの一つです。

ハイセンスのゲーム機能AMD FreeSync Premium
AMD FreeSync Premium

ハイセンス・テレビ公式ページより

対応技術効果
AMD FreeSync Premiumフレームレート(fps)とリフレッシュレート(Hz)を同期させ滑らかな映像を実現。
HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応ちらつき、カクツキ防止。低遅延モードと高画質モードの自動切り替え。
VRR(可変リフレッシュレート)描画ずれのない滑らかな映像にする。
ALLM設定入力機器の情報に連動し自動的に遅延モードの設定に切り替える。
U9Hのゲーム性を向上させる技術
えだまめくん

ゲームを中心に買い替えを考えても良いレベルですね。液晶なので焼き付きの心配も少ないので安心です。

快適な録画を実現するチューナー数

ハイセンスU9Hは今期のコンセンサスを満たすチューナー数を有しているので、裏録やダブル録画が快適に行えます。

ただし、外付けHDDを選ぶ際にはトラブルを避けるために、ハイセンスU9Hに適合する外付けHDDを選ぶことをおすすめします。

\ ハイセンスに適合する外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

ハイセンスに適合するのはもちろん、高画質であるU9Hには4Kも沢山録画できる4TB以上を選びたいところです。

U9Hセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:5.0

こだわり派

ハイスペックモデルしか興味の無いわしだが、ハイセンスの挑戦は素直に評価するのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

これは凄いモデルが出たわね。国内メーカーもきちんと価格を下げないと負けちゃうわよ。

評価:5.0

コスト重視派

65v型以上しか選べないのがネックだけど、同サイズなら普通のバックライト液晶テレビ並みの価格じゃない?

えだまめくん

いやはや、久しぶりのハイセンス高コスパ製品登場です。セールスポイント的には相当魅力的なテレビですね。

U9Hがおすすめの人
  • リーズナブルにMini LEDテレビを楽しみたい人
  • テレビのスピーカーだけで高音質を楽しみたい人
  • 最新ゲームをプレイする人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス ハイスペックモデル]

U7Hシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v・55v・50v・43v|

ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像

[U7H セールスポイント]

最新映像エンジン NEO ENGINE PRO

立体音響技術ドルビーアトモス搭載

快適なゲーム機能


最新映像エンジンで画質向上

ハイセンスU7Hの映像エンジンは、Mini LEDモデルのU9Hと同じNEOエンジンProが採用されており、新エンジンに特化した新たな高画質技術がセールスポイントとなります。

ハイセンスの最新映像エンジン「NEO ENGINE PRO」
NEO ENGINE PRO

ハイセンス・テレビ公式ページより

前モデルのU7FGから進化し、期待される高画質化内容を以下の表にまとめました。

内容的には前モデルの上位機種、U8FGより更に高性能なモデルへ進化している印象です。

画質アップ進化技術
高精細AI 放送映像高画質処理
AI オート画質調整
AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理
輝き復元Pro
エリア別適性露出復元
高色域64色軸色彩コントロール
美肌リアリティーPro
倍速機能倍速パネル&クリアモーション
U7H映像エンジン刷新による高画質化の内容

更に高コントラスト化も強化され、HDRの対応規格も新たに「HDR10+/HDR10+Adaptive/Dolby Vision/Dolby Vision IQ」が追加されています。

えだまめくん

映像エンジンの進化はとても大きく、映像のアップコンバート精度が格段に変化します。

ドルビーアトモス搭載で他社との差が縮まる

ハイセンスのテレビは価格主導でコスパが良いというイメージですが、機能面だけを見ると、正直見劣りする部分の多いテレビと感じざるを得ない印象でした。

しかし、今期のハイセンスは細かい機能を国内メーカー並みへアップグレードし、今や当たり前となったドルビーアトモスを搭載し音響面も隙のない仕上がりとなっています。

えだまめくん

対応的にはちょっと遅かった感じですが、これで選択肢が広がります。

最新ゲームも快適にプレイ可能

ハイセンスU7Hのゲーム性能は、上位のMIni LEDモデルU9Hと同じ仕様であることもセールスポイントとなります。

ゲーム性を向上させる技術は以下の通り。

対応技術効果
AMD FreeSync Premiumフレームレート(fps)とリフレッシュレート(Hz)を同期させ滑らかな映像を実現。
HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応ちらつき、カクツキ防止。低遅延モードと高画質モードの自動切り替え。
VRR(可変リフレッシュレート)描画ずれのない滑らかな映像にする。
ALLM設定入力機器の情報に連動し自動的に遅延モードの設定に切り替える。
U7Hのゲーム性能向上技術
えだまめくん

ゲーム専用でU7Hを購入する選択もありです。

快適な録画を実現するチューナー数

ハイセンスU7Hは今期のコンセンサスを満たすチューナー数を有しているので、裏録やダブル録画が快適に行えます。

ただし、外付けHDDを選ぶ際にはトラブルを避けるために、ハイセンスU7Hに適合する外付けHDDを選ぶことをおすすめします。

\ ハイセンスに適合する外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

ハイセンスに適合しない外付けHDDもあるので注意しましょう。

U7Hセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

このクラスが進化すると、上位モデルは今後どこへ向かうのだろう?

評価:3.5

リーズナブル派

コストだけが話題のハイセンスだけど、新しいU7Hはセールスポイントだけでもしっかり進化を感じられるわね。

評価:3.5

コスト重視派

セールスポイントだけを見るとほぼ普通の評価しかできないけど、逆に考えると普通レベルまで来たことが驚きなんだよね。

えだまめくん

さすが、ハイセンスを代表するハイコスパモデルです。ほぼ国内メーカーの高機能モデル並みのセールスポイントですね。

U7Hがおすすめの人
  • リーズナブルに超大型テレビを楽しみたい人
  • そこそこの機能を気軽に使いたい人
  • 最新ゲームをプレイする人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス エントリーモデル]

A6Hシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v・50v・43v|

ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像

[A6H セールスポイント]

不要な機能を削ぎ落としたリーズナブルモデル

ゲーム性能の向上


リーズナブルモデル

先ずハイセンスA6Hの進化についてハッキリ書くと、前モデルの「A6G」から大きな変化はありません

この点を踏まえると、技術的に成熟し壊れにくいモデルと言え、市場価格の更なる低下も期待できるでしょう。

A6Hは4Kハイセンステレビのリーズナブルモデルとして確固たる地位を築くモデルです。

えだまめくん

安さ優先なら最高のモデルです。

ゲーム性の向上

大きな進化がないモデルですが、唯一ゲームモードについては若干の変化を果たしています。

具体的にはALLMとPCゲームへの対応で、最新のゲームも安心してプレイすることが可能です。

えだまめくん

息抜きでゲームする程度なら問題なく対応できますね。

A6Hに最適な外付けHDDを選ぶ

ハイセンスA6Hのチューナー数は上位モデルよりも1つづつ少なくなっています。

それでも、外付けHDDを選ぶ際にはトラブルを避けるために、ハイセンスA6Hに適合する外付けHDDを選ぶことをおすすめします。

\ ハイセンスに適合する外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

地デジ2チューナーは少し貧弱ですが、留守録用に外付けHDDは必ず準備しましょう。

A6Hセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:2.0

こだわり派

はっきり言って眼中に無いのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

みんなが皆んな高機能が欲しいわけじゃないから、こういう機種も必要よ。

評価:3.0

コスト重視派

テレビを見るだけって割り切れば十分じゃないかな?安いっていうのも大きな武器だよね。

えだまめくん

U7Hとは大きく差がつく内容ですが、国内メーカーみたいに種類が多くてはコストダウンが行えないので仕方ないでしょう。

A6Hがおすすめの人
  • とりあえず4Kテレビを楽しみたい人
  • たまにゲームをプレイする人

↑ 目次へ戻る

セールスポイント評価まとめ2022年モデルハイセンス・テレビ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
U9H5.0
5.0
5.0
U7H3.0
3.5
3.5
A6H2.0
3.0
3.0

2022年発売のハイセンス・テレビのセールスポイントを見ると、Mini LEDバックライトの採用だけでなく、売れ筋のU7系のレベルアップなど盛り沢山です。

過去、日本のテレビ市場で価格破壊を起こしてきたハイセンスは、最新の液晶バックライト技術のMini LEDでも価格安定の起爆剤となることを期待しましょう。

また、忘れてはならないのが、ハイセンス独自の3年保証

今期のハイセンスは価格のみならず、機能も満足できるコスパの高いモデルと言えます。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

ハイセンスに適合する外付けHDDをお探しならこちらの記事をご活用下さい♪

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

Sponsored Link
【2022 HISENSE】 ハイセンステレビのセールスポイントを比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!