12/2 9:00~12/8 23:59 ポイント2倍!Wポイントウィーク開催! 対象アイテムはこちら

【ハイセンス U7H】U8FG(U7FG)との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

ハイセンス4K液晶テレビ U7Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ハイセンスの4K液晶テレビである「U7H」と前モデルのU8FG(U7FG)との違いを5つの視点で比較分析を行いました(比較の中心はU8FG)。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、U7Hのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、U7Hと同世代である2022年モデルの新4Kハイセンス・テレビ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「U7Hを実際に操作」し「U7Hの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはU7HとU8FGの違いが知りたいね。

\ U7HとU8FG違い /

進化ポイント残念ポイント
映像エンジン

高画質化技術
ゲーム性能
立体音響
BS/CS4Kチューナー増
サイズバリエーション強化
その他利便性
一部の利便性
違うポイント

ハイセンス4K液晶テレビ U7Hシリーズは、コスパの良さで高評価だった前モデルU7FGU8FGの後継モデルです。

位置付けは機能が充実したハイスペックモデルとなるでしょう。

前モデルU7FGは、お手軽な価格にほどほどの機能が売りのモデルで、U8FGはそれよりちょっと高級なモデル。

しかしU7H機能が大幅にアップし、本当の意味でコスパの良いモデルへ進化することが期待される機種です。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ハイセンス U7H】U8FG(U7FG)との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

U7H 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

U7H 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格4.04.04.0
セールスポイント3.03.53.5
視聴環境・設置3.04.04.0
全機能3.03.03.0
省エネ・寿命3.05.05.0
総合評価3.2
3.9
3.9
U7H総合評価結果

冒頭で解説したとおり、U7Hはハイセンステレビのコスパモデルとして位置付けられ、今期は大幅に機能進化を果たしています。

型番的にU7FGの新モデルに感じられますが、内容的にはU8FG進化版です。

えだまめくん

今期のハイセンスは躍進の年とU9Hの記事でも語りましたが、ここで紹介するU7Hも機能がそこそこアップしました。

リーズナブル派

国内ブランドとの差がほとんど無くなった感じね。市場価格の動向がホント気になるわ。

こだわり派

3年保証も付くし、安かろう悪かろうのイメージから、ホントの意味でコスパの良いメーカーになった感じなのだ。

U7Hのメリット・デメリット

U7Hが優れる点⤴︎

  • 新映像エンジン*
  • AI高画質化技術*
  • HDR規格ほぼ全てに対応*
  • ドルビーアトモス対応*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携*
  • ゲーム性能強化*
  • BS/CS4K放送チューナー増加*
  • eARC対応*
  • HDCP2.1対応*
  • サイズバリエーション強化*
  • U7FGから機能が大幅アップ*

U7Hが劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約*
  • 二画面に非対応*

*前モデルU8FGと比較した場合

えだまめくん

U7Hのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|U7Hの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

U7Hは前モデルのU7FGとU8FGを統合し、新しくリニューアルしたモデルと捉えれば分かりやすいでしょう。

映像エンジンの刷新により、AIを活用した映像レベルの進化が最大の注目点で、立体音響も標準装備されました。

しかし、最も重要なのは他社と比較して見劣りする基本機能のリニューアルで、U7Hは国内ブランド同等の充実した機能へ進化

U7FG並みかU8FG寄りなのか?市場価格が答えを導き出します。

価格の評価

評価:4.0

こだわり派

有機ELテレビの70%引きなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

どうだろう?U8FG寄りの価格になっちゃうのかな?

評価:4.0

コスト重視派

U7FGとU8FGの中間くらいの価格なら妥当では?気持ち的にはU7FGの価格をトレースして欲しいね。

えだまめくん

高い方のU8FGと同じ程度でも、55v型で10万円程度になります。それでも他社の同クラスより有利な市場価格でしょう。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

85U7H(85v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 85型U7HとソニーブラビアX95Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
75v X95J vs. U7H最安値推移

85v型の85U7Hは前モデルに比較サイズが無いため、ソニー4K液晶ブラビア X95Jと比較しました。

X95Jは国内ブランドである4K液晶ブラビアのハイエンドモデルなので、U7Hよりも2ランクほど上と捉えて下さい。

価格的には比較しずらいですが、U7Hの初値からの値下がり率は順調で、ハイセンス全体のトレンドから見て3ヶ月以降大きく下がることは期待できないでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

85型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 350千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から3ヶ月以降の安値付近を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

75U7H(75v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 75型U7Hと前モデルU8FGの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
75v U8FG vs. U7H最安値推移

75v型(75U7H)は前モデルのU8FGよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

前モデルの価格推移を見て分かる通り、ハイセンスは2〜3ヶ月で一気に価格が低下し、その後は上下を繰り返す傾向にあるので65U7H180千円前後がキーポイントとなりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

75型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 180千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近170千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

65U7H(65v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 65型U7Hと前モデルU8FGの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v U8FG vs. U7H最安値推移

65v型の65U7H前モデルのU8FGと比較しています。

初値こそ高く始まりましたが、3ヶ月後には安定期へ入った模様で、110千円辺りが65U7Hの購入ゾーンとなりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 115千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入ゾーンの110千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

55U7H(55v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 55型U7Hと前モデルU8FGの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v U8FG vs. U7H最安値推移

55v型の55U7H前モデルのU8FGと比較しています。

このサイズは2ヶ月後に一旦の安値を記録しているので、この辺りが55U7Hの購入価格ポイントでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 110千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ポイントの100千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

50U7H(50v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 50型U7Hと前モデルU8FGの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
50v U8FG vs. U7H最安値推移

50v型の50U7H前モデルのU8FGと比較しています。

このサイズも2ヶ月後に一旦の安値を記録しているので、この辺りが50U7Hの購入価格ポイントでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

50型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 95千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ポイントの85千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

43U7H(43v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 43型U7Hと前モデルU7FGの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
43v U7FG vs. U7H最安値推移

43v型(43U7H)は前モデルのU8FGに比較サイズが無いため、43U7FGと比較しました。

43U7Hも2〜3ヶ月後の安値が当面の購入価格ゾーンとなりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

43型のU7Hがどうしても欲しいなら

  • 90千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ゾーンの80千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意
えだまめくん

価格推移を比較すると分かりますが、U7Hは明らかにU8FGの進化版という位置付けのようです。

↑ 目次へ戻る

評価②|U7Hのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

安すぎて興味のなかった機種がどんどん機能アップして行くのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

今までのハイセンスは機能的に我慢する所が多かったけど、そんな不安が払拭される内容だわ。

評価:3.5

コスト重視派

やっぱり映像エンジンの刷新が大きいよね。でも、立体音響への対応やゲーム性能も他社と十分競合可能になった。

えだまめくん

国内ブランドのエントリーモデルなんか選ぶより、U7Hの方が安いし満足度が高そうです。

ハイセンス 4K液晶テレビ U7Hとは

ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ:公式ページ

モデル2022夏(22'6~7月)
シリーズハイセンス U7H
分類4K液晶テレビ
サイズ展開85v/75v/65v
55v/50v/43v

ハイセンスの新しい4K液晶テレビ「U7H」は、機能的な不満を全て払拭した世界戦略モデルです。

既存のハイセンステレビは価格が安い分機能の制約が多い印象でしたが、U7Hは国内ブランドのハイスペックモデルと太刀打ち可能な高機能な仕上がり。

U7H 3つのセールスポイント

  1. 最新映像エンジン NEO ENGINE PRO
  2. 立体音響技術ドルビーアトモス搭載
  3. 快適なゲーム機能
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 最新の映像エンジンは明らかに今までよりも鮮やかでシャープな映像美が感じられた
  • 立体音響ドルビーアトモスの効果を感じられた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

市場価格が安定しないと分からないけど、国内ブランドよりワンサイズ大きいのが買えそうね。

えだまめくん

そう、今までは機能を我慢して大型化しましたが、U7Hは機能も同じでリーズナブルに大型化が行えそうです。

ハイセンス・テレビに対応したHDDは「【ハイセンスに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

U7Hの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ハイセンス 4K液晶テレビU7H」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

U7HはVGPから高評価を受けています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ開発大賞新映像エンジン
85U7H金賞ディスプレイ
75U7H受賞ディスプレイ
65U7H受賞ディスプレイ
55U7H受賞ディスプレイ
50U7H金賞ディスプレイ
43U7H金賞ディスプレイ
U7H VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
全サイズ対象外ディスプレイ
U7H HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|U7Hに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

液晶だから明るい部屋でも見やすいのは決まっているのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

映像エンジン刷新でAI機能が充実したから視聴環境に合わせた画質が保てるから安心ね。でも、卓上スタンドの回転機能が無いのは不満。

評価:4.0

コスト重視派

Bluetoothリモコンだし、ADSパネルは横からの視認性も良いし視聴環境は安泰だね。

えだまめくん

卓上スタンドは伝統的な形状で省スペースタイプだから置き場を選ばない。何と言ってもAI関連が充実したから映像も見やすくなりました。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • パネル反射は従来通りだが、AIオート画質調整で明るい場所でも見やすかった
  • ADS方式のパネルは横からの視聴性に問題なし
  • 卓上スタンドは省スペースタイプで設置性も安定性も良い
  • 筐体は若干安っぽさを感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

やはりAIを活用したオート画質調整は必要ね。反射も気にならなくなるし視聴性がアップするわ。

えだまめくん

液晶パネルは元々反射が少ないので、明るさ次第で映り込みを容易に緩和できます。そこの自動調整がより正確になりました。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|U7FGとU7Hの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
U7H機能評価

評価:3.0

こだわり派

このクラスとは思えないHDRの対応力で驚きなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

普通に使用するには内容的に大満足。4K放送の2番組同時録画に制約があるのがちょっとネックだわ。

評価:3.0

コスト重視派

スィーベルと二画面が非対応になったには何でだろう?

えだまめくん

ほぼ不満のない機能装備です。使用環境によってはオーバースペックかも?

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな方向でも反応していた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

今後はU7Hの機能レベルが基準になりそうね。そんなわけでちょっと辛い点数付けにしたわ。

えだまめくん

国内ブランドの今後が楽しみです。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|U7Hの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
U7H省エネ性能評価

評価:3.0

こだわり派

ほとんど電気を使ってないのだ。でもわしは燃費の悪い有機ELテレビの方が好きなのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

消費電力は他社のエントリーモデル並みね。機能を考えるとお得感満載よ。

評価:5.0

コスト重視派

ハイスペックモデルとの比較だとトップクラスの省エネ性能だ。特に55v型がいい感じだね。

えだまめくん

機能と消費電力のバランスが上手く行った感じです。ただ、85v型は一気に消費電力がアップするので注意です。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

55v型はレグザのZ770Lと100W以上の消費電力差があるのね。

えだまめくん

そこはやっぱりワンランク差がある証拠なのでしょう。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ハイセンス 4K液晶テレビ U7H評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ハイセンス U7H】U8FG(U7FG)との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

U7シリーズとU8シリーズはコスパの観点でハイセンスの知名度を上げたモデルだと言えます。

4Kテレビとしては別格の市場価格で、国内ブランドで最低価格のエントリーモデルよりも安いのに機能がそこそこだったことが評価された理由です。

しかし、前モデルまで大きな進化がなく、いつしか安いなりの装備となり、国内ブランドのエントリーモデルの方が内容も良くなりました。

今期、U7Hの刷新で、再びコスパの高いハイセンス4K液晶テレビへと生まれ変わりました。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

U7Hのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

U7Hが優れる点⤴︎

  • 新映像エンジン*
  • AI高画質化技術*
  • HDR規格ほぼ全てに対応*
  • ドルビーアトモス対応*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携*
  • ゲーム性能強化*
  • BS/CS4K放送チューナー増加*
  • eARC対応*
  • HDCP2.1対応*
  • サイズバリエーション強化*
  • U7FGから機能が大幅アップ*

U7Hが劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約*
  • 二画面に非対応*

*前モデルU8FGと比較した場合

U7HとU8FGの違いまとめ

\ U7FGとの違いまとめ /

項目U8FGU7H
サイズ75v/65v
55v/43v
85v/75v/65v
55v/50v/43v
高画質化直下型LED直下型LED
バックライトブーストフィルムバックライトブーストフィルム
NEOエンジンLiteNEOエンジン Pro
-AI 放送映像高画質処理
AI ネット映像高画質処理AI ネット映像高画質処理
オート画質AI オート画質調整
AIシーン別超解像処理AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理AIモーション別超解像処理
3段階超解像処理3段階超解像処理
輝き復元輝き復元Pro
エリア別高精細復元エリア別適性露出復元
高精細ノイズ処理高精細ノイズ処理
HDMI®入力自動画質調整HDMI®入力自動画質調整
テクスチャー復元テクスチャー復元
64色軸色彩コントロール64色軸色彩コントロール
美肌リアリティー美肌リアリティーPro
HDR再現処理 plusHDR再現処理 plus
HDR10/HLGHDR10/HDR10+/HLG
HDR10+Adaptive
Dolby Vision/Dolby Vision IQ
倍速パネル&
クリアモーション 120Hz
倍速パネル&
クリアモーション 120Hz
高音質化2.1.0ch2.1.0ch
-ドルビーアトモス対応
40W40W
-Bluetoothオーディオ連携
Eilex PRISMEilex PRISM
-Eilex FOCUS
オートボリューム自動音量制御
リモコンBluetooth非対応Bluetooth対応
機能省スペース設計省スペース設計
スマートスピーカー連携-
二画面対応-
HDMI=4HDMI=4
ゲームモードplusゲームモードPro
-HDMI2.1 VRR/ALLM対応
-AMD FreeSync Premium™対応
U7HとU8FGの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
ハイセンス4K液晶テレビ U7Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!