【2022 HISENSE】 ハイセンステレビの視聴性能と設置性を比較評価|U9H・U7H・A6H

【2022 HISENSE】ハイセンステレビの視聴性能と設置性を比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのハイセンスのテレビについて、見やすさや設置のしやすさを示す「視聴環境・設置性」を明確化し評価を行いました。

テレビは「見るもの」なので、視聴性能と最適な高さで安全に設置することが重要です。

映像美を損なうことなくパネルの反射を抑える技術が備わっていても、視聴体制に応じた最適な置き方で視聴環境を整えないとせっかくの機能が無駄になるばかりか健康を害いかねません。

ハイセンス2022年モデル、U9H・U7H・A6Hの視聴環境性能と設置性を知れば、使用環境にマッチしたテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売のハイセンステレビの見やすさ対策
  • シリーズごとの視聴・設置性能の違い
    • 対象:U9H・U7H・A6H
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

ハイセンス2022モデル|U9H・U7H・A6H|

ハイセンスの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像
U9H
ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像
U7H
ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像
A6H
映像Mini LED
液晶
液晶液晶
音響立体音響立体音響なし
サイズ
展開
75v|65v85v|75v|65v
|55v|50v|43v
75v|65v
|55v|50v|43v
進化
レベル
デザイン普通普通微妙
価格普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認
ハイセンス2022年モデル概要

テレビは視聴体制によって目線の高さが違うので、新しいハイセンスもサイズ別にテレビのセンター高さ位置を把握することが重要です。

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ
視聴方法別視点の高さ

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス Mini LEDモデル]

U9Hシリーズ|サイズ展開:75v・65v|

ハイセンス4K液晶 Mini LED テレビ U9H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ公式ページより

U9Hシリーズ視聴性能アップの工夫

自動画質調整で視聴性を維持

テレビの視聴環境は設置場所のみならず、外光の影響を受け時間ごとに刻々と移り変わります。

ハイセンスU9Hはコンテンツの種類を判別し、部屋の明るさに合わせ最適な画像を「AIオート画質調整」によって実現し、最適な視聴環境を維持し続けることが可能です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

ハイセンスの新しいAIオート画質調整
AIオート画質調整

視野角の広いパネル方式

また、ちょっと分かりにくいですが、ハイセンスU9HのパネルはADS(Advanced super Dimension Switch)方式が採用されており、広い視野角で視聴場所を選びません。

ちなみに、ADSパネルの方式は視野角の広いIPSパネルと同じ水平方向へ稼働させる方式です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

明るく、斜めから見ても色褪せないハイセンスのADSパネル
ADSパネル

Bluetoothリモコンが便利

ハイセンスU9Hは視聴性のみならず、離れた場所からも操作性が向上しました。

今まで赤外線式リモコンの反応に不満を感じていたユーザーは意外と多いのではないでしょうか?

U9Hの新しいリモコンはBluetoothで操作が可能となり、角度に関係なくストレスフリーなテレビ操作が可能なので視聴性をアップします。

ハイセンス・テレビ公式ページより

テレビに向けなくても使えるハイセンスのBluetoothリモコン
Bluetoothリモコン

スマートデバイスは不要

また、リモコン本体はテレビの音声認識マイクが付属しており、外部のスマートデバイスに依存することなく声でテレビの操作も可能です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

「声」でテレビを操作、 観たい動画も探せるハイセンスVIDAA Voice
VIDAA Voice

卓上スタンドを使用したU9Hで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のU9Hシリーズのサイズ別(75v/65v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはU9Hに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型
通常559㎜497㎜
U9H卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、U9Hの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制75v型65v型
床に
座る
241㎜303㎜
低い
ソファー
441㎜503㎜
高い
ソファー
641㎜703㎜
ダイニング
チェアー
741㎜803㎜
U9H視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ U9Hサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

U9Hの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型
48.0kg31.5kg
U9H卓上スタンド込みの重量

U9Hに最適なテレビ台の例

U9Hでネックとなるのが超大型サイズなので、重量と画面センター位置が意外と高いことでしょう。

耐荷重の高い、比較的背の低いテレビ台がベストですが、背の低いテレビ台は選択肢があまり広くありません。

高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
859㎜
やや高最適最適
65v型
797㎜
最適やや低
U9Hへの適正

VESAを使用したU9Hで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

U9Hの場合、VESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りになるでしょう。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

U9Hに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

4Kハイセンスは地デジとBS/CSが3チューナー対応(4KBS/CSは2チューナー)。裏録や2番組同時録画が可能なので大容量の外付けHDDを導入し、視聴環境を整えることが肝要です。

チューナー数が充実したハイセンスのテレビに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

U9H視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:4.5

こだわり派

超大型サイズだけなので視聴性が良いのは当たり前なのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

卓上スタンドも省スペースだし、視聴性向上の施策も十分な出来だと思うわ。

評価:4.5

コスト重視派

Mini LEDバックライト自体が視聴性向上施策と言えるね。Bluetoothリモコンも嬉しいね。

えだまめくん

視聴性能も高評価なU9Hです。

U9Hがおすすめの人
  • 耐荷重性能が高いテレビ台に設置する人
  • 固定して動かさない前提で視聴する人
  • ソファーでゆったり視聴することが多い人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス ハイスペックモデル]

U7Hシリーズ|サイズ展開:85v・75v・65v・55v・50v・43v|

ハイセンス4K液晶テレビ U7H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ公式ページより

U7Hシリーズ視聴性能アップの工夫

自動画質調整で視聴性を維持

ハイセンスU7HはU9H同様にコンテンツの種類を判別し、部屋の明るさに合わせ最適な画像を「AIオート画質調整」によって実現し、最適な視聴環境を維持し続けることが可能です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

ハイセンスの新しいAIオート画質調整
AIオート画質調整

視野角の広いパネル方式

U7Hにも視野角の広いADS(Advanced super Dimension Switch)方式が採用されています。

但し、サイズによってパネル方式が異なるので注意しましょう。

パネル方式は以下の通り。

サイズパネル方式
85v型VA方式
75v型ADS方式
65v型VA方式
55v型ADS方式
50v型VA方式
43v型VA方式
U7Hのパネル方式

ちなみに、ADSパネルの方式は視野角の広いIPSパネルと同じ水平方向へ稼働させる方式です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

明るく、斜めから見ても色褪せないハイセンスのADSパネル
ADSパネル

Bluetoothリモコンが便利

ハイセンスU7Hは視聴性のみならず、離れた場所からも操作性が向上しました。

今まで赤外線式リモコンの反応に不満を感じていたユーザーは意外と多いのではないでしょうか?

U9Hの新しいリモコンはBluetoothで操作が可能となり、角度に関係なくストレスフリーなテレビ操作が可能なので視聴性をアップします。

ハイセンス・テレビ公式ページより

テレビに向けなくても使えるハイセンスのBluetoothリモコン
Bluetoothリモコン

スマートデバイスは不要

また、リモコン本体はテレビの音声認識マイクが付属しており、外部のスマートデバイスに依存することなく声でテレビの操作も可能です。

ハイセンス・テレビ公式ページより

「声」でテレビを操作、 観たい動画も探せるハイセンスVIDAA Voice
VIDAA Voice

卓上スタンドを使用したU7Hで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のU7Hシリーズのサイズ別(85v/75v/65v/55v/50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはU7Hに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション85v型75v型65v型55v型50v型43v型
通常621㎜553㎜476㎜412㎜382㎜320㎜
U7H卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、U7Hの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制85v型75v型65v型55v型50v型43v型
床に
座る
179㎜247㎜324㎜388㎜418㎜480㎜
低い
ソファー
379㎜447㎜524㎜588㎜618㎜680㎜
高い
ソファー
579㎜647㎜724㎜788㎜818㎜880㎜
ダイニング
チェアー
679㎜747㎜824㎜888㎜918㎜980㎜
U7H視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ U7Hサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

U7Hの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

85v型75v型65v型55v型50v型43v型
42.0kg28.7kg19.1kg13.2kg12.4kg9.3kg
U7H卓上スタンド込みの重量

U7Hに最適なテレビ台の例

U7Hでネックとなるのがサイズバリエーションが多いため、サイズに合わせたテレビ台を選択する必要があることでしょう。

特に超大型サイズは本体が重いため、耐荷重の高いテレビ台が必要になります。高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
85v型
921㎜
高い最適
75v型
853㎜
やや高最適最適
85v型・75v型のU7Hへの適正

65v型以下のサイズは、高さ調整が可能なこのタイプがピッタリ。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
794㎜
914㎜
最適最適
55v型
730㎜
850㎜
最適最適
50v型
700㎜
820㎜
最適最適最適
43v型
638㎜
758㎜
最適最適やや低
85v型・75v型以外のU7Hへの適正

VESAを使用したU7Hで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

U7Hの場合、43v型はVESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りになるでしょう。

43v型以外はVESA位置が全て下側のため、VESAを使用した設置後の高さがイメージより上側と感じるかもしれません。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

U7Hに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

4Kハイセンスは地デジとBS/CSが3チューナー対応(4KBS/CSは2チューナー)。裏録や2番組同時録画が可能なので大容量の外付けHDDを導入し、視聴環境を整えることが肝要です。

チューナー数が充実したハイセンスのテレビに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

U7H視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

まあ普通だが、ハイセンスと考えれば上出来なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

85v型と75v型は卓上スタンドが違うけど、内側にも調整可能なので全て省スペースの設置が可能だわ。

評価:4.0

コスト重視派

ほとんど上位モデルのU9Hと同じだね。Bluetoothリモコンも対応してて便利だよ。

えだまめくん

デザイン的には前モデルからあまり変わっていませんが、視聴性能は確実にアップしたU7Hです。

U7Hがおすすめの人
  • 設置予定のテレビ台が少し狭い人
  • 反応の良いリモコンが欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス エントリーモデル]

A6Hシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v・50v・43v|

ハイセンス4K液晶テレビ A6H本体正面の画像

ハイセンス・テレビ公式ページより

A6Hシリーズ視聴性能アップの工夫

視野角の広いパネル方式

A6Hにも視野角の広いADS(Advanced super Dimension Switch)方式が採用されています。

但し、サイズによってパネル方式が異なるので注意しましょう。

パネル方式は以下の通り。

サイズパネル方式
75v型ADS方式
65v型ADS方式
55v型ADS方式
50v型VA方式
43v型ADS方式
A6Hのパネル方式

ちなみに、ADSパネルの方式は視野角の広いIPSパネルと同じ水平方向へ稼働させる方式です。

明るく、斜めから見ても色褪せないハイセンスのADSパネル
ADSパネル

卓上スタンドを使用したA6Hで最適な視聴環境

卓上スタンド使用時のA6Hシリーズのサイズ別(75v/65v/55v/50v/43v)寸法は上図の通り。

この寸法から割り出される最適な視聴高さとテレビ台に求められる重量を把握し、安全で健康に視聴可能なテレビ台を選定することが視聴性能の向上へ繋がります。

把握すべき重要な3つの数字を解説します。

❶ 床へ直置きした際の画面センター高さ

先ずはA6Hに卓上スタンドを設置した場合の画面センター位置を把握します。

ポジション75v型65v型55v型50v型43v型
通常557㎜479㎜418㎜386㎜334㎜
A6H卓上スタンド利用時の画面センターの高さ

❷ 視聴体制による理想的なテレビ台の最大高さ

卓上スタンドを設置した際の画面センター位置から、視聴体制ごとに画面センター位置となるテレビ台の高さを明確にします。

テレビ視聴時は画面センター位置より目線が高い方が理想(最大500㎜上まで)なので、A6Hの場合は下表の数字よりも低めのテレビ台を選定することが理想。

視聴体制75v型65v型55v型50v型43v型
床に
座る
243㎜321㎜382㎜414㎜466㎜
低い
ソファー
443㎜521㎜582㎜614㎜666㎜
高い
ソファー
643㎜721㎜782㎜814㎜866㎜
ダイニング
チェアー
743㎜821㎜882㎜914㎜966㎜
A6H視聴体制によるテレビ台の最大高さ

❸ A6Hサイズ別の重量

テレビ台を安全に使用するためには、テレビ台が耐えられる最大荷重を確認することが重要。

A6Hの総重量(本体+卓上スタンド)の重さに対し、少なくとも5〜10kg以上耐荷重性能に余裕があるテレビ台を選びましょう。

75v型65v型55v型50v型43v型
26.5kg16.7kg11.5kg9.8kg7.0kg
A6H卓上スタンド込みの重量

A6Hに最適なテレビ台の例

A6Hでネックとなるのがサイズバリエーションが多いため、サイズに合わせたテレビ台を選択する必要があることでしょう。

特に超大型サイズは本体が重いため、耐荷重の高いテレビ台が必要になります。高さ300㎜のテレビ台を使用すればある程度の視聴環境を維持できます。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
75v型
857㎜
やや高最適最適
75v型のA6Hへの適正

65v型以下のサイズは、高さ調整が可能なこのタイプがピッタリ。

サイズ
中心高
床に
座る

ソファー

ソファー
ダイニング
チェアー
65v型
797㎜
917㎜
最適最適
55v型
736㎜
856㎜
最適最適
50v型
704㎜
824㎜
最適最適
43v型
652㎜
772㎜
最適最適やや低
75v型以外のA6Hへの適正

VESAを使用したA6Hで最適な視聴位置

テレビ本体裏側にあるVESAという4つのネジ穴を使用すれば、壁掛けやテレビスタンドを使用して最適な高さでテレビ視聴が可能となります。

A6Hの場合、43v型はVESA位置がほぼ中心のため、実際に設置した際は画面センターがイメージ通りになるでしょう。

43v型以外はVESA位置が全て下側のため、VESAを使用した設置後の高さがイメージより上側と感じるかもしれません。

VESAを利用してテレビを設置する際は、重量とVESAサイズが適合することが必要ですが、壁掛けセットやテレビスタンドの適合条件も合致しているか確認が重要です。

A6Hに最適なテレビスタンド情報が入手でき次第、記事のリンクを載せる予定です。

録画性能

視聴性能はリアルな見やすさだけではなく、後日視聴するための録画性能も無視できません。

A6Hは地デジとBS/CSが2チューナー対応(4KBS/CSは1チューナー)。今期のコンサンスよりも低スペックですが、外付けHDDで視聴環境を整えれば便利に活用できます。

A6Hのテレビに動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えましょう。

A6H視聴環境・設置性の評価

視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

このレベルならこんなものだと思うのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

卓上スタンドがワイドタイプだから設置場所の広さに注意が必要だわ。その他施策もプアーね。

評価:2.0

コスト重視派

高評価を与えられるほどの視聴性能とは思えないね。

えだまめくん

基本的に4Kハイセンスの最廉価モデルなので過剰な期待はできません。

A6Hがおすすめの人
  • 設置予定のテレビ台が広い人
  • コスト優先の人

↑ 目次へ戻る

視聴環境・設置性の評価まとめ2022年モデルハイセンス・テレビ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
U9H4.5
5.0
4.5
U7H3.0
4.0
4.0
A6H3.0
3.0
2.0
評価まとめ

この記事では2022年発売のハイセンス・テレビの視聴性と設置性ついて評価を行いました。

また、最適な視聴環境を構築する際に必要な知識と、最適なテレビの置き方についても情報を発信しています。

機能がアップしたハイセンスを選んでも、そのテレビに適した視聴環境を整えないとせっかくの機能も無駄になってしまいます。

見落としがちな視聴環境についても購入の検討材料とすることをおすすめします。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

ハイセンスに適合する外付けHDDをお探しならこちらの記事をご活用下さい♪

2022年ハイセンス・テレビ関連記事

Sponsored Link
【2022 HISENSE】ハイセンステレビの視聴性能と設置性を比較評価|U9H・U7H・A6H記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!