12/2 9:00~12/8 23:59 ポイント2倍!Wポイントウィーク開催! 対象アイテムはこちら

【ハイセンス A6H】A6Gとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

ハイセンス4K液晶テレビ A6Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ハイセンスの4K液晶テレビである「A6H」と前モデルのA6Gとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、A6Hのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、A6Hと同世代である2022年モデルの新4Kハイセンス・テレビ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「A6Hを実際に操作」し「A6Hの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはA6HとA6Gの違いが知りたいね。

\ A6HとA6G違い /

進化ポイント残念ポイント
ゲーム性能一部の利便性
違うポイント

ハイセンス4K液晶テレビ A6Hシリーズは、4K画像をリーズナブルな価格で楽しめる機能が絞られた機種で、前モデルA6Gの後継モデルです。

位置付けは国内ブランドの4K液晶テレビエントリーモデルの更に下という感じでしょうか。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ハイセンス A6H】A6Gとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

A6H 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

A6H 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格3.04.04.0
セールスポイント2.03.03.0
視聴環境・設置3.03.02.0
全機能3.02.02.0
省エネ・寿命3.05.05.0
総合評価2.8
3.4
3.2
A6H総合評価結果

冒頭で解説したとおり、A6Hはハイセンステレビで最もリーズナブルな4K液晶テレビです。

結論を書くと、前モデルのA6Gからの進化はほぼありません

ゲーム機能、VODラインナップの変化、この2つが唯一の違いです。

えだまめくん

小さな変化だけですが、年次変わりで品番が変わったのでしょう。

リーズナブル派

品番が変わっただけで市場価格がアップしたら怒りたくなるわ。でも、家電なんかは同じパターンが多いのよね。

こだわり派

興味のないモデルだが、市場価格の比較が少し楽しみなのだ。

A6Hのメリット・デメリット

A6Hが優れる点⤴︎

  • 最低限の機能に絞って価格を安く
  • 豊富なサイズバリエーション
  • ゲーム性能向上*

A6Hが劣る点⤵︎

  • 内容的には一世代のモデル
  • 拡張性の低さ

*前モデルA6Gと比較した場合

えだまめくん

A6Hのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|A6Hの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

A6Hは前モデルのA6Gと全く同じモデルと思って差し支えありません。

唯一、ゲームモードに関係する遅延時間の短縮が切り換えられるALLMが追加され、VODの選択バリエーションが変化した程度です。

この内容で前モデルのA6Gより価格差が発生するとは思えません。市場価格が答えを導き出します。

価格の評価

評価:3.0

こだわり派

このクラスになると信じられない価格なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

最低でもA6Gと同じ価格じゃないとね。

評価:4.0

コスト重視派

同じ価格?
内容的には2世代前のリーズナブルモデルだよ。下がらないとね。

えだまめくん

なんと!65v型で10万円切るんだ⁉︎
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

75A6H(75v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 75型A6Hと前モデルA6Gの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
75v A6G vs. A6H最安値推移

75v型(75A6H)は前モデルのA6Gよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

75v型は前モデル価格を下回ったので、目論み通りと言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

75型のA6Hがどうしても欲しいなら

  • 130千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近120千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

65A6H(65v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 65型A6Hと前モデルA6Gの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v A6G vs. A6H最安値推移

65v型(65A6H)も前モデルのA6Gよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

75v型は前モデル価格とほぼ同じ価格で始まったので、少し様子見がいいでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のA6Hがどうしても欲しいなら

  • 95千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入ゾーンの90千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

55A6H(55v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 55型A6Hと前モデルA6Gの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v A6G vs. A6H最安値推移

55v型(55A6H)も前モデルのA6Gよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

55v型は前モデル価格を若干下回っているので、目論み通りと言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のA6Hがどうしても欲しいなら

  • 80千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ポイントの70千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

50A6H(50v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 50型A6Hと前モデルA6Gの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
50v A6G vs. A6H最安値推移

50v型(50A6H)は前モデルのA6Gよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

50v型は前モデル価格を下回ったので、目論み通りと言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

50型のA6Hがどうしても欲しいなら

  • 60千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ポイントの55千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

43A6H(43v型)の価格推移と買い時

ハイセンス 4K液晶テレビ 43型A6Hと前モデルA6Gの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
43v A6G vs. A6H最安値推移

43v型(43A6H)も前モデルのA6Gよりも高く始まりましたが、初値から3ヶ月後には安定期に入った模様。

43v型は前モデル価格を下回ったので、目論み通りと言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

43型のA6Hがどうしても欲しいなら

  • 60千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 購入価格ゾーンの50千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意
えだまめくん

やはり予想通り前モデルのA6Gを下回った価格を付けています。データを参考にして上手に買ってください。

↑ 目次へ戻る

評価②|A6Hのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:2.0

こだわり派

ただ画像が映し出される機械なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

無駄な機能を削ぎ落としたことがセールスポイントだから、物足りなさは仕方ないわね。

評価:3.0

コスト重視派

テレビを見ることだけが目的ならこれでいいんじゃない。

えだまめくん

機能が少ないことがセールスポイントって訳じゃないんですよね。その先の低価格が重要なんです。

ハイセンス 4K液晶テレビ A6Hとは

ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ:公式ページ

モデル2022夏(22'7月)
シリーズハイセンス A6H
分類4K液晶テレビ
サイズ展開75v/65v
55v/50v/43v

ハイセンスの新しい4K液晶テレビ「A6H」は、無駄な機能を極力省いたリーズナブルモデルです。

テレビを見ることだけを考えれば、最も安く購入できる4K液晶テレビの一つ。

A6H 2つのセールスポイント

  1. 不要な機能を削ぎ落としたリーズナブルモデル
  2. ゲーム性能の向上
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 映像はハイスペックモデルと比較すると荒く暗いと感じる
  • 音質は高音域が目立つ耳障りな感じ

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

75v型でもハイスペックモデルの50v型より安いのね。

えだまめくん

手軽の大画面を試したい人や商用に使用するにはコストがかからず便利なモデルです。

ハイセンス・テレビに対応したHDDは「【ハイセンスに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

A6Hの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ハイセンス 4K液晶テレビA6H」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

上位モデルが評価対象となるため、A6Hは審査対象外でした。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ対象外ディスプレイ
A6H VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
全サイズ対象外ディスプレイ
A6H HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|A6Hに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

このレベルならこんなものだと思うのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

卓上スタンドがワイドタイプだから設置場所の広さに注意が必要だわ。その他施策もプアーね。

評価:2.0

コスト重視派

高評価を与えられるほどの視聴性能とは思えないね。

えだまめくん

基本的に4Kハイセンスの最廉価モデルなので過剰な期待はできません。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • ワイドタイプの卓上スタンドは置き場所によっては滑りそう
  • パネルは全体的に少し暗めなので輝度に期待はできない
  • 筐体は若干安っぽさを感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

結局少し前の液晶テレビって感じなのよね。

えだまめくん

視聴性能も機能を絞ってきました。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|A6GとA6Hの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
A6H機能評価

評価:3.0

こだわり派

価格なりの装備なのだ。

評価:2.0

リーズナブル派

U7Hからの機能開きが大きすぎない?

評価:2.0

コスト重視派

とりあえず4K対応のテレビが欲しい人向けだ。

えだまめくん

かなり機能を絞った印象で、多分4Kチューナー内蔵テレビで最廉価モデルとなるでしょう。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 少し前のテレビという感じ

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

機能を絞って安くなってるから、機能がプアーなのは当たり前ね。

えだまめくん

そうです、A6Hは割り切って購入するモデルです。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|A6Hの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
A6H省エネ性能評価

評価:3.0

こだわり派

何もついてないので電気代は低くて当たり前なのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

中型以上のサイズなら最高レベルの省エネ性能だわ。

評価:5.0

コスト重視派

これで機能が豊富なら最高だけど…。まあ、省エネ性能だけを評価すれば満点。

えだまめくん

前モデルからほとんど変更が無いため、省エネ性能は引き続き良好です。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

国内ブランドの省エネ性能向上モデルの上を行くわね。機能と省エネ性能のバランスを取るのは難しいわ。

えだまめくん

国内メーカーはそこに挑戦中なんですよ。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ハイセンス 4K液晶テレビ A6H評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ハイセンス A6H】A6Gとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

A6Hは機能に期待できない4K対応の液晶テレビであることをきちんと理解し、割り切って購入すべきモデルです。

ただ、大画面サイズも用意されているので、色々な用途に安い投資で使用できるのも魅力でしょう。

75v型の超大画面がスマホより安い。ものは考えようです。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

A6Hのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

A6Hが優れる点⤴︎

  • 最低限の機能に絞って価格を安く
  • 豊富なサイズバリエーション
  • ゲーム性能向上*

A6Hが劣る点⤵︎

  • 内容的には一世代のモデル
  • 拡張性の低さ

*前モデルA6Gと比較した場合

A6HとA6Gの違いまとめ

\ A6Gとの違いまとめ /

項目A6GA6H
サイズ75v/65v
55v/50v/43v
75v/65v
55v/50v/43v
高画質化直下型LED直下型LED
ADS方式
75v/65v/55v/43v
VA方式
50v
ADS方式
75v/65v/55v/43v
VA方式
50v
バックライトブーストフィルムバックライトブーストフィルム
NEOエンジンLiteNEOエンジンLite
AI ネット映像高画質処理AI ネット映像高画質処理
4K復元4K復元
エリア別クリア復元エリア別クリア復元
クリアノイズ処理クリアノイズ処理
テクスチャー復元テクスチャー復元
オート画質オート画質
美肌リアリティー美肌リアリティー
HDR再現処理HDR再現処理
HDR10/HLGHDR10/HLG
高音質化2.0.0ch2.0.0ch
30W=75v
20W=65v/55v/50v
14W=43v
30W=75v
20W=65v/55v/50v
14W=43v
Eilex PRISMEilex PRISM
自動音量制御自動音量制御
リモコンBluetooth非対応Bluetooth非対応
機能HDMI=3HDMI=3
ゲームモード
(低遅延/HDR再現処理)
ゲームモード
(低遅延/ALLM/PC60p対応)
A6HとA6Gの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
ハイセンス4K液晶テレビ A6Hレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!