【2022 HISENSE】 ハイセンステレビの機能を比較評価|U9H・U7H・A6H

【2022 HISENSE】 ハイセンステレビの機能を比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのハイセンスのテレビについて、「標準機能の違いと各モデルの機能評価」を行いました。

標準機能の違いが直接モデル格差へつながるため、欲しい機能が実装されていることを把握することは重要です。

映像美を優先させるのか?それとも音響システムか?はたまた外部接続やテレビゲームとの相性か?価格が安いだけでテレビを選んだら次の買い替えまで数年間後悔することになりかねません。

ハイセンス2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの標準機能とモデルごとの機能格差を知れば、見たい、やりたいが思い通りのテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売のハイセンステレビの標準機能の把握
  • シリーズごとの標準機能の違い
    • 対象:U9H・U7H・A6H
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

ハイセンス2022モデル|U9H・U7H・A6H|

ハイセンスの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像
U9H
ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像
U7H
ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像
A6H
映像Mini LED
液晶
液晶液晶
音響立体音響立体音響なし
サイズ
展開
75v|65v85v|75v|65v
|55v|50v|43v
75v|65v
|55v|50v|43v
進化
レベル
デザイン普通普通微妙
価格普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認
ハイセンス2022年モデル概要

ハイセンス2022年モデル比較項目

「比較チェック」ボタンから各モデルの機能違い一覧へジャンプできます。

チューナー数比較チェック
ネットワーク比較チェック
外部端子&エンターテイメント連携比較チェック
映像機能比較チェック
音声機能比較チェック
その他機能比較チェック

↑ 目次へ戻る

2022年モデルハイセンス機能比較ハイセンス・テレビ

2022年発売のハイセンス・テレビの機能を全てのラインナップ(U9H・U7H・A6H)で分かりやすく横並びで比較しました。

チューナー数

今や地デジやBS/CSチューナーのみならず、4K放送の受信に必要なチューナーも多チャンネル化が常識です。

特に沢山の番組を録り溜めて後で視聴することが多いテレビユーザーは、4K放送は2チューナー、地デジとBS/CSは3チューナーを備えた機種がおすすめです。

今期のハイセンス・テレビは、4Kの最も安いモデルであるA6H(4K=1、地デジBS/CS=2チューナー)以外はコンセンサスを満たしているので、ハイセンスに適合する外付けHDDを準備して見逃しを防ぎましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するチューナー数のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • 4K放送を見ながら別の4K放送が録画可能
  • 地デジ3チューナー/BSCS3チューナー/4K放送2チューナー
  • 2画面同時視聴

ハイセンス各モデルの比較

評価
項目
U9HU7HA6H
地上波
デジタル
332
BS/CS
デジタル
332
BS/CS
4K
221
4K 2番組
同時録画
2画面
対応
2022モデルハイセンスチューナー数比較
えだまめくん

見た目のチューナー数が同じでも、4K放送2番組同時録画と4K放送の裏録が出来るテレビと出来ないテレビがあるので注意です。

リーズナブル派

ハイセンスはコンセンサスを満たしたチューナー数でも、4K放送の録画が出来ないのが他社との大きな差ね。

ハイセンス・テレビは4K放送の録画対応に弱点はありますが、4K以外の放送は「裏録」と「同時録画」に対応可能(除くA6H)なので大容量の外付けHDDを同時に準備すると便利。

ただし、動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えることをおすすめします。

\ ハイセンス対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

ネットワーク

家庭内の無線LANへ接続することで、テレビ放送だけでなくVODも活用でき視聴の幅が大きく広がります。

また、無線で繋がるBluetoothの活用範囲も広がり、無線対応のスピーカーへ接続するだけではなく、リモコンにも採用されていれば反応の悪さに悩むことも無くなります。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するネットワークのコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Bluetoothで外部接続&リモコン操作

ハイセンス各モデルの比較

評価
項目
U9HU7HA6H
無線
LAN
⭕️⭕️⭕️
Bluetooth
オーディオ
⭕️⭕️
Bluetooth
リモコン
⭕️⭕️
VOD
対応
⭕️⭕️⭕️
2022モデルハイセンスネットワーク機能比較
えだまめくん

レグザが未対応なのに、ハイセンスはBluetoothリモコンに対応してきましたね。地味に嬉しい進化です。

コスト重視派

どっちが高級機種なのか分かんないよ。一方で、VODは今や当たり前だね。

VODサービスについて、もっと詳しく知りたいならこちらを参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

外部端子&エンターテインメント連携

外付けHDD接続には無くてはならないUSB端子。マルチに活躍するHDMI端子は最新バージョンに対応していることが重要です。

特に高解像度のゲーム機を利用するなら、ゲーム機能の対応状況も見逃してはなりません。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する外部端子&エンターテインメント連携のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • USB3.0/USB2.0各1つ以上
  • eARC対応(HDMI)
  • HDMI2.1規格と4K120p入力対応(ゲーム)

ハイセンス各モデルの比較

評価
項目
U9HU7HA6H
USB
端子
USB3.0=1
USB2.0=1
USB3.0=1
USB2.0=1
USB2.0=2
HDMI
端子
443
eARC
HDMI
⭕️⭕️
HDMI2.1
120p対応
⭕️⭕️
2022モデルハイセンス外部端子&エンターテイメント連携機能比較
えだまめくん

4Kの最廉価モデルA6Hは仕方ありませんが、その他上位モデルはきっちりコンセンサスを満たしています。

リーズナブル派

内容的には最低限って感じだけど、使わない人にとっては十分ね。

入力端子の役割を理解すれば、もっとテレビを活用できます。

↑ 目次へ戻る

映像機能

2022年のテレビ業界の話題は、液晶のバックライト精度を向上させ、有機ELに負けない高コントラスト化を実現する「Mini LED」技術です。

有機ELパネルの向上施策はもちろん、液晶パネルに「Mini LED」を採用した製品を発売しているのかも注目しましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する映像機能のコンセンサスは、新たに「Mini LED液晶モデルの追加」が進化のカギとなります。

2022モデルのコンセンサス
  • AIアップコンバート
  • HDR10+ ADAPTIVE&Dolby Vision IQ対応
  • Mini LED液晶モデルの追加

ハイセンス各モデルの比較

液晶テレビ
評価項目U9HU7HA6H
映像再現4K4K4K
パネル
方式
ADS液晶パネル
Mini LED量子ドットバックライト
ADS液晶パネル(75v/55v)
VA液晶パネル(85v/65v/50v/43v)
直下型LEDバックライト
ADS液晶パネル(75v/65v/55v/43v)
VA液晶パネル(50v)
直下型LEDバックライト
輝度アップNEOエンジンProNEOエンジンProNEOエンジンLite
パネル
反射対策
従来通り従来通り従来通り
自動
画質調整
HDMI®入力自動画質調整
テクスチャー復元
HDMI®入力自動画質調整
テクスチャー復元
テクスチャー復元
オート画質
広色域量子ドット
64色軸色彩コントロール

美肌リアリティーPro
64色軸色彩コントロール

美肌リアリティーPro
美肌リアリティー
高コント
ラスト
ローカルデミング Pro
HDR再現処理 plus
HDR再現処理 plus従来通り
HDR
規格対応
HDR10
HDR10+
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision
Dolby Vision IQ
HDR10
HDR10+
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision
Dolby Vision IQ
HDR10
HLG
高精細NEOエンジン Pro
AI 放送映像高画質処理
AI ネット映像高画質処理
AI オート画質調整
AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理
3段階超解像処理
輝き復元Pro
エリア別適性露出復元
高精細ノイズ処理
NEOエンジン Pro
AI 放送映像高画質処理
AI ネット映像高画質処理
AI オート画質調整
AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理
3段階超解像処理
輝き復元Pro
エリア別適性露出復元
高精細ノイズ処理
NEOエンジンLite
AI ネット映像高画質処理
4K復元
エリア別クリア復元
クリアノイズ処理
倍速機能倍速パネル倍速パネルなし
映像
モード
ゲームモードPro
スムースモーション960
HDMI2.1 VRR/ALLM対応
AMD FreeSync Premium™対応
ゲームモードPro
スムースモーション960
HDMI2.1 VRR/ALLM対応
AMD FreeSync Premium™対応
ゲームモード
(低遅延/ALLM/PC60p対応)
2022モデル液晶ハイセンス映像機能比較
えだまめくん

ハイセンスは新たにMini LEDモデルを投入してきました。コンセンサス通りの動きですね。

コスト重視派

機能の差を色分けすると、液晶はモデルごとの画質格差がよく分かるね。

こだわり派

細かいことはいいのだ。Mini LEDを出すことに意味があるのだ。

リーズナブル派

通常の液晶テレビで良ければ、U7Hはまあまあの機能構成だわ。

4Kはもちろん、せっかく美しいパネルでテレビを視聴できるなら、美しいままで録画できるハイセンス・テレビ適合の大容量外付けHDDを導入することをおすすめします。

\ ハイセンス対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

音声機能

ここ数年、ドルビーアトモスによる立体音響技術搭載の機種が当たり前となっています。

2021年モデルからは立体音響ソースのみならず、通常のステレオソースも立体音響化する傾向にあり、2022年モデルの展開も引き続き注目。

立体音響はデジタル技術で擬似的に表現されますが、例えばパナソニック・ビエラの上位機種は映画館に近いスピーカー構成で他社とは一線を画しています。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する音声機能のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Dolby ATMOS標準対応
  • ステレオ音声の立体化

ハイセンス各モデルの比較

液晶テレビ
評価項目U9HU7HA6H
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
スピーカー
出力
70W40W30W=75v
20W=65v/55v/50v
14W=43v
スピーカー
構成
4.1.2ch2.1.0ch2.0.0ch
自動
音質調整
自動音量制御オートボリューム自動音声モード
2022モデル液晶ハイセンス音声機能比較
えだまめくん

ハイセンスも通常ステレオサウンドの立体化に遅れを感じます。ただ、エントリーモデル以外は立派なスピーカー構成ですね。

コスト重視派

今期のハイセンスは、U9Hに搭載されたイネーブルドスピーカーが注目だね。

リーズナブル派

エントリーモデルのA6H以外は上出来だわ。

↑ 目次へ戻る

2022年モデルハイセンス機能評価ハイセンス・テレビ

2022年発売のハイセンス・テレビの機能を全てのラインナップ(U9H・U7H・A6H)で評価しました。

また、この記事独自の視点とそれぞれのモデルにマッチする購買層も明確にしています。

4K液晶ハイセンス U9Hシリーズの機能評価

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像
U9H機能評価

評価:4.0

こだわり派

安さが売りのハイセンスとは思えない進化を感じるのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

今年のハイセンスは新しい技術に素早く対応したわね。

評価:3.5

コスト重視派

細かいところに不満はあるけど、他社のハイエンドモデルと遜色ない出来だね。

えだまめくん

Mini LEDバックライト搭載が注目される中、きちんと標準機能もアップしてきました。

U9Hがおすすめの人
  • お得な価格で最新機能のテレビを買いたい人
  • Mini LEDを試したい人
  • ブランドにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶ハイセンス U7Hシリーズの機能評価

ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像
U7H機能評価

評価:3.0

こだわり派

価格と機能のバランスが良いのだ。でも、わしはこのクラスに興味はないのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

お手軽に高機能を楽しみたい購買層にはストライクな感じだわ。

評価:3.0

コスト重視派

やはり今期も最高コスパ機種の座はハイセンスかな?

えだまめくん

他社のハイエンドまで機能性は高くないものの、変なミドルクラスよりも標準機能は上ですね。

U7Hがおすすめの人
  • コスパの良いテレビを買いたい人
  • ブランドにこだわりが無い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶ハイセンス A6Hシリーズの機能評価

ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像
A6H機能評価

評価:3.0

こだわり派

価格なりの装備なのだ。

評価:2.0

リーズナブル派

U7Hからの機能開きが大きすぎない?

評価:2.0

コスト重視派

とりあえず4K対応のテレビが欲しい人向けだ。

えだまめくん

かなり機能を絞った印象で、多分4Kチューナー内蔵テレビで最廉価モデルとなるでしょう。

A6Hがおすすめの人
  • 4Kチューナー内蔵テレビをとことん安く買いたい人
  • 機能とブランドにこだわりが無い人

↑ 目次へ戻る

標準機能の評価まとめ2022年モデルハイセンス・テレビ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
U9H4.0
3.5
3.5
U7H3.0
3.0
3.0
A6H3.0
2.0
2.0
評価まとめ

この記事では2022年発売のハイセンス・テレビの標準機能の違いと各モデルの機能評価を行いました。

今期のテレビ業界の目玉は、液晶テレビのバックライトに「Mini LED」を採用した機種を各社ラインナップしていることですが、ハイセンスもその1社。

昨年はマイナーチェンジの感が強かったですが、今期は大幅な刷新となり、益々ハイセンスらしいコスパの良いモデルへ進化しました。

Mini LEDモデルに挑戦するかコスパの高い高機能モデルか、バリエーションは少ないけど明確な選択肢が必要な今期のハイセンスです。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

ハイセンスに適合する外付けHDDをお探しならこちらの記事をご活用下さい♪

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

Sponsored Link
【2022 HISENSE】 ハイセンステレビの機能を比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!